2017年2月アーカイブ



トレーナーはコーチにはなれない

僕はいつも、こう感じながら仕事しています。


そして反対に、
コーチもトレーナーにはなれない
とも感じています。



メルマガでジュニア関係の方から、そして
スポーツを目指す理学療法士の方から
この種の質問をよく聞かれるんです。



「西川さん、コーチはやらないんですか?」
「コーチとトレーナーは違うんですか?」
「西川さん、コーチやってくださいよ!!」

選手から言われたこともあります。


しかし、やりません。

断固として、やらないです笑


だって、できないですから。


普段、たくさんの優秀なコーチと関わりながら
仕事をさせてもらっています。
もちろん、それぞれのコーチの考え方や
コーチングの仕方、どんなノウハウかは
僕もある程度わかります。



でも、僕には
「プランニング」や
「ピーキング」ができません。


選手の全体的なレベルアップには、
長期的な視点が必要です。
そのための計画も必要です。

この計画が、僕にはイメージできない。
※体つくりの計画と、テニスの計画は別物です。


競技をする限り、年間で大切な試合が
いくつかあります。
その試合に、テニスのピークを持って行くことも
コーチの大切な役割です。

このピークに持って行くやり方が、
僕にはわからない。


だから、小手先のノウハウを真似して
技術だけ教えたって、選手が上手くならないのは
わかってるんです。

だから、コーチはやりません。
というか、僕にはできません。



こう言うと、
じゃあ西川さん、コーチの勉強もしながら
トレーナーやればいいんじゃないですか?

と言われますが、そこに時間割くなら
フィジカルに関わることを勉強します。


治療家の方ならわかると思いますが、
治療の世界は終わりがなく、
とてつもなく奥深い。
これはトレーニングも同じだし、
コーチングだって同じなはずです。

全てを極めるなんて無理な話。



だから、コーチはやりません。


ただ、コーチの視点は持ってた方がいいとは
思います。
選手の強化に関わるなら、その競技への理解は
絶対必要だし、コーチの意図を知ることは
大切ですから。



バンドで例えるとわかりやすいですかね。


伝説のピアニストだってギターを弾けるけど、
両方極めようとはしないでしょ?
ギターはギターのスペシャリストがいるんだから
その人に任せればいいんです。

けど、ギタリストやボーカルとかの
やりたいことや意図をわかってないと、
一緒にバンド組んでも
いいものは作れないですよね。

それと同じです。



僕はピアノ(フィジカル)を極める人生を
選んでるので、ギター(コーチング)は
素晴らしいコーチにお任せしています。

素晴らしいコーチたちと
仕事ができてることが嬉しいですし、
誇りに思います。



そんなわけで、大変申し訳ありませんが
僕はコーチをするつもりはありません。
できないので。。

ただ、体に関することは自信を持って
解決します。
だから体に関することは、
僕に相談してください。



今日の写真/アメリカは超分業
スクリーンショット 2017-02-25 19.58.57.png

トレーナーという職業が進んでいるアメリカは
スキルコーチとトレーナー、
フィジオ(理学療法士)が
明確に役割分担されている。

選手を中心として、関わる人間の総力戦である。

ただ、僕の尊敬するコーチがあるとき、
「タクミの次の世代ぐらいには
理学療法士並みの知識をもって、
トレーニングも治療もできるコーチが
出てくると思う」と言っていたのが
印象的だった。

意外に、近い将来の話かもしれないですね。。




======================

追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ


最近、個別相談や個別に指導してほしいという

問い合わせがたくさん寄せられます。


僕はあくまで本業優先ですが、

どうしても勉強したい!

ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


下の西川匠 公式LINEに

『セミナー動画』とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)



それは、「やってみる」こと。


これは脳科学的に根拠のあることで、
やる気スイッチというものは存在する。


前頭葉にある「側坐核」がそれで、
やる気の中枢と言われている。

sokuza.gif

↑側坐核。緑色の部分は大脳辺縁系と呼ばれ、
感情を司っている。


理学療法士は脳の分野を診ることも多く、
僕も以前働いていた病院では
脳の障害に対する理学療法をしていた。


その時を振り返ると、
やはり辺縁系に異常があると
感情のコントロールが上手くいかないし、
やる気も入らないことが多かった。



ところで、この側坐核。
あることをすると、活性化することが
研究により知られている。


それは、「行動すること」
つまりやってみること。


勉強でもトレーニングでもテニスでも
なんでも同じ。

やる前は、なんかやる気が出ない。
スイッチが入らない。


それは単なる気分じゃなく、
側坐核が刺激されてないだけという見方もある。


ならば、嫌でもやってみる。
脳科学的に、確かに「やる気スイッチ」は
存在する。

しかしスイッチは、やれば自然と入る。

人間は、そういう風にできている。


あなたや、あなたの周りで
「やる気が出ない」という人は、
本当にやる気スイッチが入ってないと
思っていい。

だから、とにかく行動に移すことを勧めたい。




======================

フロリダ、IMGでの内田海智選手の
サポート資料(メルマガ)、
ジュニアに向けた独占インタビュー動画を

誰でも無期限・無料で配布しています。


詳細と受け取りは、こちらからお願いします。


======================

2月のテニスエナジー来校日

5日のみ、インドア石切様の講座のため、
16時に早退させていただきます。

2月来校日
5日:日曜 16:00早退
12日:日曜
19日:日曜
26日:日曜




今、ジュニアテニスに特化した
怪我予防の資料を作っています。


テニスクラブや部活動の現場では、
怪我に対する、色んな「わからない」が
渦巻いています。


・選手は、体にとってなにが安全で
なにが危険かわからない

・コーチも、どこまで負荷をかけるのが正しいか
迷うことがある

・保護者の方も、普段の練習や試合で
何が負担になっているかわからない


わからないことだらけです。
かといって、難しい医学書なんか読んでも
みんなが理解できるわけでもないし。。


そこで、現場の人が見たら分かる資料、
見たらコーチも選手も保護者もみんな
「これはリスクあるから気をつけようね」
「この年齢でこの体なら大丈夫だね」
という、目安になる資料を作ろうと
思っています。


サンプルが少しずつできてますが、
正直、医療人に見せるとシンプルすぎるって
言われます。

でも、その方がいいと思ってます。
医療人に見せるものじゃないし。。。



これは、全国どこにいるジュニアにとっても
大切な資料になると思います。

できるだけたくさんの人に安く広めたいので、
電子書籍のような感じになると思いますが。
※電子書籍の一番のメリットは、
印刷費がかからないこと。
つまり、タダでばらまける笑


出来上がったら即!広めますので
ちょっとお待ちくださいねー!


今日の写真/和歌山は雪!
S__12140562.jpg

日曜は和歌山で強化練習です。
フロリダから帰ってから、
毎週雨か雪なんですが。。

写真はハナゴンと雪だるまです。


今日の写真②/ジムでこもります
S__12140557.jpg

この時期は、屋内の拠点があった方がいいです。
細かいボディワークや柔軟性のチェックなんかは
外ではなかなかできません。





======================

追伸

ケガに悩まされている

ケガを繰り返している

そんなジュニアや保護者の方へ


テニスフィジオでは、ジュニア選手専門の

コンディショニングを行なっています。

早く克服していいパフォーマンスを送りたい方は、

一度お越しください。

テニスフィジオジムの詳細は

こちらまで

NIS845_cyakuriku_TP_V.jpg


先日のフロリダ遠征を機に
始めてマイルを貯めることにしたんですが、
登録が意外と面倒だったので、
これから海外行かれる方のためにシェアします。


初めてのマイル、貯め方と申請方法
(超、基礎知識)


①マイルは、航空会社別に貯めていく

最初にめんどくさい!と思ったのがこれ。
例えばANAに乗ったぶんのマイルは
ANAで貯めて、ANAでしか使えない。
JALも同じ。

僕の場合、伊丹ー成田は ANAで
成田からアトランタ、アメリカ本土内の移動は
デルタ航空、
帰りの羽田ー伊丹はJALだったので、
・ANA
・デルタ
・JAL
それぞれに申請しないといけなかった。

