ジュニアのトレーニングの最近のブログ記事


タイトルに意味はありません!!
報告事も特にないです笑


ご報告って書いておいたら、SNSからでもとりあえず記事を開いて見てくれるかな〜と思ったぐらいで。騙してすみません笑

ただ、そうするくらい見てほしい記事なのは事実です



僕の活動における守秘義務について。


守秘義務って言葉は難しいかもしれませんが、要は選手やクラブの情報です。


業種上、僕の仕事は色んな事情をもった選手をサポートしています。

ケガをしている選手。持病を抱えている選手。オフレコの事情がある選手。シークレットに進路を進めている選手など。


みなさんも色々ありますよね。競技者というのはそう言うものですから。
そしてその選手のサポートをするのが僕の仕事なので、僕が各選手の事を知っているのは当然なんですが。



悲しいかな、噂好きな方も一定数おられるようで、関係のない第三者から選手の情報について聞かれる事もよくあります。

「〇〇さん、どこか悪いの?」
「調子悪いって聞いてるけどどうなんですか?」
「〇〇さん、進学先はどこになるんですか?」

みたいな、ね。。


誰でもそうですが、みなさん競技をする上で色んな事を抱えてやっているので、当然知られたくない事情や情報の一つ二つはあるでしょう。

一方で関係ない第三者としては、好奇心で聞いてみたくなるものなんですよね。



その気持ちはわかりますし、ある意味人間心理なので、本人やご家族に聞かれるのは良いと思います。
ただ、僕としては仕事の立場上、選手の情報を第三者に言うのは頑なに拒んでいます。
だって、僕の事を信じて体を預けてくれているんですから...




立場上僕は、色んな所属クラブの選手と関わりがあります。
なので当然、それぞれの進路や方針、人間関係図などもある程度知っています。

ですが、僕はあくまで第三者には話しません。
自分が逆の立場になれば分かることかと。
勝手に自分たちの情報流されたら嫌じゃないですか?
勝手に情報流す人って信用できなくないですか?



また、これは所属先についても同様です。
色んなクラブやスクール、学校の所属選手のサポートをしているので、その内部事情もある程度知り得る立場にあります。


しかし、その情報も当然ながら第三者に話すことはできません。

そもそも、クラブなどの内部事情だって選手や保護者さんを通して聞いている(つまり又聞き)わけで、どこまでが正しい情報かすらわからないですし。


軽〜い気持ちで聞いてしまうのは人間心理なので仕方ないのですが、不用意に情報を流してしまってはプロ失格だと自分で思ってます。



なので申し訳ないのですが、好奇心で色々と外の情報を知りたいのはわかりますが、聞きたいことは当人に直接聞いていただけると幸いです
※当人から聞かないと間違った情報を聞いて誤解しちゃうかもです。


ちなみに僕は、関わりある個人やクラブ、学校さんなどの情報を知り得る立場と書きましたが、別に知り得たからって誰かに情報を流すことはありません(業務上必要なことは、先方に確認をとって共有することは当然あります)。


もちろん、仕事と関係ない友達とかにも言ったりしません笑

もともと僕自身は他人に干渉しないタイプですし。。
特に人や組織の事情に対してあーだこーだ思うことはないです。

なので、知ってる情報は全部僕の中で留めてますので安心してください。


ま、当たり前の話なんですけどね!!笑


ということで、ご報告とか言って騙してすみませんでした笑


======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。





==================================
Twitter、Facebook、インスタでも情報を発信していますので、フォロー・友達申請よろしくお願いします。

Twitterはこちら(最近始めました)




インスタはこちら(最近始めました)


==================================

例えば運動学習を例に上げると、
新しい運動を覚えるとき見本を見せるのは大切です。
しかし、見るだけで上手くできる選手はほぼおらず、様々な運動感覚を体験することで第一段階を養っていきます。


運動学習の第二段階になると、今度は一転して言葉や視覚的な指導が有効になります。
本人の運動感覚だけでは限界が来るため、外からの指導が必要になる時期です。

ただし、結局は指導を参考にして、本人が自分でイメージして運動しその感覚を養っていくことが、運動イメージの形成に必須です。



上記の内容は難しいと思うかもしれませんが選手の上達を促すにはこれくらいの知識は必要です。


また、上記の内容には根拠となる脳の機能解剖があります

なんとなくの当てずっぽうや経験論でもないワケです。



ちなみにこういう機能解剖は別段新しいものではなく、理学療法や他の分野でも40〜50年前から存在している恒久的な理論です。


競技スポーツで有る限り、最終的には根性論が大事なんですが、こうした脳みその機能解剖はしっかり理解しておきたいですね。

ちなみに脳の機能解剖を理解したら、なんで根性論が大切なのかも分かってきます。


やっぱり現場に出るものは
脳の勉強しなきゃダメですねぇ〜...



