フロリダIMGアカデミー2017の最近のブログ記事

最近は、海外に挑戦するジュニアや
若い頃から海外を意識して活動するジュニアが
多くなったと感じています。
テニスに関してはプレイ&ステイの普及もあり
競技の低年齢化も進んでいるので、
今後、海外を意識するジュニアは
ますます増えてくることでしょう。


僕は今回のフロリダ遠征で、
改めて海外を意識する大切さに気付きました。

海外で活躍している日本人の選手は
どんな人間性をもっているのか。
何がそうさせているのか。

あくまで僕の主観ですが、
僕が肌で感じたことは以下の通りです。



①人間的に大きくなれる
スクリーンショット 2017-01-08 8.24.08.png

スクリーンショット 2017-01-08 8.24.28.png

テニスを通じて、人としての成長をしたり
将来のために広い考えを持てるようになる。
こうした理由で、テニスに打ち込んでいる
ご家庭も多いと思います。

海外に出ると、当たり前ですが
自分が知らない世界ばかりです。

例えば、土足で家の中で歩いたり、
赤信号は「気をつけて進め」だったり、
※車の右折のこと
日本ではまず、子供に教えることは
ありません。
これが海外だと普通だったりします。


今、世の中はどんどん繋がっています。
これからも、世界のいろんな文化が入り交じる
時代がきっと来るでしょう。

海外の文化に触れることで、
人間的に大きくなれるのは間違いないと
感じます。



②自立心が育つ
スクリーンショット 2017-01-08 8.10.23.png

スクリーンショット 2017-01-08 8.10.48.png


今回の遠征では、
海外を拠点に活動している日本人の選手と
たくさん出会うことができました。

みんな共通しているのは、
自立心の高さです。
・言い訳をしない
・どんな時も、自分で道を開こうとする
・自分の意見をハッキリ言える
・相手の意見をしっかり聞ける
・様々な価値観を受け入れられる
・人に優しい
・自分に厳しい

これらは、どの選手にも共通していることでした。

例えば、1人で遠征に行くことも多いので、
遠征先では全て自分で自分のことを
やらないといけません。
出発から現地での練習相手、ホテルの手配、
食事、トラブルの解決など
全て自分でやる必要があります。
※それも英語で。

子供の頃からこれが当たり前になっていると、
自然と自立心が付くのは理解できます。




③一流の感覚に触れることができる
スクリーンショット 2017-01-08 8.11.56.png

スクリーンショット 2017-01-08 8.14.26.png

スクリーンショット 2017-01-08 8.14.02.png


誰でも、誰かの影響を受けて育ちます。
ですが、多くの子供は放っておくと
どうしても楽な方に行きたがります。

海外では、先に書いたように
子供であっても自立した選手が
たくさん居ます。

そして、一流の選手達との距離も近いので
一流の考え方や意識を、常にそばで触れています。


ジュニアの多感な時期に、一流のものに触れるのは
とても大切なことだと感じます。





日本に居ると、こうした選手に育たないのか?


そんなことはないと思います。
海外でしかできない学びはたくさんありますが、
日本も、海外にはない素晴らしいものが
たくさんあります。

実際、フロリダの遠征を通しても
日本のテニスが遅れているとは
全く思いませんでした。

ただ、ジュニアの頃から
海外等、できるだけ広い所を意識することは
より良い選手(人間)に成長するのは
間違いありません。

外に出てみることで、
内の良さに気付くこともありますし。




当然、全員がプロになる訳ではない

スクリーンショット 2017-01-08 8.16.36.png

スクリーンショット 2017-01-08 8.09.35.png


本当の意味で成功を掴める人は一握りですし、
挑戦して限界を知る選手もいるでしょう。

でも、人生はある意味挑戦の連続なので、
ジュニアから広い世界に挑戦することは
絶対に無駄にはならないと思っています。

そして、僕たちのような
ジュニアに関わる大人も、
そんなジュニアの目標を応援できるような
人間で居たいと思います。


もし、「自分なんかが海外なんて...」と
思っているジュニアがいれば、
決して自分を小さく考える必要なないので、
ぜひ海外を含めて大きな目標を持って
挑戦してほしいと僕は考えています。

海外は基本的に、実力関係なく
どんな価値観も自由、平等ですからね。



======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================


フロリダ遠征期の記事




今回の記事は、海外で活躍したり
プロ選手のサポートに関わりたい理学療法士、
トレーナーの方向けの記事になります。




海の向こうで、プロ選手のサポートをする。
これに一体、どんな意味があるのか?
プロ選手はどんな悩みや問題を抱えているのか?
僕ら、理学療法士やトレーナーに
何を求めているのか?



もちろん、個人情報がわかるような
細かい部分は書けませんが。。
伝えられる範囲で書いていきますね!



実際にプロ選手のサポートを通して
感じていること。。





①あなたがイメージしている
素晴らしい、感動的な世界が現実にある。


スクリーンショット 2017-01-03 1.13.58.png

スクリーンショット 2017-01-03 1.15.05.png



プロと言えば、輝かしい世界で生きていて
厳しい競争の中で戦っているからこそ、
望む成果を上げられた時は
本当に感動的で、何よりも嬉しい。

まさに普通では経験できないような世界に
触れることができる。




僕はプロと関わる前、
こうしたイメージをもっていました。
プロスポーツに関わりたかったから
理学療法士になろうと思ったんです。


そして、現実にプロのサポートを
海を越えてアメリカで経験し、
こんな素晴らしい世界はない!と
本気で感じます。





あなたがプロスポーツに興味を持っているのは
お金のためではないはずです。




誰も知らない世界を経験したり、
自分がサポートする選手が
より選手生活が充実したり。
または、過去に自分がケガをした経験から
なんとかプロ選手の力になりたいとか。





