2017年5月アーカイブ

6月の来校日です。

6月
4日:日曜
11日:日曜
17日:土曜、地獄の総当たり
(朝、夜にジムトレーニングのため、
10〜17時滞在)
18日:日曜(16時早退


18日は、石切インドアクラブ様で
トレーニング講座のため16時に早退します。

25日は、理学療法士向けのトレーニング講座
の講師のため、お休みさせていただきます。

よろしくお願いいたします。





選手の辿ってきた道の証拠になるから。

やがて来る不調の原因を、
過去のデータから探ることができるから。


データとは、未来の自分への貯金である。


競技生活を続けると、みんな少なからず
不調を経験する。
そして、治し方がわからない。
「治したい気持ちは十分!
でも方法がわからない。。。」
こんな風に悩んでる選手はメチャクチャ多いと
感じている。


大体みんな、不調に出会うと
調子が良かった時の自分をイメージする。
僕だってそうだったし、実際それで
解決する場合もある。

しかし、調子がいい時のイメージは
美化されてる可能性だってある。

本当は90点の動きだったとしても、
過去の記憶やイメージはあいまいで
100点の動きだったと
記憶を塗り替えることだってある。

そもそも、調子が良かった頃と今とでは
体の状態が違っている。
※それに伴って、メンタルなどの状態も
変わって来る

違う体で過去の曖昧なイメージや記憶に
「戻ろうとする」。しかし、
それで戻れたケースは、正直あんまり見ない。


そこで、データが役に立つ。

僕のみている選手で記録してもらっているのは
・体組計(インボディ)
・血液検査
・ROM(関節可動域)
・骨格のアライメント
・筋肉の強さ(筋パフォーマンス)
そして、
・それぞれの時期での
テニスとトレーニングの動画

調子が良かった時、悪かった時
それぞれでどんな数値が出ていて
どんな動きをしていたか、
動画も交えて記録を残す。

そうすると、曖昧な記憶じゃなくて
事実が残るし、
調子がいい時と今とで
体のどこがどう変わってるのかが
具体的にわかる。


データはすぐには役に立たない。
とっていても、全ての問題を解決できるとは
限らない。
それでも、思わぬところから
解決の糸口になったりする。


データは、未来の自分への貯金である。


今日の写真/3年前の動画
スクリーンショット 2017-05-27 0.48.23.png

数値にできるところは数値に残して、
できないところは画像や動画に残す。

ジュニアの成長は速いもので、
近くで見てるから変化も見逃さない!
とかいう主観は禁物で
気づかないうちに体が変わっていく。

正直、解決するのに難渋してる例もあります。
それでも、データを取ってたから
解決できたケースもある。

これからの分野なんでしょう。。


======================

テニスフィジオでのパーソナルトレーニングの
詳細とお問い合わせはこちらから。
大阪のジムにてトレーニングを行います。


======================

先日、ある同業者が言っていたことで
妙に腑に落ちたのが、この言葉。


反対に僕がいつも意識してる?ことは、
「絶好調の時こそ初心に戻れ」


見てる選手の成績が上がった時。
自分の仕事の成果が出た時。
今までやってきた苦労が報われた時。

嬉しくて舞い上がることは、
誰にだってあると思います。

ただ、文字どおり人生山あり谷ありで
調子に乗れば転げ落ちていくことも
みんな知っています。


だから、僕は絶好調の時には必ず
「初心に戻る」ように意識しています。

具体的には、

①基礎に戻る
→良い結果が出るまでにやってきたことを
初めからもう一度復習する。
何が結果に結びついて、何が今ひとつなのか
改めて見直す。

②次に出てくる危機のイメージと対策
→山あり谷ありなので、だいたい次は
不調が来るもの。
次にどんな不調がやってきそうかな〜と
アンテナを張っておいて、その予兆を感じたら
すぐに対策をとれるように動くこと。
リスク管理は2重3重にしておくこと。



あなたは今、絶好調ですか?
それとも絶望していますか?