今日の写真/運動学習はここまで分かった
スクリーンショット 2018-02-16 12.46.11.png

この文献は比較的シンプルにまとめられていて理解しやすいです。
枚数も少ないですし、運動学習について理解するならいい文献だと思います。
ちなみに東ドイツの知見も最近勉強していますが、理学療法と分野は違えど上記の文献や理学療法の知見とかぶる部分も多くあります。

ちなみにこの文献も2008年です。
決して新しくありません。

下にPDFを貼り付けておくので、
トレーナーや理学療法士、指導者の方はぜひ一度見てみてくださいね↓





「生体運動の化学」っていう意味なんですが、
テニスの現場では聞くこともあるのではないでしょうか。


普段一緒にさせてもらっているコーチたちからは、「日本協会から伝達される技術指導はバイオメカニクスに基づいてる」と聞いていますが、そのためか現場でもバイメカっぽい言葉を聞くことが増えたような気がします。

「運動連鎖」なんかは結構聞きますよね。
「体をうまく使って打つ」という意味です。


バイオメカニクス自体は素晴らしいもので、これを正しく理解することで
・上達速度が上がる
・テニス自体が安定し力強くなる
・怪我を予防できる(負担の少ない動きになる)

と良いことづくしです。



ただ、最近は現場でも使われるようになったからか、バイオメカニクスという言葉が誤解されたり、一人歩きしちゃってるようにも感じます。

バイオメカニクスとか運動連鎖について
やんと説明できる人って少ないだろうし、
こうしてブログなんかできちんとした知識を発信されているのも、あんまり見たことがありません。

ということで、バイオメカニクスについて
シリーズにして語っていこうと思います。
できるだけ現場視点で使える知識を...




次回/バイオメカニクスはなぜテニスに必要か

今日の写真/理学療法の勉強会
IMG_4003.JPG

勉強会の講師として、バイメカを伝えている写真です。
ちなみに僕も、理学療法の養成校時代や病院勤めの時に深夜までゲロ吐くほど勉強させられましたしました。
専門知識はかなり深いのでキリがないのですが、皆さんはゲロ吐くほどやる必要はないと思うので(笑)、シンプルに噛み砕いて書いていきますね。


Twitter、Facebook、インスタでも情報を発信していますので、フォロー・友達申請よろしくお願いします。

Twitterはこちら(最近始めました)




インスタはこちら(最近始めました)


==================================





追伸:スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ

毎月先着30人限定で、僕が行った
「療法士がスポーツを仕事にするセミナー」
の動画(約100分)を無料で配布しています。

有料で行なったセミナーなので、
これから本気でスポーツを仕事にしたい
と思う人のみお渡ししています。
ちなみにこのセミナーをキッカケに
多方面でスポーツを本業にした先生が
多く出ています。
以下、セミナー動画の配布条件です。

・自身の現状(勤務状況やスポーツとの関わり)
今後の目標を話していただけること
・配布動画を全て見て、その後感想などの
連絡をしていただけること
・スポーツ分野を仕事にしたいという
強い気持ちがあること

これらが当てはまる方のみ、以下のLINEまで
「ブログを見ました。セミナー動画希望』
とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、
必ず『ブログを見ました セミナー動画希望』
と一言添えてください。

〜西川匠 公式ライン@〜
スマホからはこちらをクリック


スマホ以外の方は 
『@bhs0758k』をID検索
(@をお忘れなく)
お待たせしました!!

少し前から告知していたコンディション管理のサービスが、やっと開始できそうです。

・ケガに悩まされている
・大事な試合にケガや体の不調、生理が被ってしまう
・テニスの調子の波が激しい
・オフコートの生活を見直したいが、何から始めればいいかわからない


こんな悩みを持つ人たちの力になれるかと思います


サービスについて、5分程度のアニメーション動画を作ってみました。
色々と文章で語るよりも、動画を見てもらった方が早いでしょう!
↓↓



上の紹介動画では月額3000円で担当が一人つくとありますが、
今回はプレリリースで、本格的に広めていく前段階として始めたいと思っています。
なので、
月額2000円
西川が直接担当
とさせていただきます。

