2015年7月アーカイブ

※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


全日本ジュニアのドローと日程が出ました!
14U、12シードにマリリン!
そして、マリリン&フラワーちゃん
補欠一番!
出場できるのか。。。!!

今回、14Uのシングルスとダブルス初戦が
8月9日(日)の同日になったため、
選手達のサポートで帯同する事になりました。
そのためエナジー来校を予定していましたが、
試合の帯同を優先させていただきます。
そのかわり、現地であれば何らかのサポートは
可能ですので、何かあればエナジー生でも
外部生でも、初めての方でも、気軽に
お声掛け下さいね!


ちなみに16Uはキミレンコが1シードだ!
しかし現役生が優先なので、観戦は
時間が空いていれば行こうかな。。


今年の夏は本当に色々熱い!!
選手達の健闘を祈ります!!





8月来校日

8日:土曜
16日:日曜
20日:木曜
23日:日曜
29日:土曜
30日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

土日は和歌山で強化練習でした!
スクリーンショット 2015-07-28 9.44.47.png

この土日も大阪・兵庫・京都・東海など
遠方から駆けつけて下さいました!
いつも遠方から、頭が下がります。。

最近練習の始めに、「ファンクショナルアップ」
というウォーミングアップをしています。
日曜の練習の冒頭にも、コーチから
「ファンクショナルってなに?」という
話がありましたが。。

この「ファンクショナル」という言葉、
良く覚えておいてほしいです!
というのも、スポーツ界では今この言葉が
ある種「流行り」になっているため、
エナジー以外の場所でも聞く事があると
思うからです。

ファンクショナルとは、「機能的」と
訳すことができます。
また、「そのスポーツの動きに沿った」と
言い換えることもできます。

ですから「ファンクショナルアップ」とは
「テニスを始める前に、
   テニスの動きに沿ったアップ」
となり、
「ファンクショナルトレーニング」とは
「テニスの動きを正しく
   身につけるトレーニング」
となります。

これは筋トレや持久走とは別のジャンルに
なります。
※以前は「テニスには○○筋が必要だ!
       だから○○筋を鍛えるんだ!」
という考えでしたが、それでは選手の動きが
良くならなかったため、正しい動きを
身につけよう!という声が大きくなり、
ファンクショナルという言葉が出てきました。


エナジーではよく英語が出てきます。
それはカッコつけたいからではなくて(笑)、
どの現場に行っても使われる「共通言語」
だからです。
選手をしていれば、色んな現場に
行く事があります。
その時、初めて聞くのか聞き慣れた言葉が
出てくるのか、初めてやるのかやり慣れている
ことをやるのかでは、選手の受け入れが
違います。

「ファンクショナル」も同じで、おそらく
多くの現場で使われる言葉になると思うので。
今の内から覚えておきましょう!

今日の写真/ファンクショナルアップ、仕上げ
スクリーンショット 2015-07-28 9.43.33.png

もちろん短期間で完成するものではありません。
長い時間をかけることで土台が完成します。


次回/他競技を経験したテニス選手について
第1回:サッカーとテニス
第2回:武道とテニス
第3回:野球とテニス
第4回以降は検討中です。








来校日
8月
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


マリリンの関西ジュニア準優勝に続き、
サテライトではフラワーちゃんが準優勝!
アンドレ君は3位!
ムーンちゃんは決勝でココロンとの
エナジー対決に敗れましたが準優勝!
ココロンは今日が優勝に一昨日は準優勝!
そして大阪選手権の団体では
エコドライブ君とオカジュンが優勝に貢献!
外部生ではマミ平も優勝したとのこと!
アイアンマンも初の3位入賞!
みんな夏本番で調子が上向いてるのか〜!

シーズンにチーム全体で勢いに乗れるのは
とても良い事です!
熱中症には気をつけて、このまま突っ走れ〜!

みんなの写真はこちらから!




来校日
8月
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

マリリンが関西ジュニアシングルス、
準優勝でした!
女王を初めて下し、決勝進出。
一つ大きな壁を超えてくれました。
やはり、選手が勝ってくれた時が
一番嬉しい。。
疲れも吹っ飛びます。
決勝は残念でしたが、これからに期待です。

外部PPMも含め、この関西ジュニアは
色んな試合がありましたね。
選手が負けてしまった時は、
私も悔しい。

特に今回は、超えたい壁を今一歩で!
というケースがあったので。。

しかしどんな結果でも、これまでの
道筋を確認して改善していくことが
大事に思います。
テニスはオフシーズンのないスポーツ。
すでに新しいスタートを切っている
ジュニアもいます。

それぞれの目標に向けて、
また1から頑張りましょう!








