2017年11月アーカイブ


詳しくは個人情報なので控えますが、
ある選手が「足がガクガクして力が入らない」
訴えてきた。

普段その選手は頻繁に診ているし、1週間前は
そんなことなかったけどな?
と不思議に思い、その日ちょうどトレーニングの
予定だったので、体のチェックをしてみたら。


下半身全体がありえないほど
力が入らなくなっていた!!


これはおかしい。明らかにおかしい。
詳しく話を聞いてみると、数日前に
ある内科的な症状で病院から薬を出されたと。
症状のことや薬のことは以前から聞いていたけど
時系列を詳しく整理すると、
この薬が怪しいんじゃない?
ってのが出てきた。


ちなみにその薬の副作用は以下の通り。
投薬名を書くと症状や
選手の個人情報につながるので控えますが...↓

スクリーンショット 2017-11-21 23.47.37.jpg

早い話が、どんな副作用も出てきて
おかしくないと。

とりあえず一日、その薬を飲まないで様子みたら?
と勧めると、足の症状は治まったと連絡がきた。


その翌日に改めてDr.の診察を受けると、
その薬は合わなかったんでしょうとのことで
別の薬に変える指示が出た。



こんな感じで、時に風邪や別症状の薬の副作用で
テニスの調子(というか体の調子)が
悪くなる場合もある。



ジュニア選手の場合、成長に伴うあらゆる変化が
調子の波に影響するので複雑だし、その上こうして
薬の影響もあったりする。
(女子選手は特に複雑。トレーナーや指導者は
月経周期や成長期の女性アスリートの知識は
絶対に持っておかないとマズイ)


原因を特定することは普通の人は難しいけど、
薬がこうした不調の原因になることも多々あるし、
Dr.も検査をして原因がわからないケースには
いろんな薬などを出して
探り探り治療するケースも多い。
そんな時は思いもよらぬ副作用が出たりするので

・いつどんな症状が出たか
・どんな薬をいつ処方されたか
・症状が時系列でどう変化したか


↑これらはメモに残しとくか、頭の中で
覚えておくことをお勧めします。


今回も選手や保護者の方が覚えててくれたので
原因を突き止める材料になりましたが、
上に書いてる情報がなければ
今もわからないままだったでしょう。


アンチ・ドーピングの知識も広まって
選手も服用している薬について
関心も高まっていますが、副作用にも
十分注意しましょうね。。



今日の写真/ドリームテニスariake2017!!
IMG_8489.JPG

IMG_8490.JPG

IMG_8491.JPG

今年もドリームテニス!
サポート中の海智も、同じ IMGの
中川直樹選手と組んでダニエル太郎、
綿貫陽介選手と豪華なダブルスです。
そして審判は錦織圭選手という
また豪華な。。
僕は仕事の都合上、現地には行ってませんが
海智、トレーニング中の100倍
楽しそうな顔してます笑


今回のドリームテニスは旬の若手選手から
ベテランの方まで顔を出されて
盛り上がってますね!



======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================


手軽に選手の動作を確認できるアプリ
「ダートフィッシュ」の紹介です。

スクリーンショット 2017-11-17 13.05.56.png

アプリのダウンロードはこちら

価格は640円です。

※僕はダートフィッシュの回し者では
ありませんので悪しからず笑


コーチやトレーナー、理学療法士の方は
現場で選手の動きを確認、共有したり
過去の動きと比べたり
違う選手の動きと比べたりと
頭の中で自然とやっていることを
映像として選手に見せてあげたいと
思う時があると思います。

そんな時にオススメのアプリです。


今の時代、スマホとかタブレットがあるから
簡単にスロー動画を撮って
その場でフィードバック!
そんなことが簡単にできるようになりました。
いい時代ですよねぇ〜。

実際、動画のフィードバックだけでも
とても効果的ですし、それで事足りる!
ってならそれでいいんですが、
このアプリでできるのは、要は比較ですね。

例えば↓
IMG_3358.PNG 


前回のブログで載せましたが、
トロフィーポーズの比較です。
同じ選手での比較ですね。
こうやって二つの動画を並べたり
動画を止めて線を引いたりできるので
僕たちの頭の中のイメージが
鮮明に選手に伝わります。

サーブとかだと、ITFの資料では
12U〜18Uまでで動きの要素が
徐々に変わっていくと言われます。

上の写真は1年半ぐらい間隔があるのかな?
より床反力を生み出せるトロフィーポーズに
なっていますね。


もう一つ。
他の選手との比較もできます↓
IMG_3378.PNG

サーブは高い場所でインパクトできると良いと
よく指導者の間でいわれますが、
こんな感じで具体的にどのくらいの高さで
インパクトしてるのかも比較できます。


個人的にこれはかなりオススメです!
僕の現場やジムで指導していて、
口で言ってもなかなか伝わらなかったり
いい動きの選手と比べて全然違うのに
本人がどうもピンと来てなかったりすると、
これを見せると一目瞭然になります。

スポーツはノンバーバルですから、
口で言うより視覚的な情報の方が
効果的なんでしょうね。

ちなみに使用上の注意というかポイントは
撮影するアングルと距離を同じにすること!