絶望は、良いことの前触れで、
絶好調は、初心に帰るべし。

と、僕は思います。。


今日の写真/メルボルンの弾き語りオジサン
スクリーンショット 2017-05-20 0.05.14.png

ITFジュニアの遠征中に
メルボルンの路地裏を歩いてたら
弾き語りしているオジサンが。

今日はBad bayだぜ!って言いながら
陽気に歌ってました。

良いことが起こる前触れを
感じてるんだろうか。。


======================

7月1日(土)18:30より約2時間、
大阪市内でジュニアテニスに関する
トレーニング講座を行います。


・柔軟性がない
・体格が大きくならない、
身長が伸びない
・動きに安定感がない
・痛みや怪我に悩まされている
・正しいトレーニングを勉強したい

これらをテーマに、西川が講座をやります。

定員は30名で、現在13名が申し込み中。
定員を超えたら締め切りますので、
お早めに申し込みください。

詳細と申し込みはこちら


======================

フロリダ、IMGでの内田海智選手の
サポート資料(メルマガ)、
ジュニアに向けた独占インタビュー動画を

誰でも無期限・無料で配布しています。


詳細と受け取りは、こちらからお願いします。


======================



5月のエナジー来校日

4日:木・祝(地獄)
5日:金・祝(地獄)
7日:日曜
14日:日曜
21日:日曜
27日:土曜 → 28日:日曜

よろしくお願いします。




















トレーニングや体作りをしていると
(特に自分たちだけで取り組んでいると)、
色々な悩みに直面します。


先日、メルマガ読者に行ったアンケート。
質問内容の一つに、
「あなたの悩みを教えてください」という
項目を作りました。

これは、フリーワード(選択肢なし)で
悩みを書き込んむ形式だったのですが、

意外にも、悩んでるジャンルは
結構偏りがありました。


ではどうぞ↓
スクリーンショット 2017-05-15 13.10.59.png


No1 柔軟性、体の固さが25%
No2 低身長など、体格に関する悩みが14%
No3 トレーニングの効果が実感できないなど
        トレーニングの方向性に関する悩みが12%
No4  体の痛み、ケガが12%
No5 体幹が弱い12%
No6 バランスが悪い、安定感がない9%
No7 フットワークが悪い5%
        調子の波が激しい5%
No8 姿勢が悪い2%
        動きがぎこちない2%
        メンタルが弱い2%


こんな感じです。

ちなみに結構重要なことですが、この数値は
アンケート全体の声ではなく、目標が
「全国レベル」または「ITFジュニア、プロ」の
レベルと回答した人たちの数値です。

目標が高い人たちはこうした悩みが多いことが
わかりました。


そして、7月1日の講座は
このランキングに基づいた内容を
やっていこうと思っています。

現在、全日本ジュニアで活躍中の選手や
遠方から参加の方もおられます。

定員30名で、定員になり次第締め切りますので
迷っている間に定員になってしまわないように
早めにお申し込みください。
詳細と申し込みはこちら



======================



5月のエナジー来校日

4日:木・祝(地獄)
5日:金・祝(地獄)
7日:日曜
14日:日曜
21日:日曜
27日:土曜 → 28日:日曜

よろしくお願いします。






7月1日(土)の18:30より約2時間、
大阪市内でジュニアテニスに関する
トレーニング講座を行います。

詳細と申し込みはこちら


・柔軟性がない
・体格が大きくならない、
身長が伸びない
・動きに安定感がない
・痛みや怪我に悩まされている
・正しいトレーニングを勉強したい


メールマガジンのアンケートで、
このような悩みをたくさん
いただきました。

なので、こうした悩みを少しでも
解決できるように、
大阪で講座をやることに決めました。


定員は30名、対象は関西在住の
小学3年〜中学1年生までの
ジュニアと保護者の方。
参加費はひと家庭(選手、保護者込み)で
3,000円です。


当日は、大阪では靭のサテライト大会がありますが、
出場予定の方にも配慮したスケジューリングに
してあります。


定員になり次第締め切りますので、
詳細ページからすぐに
お申し込みください。





======================



5月のエナジー来校日

4日:木・祝(地獄)
5日:金・祝(地獄)
7日:日曜
14日:日曜
21日:日曜
27日:土曜 → 28日:日曜

よろしくお願いします。



前記事に続き、
今回はトレーニング対する意識調査です。

※前記事はこちら

今後、どのようにトレーニングに
取り組みたいですか?
との質問に、それぞれの目標レベルで
どんな意識を持っているかを出してみました。

この質問に対する回答項目は、
①テニス専門のトレーナーのもと、
マンツーマンで指導を受けたい
②ジムなどに通って、グループで指導を受けたい
③トレーニング方法を調べたり勉強したりして
自分たちだけで取り組みたい
④トレーニングに取り組む予定はない
です。