来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


以前ブログで
「他競技の経験はテニスの有利になるか?」
について書きました。


これらは、他スポーツの経験をしてから
テニスを始めたジュニアを見ていて、
競技ごとに特徴があり(低年齢であっても)
競技ごとにテニスに有利になる側面と
不利になる側面を書いたものです。

これを知る事で、他の競技経験がある選手
だけでなく、1からテニスを経験した選手にも
身体作りのヒントが見えてくるのですが。。

このシリーズ、パーソナルを受ける選手の
保護者から反響が大きかったんです。
私としては意外だったんですが、
今までの競技経験から、テニスに活かせる
武器を見つけてほしい!という想いが
あるのでしょう。

という事でこのシリーズをもう一度、
今度はもう少し多岐にわたって書いていきます
身体作りのヒントになればと思います。



第1回:サッカーとテニス
第2回:武道とテニス
第3回:野球とテニス
第4回以降は検討中です。







来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

ある他競技の現場でのこと。

世界のトップ選手を相手にするトレーナーと

身体を見てもらっている選手との会話で。。

選手がこう言いました。


「僕の身体、トップと比べてどうですか?」


ちなみにその選手も、全国上位レベルです。

ここでいう「トップ」とは、

世界レベルを指します。


その選手は世界クラスに行くために

身体を変える必要があると

考えていたようですが。。

帰ってきた答えは、

「そんな変わらんよ!」


意外な答えに選手は、

「じゃあ何が違うんですか?」と聞くと、

「彼らは、自分の身体を良く知ってる」と。

 


話は変わりますが、「頑固オヤジ」なる人は

しばしば病院の検査結果に対して、

「自分の体ぐらい自分が一番分かっとるわ!」

と突っぱねる事がありますが。。

これね、結構正しいと思うんですよ。

長年身体の声を聞き続けてきたからこそ、

自分が一番よう知っとる!

と言える訳ですよね。

  「頑固オヤジ」の言い分は全て正しい

訳ではないので誤解の無いように。

 


話を戻します。

私の経験でも、レベルの高い選手ほど

「自分の身体はこうだ!」と

胸を張って言ってきます。


専門家に言われて気付くだけでなく、

「一緒になって」身体をレベルアップ

させようとします。


テニスも同じですよね。

自分のテニスを知ろうと努め、

コーチと一緒にテニスを作っていく選手は

成長します。

それと同じです。

 

 

自分の身体を分かる事、分かろうとする事は、

一流選手への必要なステップです。

 

選手達!「自分の身体を分かっている!」と

胸を張って言えるか!?


今日の写真/高校のテニスコート

IMG_3328.jpg


ハードに生まれ変わり、高校生の

フットワークが良くなったと感じます。

あとはジュニア達が自由に使える

クレーコートがあればな。。



※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

今日は関西ジュニアを見に行きました。

IMG_3342.jpg

スクリーンショット 2015-07-21 23.49.03.png

マリリンのQF!
フルセットの末勝利し、ベスト4進出。
タフな試合ですが、なんとかモノにして
くれました。
明日の女王との戦いに期待です!

さて、今回の関西ジュニアは
エナジー生はもとより、外部でPPM
(パーソナルプログラムメンバー)を受講
されている選手の試合も見る事ができました。

エナジー生、外部生ともに色んな試合が
ありました。。
勝ち切った試合、泥試合に勝つ・負ける。
格上に健闘するもあと一歩。。などなど。

試合を見れなかった選手達のことも、
報告で聞きました。
私自身も色々と勉強する大会になりました。
まだまだ夏は続きますし、それぞれの
目標に向かって進んでいきましょう!