この世界に飛び込んでみたら
きっと、今の自分が思ってる以上に
感動的な世界が待っています。
いつだって、自分が思うよりも
世界は広いものです。
自分の人間の幅も、確実に広がります。






②まとまってトレーニングをする
時間を作ることが大変

スクリーンショット 2017-01-03 1.20.43.png


スクリーンショット 2017-01-03 1.20.19.png

プロ達は実は、
自分の欠点や課題をちゃんと知っています。


その直し方だって知っている!
という選手も少なくありません。


ただ、スケジュールがハードで
時間が取れないんです。




各スポーツによって多少の事情が違いますが、
テニスの場合、プロは常に世界中を
飛び回って試合をしています。



その中で、自分の課題とじっくり向き合い
トレーニングで修正するという時間は
なかなか作れないのが現実です。


※理学療法士の方は分かると思いますが、
代償動作を修正していくのは
一日二日では難しいですよね。
最初から自主トレだけでは、代償が悪化する
可能性もありますし。





今回のように、いかにスケジュールと場所を
調節し、まとまった時間を作ることは
死活問題なのです。





③それでも、プロ達は
自分の課題と向き合いたい

スクリーンショット 2017-01-03 1.27.12.png

スクリーンショット 2017-01-03 1.28.49.png

一週間、トレーナーを海外に呼んでまで
自分の課題と向き合いたい!
そう思ってるのが、プロ達です。
体作りから食事から、
出来るベストを尽くしています。



自分の職に関わることですから。



僕たち専門家から見たら
ハッキリ分かるような課題でも、
選手にとっては貴重な情報です。

現にアメリカまで呼んで
トレーニングしたいと思ってる程、
理学療法士やトレーナーの目線は
選手のサポートに役立ちます。




あなたが持っている知識や技術、経験は
あなたが思っている以上に、
選手に貢献できるものなのかも
しれませんよ。






④プロ活動には、お金がかかる


スクリーンショット 2017-01-03 1.36.09.png

スクリーンショット 2017-01-03 1.36.20.png


選手によって待遇が違うので
(団体スポーツも少し違いますが)
詳しくは述べませんが、
より良い環境で練習に打ち込むとなると
当然、お金がかかります。



施設の利用料やコーチへの報酬に始まり、
遠征費用、食費、ウェア代や用具代、
寝床に至るまで、かかるお金は莫大です。



正直、金銭的に苦しい選手が多いのが事実。
その中で、トレーナーを呼ぶということが
どういう意味なのか。


これを、僕たちは理解しておく必要が
あるでしょう。



当然、選手の課題を解決する技術や
スキルは、僕たちに必須です。





⑤拘束時間は長い。
地道なことも多い


スクリーンショット 2017-01-03 12.58.33.png


スクリーンショット 2017-01-03 12.59.48.png



練習中にトレーニングすることも
ありますが、多くは練習の前後を使って
トレーニングやケアをします。

そして、練習中は練習を見ます。


なのでどうしても、拘束時間は
長くなります。



そして、一流の選手ほど
やってることはビックリするくらい地味です。

きらびやかに見えるプレーの裏には、
地道な努力がたくさんあります。


僕たちの関わりのほとんどは、
その地道な作業になります。



ただこれらは、選手と密に関われるので
僕は長所と考えているんですけどね。




⑥素晴らしい出会いがある。
スクリーンショット 2017-01-03 13.03.02.png

スクリーンショット 2017-01-03 13.03.52.png

スクリーンショット 2017-01-03 13.03.23.png


なによりも、他ではできない経験ができる。


トレーナー側も、色んな人に支えられて
活動できていることを実感します。



そして、色んな人との出会いが
あります。
今回の内田プロの遠征でも、
同じ場所を拠点とする錦織圭選手や
次の世代を担う、たくさんの若手選手と
出会うことができました。



家にこもっているだけでは
絶対にできない経験ができるのは事実です。


経験は、何にも代え難い財産です。





⑧望んで行動すれば、
誰もが活躍するチャンスがある

スクリーンショット 2017-01-03 13.08.21.png


コネという言葉で片付けられがちですが、
意外とこの世界は平等です。
ただ反対に、意思表示をしなければ
なかなか理解されない業界でもあります。



自分がプロスポーツで関わりたい!とか
海外で活躍したい!
と思ってるなら、それをしっかり公言し、
行動してみましょう。

きっと、道は開けます。




さて、書ける範囲で書いていきましたが、
もっとディープで良い情報や
実際、現地でどんなことやってるの?とか
色々質問はあると思います。




実は帰国後、久しぶりに
スポーツセミナーを開催しようと思っています。


スポーツの世界に関わっているという経験は
独り占めするにはもったいないですし、
きちんとした手順を踏めば
誰にだってスポーツ分野で活躍するチャンスは
大いにあるからです。
※ただし、意思表示が必要ですが。。



詳細は、ブログやFacebookで発信していくので、
スポーツ分野で活躍したい理学療法士や
トレーナーの皆さんは、
ぜひ楽しみにしていてくださいね!




最後に、遠征の合間にドライブで撮れた
最高の写真をどうぞ笑


①アメリカ西海岸、マリブの海

スクリーンショット 2017-01-03 13.11.29.png




②カリフォルニア州サンタバーバラ
日が沈む直前の黄昏時

スクリーンショット 2017-01-03 13.11.16.png







======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================

追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)









IMGアカデミーの紹介に引き続き、
理学療法士の皆さんやトレーナーの方へ
情報発信の記事を書こうと思っていましたが、
どうしても書きたいので
こっちを先に書かせてもらいます笑



初めての海外で
持っていって重宝したもの5選




①メンタム

imga98b8432zik6zj.jpeg


これが重宝するとは
正直、思ってもみなかった。。
多分、スーパーでも売ってるんだろうけど
忙しくて買いにいけなかったり、
買おうと思ってても忘れたりするもの。

海外に行くと、体の変化って
やっぱり大きいです。
フロリダは日本の5月頃の気候でしたが
唇がヒリヒリしました。

普段、日本で使っているなら
必ず持っていった方がいいです!