上の写真見たらわかると思いますが、
微妙に距離やアングルが違いますよね?
最悪距離はピンチインやピンチアウトできますが
アングルはどうにもならないので、
特に動作中の角度とかを見たい場合は
アングルはしっかり揃えましょう。

ということで、スマホやタブレットに入れれて
選手と動作分析や共有に役立つアプリ
ダートフィッシュ、ぜひ試して見てください!



======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================


※この記事は理学療法士など

医療従事者向けの記事です。




今日は、あなたの実力の土台になる「思考と行動」を

一気に引き上げるオイシイ話を持ってきました。


なので、最後まで読んでくださいね。



僕が学び、時に一緒にお仕事をさせてもらっている

鯨岡栄一郎さんという方がいます。


彼は理学療法の業界では有名な先生ですから、

知ってる方も多いのでは?



今の医療介護業界に関わるあなたには、

知識や技術だけでは生き残れないと

感じていることでしょう。


それは事実で、「人のやる気を引き出す」

「思考を変え、行動力を上げ、結果を変える」

力がある人は、凄まじいスピードで自分も成長するし

相手の役にも立てる。

それが今後の医療介護業界で

絶対絶対絶対×100必要です。



そして今日紹介する鯨岡先生は、まさに

「人のやる気を引き出す」

「思考を変え、行動力を上げ、結果を変える」を

専門にしている先生です。

これを「コーチング」と言いますが、

彼はコーチングによって医療介護業界を変える

【メディケアソリューション(株)】を設立され、

個人や各病院・施設、PT協会の全国学会などで

コーチングをされています。



実はここだけの話、

僕が飛躍したキッカケになったのも

鯨岡さんなんですよ。。


この業界で何をしたいのか!

なんでそれを形にしたいのか!

結果を出すためにどうすればいいのか!


鯨岡さんと接することでハッキリし、

正しいやり方を学んだことで、今日もこうして

みなさんに僕の情報をお届けできているんです。




そして、本題です。

この鯨岡先生が、無料のメールマガジンと

公式のLINEをされているのですが、

それを紹介したいんです。



上に書いたことを、鯨岡先生が無料で

出し惜しみなく発信しています。

どちらも無料で発信頻度も量も多いから、

自分のモチベーションが落ちてしまう時も

勇気つけられています。


まさに「プライスレス」です。




これは、読んでおかないと損だ!って

全力で言い切れます。


ちなみにメルマガとLINE@で内容が違うもんですから、両方読んでほしいです。



メルマガは週一配信で、まさに僕が学んできたことを

発信してくれています。


公式LINEは最近(確か先月くらいかな?)

始まったものですが、これはとにかく頻度が多い!


読んで得したと思うような情報を

バンバン発信してくれてます。

しかもメルマガとは違う内容。


というワケで、この先の医療介護業界で

頑張っていきたい人は、ぜひ読みましょう


メルマガ「クジラオカ・シークレットマガジン」

http://medicaresolution.info/neo/usrctrl.php?mag_id=2


公式LINE@  kwp2442k

https://line.me/R/ti/p/%40kwp2442k





昨日は理学療法士の学生さんを対象に
スポーツ分野についてのセミナーを行いました。

スクリーンショット 2017-11-13 13.17.27.png

※ちゃんと写真撮るの忘れてました。。


自分が学生の時を、何度も思い出しながら
喋ってました。
僕は高校生の時にテニス選手のサポートをする
理学療法士になりたくて、
養成校に入学しました。

当時は「理学療法士になったら
テニスの仕事ができる!!」と
本気で思い込んでました。

今考えると、かなりヤバイですね。
でも当時は何の疑問もなく、
テニスの分野に理学療法士の仕事はすでにあって
ノウハウも充実してて、自分はそれを学んで
その業界に入ればいいだけだ!
みたいに思ってたんです。

ところがどっこいですよ。
テニスの第一線でやってる理学療法士なんて
ほとんどいない。
それどころか、学校ではスポーツ分野なんて
いきなり行くところじゃない!
他の分野を網羅して、病院で十何年って
経験してからから行くものだだだぁーーー!!!