来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


久々の更新になりました。。
台風が去って、梅雨明けになりましたね!
さぁ熱い熱い夏がこれから、いやもうすでに
やってきております。。

土曜日は水泳の帯同、日曜日はエナジー
そして月曜は、祝日練習会でした!
スクリーンショット 2015-07-21 23.31.59.png
試合や課題練習をする中で、
身体や動きについて少しレクチャーさせて
もらいました。

外部生も多くご参加いただきましたが。。
今回のように身体・動きのことを考えるのは
初めての方も多かったのではないでしょうか?

しかしあまり浸透していないだけで、
身体のことを考えるのは非常に重要です。
強い選手は「身体に根拠がある」
今回伝えたかったことの一つです。

もちろん、身体だけではありません。
強い選手には「技術」にも「メンタル」にも
根拠はあります。
その中で、「身体」にも根拠があるんです。

ここから変えていくのが、強くなっていく
秘訣だと考えています。

身体や動きは1日ではできませんが。。
それを知るキッカケ作りになれたら
幸いに思います。


今日の写真①/エナジーの新生!
IMG_3337.jpg

4歳のラファ!
テニスエナジーには次世代の新生が
切れ目なく控えてます!



今日の写真②/テントに戯れるジュニア!
IMG_3335.jpg

さすがに暑すぎるので
日よけにタープを買った結果。
ベッドが占領された。
まるで秘密基地を手に入れたかのような
はしゃぎっぷりであります。






来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜
8月の来校予定日に追加です。

20日・29日

8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
20日:木曜
23日:日曜
29日:土曜
30日:日曜

パーソナルトレーニングの希望は
白川コーチまでお願いします!



※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


今日から2日間、水泳の帯同!!でしたが。。
台風のため、初日の今日は中止に。。
大学の水泳の試合は屋内プールでするのが
ほとんどなので、よっぽどでない限り
中止にはならないんですが、台風は仕方ない
ですよね。。

ちなみに今回の水泳の試合は、合計3日間で
行われます。それが中止になったという事は、
2日間で試合を消化することになります。
つまり、予選→決勝とレースが2回あるはずが、
1回ぶっつけ本番で、そのタイムで順位が
決まる(タイム決勝)システムに急遽
変更となりました。

テニスでいう、3セットが8ゲームに
なるようなもんです。

関西ジュニアも昨日・今日と中止のようです。
関西ジュニア例年雨で流れやすい。。
全日本ジュニアは比較的晴れるんですけどね。

色んな試合に出ると、天候に泣かされたり
ペースを乱されることがありますが、
今はその耐性をつける
良い期間なのかもしれません。

関西ジュニア、残っている選手は焦らず、
普段通りの体調管理をお願いします。
私も明日の帯同はバタバタしそうなので、
今日は早く寝ることにします。。




来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


台風が近づいてきました。。
今日はオフだったので関西ジュニアを
見に行こうとしましたが。。
和歌山の暴風警報の為に中止(泣)
明日から2日間は水泳の関西学生に
帯同するのですが、こちらも台風直撃で
どうなるやら。。

週末まで、みなさんも気をつけて下さい。。

さて、関西ジュニアが中止になったので
大学のトレーニングジムに行ってきました。
IMG_3330.JPG

ダンベルや筋トレマシン、
フォームチェックの鏡やプライオ用の台、
寝返りトレーニングのスペースに
比較的新しいマシン達。
これだけ設備が充実してて、学生やOBは
タダでトレーニングできます。
体組織も測ることができるので、しっかりした
トレーナーがいれば、ラ○ザッ○ばりに
追い込める環境にあります。。
にも関わらず、平日の午前中は
いつもガラガラ。。
テニスコートもそうですが、
なんかもったいないですね。

私は「現場拠点」を一つのコンセプトに
していますが、フォームをチェックしたり
ある程度抵抗をかけたストレングスなどが
必要な時に、ジムの環境で選手を見たいな〜と
思うことがあります。
理想は練習しているコートのすぐ近くに
ジムの環境があること。。
そんな環境、簡単にはありませんが〜

大学のジムと提携して何かできへんかな。。
良いアイデアがあればコッソリ教えて下さい(笑)