②手帳、メモ(ルーズリーフ)

スクリーンショット 2017-01-01 12.55.45.png


僕は選手にレクチャーする用に
空港でレポート用紙を買っていったんですが、
英語が通じにくい時に書いて説明したり
何かと使いました。

英語できる人はいらないんだろうけど笑
僕のように、自信ない人には
オススメです。






③レンタルwifi

スクリーンショット 2017-01-01 12.57.09.png

普段、ポケットwifiを使ってる人は
出発前に海外でも使えるか
確認しておきましょう!
僕の場合は、最大料金が設定されないと
言われたので、グローバルwifiを使って
レンタルしました。

アメリカ本土なら、一日900円ぐらいです。
ネット環境があるのとないのでは
全然快適さが違う〜〜
お店や施設にあるwifiは、頼れそうで
頼れないので(苦笑)、
レンタルがオススメです。





④クレジットカード

スクリーンショット 2017-01-01 12.58.57.png


これはマジで要る。
なかったら僕は生きてここに居ないと
断言できる。。

今、世の中はカード社会です。
アメリカ本土の場合、ホテルやレストラン、
レンタカー、ガソリンスタンド、
カフェや自販まで
海外で支払う機会がある場所のほとんどで
カードが使えます。

現金だと、英語ができない人は
支払いにもたついたり、
怖い人に教われたりすると
ヤバいので、カードが良いです。

カードなら最悪取られても、
電話して止めれば良いですから。


ちなみに僕は、
フロリダとロサンゼルス10日間の滞在で
現金は200ドル(2万ぐらい)も
使ってません。
支払いの練習もかねて
現金払いを何度かやりましたが、
全部カードにしたら
100ドルでも余るぐらいです。






⑤日常英語の本

51B2FTmKw8L._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

これも、英語が出来る人は必要ない。。
でも僕は、これに何度も助けられました。

例えばレストランで食事するときも、
入って店員に喋りかけられたら
どうしよう。。
とか考えて、二の足を踏んだことが
ありました。


最近の本は、食事をするという1シーンでも
・入店時
・メニューの見方、選び方
・料理への質問
・支払いの仕方
と、実際の流れに沿って
細かく書かれてます。
僕が買った本でいいなと思ったのは、
「そのシーンで聞かれるであろう質問」
も載っていたことです。


喋るのはできるけど、
聞き取れないから質問に答えられない。
それが嫌だからお店に入りたくない。
そんな人は多いと思います。

そんな人は、事前に本を見ながら
来るだろう質問を予想しておくと
割と安心してお店に入れます。

せっかくの海外なのに、
日常会話で気持ちのブロックがかかって
楽しめないのは嫌ですもんね。

ちなみに僕は、その本は
出国前の空港で買いました。
クレジットカードで笑




重宝したもの5選。
こんな感じです。

初めて海外に行く方や、英語に自信無い方の
参考になれば嬉しいです!




======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================



追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)



フロリダ遠征期の記事



錦織圭選手の効果で
今、日本から大人気のここ、IMGアカデミー。
実際僕が滞在している間も、日本人のジュニアや
プロ選手とたくさん出会いました。



当然、あの錦織選手を輩出し
今も練習の拠点になっている場所ですから、
どんな施設なのか興味がある人も
多いと思います。



今回はIMGの施設や環境面を紹介していきます。

その前に、早朝の朝焼けがキレイだったので
写真を載せておきますね笑
スクリーンショット 2016-12-30 15.42.49.png


スクリーンショット 2016-12-30 15.42.40.png



フロリダの景色は良いですね。
ため息出るくらい美しいです。
朝から泣きそうでした笑






はい、本題に行きましょう。


スクリーンショット 2016-12-30 16.10.53.png

スクリーンショット 2016-12-30 15.58.33.png


IMGアカデミーは、アメリカのテニスコーチ
ニックボロテリー氏が創設したのが始まりで、
今はテニスに留まらず
野球、ゴルフ、サッカーバスケットなど、
色んなスポーツでプロを目指すための
複合施設です。




スクリーンショット 2016-12-30 16.02.17.png

当然、敷地は広大です。
テニスコートが52面あります。。
写真で見たら実感が沸きにくいと思いますが、
大阪なら、靭テニスセンターで
20面ないですから、単純に倍以上です。
それが、上写真の右上部分におさまってるので
相当広いです。




スクリーンショット 2016-12-30 16.06.46.png

スクリーンショット 2016-12-30 16.05.48.png

コートサーフェスは、ハードコートが多く、
以前紹介したグリーンサンド(クレー)のあります。
鮮やかなハードコートですよね。


僕が滞在している年末は
選手が少なくなる時期だったのか、
どのコートも基本一対一で使い、
それでも常にコートは余ってました。





次に、トレーニング施設です。



スクリーンショット 2016-12-30 16.12.55.png

スクリーンショット 2016-12-30 16.13.01.png

色々、デカいです笑
広さは、ウェイトルームだけで900坪
(テニスコート4面分ぐらい)あります。


今回の遠征では持っていくトレーニング器具が
限られてたのですが、

「こういう器具ないかな〜」と思って探したら
大体なんでも見つかるぐらい充実してました。




スクリーンショット 2016-12-30 16.13.34.png

セラピールームもあります。
プロスポーツの分野で
理学療法士は、日本ではまだマイナーですが、
世界的にはとてもメジャーです。
ちなみに、アメリカも含めて海外に出ると、
理学療法士や体のケアをする人間は
「フィジオ」と総称して呼ばれます。