みたいな風潮があったんですよ。
しかも自分の周りにも、本気でスポーツを
仕事にしたいって思ってる人もいなくて。
「何寝言言ってんの?」みたいな顔されて、
当時は失望したのを覚えてます。


話は逸れましたが、そんなことを思い出しながら
セミナーを話していました。

今のスポーツと理学療法士を取り巻く現状、
学生のうちからやっておけばよかったこと、
実際にチャンスが巡ってきた時に
どうやって行動してチャンスを掴んでいくか。

これを生の声で伝えられる人は
限られているはずです。
スポーツを仕事にしている人でないと
伝えられません。

学生さんに向けて発信するのは
難しい部分もありましたが、
久しぶりに楽しい時間でした。


元も子もないことを言いますが、
今後理学療法士がもっとスポーツ現場で
活躍するには、療法士も現場も意識を変えないと
難しい部分があります。

僕らが現場でどんな提案ができ、
どんな価値を提供できるのか。

簡単な世界じゃないですが、
これからの学生の未来が楽しみです。


今日の写真/インターハイ遠征中の一枚

IMG_81457.jpg

スポーツの現場はシビアですが、
病院の仕事とはまた違ったやりがいが
あります。
今回、たくさんの学生さんと話をして
僕が思った以上に将来のビジョンを考えていて
すごいな、と感じました。
そういう時代でもあるんでしょう。
志ある学生さんは、ぜひスポーツ分野で
活躍できるように頑張ってください。





追伸:スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ

毎月先着30人限定で、僕が行った
「療法士がスポーツを仕事にするセミナー」
の動画(約100分)を無料で配布しています。

有料で行なったセミナーなので、
これから本気でスポーツを仕事にしたい
と思う人のみお渡ししています。
ちなみにこのセミナーをキッカケに
多方面でスポーツを本業にした先生が
多く出ています。
以下、セミナー動画の配布条件です。

・自身の現状(勤務状況やスポーツとの関わり)
今後の目標を話していただけること
・配布動画を全て見て、その後感想などの
連絡をしていただけること
・スポーツ分野を仕事にしたいという
強い気持ちがあること

これらが当てはまる方のみ、以下のLINEまで
「ブログを見ました。セミナー動画希望』
とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、
必ず『ブログを見ました セミナー動画希望』
と一言添えてください。

〜西川匠 公式ライン@〜
スマホからはこちらをクリック
⇒https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k

スマホ以外の方は 
『@bhs0758k』をID検索
(@をお忘れなく)





テニスに限らず、今の自分をよりよくするには
自分の課題と向き合って一つ一つ解決することが
ベストだけど、解決の仕方がわからない
そもそも自分の問題が何かわからない
そんな選手やご家族も多いと思う。


そんな時、動作分析が役に立つ。
つまり選手の動きを医科学的に分析して
自分に足りないところを見つけたり、
見本になる選手と比較することで
課題をハッキリさせることができる。

そしてこの動作分析を肉眼で行うのは
理学療法士の仕事で複雑だったのだけど、
最近はアプリを使って
一般の人にもわかりやすいように
比較・分析ができるようになってきている。


例えば、サーブ動作を例に挙げると↓

IMG_3358.PNG


写真左は修正前、右は修正後。

安定したサーブ、いいサーブのためには
安定したトロフィーポーズが欠かせない。
具体的にはトロフィーポーズで
両足で地面を蹴ることができる体制でないと
倒れながら打つようなサーブになってしまう
(多くの場合は写真左のように、左足に
重心がかかってることが多い)。

