成長による身体の不調と対策 共有したい知識①




今日は前提となる知識のお話で、
トレーナーやフィジオはもちろん
コーチや保護者の方、そしてジュニア本人にも
共有したい知識を書いていきます。
(ちょっと難しい部分もありますが、大事な
体のことなので、最後までお付き合いください)




一般的には「体の成長」と簡単にまとめてますが、
成長は二つに分けられます。
「発育」と「発達」です。


シンプルに言うと、
発育=体が大きくなる(量)
発達=体の機能が高くなる(質)

つまり、体が大きい(ガタイのある)ジュニアは
「発育がいい」となります。

一方で、体の大きさは並ですが、すごく洗礼された
動きやいい体力を持つジュニアは
「発達がいい」となります。


この二つはイコールではありません。


これは、今は言葉あそびですが
後になって重要になってきます。



少し話は変わって、スキャモンの発育曲線
というものがあります。
日本では有名なので、知ってる方も
多いのではないでしょうか。

img_sec2_01.gif

↑こんなやつです。
横軸は年齢、縦軸は発育の割合を示しています。

よく言われる「ゴールデンエイジ理論」は
この曲線が根拠の一つになっています。
※あと二つ、神経の可塑性と即座の習得という
要素がありますが、それはまたの機会に。



ゴールデンエイジ理論は有名ですが
かいつまんで言うと、9~12歳前後は神経系が
発達しやすいので、この時期にスポーツすれば
上手くなる!!
みたいなやつです。
(かなりシンプルに言ってます。ちなみに
この理論は近年否定的ですが、後述します)



上の曲線を見ると、確かに神経系は12歳くらいで
100%に近くなります。
なので、一見スキャモンの曲線や、
それが元になったゴールデンエイジ理論は
素晴らしく思えるかもしれません。


しかし、ここでさっきの
「発育」と「発達」の話が出てきます。
スキャモンの曲線というのは、正しくは
【スキャモンの「発育」曲線】と言います。


発育です。体の大きさです。

この曲線はもともと、スキャモンっていう方が
いろんな年齢の人を解剖して、それぞれの臓器の
重さを図りで測るという方法で調べました。

つまり、上の図のグラフは「量」であって
それを上手く使えるか(=質的な発達)とは別の話です。


これが、近年のゴールデンエイジ理論が
否定的に見られている理由の一つです。




じゃあ、ゴールデンエイジ理論は間違ってんのか?
幼少期に練習しても上手くならんと?
って思うかもしれませんが、そうでもありません。

実際に神経系は量も質も13歳ぐらいまでに
80%は出来上がると言われますし
(これを神経の可塑性といいます)、
現場で見ててもこの時期が一番上手くなると
実感しています。



話を戻します。
もう一度、スキャモンの表を見てみましょう↓
スクリーンショット 2017-12-05 12.46.47.png
↑線が増えて見にくいですが、印をつけてみました。
黒点線の6~12歳の成長期までは、神経系が
もっとも発育する時期(黒○)。

赤の点線は一般型(筋骨格や心臓、呼吸器系)が
発育する時期(赤○)で、これは成長期の時期に
相当する、という感じです。



そして下は、JTA(日本テニス協会)から出てる
ジュニアのトレーニングに関する推奨の順序です↓

スクリーンショット 2017-12-05 12.54.03.png

下の方を抜粋すると、
"発育・発達の速度は個人差が大きく、上の年齢区分はあくまでも目安となる。発育・発達期特に男子の13歳前後、女子の11歳前後のトレーニングはPHV(Peak Height Velocity of Age):身長が最も伸びる時期(年齢)を中心に考えることが望ましい。

PHV 以前:神経系のトレーニング

PHV 時期:呼吸循環系のトレーニング 
PHV 以後:パワー系のトレーニング"

(資料を見たい方はこちらをクリック
JTAのホームページ資料に飛びます)



つまり、成長期まではやっぱり神経系
(思うがままに体をコントロールする能力)
鍛え、成長期の時期は心肺機能を高め、
成長期以降は体がしっかりしてくるので
パワー強化系をやっていきましょう。
という内容で、

JTAが推奨している内容と
スキャモンの曲線を解釈したゴールデンエイジ理論で推奨している内容は大体同じです。


ちなみに僕も現場レベルですが、
これらの順序は間違っていないと感じています。




そしてここからが、今日一番共有したいところです。

JTAの資料では
「あくまで発育発達は個人差があるから、
本人の成長ピーク(PHV)時期に合わせて
トレーニングを変えましょう」
という見解です。

つまり、スキャモンの曲線を鵜呑みにして
12歳までは神経系!!13歳からは心肺系!!
みたいに分けるんじゃなく、
「一人一人の成長速度を見極めて、トレーニング内容を変える時期は個別対応していくことが大切」
ということです。


以下、まとめ↓

①スキャモンの曲線は発育(量)の話なので、この図を鵜呑みにして機械的にトレーニングしてはいけない

②しかし、ゴールデンエイジ理論の考え方自体は間違っていない。大切なのは選手一人一人の成長を見極めてトレーニングを進めること

③成長を見極めて対応するには、「個別対応」が必要ということ



じゃあ、どうやって成長を見極めるんや!!
って話は、長くなったので次回しますね。



次回/PHVとは。一人一人の成長を見極める


======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。





======================

このブログ記事について

このページは、有限会社テニスエナジーが2017年12月 5日 11:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「成長による不調と対策」です。

次のブログ記事は「成長による身体の不調と対策 共有したい知識②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。