スクリーンショット 2016-12-30 16.13.08.png


テニス選手は、体のケアから動き作り、
柔軟性や筋力、メンタル、目の機能に至るまで
色んな部分を鍛えないといけません。


IMGに限らず、ただコートに入って
ボールを打つだけではいけないことは、
世界中どこに行っても共通ですね。

スクリーンショット 2016-12-30 16.26.03.png

スクリーンショット 2016-12-30 16.26.17.png

陸上系のトレーニングができる
フィールドも備わっています。

地面の素材も、反発性に優れたものや
クッション性の高い芝生などが選べるので、
負荷を調整したいときに便利です。
とても細かい配慮がされています。





ちなみにこれらの施設、
基本的には使える分はいつでもどれだけでも
使い放題です。



テニスコートは早朝からでも使えますし、
(実際、朝の7時過ぎからガンガン
練習してる選手もいました)
一日中練習やトレーニングに集中できます。


今回、海智のトレーニングを朝から晩まで
一日中できているのは、IMGの環境が
あってこそだと感じます。




当然、食事面も充実しています。


スクリーンショット 2016-12-30 16.32.35.png

スクリーンショット 2016-12-30 16.33.44.png

施設内には、カフェテリアがいくつかあります。
食事はオーダー制のものやビュッフェなど、
自分でメニューを選ぶものが多いです。
意識がしっかりしていれば、
栄養管理もできそうですね。





ちなみにIMGはジュニアからプロを目指す
システムも作られているので、
ジュニアが練習に打ち込める環境も
整っています。



スクリーンショット 2016-12-30 16.39.28.png

少し離れた場所に、ジュニアが使う施設が
集まっています。




スクリーンショット 2016-12-30 16.39.13.png

↑ジュニアが寝泊まりする寮。





スクリーンショット 2016-12-30 16.39.33.png

施設の中に学校まであります。
アメリカは飛び級制度があったり
日本とは学習システムが違いますが、
安心してテニスに打ち込む配慮がされています。





こうして見ると、
ハード面においてテニスが強くなる為に
必要なものはすべて揃ってる
そんな印象を感じました。




日本で普段感じますが、
いかに選手が打ち込める環境を作るか、
というのは、とても難しい問題です。
そういう意味で、環境面では理想だと思います。




こんな施設と、フロリダの気候に囲まれて
充実した日々を送れていますが、
次回は海外のトレーナー事情やトレーニング、
治療面のことを書いていこうと思っています。
理学療法士や海外のトレーナー活動に
興味がある方は、ぜひ見て下さい!





つづく。。



======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================




追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)



フロリダ遠征期の記事


準備から現地到着まで、
何から何まで新鮮な出来事だったので
長くなってしまいました。
やっとメインの記事が書けます笑



現地到着の翌日朝から、早速サポート開始です。

スクリーンショット 2016-12-29 13.21.01.png

スクリーンショット 2016-12-29 13.21.11.png

この時期のフロリダ、ブラデントンは
日本でいう5月下旬ごろの気候、
ベストシーズンに当たります。



フロリダの中でも南北で気候は
かなり違うそうで、北は寒いくらいだそう。
ここブラデントンは、
そんな北の人達が移動して年末を過ごす
別荘地のような場所で、
皆さんがイメージできる
最高にさわやかな気候そのものです。



そんな中、まだ肌寒さが残る朝7時半から
トレーニングを開始します。

スクリーンショット 2016-12-29 13.27.07.png

スクリーンショット 2016-12-29 13.26.18.png

内田プロとは、現地に着くまでに
連絡を取り合っていました。


・最近のトーナメントで感じた課題
・今回のトレーニングで僕(西川)に求めること
・コーチはどんなトレーニングを求めているか
・一日、一週間の練習スケジュール
・一週間の中で、トレーニングの負荷を
どう調整していくか


こうしたことを前もって連絡を取り合い、
お互い課題を明確にすることを
大切にしています。




一週間というのは長いようで短い、
しかし、プロ選手が一週間まとまって
マンツーマンでトレーニングできる期間は
とても貴重なので、一秒も無駄にしたくない、
というのが、僕の気持ちです。




例えば、朝の練習は9時からなので
7時半からウォーミングアップを始めると
意外に時間が早く過ぎてしまいます。
ここで、事前にやることを決めておくのと
そうでないのとで、効率が全く違います。

スクリーンショット 2016-12-29 13.34.42.png

スクリーンショット 2016-12-29 13.35.09.png

トレーニングが終わり、朝の練習が始まります。
ここからは、練習を見るのが僕の仕事です。


・テニスの調子はどうか
・トレーニングで使った部分が
オンコートで使えているか
・どんな練習内容か
※これによって、午後のトレーニングを
多少調整します
・疲れや痛み、どこかをかばうような
動きは無いか



など、見る部分がたくさんあります。
結局、トレーニングするのは
コート上のパフォーマンスを上げるのが
ゴールなので、
「トレーニングは上手くなったけど
テニスが良くならない」
では、トレーニングの意味はありません。