一つにまとめてくれたら便利なのにな〜


②それぞれの航空会社に
ネットでアカウントを作らないといけない。
そして、マイレージカードを発行する必要がある

どんどん面倒なことが増えてきます。
僕の場合、さっきのANA、デルタ、JALと
それぞれのホームページでアカウントを
作りました。

このアカウントがないと、マイルの申請が
できません。

さらに、ANAやJALでは、アカウント開設時に
マイレージカードを申請しないといけません。

クレジット機能とかが付いてないなら
審査はありませんが、個人情報を入力して
IDとパスワードを発行。。×3社分。。

ちなみに、カードが手元に届くまで
1週間〜10日ほどかかります。

↓ANAとJALのマイレージカード
スクリーンショット 2017-02-07 11.56.37.png

スクリーンショット 2017-02-07 11.56.27.png


あ、デルタ航空はカードレスなので、
ホームページでアカウントを開設したら
その場で申請できました。
日本のよりちょっとだけ手間が省けます。



③マイルは、乗る時か乗った後に空港で貯める。
もしくは、後日ネットか電話で登録する


実際乗ったぶんのマイルをどうやって貯めるか。
乗る時か乗った後に、それぞれの航空会社に
直接申請しに行くそうです。
この時に、発行した「マイレージカード」が
必要になる。

だから、ANAに乗る方は、前もってANAの
カードを持って行かないと申請できない。
(なくてもできるのかな?ちょっとわかりません)
間違えてANAに乗るのにJALのカードを
持って行ったりしないように笑



④後日登録をするなら、
搭乗券は捨てずに持っておくこと

僕は今回、この方法を使いました。
出発時、アカウントを持っていなかったので
帰ってからアカウントを作り、カードを発行して
ネットから後日登録しました。

後日登録は、航空会社によって違うそうですが
だいたい、乗ってから半年以内に登録しないと
ダメだそうです。

そして後日登録するなら、必ず搭乗券は
捨てずに持っておきましょう。
ネットや電話で入力する時に、
「搭乗日時」「登場便名」「座席」などを
求められるからです。

搭乗チケット↓
スクリーンショット 2017-02-07 11.52.37.png

この下の部分の情報が必要になります。
なので帰ってきても、登録が終わるまで
とっておきましょう。


スクリーンショット 2017-02-07 11.54.01.png

それでも、マイルが貯まっていくと
色々お得なので、
最初は面倒ですがチャレンジしてみましょう!




======================

フロリダ、IMGでの内田海智選手の
サポート資料(メルマガ)、
ジュニアに向けた独占インタビュー動画を

誰でも無期限・無料で配布しています。


詳細と受け取りは、こちらからお願いします。


======================

2月のテニスエナジー来校日

5日のみ、インドア石切様の講座のため、
16時に早退させていただきます。

2月来校日
5日:日曜 16:00早退
12日:日曜
19日:日曜
26日:日曜



①ブログ記事は、
自分が届けたい人「だけ」に向けて書く


②もっとコミュニケーションを取りたい人も、
全員に直接会って話したら時間が足りない。
だから、ネット上に自分の「分身」を作って、
届けたい人がいつでも見られるということを
目的に書く


