将来の理学療法士はスポーツ分野をどう生きるか

昨日は理学療法士の学生さんを対象に
スポーツ分野についてのセミナーを行いました。

スクリーンショット 2017-11-13 13.17.27.png

※ちゃんと写真撮るの忘れてました。。


自分が学生の時を、何度も思い出しながら
喋ってました。
僕は高校生の時にテニス選手のサポートをする
理学療法士になりたくて、
養成校に入学しました。

当時は「理学療法士になったら
テニスの仕事ができる!!」と
本気で思い込んでました。

今考えると、かなりヤバイですね。
でも当時は何の疑問もなく、
テニスの分野に理学療法士の仕事はすでにあって
ノウハウも充実してて、自分はそれを学んで
その業界に入ればいいだけだ!
みたいに思ってたんです。

ところがどっこいですよ。
テニスの第一線でやってる理学療法士なんて
ほとんどいない。
それどころか、学校ではスポーツ分野なんて
いきなり行くところじゃない!
他の分野を網羅して、病院で十何年って
経験してからから行くものだだだぁーーー!!!

みたいな風潮があったんですよ。
しかも自分の周りにも、本気でスポーツを
仕事にしたいって思ってる人もいなくて。
「何寝言言ってんの?」みたいな顔されて、
当時は失望したのを覚えてます。


話は逸れましたが、そんなことを思い出しながら
セミナーを話していました。

今のスポーツと理学療法士を取り巻く現状、
学生のうちからやっておけばよかったこと、
実際にチャンスが巡ってきた時に
どうやって行動してチャンスを掴んでいくか。

これを生の声で伝えられる人は
限られているはずです。
スポーツを仕事にしている人でないと
伝えられません。

学生さんに向けて発信するのは
難しい部分もありましたが、
久しぶりに楽しい時間でした。


元も子もないことを言いますが、
今後理学療法士がもっとスポーツ現場で
活躍するには、療法士も現場も意識を変えないと
難しい部分があります。

僕らが現場でどんな提案ができ、
どんな価値を提供できるのか。

簡単な世界じゃないですが、
これからの学生の未来が楽しみです。


今日の写真/インターハイ遠征中の一枚

IMG_81457.jpg

スポーツの現場はシビアですが、
病院の仕事とはまた違ったやりがいが
あります。
今回、たくさんの学生さんと話をして
僕が思った以上に将来のビジョンを考えていて
すごいな、と感じました。
そういう時代でもあるんでしょう。
志ある学生さんは、ぜひスポーツ分野で
活躍できるように頑張ってください。





追伸:スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ

毎月先着30人限定で、僕が行った
「療法士がスポーツを仕事にするセミナー」
の動画(約100分)を無料で配布しています。

有料で行なったセミナーなので、
これから本気でスポーツを仕事にしたい
と思う人のみお渡ししています。
ちなみにこのセミナーをキッカケに
多方面でスポーツを本業にした先生が
多く出ています。
以下、セミナー動画の配布条件です。

・自身の現状(勤務状況やスポーツとの関わり)
今後の目標を話していただけること
・配布動画を全て見て、その後感想などの
連絡をしていただけること
・スポーツ分野を仕事にしたいという
強い気持ちがあること

これらが当てはまる方のみ、以下のLINEまで
「ブログを見ました。セミナー動画希望』
とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、
必ず『ブログを見ました セミナー動画希望』
と一言添えてください。

〜西川匠 公式ライン@〜
スマホからはこちらをクリック
⇒https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k

スマホ以外の方は 
『@bhs0758k』をID検索
(@をお忘れなく)




このブログ記事について

このページは、有限会社テニスエナジーが2017年11月13日 20:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日進月歩のスポーツ医科学」です。

次のブログ記事は「業界有名人から秘密のオファー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。