今日の写真/大学からの景色
IMG_3327.jpg

理学療法の出身校は
家から近くにあります。
勉強やトレーニングがタダで好きなだけできる
ので、今もよく通っています。




来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

土日は和歌山で強化練習でした。

スクリーンショット 2015-07-14 14.05.48.png

この週末から急に暑くなりましたね。
日曜の和歌山の最高気温、34.5°
もう暑いというより熱いです。。

この熱さに慣れるのも、夏の試合を勝ち切る
大切な要素でしょう。
根性論ではないですが、夏の暑さには
慣れるしかない。。
私もこの土日は練習に入りましたが、ほんっと
体力がおっさん化してました。。
「もういつまでも若くないんだから。。」
コーチに言われた一言が刺さります(笑)
まだ若者なんですけど。。

ちなみに全日本ジュニアは大阪が会場ですが、
地方の選手は九州や関東よりも蒸し暑い!と
感じることが、しばしばあるようです。

関西の熱さに慣れるのは、
関西人のアドバンテージ?
そして夏の試合も、関西ジュニアが
始まりましたね。

負けてしまった選手。。残念ですが、夏は
まだまだ続きます。
そして勝ち残っている選手。
熱さに負けんと、全国まで駆け上がれ!

今日の写真/水浴びするジュニア達
IMG_3320.jpg


IMG_3319.jpg

昔からの光景です。
ゆでだこになったアイアンマンが
頭からかぶってます。


来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


急遽祝日に練習会を行う事になり、
私も来校することになりました。
パーソナルトレーニングも行いますよ
パーソナルの詳細はすぐ下のブログ記事より
ご確認ください!

今日の写真/高校生のパーソナル

スクリーンショット 2015-07-14 14.00.00.png

サポートしている近大附属高校テニス部。
これまでエナジーのような個別対応は
できませんでしたが、今回希望があり
パーソナルを行いました!
高校生も希望があれば行いますので、
(料金や流れはエナジーの内容と同じです)
希望があればご連絡ください。






来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


・料金
1時間:6000円
書面作成:別途3000円
初回のみ、簡単なチェックを30分3000円
でも可能です。
初回は30分・1時間のどちらでも、書面作成を
無料で行います。

・申し込み方法
 エナジーの練習に来ていただく際に
チェックを行うので、白川コーチの連絡先
までご連絡ください。

パーソナルトレーニングの詳細は以上です。
よろしくお願いします。





来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
20日:月曜・祝
25日:土曜
26日:日曜

8月

1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


具体的にパーソナルトレーニングで
どんなことをするの?の説明です。

一人ひとり状態によって課題は変わりますが、
以下が大まかな流れです。



①各種測定
 トレーニングをいきなり始めることは、
選手のケガに繋がります。今の状態を知り、
高いレベルに向かう為に以下の測定を行います。

・関節の柔軟性を測定。ハイレベルな選手に
 共通した可動域の獲得を目指します。
・テニスに必要な筋肉が最低限発達しているか?
 また、正しく使えているか?

データ化することは、自分の長所と短所を
明確に知る事が出来ます。さらに、年間通して
身体の管理が可能です。
※とくに小学校〜高校生までは身体の変化が
早いです。数値化して管理する事が重要です。



②カウンセリングと動作分析
 自分が現在、どんなテニスをしているか?
どんなテニスを目指したいか?
ここがしっかりと決まっている選手ほど、
課題も明確になります。
目指したい部分が決まれば、次に
テニスの動作を分析します。
分析によりどんなトレーニングが必要か?を
伝えていきます。



③トレーニング指導
 カウンセリングと動作分析から、必要な
トレーニングを実際に行います。
「テニスに何の役に立つか?」を意識して
取り組んでいただくことが重要です。



④セルフエクササイズ
現実には、365日ず〜っとトレーナーが
付きっきりになることはありません。
そのため、毎日のトレーニングをいかに
効果的に行うかが最も大切です。

トレーニング指導で得た意識をもとにして、
現在の練習環境で取り組める
セルフエクササイズをお伝えします。



⑤書面の作成(希望者のみ、初回はサービス)
 パーソナルで伝えた内容は、できるだけ
自分のものにして帰りたいものですよね。
しかし、専門的な内容や正しいトレーニングの
仕方などを完璧に覚えるのも難しい。。

 という方に、パーソナルで伝えた内容を
書面にして、お渡しします(後日作成)。
書面作成は希望者のみ、1回別途3000円に
なりますが、初回のみ無料でサービスします。