③批判や否定的な意見よりも、
「届けたい人に本当に届いているか」
「正しく伝わってるか」
を意識して書く


これが、僕がブログを書くときに
意識してることです。





最近、LINEで一通のメッセージが届いた。


僕のメルマガを読んでいただいている方で、
どこに行っても「〇〇さんは熱心だ!!」
と言われてる方からのメッセージ。



メルマガで僕が、冒頭に書いた
「ブログをした方がいい理由」
を書いたのだが、それにすごく共感して
くださったとのこと。




「私は、ブログで何かを発信するには
リスク(反論や妬み)があるので、
やらない方がいいと思ってました」

〜中略〜

「だけど、西川くんのブログの考え方は
非常に納得のいくもので、純粋にいいなと
思いました」





もう一度書きますが、
このメッセージをくださったのは
現場でとても評判が高く、実績もあり
とても尊敬できる、人生の大先輩です




情報発信には、確かにリスクもある。
自分の考えを言えば叩かれる可能性もあるし、
情報をシェアするなら、正しいデータベースも
示す必要がある。

間違ったことを書いてると、信用を無くすし
読んでる人を不幸にしてしまう...かもしれない。





それでも、僕らスポーツ選手に関わる人は
やるメリットも大きいんです。


だって、慢性的に時間が足りないから。
僕らスタッフの意見を聞きたい人は
たくさんいるのに、
直接会ってると時間が足りない。


だから、ブログに書いてネット上に置いとくと
読みたい人が好きな時に読める。

僕が寝てる間でも、届けたい人と
コミュニケーションがとれる。

場所が遠くても、国境の向こうでも
関係ない。

タダで365日働いてくれる、自分の分身。
それをたくさん作ることができる。

そして、発信してる自分も、
自分の考えが整理できる。

文章も上手くなるし、
忘れても後から読み返せる。


ブログをやるメリットは多すぎて、
僕にとっては魅力的でしかないんです。




実際、ブログを通して色んな交流や
仕事をいただくキッカケにもなったりする。



3月4日のスポーツセミナー参加者も
すでに、たくさんの方にメッセージを
いただいています。


スポーツを仕事にするためには、
ブログは欠かせないと僕は思っています。


始めることに、抵抗はあるかもしれない。
だけど、始めてみれば意外に
いいものですよ。

最初は上手く書けないですが。

ちなみに、僕のこのブログは
2014年の5月からやってますが、
アーカイブから、初めのころの記事も読めます。

僕がブログを始めてから現在までの
経過が、全部残ってます。


初めの頃は文章も悲惨だし、
(今もあんまり上手いと思わないけど)
自分が言いたいこと言ってるだけですが、
それでもメリットの方が大きいと断言できます。


もし、ブログを始めたくて、
でも抵抗があって悩んでる方は
騙されたと思って、一度やってみるのを
オススメします。



今日の写真/日曜日は雨ばっかり!!
16427770_1252188471538127_6189539733955121024_n.jpg
日曜はエナジーの現場ですが、
帰国してから雨ばっかりです。
今週も雨で中止だったので
夕方まで一人ずつパーソナルトレーニングの後、
テニスワールド石切様でトレーニングの
講座をさせていただきました。

おかげさまで、忙しくさせていただいています。
その分、結果にコミットしなければと
毎日思わされます。



======================

追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ


最近、個別相談や個別に指導してほしいという

問い合わせがたくさん寄せられます。


僕はあくまで本業優先ですが、

どうしても勉強したい!

ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


下の西川匠 公式LINEに

『セミナー動画』とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)



それは「自己流」。


ある人が教えてくれたことで
自分も教訓にしてることがあるのですが、
「世界基準で語れ」という考え方。



僕ね、元々は結構ひねくれものなんですよ笑


凄い先生から難しい話とか聞いても
「そんなん言うても難しいやろ〜」みたいに
難癖つけてしまうところがあって。


けど、自己流ではダメだと言うことを
教わって(気付いて)からは、色んなことが
飛躍したと実感してるんです。


そして、周りにいる多くのジュニアや
多くの相談してくれる理学療法士を見てても、
やっぱり自分も目標を達成してる人は
「素直」なんです。

反対に、思うようにいかない場合
僕のように「自己流」と思うことがあります。



セラピストの方は分かると思いますが、
この業界ってメチャメチャ自己流多くないですか?
その理論、世界中で知ってるの
あなただけでしょ!みたいな。



何事も、素直が大事と
感じさせられることが最近多い。
自己流とか「〜と思う」とかよりも、
素直に実践するのを優先する人は
成長が計り知れない。


素直な人と話したり一緒にいると
自分も素直になれるし成長する。

色んな考え方があって当然ですが、
僕は「自分独自」よりも「世界基準」を
大切にしたいです。


今日の写真/世界的にはチームプレイ
スクリーンショット 2017-02-03 6.56.22.png

海外に行くと、いかにグローバルスタンダードが
大切か教えられます。


テニスの場合、共通語は英語で
色んな国の指導者とやり取りすることが
多くなります。

「自分の言ってること、
世界中どこでも理解してもらえる?」

これを考えて整理するの、
僕はよくやってます。
とくに治療家の方はオススメですよ。






======================

追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ


最近、個別相談や個別に指導してほしいという

問い合わせがたくさん寄せられます。


僕はあくまで本業優先ですが、

どうしても勉強したい!

ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


下の西川匠 公式LINEに

『セミナー動画』とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)




このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。