写真右のように、右足でも左足でも
地面を蹴る体制を作れるのは大切だけど、
こうして写真を並べると一目瞭然である。


サーブについてもう一つ。
良い脚力(ジャンプ力)を持ち、かつ
正しいトロフィーポーズが作れる選手と、
ジャンプ力がやや足りない選手との比較↓

IMG_3378.PNG

これも、並べてみるとよく分かる
(遠近感が違うので、本当は同じアングル、同じ
距離からの撮影が好ましい)。

ジャンプの頂点、できるだけ高いところで
捉えた方がいいというのは誰もが思う所だけど、
こうしてみると脚力の強化とトロフィーポーズの
構築が大切なのがよく分かる。


こんな感じで、一つ一つ課題をハッキリさせ
練習やトレーニングの効率を上げるのが
動作分析である。


日進月歩のスポーツ医学、本来は僕ら専門家しか
理解できなかった分析も、どんどん一般の人に
分かりやすいように改良されている。

次回は、上の写真で使ったアプリを
紹介したいと思います。





======================

テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================




それは現場との意思疎通。


選手本人や指導者の
言わんとすることが理解できる。


これが現場との意思疎通で、トレーナーや
療法士にまず求められる能力である。

そしてこのためには、関わるスポーツへの理解が
欠かせない。



話変わって、ある療法士のトレーナー団体では
「関わるスポーツを知りすぎるな!」
という教えがある。


例えば自分の経験していた競技だと、
つい経験則や感覚で指導してしまう部分も多く
専門家として純粋に見れなくなる。

だからあえて知りすぎず、あくまで
専門家として見てほしい。
(加えて、競技特性を知りすぎると
トレーナーがコーチングをしたがるケースも
出て来て、それが問題になることもある)
そんな意図での教えなのだが


その団体のある講師の人は
「間違ってこの意味が伝わってる!!」
嘆く。



専門家としての視点で選手をアセスメントや
トレーニングしてほしいという意味なのに
「競技のことを勉強しちゃだめ!」
みたいに捉えてる人が多いらしい。



僕はその団体の人間でもないので
詳しい事情はよくわからないけど、
関わる競技のことを深く知ってないと
絶対にサポートなんてできっこない。


例えばサッカーにも野球にもバスケにも
それぞれ専門用語があるでしょ?
陸上や水泳のようなスポーツなら
「動きの軽さとタイムが一致しない」
なんて言葉が選手から出るのはよくあるし、
その意味がわからないようでは
体のサポートなんてできるはずない。


例えば、現場に行って練習を見ている時。
その練習がどんな意図で行われているか?
コーチはどんな狙いでメニューを組んで
各選手たちはどこまでそれを理解しているか?
こういうのがわからないと、トレーナーは
チームとして機能しない。




話を戻して、多くの理学療法士が現場に出ると
「療法士の専門用語や療法士の感性」という
色眼鏡で見てしまうケースをよく聞く。


そして大体、このケースは失敗に終わる。



反対にうまくサポートが回るケースは
まず、その現場で指導者や選手が
何に悩んでるかをリサーチしている。


リサーチとは、指導者や選手と
コミュニケーションをとって直接聞くこと。
(もちろん、リサーチ段階で指導者や選手は
その競技特有の言い回しや表現をする。
この時に意思疎通するために
競技への深い理解が必要になる)


そして悩みに対して、僕たち専門家の目線で
解決策を提案する。

この順序でサポートを始めるケースは
うまく成果が上がりやすい。



これからスポーツ分野に出て行きたい療法士は
参考にしていただければと思う。



今日の写真/一時帰国した海智のトレーニング

スクリーンショット 2017-11-07 10.46.49.png

フロリダ→一旦日本へ帰国し2週間中国へ。
その後また一時帰国した海智のトレーニングと
体のケアを数日に渡り行った。
疲労度のチェックから、細かいボディワーク、
そしてダイナミックな瞬発系まで。

明後日には出国しインドの試合へ出た後、
再び一時帰国する予定となっている。
スポンサーへの挨拶があるそうだ。
その後はしばらくフロリダになるのかな。。

世界中を飛び回っている選手の体と向き合えるのは
貴重な時間で、一秒も無駄にしたくない。






追伸:スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ

毎月先着30人限定で、僕が行った
「療法士がスポーツを仕事にするセミナー」
の動画(約100分)を無料で配布しています。

有料で行なったセミナーなので、
これから本気でスポーツを仕事にしたい
と思う人のみお渡ししています。
ちなみにこのセミナーをキッカケに
多方面でスポーツを本業にした先生が
多く出ています。
以下、セミナー動画の配布条件です。

・自身の現状(勤務状況やスポーツとの関わり)
今後の目標を話していただけること
・配布動画を全て見て、その後感想などの
連絡をしていただけること
・スポーツ分野を仕事にしたいという
強い気持ちがあること

これらが当てはまる方のみ、以下のLINEまで
「ブログを見ました。セミナー動画希望』
とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、
必ず『ブログを見ました セミナー動画希望』
と一言添えてください。

〜西川匠 公式ライン@〜
スマホからはこちらをクリック
⇒https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k

スマホ以外の方は 
『@bhs0758k』をID検索
(@をお忘れなく)


このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。