2015年6月アーカイブ

ウィンブルドン!
初の本戦INした守屋選手。
残念ながらチリッチに敗れましたね。。

守屋選手のテニス、メチャクチャ好きなんです。
奇麗で丁寧で日本人らしいテニス!
同世代だけに憧れでもあったんですが、残念。
でも、ウィンブルドンの舞台で試合が
見れたのは良かった!

日本人がこうやって世界の舞台に
どんどん出てくるのは希望ですね。
次の世代のジュニアが世界を目指せるように
サポートしていきたい!
そう思います。

さて、明日は整形外科で仕事なので
もう寝ます〜〜
やっぱりウィンブルドンの時期は
寝不足になりますね。。



※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

今週土日は和歌山での練習に参加しました。
IMG_0831.jpg
なぜここは天気が悪いんだぁ〜〜
天気予報は晴れなのに。。
エナジーは昔から山間のコートがホームなので。
メンバーは天気の悪いのは慣れっこかも。。

この土日は両日、外部からも
参加していただきました。
来月から関西ジュニアや全小など主要な試合が
始まるので、外部の参加はメンバーにとっても
いい刺激になっていると感じます。

身体作りも、それぞれの課題がはっきりして
きたので、夏に向けての飛躍が楽しみです!

今日の写真/何をしてるでしょう?
IMG_0820.jpg

「ヤマタニ(dog&cat)」ではありません。
上半身の力の入れ方を覚える課題です。
使い方を覚えればパワーの変化は一目瞭然
ですが。。
このトレーニングに至るまで、
可動域のアップなど色んなことに取り組んで
土台を作る必要があります。
身体を変えるのは一夕一朝ではないんです。



来校日
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


今日も1日和歌山で練習です!

スクリーンショット 2015-06-27 21.44.20.png

今日も外部参加は兵庫県の遠方から。
いつも足を伸ばして来ていただき、
本当に感謝です。

さて、パーソナルや全体へのファンクショナル
アップでも話しましたが。
「小さい事ほど大切にしてほしい」
足の角度とか、股関節の使い方とか。

こんなんでテニスが変わるの?
初めてでは特に、そう思われることも
あるかもしれません。
しかし。。
変わります。
断言します。

今日、朝に打点の確認をしましたよね?
現在のプロも、あんな何でも無いようなことを
毎回毎回確認しながら練習しています。
身体の使い方も同じこと。。

股関節の力が上手く打点に乗らないとか、
何か動きが固い感じがするとか、
みんなに問いかけてるのと同じことを
プロも日々悩んでいます。
ジュニア達に伝えたいのは。。
小さなことにこだわる習慣を付けてほしい。
選手であればいつか必ず、自分の身体と
対話していくことが求められていきます。

その時に、「どこまで意識すれば良いの?」
その基準をエナジーで伝えています。

小さなことを見逃さず、一つひとつ。。
時間はかかりますが、それが上達の道です。

今日の写真/足部の動き
スクリーンショット 2015-06-27 21.43.43.png
こんな所、普通は確認しない?
いいえ、世界基準では確認するものです。
小さなことでも、見逃してはいけない。。





来校日
6月
28日:日曜

7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

8月
1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

8月の予定です。

1日:土曜
8日:土曜
9日:日曜
16日:日曜
23日:日曜
30日:日曜

メンバーの中には平日にパーソナルを!という
方もおられると思うので、月のどこかに平日の
来校日も設けようと思います。
メンバー・外部でパーソナルを希望される方は
白川コーチまでご連絡をお願いします。

8月はインターハイ、全日本ジュニア、池村杯と
試合が続きますね!
暑い戦いが見られるのを心待ちにしています!



※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

昨日はエナジーでトレーニング!
ナショナルでのファンクショナルアップ。。
少し上手くなっては来ましたが!
まだまだ洗礼していきたいです。

これが練習と繋がってるのが
イメージできるだろうか。。
今回ナショナルで見たのは1パターンで
テニスの状況に応じて必要な動きは
たくさんあります。

やることは多い。けれども、まずは今のことを
しっかりプレーに落とし込んでいこう!

明日あさってと、2日間和歌山で練習です!
天気よ、もってくれ〜〜




来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


もうすぐ夏休みがやってきますね!
(まだ早い。。?)
エナジーでも夏休みの計画が出始めてます!

エナジーの方針でも、特に大事と思う
睡眠と栄養!
「食って寝ろ!」って、大人からしたら
こんな嬉しいことないですけど(笑)

選手の身体作りは、まず内部から。
身体を動かす=筋肉を働かせるのも
身体に十分な糖質があってこそ。
これは子供でも大人でも動物でも同じですが
ジュニアの場合、これに骨や神経系の成長が
加わります。
つまりは栄養が余分に必要ということです。

正しい栄養を取らずにトレーニングを行うのは
足りないガソリンでドライブするのと同じ!