なので当然、コート上のパフォーマンスは
毎回チェックします。



あとは、とくに競技スポーツは
ケガする時は一瞬なので、
できるだけ目を離さないようにしたい、
というのもあります。







午前の練習が終わると、屋内の落ち着いた所で
体のケアを行います。

スクリーンショット 2016-12-29 13.45.56.png

詳しくは企業秘密?ですが、
この一週間はかなりハードなメニューを
組んでいます。


最近のトレーニングは効率的な反面
体の一部分にストレスが集中するので、
トレーニングとケアのバランスが
大事になります。
ケガしては元も子もないですからね。






ケアが終わったら、昼食です。
初日は、施設内で選手が利用する
カフェテリアで食事しました。

スクリーンショット 2016-12-29 13.49.18.png

スクリーンショット 2016-12-29 13.49.34.png

スクリーンショット 2016-12-29 13.49.39.png

詳しくは、次回の記事で書こうと思いますが、
選手用のカフェテリアなので
当然、アスリートの栄養についても
考えられています。




昼食後は、つかの間の休憩です。
あまりに気持ちが良い気候だったのと
フライトの疲れからか、イスに座ったまま
寝てしまってました笑

スクリーンショット 2016-12-29 13.55.43.png

↑これは「グリーンサンド」という
クレーコートです。

ヨーロッパのクレーは赤土(アンツーカー)
ですが、アメリカでクレーと言えばこっちです。
海智曰く、

「赤土よりバウンドしないのと
土自体がフカフカじゃないので、
赤土よりも足が疲れにくい」
のだそう。







休憩後、午後の練習が始まります。
スクリーンショット 2016-12-29 13.58.58.png

午後の練習前も、事前に話し合った
課題に沿ったトレーニングとアップをしてから
オンコートで開始します。




練習が始まったら、やはり観察、観察、です。
色んな角度から動画をとって、海智と動きを
確認します。

スクリーンショット 2016-12-29 13.59.06.png

ちなみにこの施設、世界的に有名で
錦織圭選手の拠点でもあります。

当然、周りのコートでは、
将来のトップ選手がうじゃうじゃ練習しています。
※このサーブを打ってる選手は
ジュニアの世界ランキング1位です。





こうして、見本になる選手が周りにいるのは
とてもいい刺激になります。

僕らもトレーニングを伝えるとき、
あーだこーだ口で言うよりも
良い選手の動きを一回見せた方が
選手に伝わることがよくあります。

百聞は一見にしかず、というやつですね。






午後の練習が終わると、そのままジムで
トレーニングです。


↑この動画に上がってるマシン、ご存知ですか?
パワープレートといって、パフォーマンスアップに
物凄く良いマシンです。



トレーニングはもちろん、骨折後の骨癒合も
速めてくれたりと、スポーツ医学の分野で
大活躍なんです。
※ほしいけど、一台めっちゃ高いんですよ。。
誰か、余ってたらくれませんか?笑





この後も約2時間、ジムと屋外のフィールドで
トレーニングを続けます。


初日からハードトレーニングでしたが、
課題が明確なので、
負荷を見極めながら反復です。


専門の人が付いてない場合は、
このタイムスケジュールをそのままマネると
ケガする可能性があるので注意してくだいね。







一日が終わると、もう日が落ちる手前でした。

スクリーンショット 2016-12-29 14.18.14.png

スクリーンショット 2016-12-29 14.18.23.png

夕暮れも美しいです。
僕、きれいな景色みたらめっちゃ感動してしまう
性格なんですが、フロリダの景色は
いつでもどこでも美しいので、
一日中感動しっぱなしです笑




このあとも、IMGのスタッフの方に
食事に連れて行っていただいたり、
帰ってからブログを書いたり
次の日のトレーニングの確認をしたりで、
すべて終わるとベットで倒れるように眠り
次の日の朝が始まる。。





こんな感じで一日が始まり、
そして終わっていきます。




書きなぐった感じでしたが、
少しでも海外のイメージが伝われば良いかなと
思います。




次回からは、施設の様子や
僕が感じた、海外の練習環境の良さ、
そしてトレーナーが海外で活動することなど
僕が現地で感じた、リアルな体験を
お伝えしていきたいと思います!


つづく。。



======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================



追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)







いよいよ、フロリダ、IMGに向け出発当日です。


前日はあまり寝られませんでした。
興奮して、じゃないですよ笑
前日の夜まで宿のことや
こっちの仕事でバタバタしてたんです。

ワクワクしてたのは間違いないですが。




今日(どこまでが今日かわかりませんが)は
大阪、伊丹空港から成田まで行き、
その後国際線でアトランタを経由し
フロリダの「サラソタ」という空港が目的地です。
※こんな感じ。
スクリーンショット 2016-12-28 2.46.40.png


これ見ただけでもワクワクしますよね?
僕は自分で書いてて興奮してました笑
基本、好奇心の塊人間なので。。

アメリカ本土に行ったことある人は分かると思いますが、
日本とどのくらい時差があると思いますか?



さて、飛行機に乗る前にやる仕事もあるので、
伊丹には早く来ました。
※10時くらい。。早すぎ?
IMG_6248.jpg

IMG_6249.JPG

伊丹は関空よりも、作りがシンプルです。
あまり迷うこともないでしょう。


出発まではラウンジで仕事してました。
IMG_6259.JPG

IMG_6261.JPG

ラウンジでの仕事は捗りますよ!
ゴールドカードを持っていたら無料で使えます。
※僕は前の病院の時、先輩に
「将来海外行きたいんやったら作っとけ!絶対ええで!」
と言われたので作ってたんですが、
まさか本当に役に立つ時が来るとは。。




さて、ここからは、今回のフライトで
経験したことを書いていきます。

国際線に乗ったことがない人には
役に立つ情報かもしれませんので、
今後の参考になさって下さい。
※そんなん分かるわって人は、とばしてください笑



まず、飛行機に乗る時は
いくつかの手続きがあります。


①チェックイン:チケットを発行し、荷物を預ける
②審査を終えて搭乗ゲートに行く

チェックインは
出発の2時間前からやっていますが、
チェックインするときに
飛行機に持ち込むもの以外は預けることになります。
なので、チェックイン前に
荷物は整理しておきましょう。