ただし、
先着5名限定
なのと、
関西圏在住のジュニア(~17歳)
に限らせてもらいます。


僕としては、オンラインだけで体の問題が解決するなんて思っていませんから、今回のサービスを使っていて「トラブルがあったから直接見て欲しい!」となった時に対応できるよう、最初は関西圏限定で始めたいんです。

(協力してくれるスタッフは現在、関西と東海・四国にも在中しています。これらの地域は今後も広めていこうと思っています)

先着5名なのですぐに埋まってしまうかもしれないですが、とりあえず興味ある!とかサービスを希望します!という方は、下のフォームからお問い合わせください。




↑のフォームが見えにくい方はこちらから

よろしくお願いしますm(_ _)m

IMG_82145.jpg




ブロックチェーン

仮想通貨

スマートコントラクト


こうした言葉を聞いてどう思います?

「怪しいな」ってもし感じたら、結構やばいと僕は思う。


テニス界って世界的にはビッグデータの時代で、テクノロジーが指導やトレーニングを変えていってるのですが、
未だに日本はアナログというか、テクノロジーの勉強をしないというか、そもそも興味がないというか。。


特に関西なんて、医科学的な立場にあるトレーナーまでもが根性論語ってたりしますからね!笑


例えばテニスを競技としてやる場合、ほとんどの家庭は資金について悩むはずです。
お金かかりますよね、日本で選手目指すのは。
本当に海外を回るのなら、とても個人で出せる額じゃない負担がかかってくる。
ナショナルチームに入って資金援助を受けないと、正直個人ではどうしようもない(援助を受けてもキツイ。大富豪なら別でしょうが)。


そんな現状を、少なくてもテニスクラブ側や指導者、トレーナーはわかっているはず。

上に書いた
ブロックチェーン
仮想通貨
スマートコントラクト
他にもある諸々のテクノロジーは、こうした悩みを解決する可能性を持ってるんですよ。



個人がちゃんとした活動してることを理解してもらえれば、資金集めに株式会社立ち上げる必要なんてない。
ちなみに仮想通貨って、誰でも作れるの知ってましたか?
中学生並みの知識でできるそうですよ。


余談ですが、仮想通貨界隈は詐欺の温床だってのが勉強してわかりました。
この技術自体はほんと素晴らしいけど、まだ無法地帯だから悪用する人も多いんですね〜。

けど、これはほんと世の中を変える技術。というか、もうすでに変えていってる。
勉強せずに怪しいとか言ってたらマジで置いてかれますよ〜。

「インターネットって怪しい」って言う人、現代にいないでしょ?


とは言っても、アナログがまだまだ主流なのが関西のテニス。。
ハイテク人間を増えていくといいですね笑


今日の写真/近日リリース。コンディション管理のアプリ
スクリーンショット 2017-12-29 16.28.13-thumb-350x182-6367.png
スクリーンショット 2017-12-29 16.29.08-thumb-350x147-6372.png

だいぶいい感じにまとまってきました。
アプリを近日リリースします。
最初は限定10人で、記録の分析などは僕が直接フォローします。

まさにハイテクが競技テニスを変える。。
と言っても、誰も興味示さないかもですけどね〜!笑


======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。





======================


1月のエナジー来校日は以下の通りです。

1月は元旦を除いて全ての日曜日来校していますので、パーソナルのご希望がありましたら、白川コーチまでご相談ください。



1月
7日:日曜
14日:日曜
21日:日曜
28日:日曜


よろしくお願いします。




あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

とか言っても、テニスというスポーツはオフシーズンがないので、年末年始もなにもありません。
もちろん、関わる僕にも年末年始はありません。
※スケジュールの変更がなければ、今頃アメリカにいたわけですし。。

ということで、年が明けても淡々と作業をしています。


どんな作業って?

ジュニア選手のコンディショニングを管理する
アプリについて色々考えています。


わかる人にはわかると思いますが、ジュニアって
本当に日々の調子を管理することが大切です。
怪我とは不調って、一日で出るものじゃなくて
以前から積み上げられてきたものが
たくさんあるものですから。
※ジュニアの不調と対策シリーズの記事はこちらから


そこで、以前から試用しているアプリが
これがどうも使えそうなんです。


今、数名の選手をモニターとして
協力してもらってるんですが。

スクリーンショット 2017-12-29 16.28.13.png

スクリーンショット 2017-12-29 16.28.35.png


こんな感じで、日々の体の状態を記録すると
いろんな分析ができるんです。
上は体の疲れや精神的な疲れ、
あとは睡眠時間などですが、この記録を元に

・どのくらいの練習量、時間が適切か
・睡眠をどのくらいとるのが効果的か
・どのくらい疲れがたまると怪我しやすいか
・怪我した後、どんなペースで復帰すればいいか
など、色んなことが分析できます。