おおまかな流れは、このようになります。
テニスは1日で上達するものではないですが、
そのきっかけを掴み、正しい方向性に導くのが
パーソナルトレーニングです。

次回は、料金や申し込み、注意事項などの
詳細をご案内します。








来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


まだパーソナルを受けていない方、これから
受けようかと考えている方に、
パーソナルトレーニングって何?を
何度かに分けて、ご紹介したいと思います。


スクリーンショット 2015-07-10 11.13.07.png
↑パーソナルの様子

パーソナルトレーニングでは、選手一人ひとりに
合わせたトレーニングを提供しています。
パーソナルで一番大事なテーマは、

「その選手のテニスを良くすること」

です。


一般的にされている多くのトレーニングは、
筋力やスピードは鍛えることが出来ます。

しかし、それが本当に選手のテニスに
プラスになっているでしょうか?

例えばランニング。。
部活でよくあります。
「1時間走っとけ!」
でも、テニスはだらだらと1時間も走り続ける
ことはありません。

むしろ、ダラダラ走る筋肉がついてしまい
オンコートでのダッシュ・ストップには
マイナスになることもあります。
これでは、テニスの役に立つとは
言いにくいですよね。

会場で多くの選手を見れば感じると思います。
みんな身体も違えばテニスも違いますよね。

つまり、全員同じトレーニングをするだけでは
十分ではないんです。
自分のテニスを模索するように
身体の作り方も、それぞれ違います。

それを医科学的に分析して作り上げるのが
パーソナルトレーニングです。

具体的にどう進めていくのかは、次回に
書いていきますね。。






来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


昔、私がエナジーにいた頃。。
「嫌いな練習」の一つにスペインドリルが
ありました。
「嫌いな練習」はいくつかあり、
バタフライラリーもそうでした。

理由は、単純なことを繰り返すから。
そして、とてつもなく追い込むから。
毎日毎日、同じ事の繰り返し。。
動けなくなるまで追い込み、出来るまで
何度も繰り返すので、嫌になったんです。
飽きっぽい性格でもあったので(苦笑!)

でも、その練習が必要なのも
ジュニア心で何となく感じていました。
当時の強い選手は、この練習を誰よりも
真剣に取り組んでいて、前後の動きがとても
正確で速かったからです。

そして、その特徴は現代の選手にも
当てはまる。。
あの前後の動きは、いつの時代でも
試合で勝つ為には必須なんでしょう。

今回、エナジーで見直された練習を見て
昔を思い出しました。
自分のジュニアの頃と今のジュニアを重ねると
後悔してほしくない!そう感じるんです。
※自分は最後の最後まで、自分に厳しく
出来なかったから。。

そして動きの専門家としても、この練習は
とても重要と考えます。
試合で使えるには、正しい動きを100%の強度で
繰り返すしかないからです。

多くの選手は、苦手なことからは
逃げたくなるものですが。。
この課題、本気で自分のものにしてほしい。
出来るようになっても、ずっと続けるべき
練習ですから。

自分に負けるな。
タフになれ。


今日の写真/パーソナル
スクリーンショット 2015-07-08 1.13.09.png
パーソナルは、自分の課題を見つめて
前進していくプログラムです。
パーソナルの詳しい説明を、次回に書きます。






来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


ケガから復帰し、以前より活躍するようになった
選手を見て、選手達は何を参考にすれば良いか?
これは主に、中高生以上の年代を対象に
しています。

結論から言うと、
「力強さと、しなやかさの両立」
を目指してほしいと思います。
※ケガした選手も、健康な選手も。

順を追って説明します。
これは完全に私の経験上ですが、ケガを繰り返す
選手はしっかり者で責任感の強い選手に多い。
そしてそんな選手ほど、身体や動きが硬い

スポーツではよく「力まないように」とか
「リラックスして」という言葉が使われますが、
良い選手ほど「しなやかで力強い」もの。
これはほぼ全ての選手や指導者が求める
部分でしょう。
対して、ある程度不真面目で遊び心がある
選手の場合、身体や動きが柔らかいことが多い。
(不真面目すぎる選手はふざけてケガしたり
ケアを怠るので、これもまた硬くなりがちです

極端な2つのタイプをみると、しなやかさと
力強さのどちらかが欠けていることに
気付きます。
そして「しっかり者の選手」は、レベルが
高いほどえげつない努力をします。
それは「力強く」なるための努力です。
そしてえげつなく力強くなる反面、
しなやかさはだんだん薄れていきます。

ケガを繰り返してしまう原因のひとつは
ここにあります。
(現場で「下手だからケガするんだ!」という
言われ方をして、もっと真面目に、もっと
力強く!と考えてしまうケースも多いです)


話を戻します。
ケガから復帰してかなりのハイパフォーマンスを
見せる選手は、多くの場合「力強さ」よりも
「しなやか」になっていませんか?