ちなみに水分等、
飛行機に持ち込むものは制限も多いので、
「とりあえずチェックインだけ済ませておいて
後から荷物を整理しよう」
と思ってて失敗する、ということは避けたいですね。



伊丹のチェックインはこんな感じです。
スクリーンショット 2016-12-28 16.30.05.png


預けた荷物は、成田で一旦受け取ります。
スクリーンショット 2016-12-28 16.30.17.png


25日の日曜日は、国内線は人でいっぱいでした。
基本的には国内線は1時間前、
国際線は2時間前に空港に着いておくのが
いいと言いますが、土日祝などは
余裕を見ておいた方がいいでしょう。



成田で、国際線に乗り継ぎます。

スクリーンショット 2016-12-28 16.32.06.png

国際線の場所は極端に人が少ないです。
スクリーンショット 2016-12-28 16.33.12.png

スクリーンショット 2016-12-28 16.33.59.png

こんな感じで、行き先と搭乗ゲートが一覧で見れるようになってます。


成田に着いてからの乗り継ぎは2時間ぐらい。
手続きなどを踏まえると
意外に時間の余裕はありませんでした。

※預けた荷物が出てくるまで
30分ぐらいかかったし、国際線の審査は長いので
搭乗ゲートには早めに行かないといけないです。



ただ、よっぽどのことが無い限り
迷うことはないでしょう。

コツは、分からないことがあったら
すぐに人に聞くこと。
かなり丁寧に教えてくれます。

よほどのことが無い限り、
日本国内でトラブルにはならないはずです。




伊丹ー成田は、日本のANAでしたが、
成田ーアトランタまでは、「デルタ航空」という
アメリカの航空会社になります。

スクリーンショット 2016-12-28 16.37.14.png

このあたりから、
海外っぽい感じが強くなってきます。
まだ成田で日本ですが、アトランタまで行くので
搭乗客は外人が多いです。


成田ーアトランタまで、11時間半

スクリーンショット 2016-12-28 16.38.16.png


長かったですが、疲れていたので
割とすぐに寝られました。

ここまでは何事もなく、
無事、アトランタに到着です。

スクリーンショット 2016-12-28 16.40.05.png


スクリーンショット 2016-12-28 16.40.26.png

ここから、フロリダに向けて
さらに南下します。

今回のアトランターサラソタの乗り継ぎは
3時間ありましたが、アメリカの国内線の
乗り継ぎには時間はかかりませんでした。

あ、でも、アトランタでの入国審査は
一人ひとりクリアしないといけないので
時間がかかったかな。

ここにくると基本的に海外ですから、
英語を話すことになります。
とは言え、まだ日本語のサポートがあるので
僕のように英語に自信がない人は
空港で色々聞いたりして慣れるのも
いいと思います。


僕の場合は、少し時間があったので、
カフェでコーヒー買ったり
なんとなく分かるのに、空港のスタッフに
「トイレどこですか?」とか聞いたりして
場に慣れるようにしてました笑

なんでもないようなことですが、
知らない土地の知らない言葉で違う分化に
ふれるので、一つひとつの体験が新鮮です。

スクリーンショット 2016-12-28 16.49.20.png

こっちは25日の夕方なので、
空港のスタッフはみんなサンタのコスプレ
してました笑


スクリーンショット 2016-12-28 16.50.29.png

目的地までもう少し。



この後も、何のトラブルもなく
サラソタに到着しました。

出発前の情報では、多分乗り継ぎは
時間かかったりして上手くいかないだろうと
教わっていたので、意外というか
ホッとした感じでした。

順調にいったので僕の英語力でも
なんとかなりましたが、
トラブルが起きていたら大変だったと
思います笑



サラソタに着くと、海智とコーチの
ノルベルトが迎えにきてくれていました。
※写真とるの忘れてました。。


空港からは車で宿まで送っていただき、
無事、到着です。

スクリーンショット 2016-12-28 17.01.18.png

準備も含めて長旅でしたが、ここまで来て
やっとスタートラインです。

選手達は遠征が多いですが、
1人での移動も多いので
こうしたストレス?とも日々戦うことに
なります。

海外遠征は、テニス以外にもやらないといけない
ことがたくさんあると、身をもって
実感しました。


さあ、やっと到着したので、明日の朝から
早速、現地でサポート開始です!

楽しみにしていただけるように
最後にフロリダっぽい写真
載せておきますね笑

スクリーンショット 2016-12-28 17.00.43.png


つづく。。



======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================


追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)




フロリダ遠征期の記事



IMG_6254.JPG


ネット環境の準備にかなり時間を食った僕。
しかし、まだクリアしなければいけない課題、
それが
「航空チケット」



誰だって安く済ませたいですよね。
ファーストクラス乗れるような
お金持ちなら良いですが、
遠征というのは、とにかくお金がかかります。



渡航費から何から、安く済ませられるのに
越したことはありません。



航空チケットは、ネットで探せば
すぐに見つけられます。

それは分かると思いますが、より安くするには
どうすればいいか。。



実は今回、内田コーチの奥さんがチケットを
手配してくださったのですが、その方法が、
「アメリカのサイトからチケットをとる」
という方法でした。



次の記事でも書きますが、
アメリカは日本より時間が遅れています。

普通は乗る日に近づくほど料金は高くなるので、
英語が使える人は日本のサイトからとるより
海外のサイトからアクセスする方が
安くなるという理屈だそうです。


ただこれは、英語が出来ない人は
やらない方が無難かも。


僕もレクチャーしてもらいながら
チケットをとりましたが、
1人でやるのはハードルが高いと感じました。





ところで話は変わりますが、
「ESTA」というのをご存知ですか?