あと、こんなのもできるんですよ↓
スクリーンショット 2017-12-29 16.29.08.png

食事内容をアプリで記録すれば、
栄養素の過不足が一目でわかります。
つまり栄養管理の分析をしてくれます。


ただ、選手が記録するだけじゃ分析できないんで
医科学的な知識を持った人がいないとダメなのと
どこか痛めた時に適切にアドバイスしたり
体を見てくれる人はやっぱり必要になります。

なのでアプリ+トレーナーをセットとして
考えるべきでしょうね。。

その辺も踏まえて、実用化できるまで
もう少しシステムを作らないといけないと感じます。

なので、リリースはもう少し待ってください。。


今日の写真/新しいMac
IMG_8675.jpg

ご臨終した初代に変わって
2代目を買うハメになりました。。
最近のMac高いんですよぉ〜〜
痛い出費です。

サクサク動きすぎて
僕の脳みその処理速度の方が追いつかないです笑


======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。





======================


1月のエナジー来校日は以下の通りです。

1月は元旦を除いて全ての日曜日来校していますので、パーソナルのご希望がありましたら、白川コーチまでご相談ください。



1月
7日:日曜
14日:日曜
21日:日曜
28日:日曜


よろしくお願いします。



詳しくは個人情報なので控えますが、
ある選手が「足がガクガクして力が入らない」
訴えてきた。

普段その選手は頻繁に診ているし、1週間前は
そんなことなかったけどな?
と不思議に思い、その日ちょうどトレーニングの
予定だったので、体のチェックをしてみたら。


下半身全体がありえないほど
力が入らなくなっていた!!


これはおかしい。明らかにおかしい。
詳しく話を聞いてみると、数日前に
ある内科的な症状で病院から薬を出されたと。
症状のことや薬のことは以前から聞いていたけど
時系列を詳しく整理すると、
この薬が怪しいんじゃない?
ってのが出てきた。


ちなみにその薬の副作用は以下の通り。
投薬名を書くと症状や
選手の個人情報につながるので控えますが...↓

スクリーンショット 2017-11-21 23.47.37.jpg

早い話が、どんな副作用も出てきて
おかしくないと。

とりあえず一日、その薬を飲まないで様子みたら?
と勧めると、足の症状は治まったと連絡がきた。


その翌日に改めてDr.の診察を受けると、
その薬は合わなかったんでしょうとのことで
別の薬に変える指示が出た。



こんな感じで、時に風邪や別症状の薬の副作用で
テニスの調子(というか体の調子)が
悪くなる場合もある。



ジュニア選手の場合、成長に伴うあらゆる変化が
調子の波に影響するので複雑だし、その上こうして
薬の影響もあったりする。
(女子選手は特に複雑。トレーナーや指導者は
月経周期や成長期の女性アスリートの知識は
絶対に持っておかないとマズイ)


原因を特定することは普通の人は難しいけど、
薬がこうした不調の原因になることも多々あるし、
Dr.も検査をして原因がわからないケースには
いろんな薬などを出して
探り探り治療するケースも多い。
そんな時は思いもよらぬ副作用が出たりするので

・いつどんな症状が出たか
・どんな薬をいつ処方されたか
・症状が時系列でどう変化したか


↑これらはメモに残しとくか、頭の中で
覚えておくことをお勧めします。


今回も選手や保護者の方が覚えててくれたので
原因を突き止める材料になりましたが、
上に書いてる情報がなければ
今もわからないままだったでしょう。


アンチ・ドーピングの知識も広まって
選手も服用している薬について
関心も高まっていますが、副作用にも
十分注意しましょうね。。



今日の写真/ドリームテニスariake2017!!
IMG_8489.JPG

IMG_8490.JPG

IMG_8491.JPG

今年もドリームテニス!
サポート中の海智も、同じ IMGの
中川直樹選手と組んでダニエル太郎、
綿貫陽介選手と豪華なダブルスです。
そして審判は錦織圭選手という
また豪華な。。
僕は仕事の都合上、現地には行ってませんが
海智、トレーニング中の100倍
楽しそうな顔してます笑


今回のドリームテニスは旬の若手選手から
ベテランの方まで顔を出されて
盛り上がってますね!