彼らの多くはケガをすることで、普段から
「もっと真面目に、もっとしっかり、
       もっと力強く
を目指して努力していたことに気付きます。
そして「もっとしなやかに」という方向性を
見いだす事で、努力の方向をそちらに向ける。

そして結果を出すと、みな一様に
「ケガしたことが逆に良かった」
なるわけです。

選手達が学んでほしいことは、
「自分は普段、力強さ・しなやかさのどっちを
鍛えようとしていたか?」
これを見つめてほしいんです。

真面目な選手は多くの場合、力強さを求めている
はずです。
そんな選手は、呼吸法でリラックスしたり
普段のトレーニングを出来るだけ脱力して
行うようにしましょう。

普段の練習やトレーニングが良い悪いでなく、
「力強く、しなやか」をバランスよく意識する
だけでも、動きは少しずつ変わっていきます。
反対に不真面目すぎる選手は、力強くなる
意識を持つようにしましょう。

これだけで全てが良くなる訳ではないですが、
ケガから這い上がった選手や急に伸びた選手に
共通することです。

「力強さとしなやかさ」

一度、見つめ直してみて下さい。

今日の写真/今週は研修でした!
スクリーンショット 2015-07-06 2.11.06.png

常に新しい知見が出ていますが、
この業界にも「流行り」があります。
変わらない根本は大切に!
そして選手に伝える時はシンプルに。
今回も良い勉強になりました。



来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

このシリーズ、途中で止まっていたので
久々の更新です。
ケガからの復帰期間は、「治療」ではなく
「強化」にすることが理想だと書きました。

ですが、これって簡単にはいきませんよね。。
選手がケガするタイミングには共通点があり、
・上り調子である
・練習量(時間・負荷)が増えた
・身体の変化が著しい(身長や体重など)

特に、上り調子に多いんです。
そこからのケガは、選手にとって目をつぶりたく
なるものでしょう。
サポートする人間は、選手は心の回復に
時間がかかることを知っておくべきです。

そして、復帰に関わるスタッフが出来る事は
選手に伸びしろを感じさせること
これが重要と感じます。
トレーニングで身体に伸びしろを感じた
選手は目の色が変わります。
絶頂期からのケガは辛いものですが、
ケガする事で別の伸びしろに目を向けられた。
それが復帰してから、「ケガして良かった」と
思えるようにもなります。

リハビリスタッフは選手の復帰について、
しばしば「選手に寄り添うように」と
教えられますが。。
私としては、寄り添うだけでは「治療」を
超えられないと感じます。

新しい伸びしろを感じさせるように試行錯誤
することが、復帰に関わるスタッフに必要な
度量と私は考えています。

次回は復帰するまで具体的にどうしたらいいか、
選手側へ伝えたい事を書いていきます。





来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


昨日は1日テニスラボに行ってきました。
スクリーンショット 2015-07-03 10.43.54.png

プロ達の練習風景。。
何度練習を見てもいい雰囲気です!
昨日は通常練習の他に、午後・夜と
2回に分けて講習が行われました。

テーマは「セルフケア」
ウィンブルドンの会場で多くの選手達が
ケアをトレーナーに頼っている現状から、
「自分の身体を知って、自分で管理する」
意識を高める目的での講習です。

使う器具はグリッドローラー
↓こういうやつです
IMG_21.jpg
エナジーには「凸凹ロール」がありますが。
使い方は同じです↓
IMG_24523.jpg

講習は理論背景から全身のケアの方法まで
分かりやすく、私も勉強になりました!

ケアのトレーナーが常駐する体制は、
今の日本のテニスクラブでは作りにくいのが
現状ですが。。
こうやって自分の身体を自分で管理する習慣を
つけるのはとても大事ですね!






来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。