これ、超重要。
アメリカに入国するには
ESTAが必要です




アメリカではビザが必要ない代わりに
ESTAというものが必要で、
「僕は悪い人ではありません。
アメリカでも悪いことしません」
って書面上で約束するものです。



これの承認が下りないと、
入国時にかなり大変な目に遭うそうです。。



ESTAはパスポートがあれば、10分ぐらいで
ネットで登録できます。
※日本語対応もしています。


登録したら、念のため印刷して持っていきましょう。
ネット上でも完結しますが、
念のため印刷しておくと
変なトラブルもないそうです。

ESTA1.jpg↑こんな感じ




さて、こうした渡米に必要なことを
急ピッチで進めないといけなかったので、
出発までかなりバタバタしてました。。
これは多分、皆さんの身にも
起こりえる話だと感じます。





そして一番大事な「言語」ですが。。

これはさすがに、1週間では何ともなりません笑

でも言葉を話すんじゃなくて気持ちを通わせるって
考えていけばいけるんちゃう?
と、軽い気持ちでいてました。
※これが吉と出るか、凶と出るか。。




そんなこんなで、準備期間の1週間は
あっという間に終わりました。
少しは、みなさんの役に立つ情報がありましたか?




次回は、いよいよフロリダに向け出発です。


ワクワクする気持ちと、
ピリピリと気持ちが引き締まる思いとが
混ざり合っています。



これから先、いくつトラブルと
出会うことになるでしょうか。。。


次回へ続く。。。


======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================


追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)




「フロリダ行ってみやんか!?」

e42d394a2a0f2499947819cad44fa224.jpg

そう勧めてくださったのは、
星田テニスクラブを経営されている内田コーチ。


息子さんの海智は、有名なプロ選手で
今はフロリダ、IMGを拠点に活動しています。
※海智の紹介は前の記事をご覧下さい。


以前から日本に帰ってきた時は
トレーニングをしていたんですが、
今回は、12月の試合で
年内のスケジュールを終えたので、
一週間トレーニング期間ができる!
ということで
内田コーチが提案してくださり、
遠征が実現しました。





ところで、このブログを読んで下さっている中には、
・理学療法士やトレーナーの方
・その学生の方
・テニスに打ち込んでいるジュニアや学生
・その保護者の方
も多いようです。



今回の遠征はね、この人達に向けて
書きたいと思ってるんです。




だってみなさん、ぶっちゃけ
海外に興味あるでしょ!?笑
チャンスがあるなら
行きたいって思ってませんか?

おそらく、多くの方は「Yes」だと思います。




何でこんなこと言うかというと、
「思ってることは現実になる」から。

チャンスがあるなら、
いつか海外で、世界で活躍したい!

そう思ってると、
意外に早くチャンスは巡ってくるものです。
ホント、キッカケはいきなりですよ。


だから、準備が必要。
今回の発信を見ていただいて、
心の準備とか、海外へ行くイメージを
持ってもらうだけでも
発信する価値があるんじゃないかと思ったんです。

※実際、IMGに行くと決まってから、
今まで英語を勉強してこなかったことを
僕は死ぬほど後悔しました。




海外に興味のあるアナタ。
アナタ絶対、遅かれ早かれ海外行きますよ。
僕のように準備で
手間取らないようにしましょう。。苦笑





さて、準備と言えば、
みなさんが「来週からアメリカ行く!」てなったら、
何を準備せなあかん!と思いますか?




僕が一瞬で頭をよぎったのはこんな感じです。
・ネット環境
(なぜかコレが一番最初に思いました)
・飛行機どうするか
・言葉大丈夫か



他にも、食事とかホテルとか
ボッタクられるんじゃないかとか、
みんなが気にしそうなのはたくさんありましたが
この辺は僕は気になりませんでした笑



食事は仕方ないしね。。
向こうの分化に馴染んだらええんです。

泊まるとこだって、なんとかなる。
最悪、警察行ったら泊めて(保護して)くれるし笑

ぼったくりだって大丈夫ですよ!
ホントにアカンと思ったら、
関西弁でキレてください。
物凄く怒ってるのは伝わるので笑


こんな感じの適当人間です。。





話がそれました。
準備ですね。



まず、ネット環境を調べました。
現地でもネットが繋がれば、迷子になっても
多少お金がなくてもなんとかなります。

ネットは強い見方です。



僕の場合、普段のネット環境は、
・スマホはソフトバンクのiPhone
・パソコンやタブレットは
Ymobileのポケットwifiのみ


だったので、ソフトバンクと
ワイモバイルショップに行きました。

IMG_6212.JPG

ソフトバンクで説明されたのは、以下のことです。

・今のまま何の設定もせずに海外に行っても、
アメリカ本土なら一日2980円で使える。
でもデータ制限があるから、
使いすぎたら止まるから気をつけて

・「アメリカ放題」っていうプランがある。
これは通話とメールが本土で使い放題になる。
月額980円。
でも、ネットはここに含まれない。
ネット使った瞬間、月額2980円とられる



とのことだったので、こりゃ高いと思い、
普段使ってるwifiで全部まかなえないかと考え
ワイモバイルに行きました。


ワイモバイルの説明。

「このルーターは海外で使えます。
でも1キロバイトごとの4円取られるんで、
普通に使ったら破産します」
そして、
「定額の設定はありません」


意外に、ネット環境って
お金かかるんやな。。
と思いました。


そこで、他に変わるネット環境はないかと
調べてみると。。
レンタルwifiというものがあると分かりました。


全世界ほとんどOK!
しかもアメリカは一日970円〜!
これはいいかも!