======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================


手軽に選手の動作を確認できるアプリ
「ダートフィッシュ」の紹介です。

スクリーンショット 2017-11-17 13.05.56.png

アプリのダウンロードはこちら

価格は640円です。

※僕はダートフィッシュの回し者では
ありませんので悪しからず笑


コーチやトレーナー、理学療法士の方は
現場で選手の動きを確認、共有したり
過去の動きと比べたり
違う選手の動きと比べたりと
頭の中で自然とやっていることを
映像として選手に見せてあげたいと
思う時があると思います。

そんな時にオススメのアプリです。


今の時代、スマホとかタブレットがあるから
簡単にスロー動画を撮って
その場でフィードバック!
そんなことが簡単にできるようになりました。
いい時代ですよねぇ〜。

実際、動画のフィードバックだけでも
とても効果的ですし、それで事足りる!
ってならそれでいいんですが、
このアプリでできるのは、要は比較ですね。

例えば↓
IMG_3358.PNG 


前回のブログで載せましたが、
トロフィーポーズの比較です。
同じ選手での比較ですね。
こうやって二つの動画を並べたり
動画を止めて線を引いたりできるので
僕たちの頭の中のイメージが
鮮明に選手に伝わります。

サーブとかだと、ITFの資料では
12U〜18Uまでで動きの要素が
徐々に変わっていくと言われます。

上の写真は1年半ぐらい間隔があるのかな?
より床反力を生み出せるトロフィーポーズに
なっていますね。


もう一つ。
他の選手との比較もできます↓
IMG_3378.PNG

サーブは高い場所でインパクトできると良いと
よく指導者の間でいわれますが、
こんな感じで具体的にどのくらいの高さで
インパクトしてるのかも比較できます。


個人的にこれはかなりオススメです!
僕の現場やジムで指導していて、
口で言ってもなかなか伝わらなかったり
いい動きの選手と比べて全然違うのに
本人がどうもピンと来てなかったりすると、
これを見せると一目瞭然になります。

スポーツはノンバーバルですから、
口で言うより視覚的な情報の方が
効果的なんでしょうね。

ちなみに使用上の注意というかポイントは
撮影するアングルと距離を同じにすること!

上の写真見たらわかると思いますが、
微妙に距離やアングルが違いますよね?
最悪距離はピンチインやピンチアウトできますが
アングルはどうにもならないので、
特に動作中の角度とかを見たい場合は
アングルはしっかり揃えましょう。

ということで、スマホやタブレットに入れれて
選手と動作分析や共有に役立つアプリ
ダートフィッシュ、ぜひ試して見てください!



======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================



テニスに限らず、今の自分をよりよくするには
自分の課題と向き合って一つ一つ解決することが
ベストだけど、解決の仕方がわからない
そもそも自分の問題が何かわからない
そんな選手やご家族も多いと思う。


そんな時、動作分析が役に立つ。
つまり選手の動きを医科学的に分析して
自分に足りないところを見つけたり、
見本になる選手と比較することで
課題をハッキリさせることができる。

そしてこの動作分析を肉眼で行うのは
理学療法士の仕事で複雑だったのだけど、
最近はアプリを使って
一般の人にもわかりやすいように
比較・分析ができるようになってきている。


例えば、サーブ動作を例に挙げると↓

IMG_3358.PNG


写真左は修正前、右は修正後。

安定したサーブ、いいサーブのためには
安定したトロフィーポーズが欠かせない。
具体的にはトロフィーポーズで
両足で地面を蹴ることができる体制でないと
倒れながら打つようなサーブになってしまう
(多くの場合は写真左のように、左足に
重心がかかってることが多い)。

写真右のように、右足でも左足でも
地面を蹴る体制を作れるのは大切だけど、
こうして写真を並べると一目瞭然である。


サーブについてもう一つ。
良い脚力(ジャンプ力)を持ち、かつ
正しいトロフィーポーズが作れる選手と、
ジャンプ力がやや足りない選手との比較↓

IMG_3378.PNG

これも、並べてみるとよく分かる
(遠近感が違うので、本当は同じアングル、同じ
距離からの撮影が好ましい)。

ジャンプの頂点、できるだけ高いところで
捉えた方がいいというのは誰もが思う所だけど、
こうしてみると脚力の強化とトロフィーポーズの
構築が大切なのがよく分かる。


こんな感じで、一つ一つ課題をハッキリさせ
練習やトレーニングの効率を上げるのが
動作分析である。


日進月歩のスポーツ医学、本来は僕ら専門家しか
理解できなかった分析も、どんどん一般の人に
分かりやすいように改良されている。

次回は、上の写真で使ったアプリを
紹介したいと思います。





======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちジュニアのトレーニングカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはジュニアのケガです。

次のカテゴリはジュニアの不調と対策シリーズです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。