それでは、見ていきましょう。



まずは、目標レベルを
 「ITFジュニアで活躍、プロを目指す」
回答した方↓
スクリーンショット 2017-05-11 12.01.23.png

約6割の方は、専門のトレーナーのもと
マンツーマンで指導を受けたいとのことでした。

一方で、4人に1人は自分たちで勉強して、
各家庭で取り組みたいようです。




続いて、目標レベルを
「全国大会で活躍、地方の上位を目指す」
回答した方↓
スクリーンショット 2017-05-11 12.03.44.png

マンツーマンで指導を受けたいという方と
自分たちで取り組みたいという方に
おおかた半数ずつに分かれました。

正直、ここは意外でした。



続いて、目標レベルを
「地方大会で活躍、都道府県の上位」
と回答した方↓
スクリーンショット 2017-05-11 12.05.56.png

全国レベルを目標にしている方たちより、
トレーナーの指導を受けたい割合が多いという
集計でした。
マンツーマン、グループと合わせると
8割以上の方がトレーナーの指導を
受けたいと思っているようです。



最後に、目標を
「都道府県で活躍」と回答した方↓
スクリーンショット 2017-05-11 12.07.56.png

割合は違いますが、全国レベルを目指す方と
似たような構図になりました。
専門家に指導を受けたいor各家庭で取り組むが
ハーフハーフでした。




どうでしたか?
意外でしたか?

やはりこの数値は、テニスフィジオの独自調査で
母数は小さいですし、そもそも僕の事業に
興味を持っていただいている方の数値なので、
テニス競技者全体の意識とはまた違うはずです。
※だって、全体通して
「トレーニングに取り組む予定はない」が
0なんて、普通ならありえないし。。


ただ、僕の現場レベルでの感覚ですが、
この集計に似たような印象を
持っています。


みなさん、参考にしてください。


======================

テニスフィジオでのパーソナルトレーニングの
詳細とお問い合わせはこちらから。
大阪のジムにてトレーニングを行います。


======================
メールマガジン内でアンケートを行いました。
いくつか項目はありましたが、その中の一つに

「あなた(の子供様)の今後の目標レベルは?」

という質問に対する回答です。
※メールマガジンはこちら


アンケートは全体で159人の方が
回答くださいました。

この質問の選択肢は
①ITFジュニアで活躍、プロを目指すレベル
②全国大会で活躍、地方の上位レベル
③地方大会で活躍、都道府県の上位レベル
④都道府県大会で活躍

以下が結果です↓

スクリーンショット 2017-05-11 11.19.07.png


意外ですか?
思った通りですか?

僕は「だいたいこんな感じかな〜」と
思ってた通りでした。


ちなみにこれは、僕のブログやメルマガを
読んでいてくれて、
アンケートに回答された159人の集計です。
ほんの小さな母数であることを
ご理解ください。

次回は、それぞれの目標レベルでの
「トレーニングに対する意識」について
集計を出していきますね。



今日の写真/地獄の総当たりジュニア!
IMG_7599.JPG

土日祝日に6面のコートが確保できるのは
かなりレアです。
僕もジュニア時代、もっとたくさんマッチ練を
やれ!と言われましたが、
今のジュニアも、特に大阪などはコート事情で
マッチ練不足に感じている方も多いでしょう。

いい環境だと思います。


======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。






======================




27日土曜→28日日曜に変更させていただきます。



5月のエナジー来校日

4日:木・祝(地獄)
5日:金・祝(地獄)
7日:日曜
14日:日曜
21日:日曜
27日:土曜 → 28日:日曜

よろしくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。