アメリカ本土など、先進国では
4Gを普通に使えるそうです。

IMG_6262.JPG
↑実物

今回はコレを使うことにしました。
※ただ、これだけでは通話はできないので
多分現地で通話することもあるだろうと思い、
結局ソフトバンクの「アメリカ放題」も
申し込みました。
アメリカ放題はスマホから直接申し込めましたよ。


ちなみにレンタルwifiは
日本各地の空港で受け取れ、返却出来ます。

IMG_6252.JPG

↑空港の受け取り場。
外貨両替の隣にあるので見つけやすかったです。
決済はネットでクレジットがいいでしょう。
受け取り場の手続きは5分ぐらいです。


僕が借りたレンタルwifiのサイトを載せておくので
良かったら参考にしてみてください。





こうやってネット環境を整えるのに、
調べる所から始まって丸2日。。
準備って、結構時間かかるものですよ。
早めに動き出すに越したことは
なさそうです。



さて、残る不安要素は
「飛行機」と「言葉」ですが。。

長くなってしまったので、
これは次の記事に挙げますね。

つづく。。





追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)




今日は、来週からフロリダ、IMGアカデミーで
サポートさせていただくことになった
プロ選手を紹介させてください。

とはいっても、テニスファンなら知ってる人も多いのでは?

今、男子テニス界を賑わせている1人、
内田海智プロです。

IMG_47209.JPG

2016年12月16日付けのJTA(日本ランキング)で
シングルス14位
ダブルス3位
※日本テニス協会公式サイトより



彼のストーリーは色々とあるのですが、
僕があれこれ言うよりも
you tubeで海智がテレビ取材を受けている動画があったので
こちらを見て下さい。


この取材の後、錦織圭選手と同じ
IMGアカデミーに拠点を置き、
プロ活動をすることになります。
IMG_4206.JPG

IMG_4208.JPG

IMG_4207.JPG
※IMGアカデミーでの様子

僕が近くで見ていて感じる
海智という人間は、

○率直でシンプル、物事に正面から向き合う
○おっちょこちょい
○実は、体育の成績悪いぐらいの運動能力なのに
ここまで頑張れるぐらい努力家
○でも、そんな素振りは見せない。
むしろ一見クールに見える
○決断力がある、決断を恐れない
○だけど、よく忘れ物する
○ウソで始めたテニスなのに
打ち込めるほど、まっすぐな正確
○ただし、遠征の準備はいつもギリギリ
○こんなギャップを感じさせない


つまりね、
超人じゃないってことなんですよ。
天才的で完璧なウルトラマンみたいなんじゃなくて
人間くさい一面を持ってるのが、海智の魅力です。


体の面でも、ボディワークも決して超人ではないし
天才のような、キレイに進んでいくタイプでは
ないだろうけど、
だからこそ見てる人は、海智を知れば知るほど
共感できる。応援したくなる。
そんなタイプの選手だと、僕は思っています。


ちなみに僕はこれまで、
海智が日本に帰ってきた時にサポートさせて
いただいていたのですが、
本拠地、IMGでトレーニングするのは
今回が初めてです。

本拠地でのトレーニングで、また新たな
内田海智と出会うかもしれません。
新しい感動もあるでしょう。



このブログは、
○理学療法士などの治療家、トレーナー
○プロテニスに興味のある方
○競技テニスに打ち込む人達
○海外のテニスに興味のある人
など、たくさんの人に読んでいただいています。

今回の遠征で、そんな人達の
「役に立ち」、
「心を動かしてくれる」
そんな情報を届けていきたいと思いますので
お楽しみにしていてくださいね!

今日の写真/海智と2ショット

IMG_65133.JPG

確か夏頃だったかな?

テニスプロはスケジュールが

直前で変わることも多く、

日本に帰ってくるのも急遽なことが

多いんです。

だから、直接会って話できる時間は

とても貴重です。


今回は凄くいい時間を過ごせそうで

楽しみです。




======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================



追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)



内田海智プロのサポートで、
フロリダ、IMGアカデミーに
1週間行ってきます。

普段国内の活動が多いですが、
ブログを読んで下さってる方の中には
海外に興味がある人も多いと思いますので、
役に立つ情報をどんどん
アップしていこうと思います。

今日の写真/内田海智プロ
IMG_55133.JPG
錦織圭選手と同じ、IMGアカデミーを
拠点としています。
世界的に有名な施設なので
気になる人も多いと思いますが、
実際のリアルな情報をお伝えしていきますね。



======================
テニスフィジオでは、ジュニア選手の
トレーニングや体のケアを大阪のジムにて
マンツーマンで行なっています。
詳しくは以下のテニスフィジオHPよりご覧下さい。




======================



追伸

※スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ



ボランティアではなく仕事として

スポーツに関わりたい!


という先生には、毎月30名限定で

私が有料で行った

「理学療法士がスポーツを仕事にする

セミナー」の動画(約1時間50分)を

無料でプレゼントします。


条件は、

「いつかは本気でスポーツを仕事にしたい人」

自分が勉強できれば満足とか

どうせ無料だし貰っておこうかと言う人は

門前払いします笑




下の西川匠 公式LINEに

『ブログを見ました。セミナー動画希望します』

とメッセージください。

※メッセージがないとLINEが届かないので、

必ず『セミナー動画』と一言添えてください。


〜西川匠 公式LINE〜

スマホからはこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40bhs0758k


スマホ以外の方は 

『@bhs0758k』をID検索

(@をお忘れなく)


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちフロリダIMGアカデミー2017カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはジュニアのトレーニングです。

次のカテゴリはメンタルタフネスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。