そして水分!
これからの季節はいつもよりしっかりと。。
運動後は誰でも、少なからず脱水状態です。
一度、練習の前後で体重を測って下さい。
おそらく体重は落ちていますが、
その差は水分です。

これからの季節。
練習やトレーニングの効果をより良く
するために!栄養と睡眠で内部から身体を
変えていきましょう。。





来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


日曜日は、私の先輩がしているセミナー団体
「Bext-sg」開催の、慢性腰痛解消セミナーに
行ってきました。
実は私も、この団体の役員をしていまして。。
予定が空いてる時に活動しています。
なので今回も受講者としてではなく、
役員としての参加です。

今回は、東海で自費整体をされている
亀田先生に講義していただきました。
IMG_3306.JPG
慢性痛はテニスに関係ない?
大有りです。腰が痛い〜〜と言い続ける
現役選手、本当に多いんですよ。
そして治療家たるもの、慢性痛を理解するのは
必須項目です。
このブログで治療的な事は書きませんが、
同じ治療家としても、亀田先生の腕は素晴らしい
と感じました。
その後の懇親会でも、整体業界の色んな話が
聞けて良かったです(笑)
テニス業界とも将来繋がってくる。。のかな?
↓懇親会の様子です。
IMG_3308.JPG

う〜〜ん、男ばっかりでむさ苦しいですね笑




来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


先週末に数日、大阪を離れていたので
久しぶりの更新です。

土曜日の練習は、今回学んだ
ファンクショナルアップから。。
スクリーンショット 2015-06-22 23.30.22.png

アップに必要な要素が上手いこと組み込まれて
いるので、使いやすいと思います!
シンプルで、効果が実感できる!
トレーニングの理想ですね。
これからエナジーでも実践してみて下さい!

話はふっ飛びますが、最近セラピストからの
メールで
「西川トレーナー」
「西川コーチ」
こう呼ばれることがあり、自分でもなんだか
こそばゆいような感じに襲われます。
※自分コーチちゃうし!とか。。

そこで皆さん、
「フィジカルトレーナー」と
「フィジカルコーチ」
この二つの言葉を聞いて、どんな
イメージを持ちますか?
サッカーでは「フィジカルコーチ」という
言葉はポピュラーですが。。
競技によってイメージも異なるようですね。

「こんなんタダの言葉遊びやし一緒やん!」
という意見。
「コーチという言葉はですね、英語ではcoach
といい、trainerとは違ってうんたらかんたら」
という意見。
色々あると思いますが。

誤解を恐れず言うと、個人的には
その競技と繋がりがあるかどうか
の違いだと思っています。
サッカー選手の身体を診ていれば、誰でも
フィジカルトレーナーを名乗れます。
しかし、サッカーを知らなければ
フィジカルコーチとは言えません。
こんな感じです。

身体を診るという意味では、やる事はあまり
変わりませんが、エナジーで私の目指す形は
フィジカルコーチである!
ということに最近気がついた。。
こんなん、ただの言葉遊びですけどね。。

少し前まではフィジカルコーチだのトレーナー
だのメディカルなんとかだのややこしい!と
思っていましたが。。
「テニス選手」としての身体作りを考えるなら、
身体の専門的でありテニスも分かる
「フィジカルコーチ」が
テニス業界にもっと増えても良いんじゃないか。
と感じます。

日本(関西)には、そんな市場やお金の余裕が
あまり無いのが現実ですが。。
テニスエナジーでは確かにやっていますので、
興味のある方はトレーニング受けてみて下さい。

今日の写真/目指す形
スクリーンショット 2015-06-23 0.05.39.png
作りたいのは、オンコートでの
パフォーマンス。
オンコートで分析して、オンコートで確認。
これが目指す形です。

今日の写真2/雨で戯れるジュニア
IMG_3299.JPG

昼までは晴れてたんですが。
梅雨の山間は分からないですね。。
ジュニア達は雨降った方が元気になります笑





来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


前回の続き。

ケガから復帰しても活躍で出来ずに伸び悩む
選手と、別人のように飛躍する選手。
両者には、「復帰時にどのレベルを目指すか」
の考え方に違いがあります。

そもそも、なぜ選手はケガして戦線離脱すると
不安になるのでしょう?
一番の理由は、休んでいる間にライバル達が
走り続けているからです。
9〜10のレベルで切磋琢磨していたのに、
ケガから復帰する事には、自分は10でも
ライバルはもっと先に行っているからです。
休むのが怖い。
これでは復帰してからも伸び悩むのは
目に見えていますね。。

では、飛躍する選手は?
10でケガをしても、15や20になって
戻ろうとします。
技術が磨けない分、他の所に時間をかけられる。
身体の使い方だったり、メンタル面であったり。
ある選手は、

「練習できない分、身体の弱い部分と向き合って
  今までより良い動きが出来るようになった」

身体に限りませんが。。
普段から練習続きでは、自分の身体と
じっくり会話する時間も余裕もないことが
多い。
ケガからの復帰期間は、今まで見過ごしてきた
能力を鍛えられる貴重な時期でもあるんです。

復帰=ケガの前の状態に戻すこと

これでは不十分なのがわかりますね。
しかしケガして落ち込み、不安になっている
選手は、そうポジティブになれないことも
多々あります。

つまり私たちは、この期間は「治療」でなく
「強化」であることを、選手に理解して
もらうよう導く事が大切です。


では、具体的にどうすれば良いか。。
それはまた続きに。
次は治療家向けの内容になりそうですね。。





来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。



ある選手の話。
※テニス選手ではありません。
大事な試合前にケガをしました。
一年間、その試合を目標にしていたため
選手はとても悔しく、やりきれない気持ちで
いっぱいになっています。

しかし、その選手は復帰のためのリハビリを
死にものぐるいで行い、やがてケガする前には
勝てなかった選手にも勝てるようになりました。
その選手曰く、

「ケガをする事で自分の身体と心に向き合えた」

この言葉が意味するもの。
ケガから復帰し躍進した選手の多くは
似たようなことを口にします。
反対に、ケガから復帰しても思うように成果を
挙げられない選手もいます。

両者は何が違うのでしょう?
単に気持ちの整理が出来たからとか、
ケガが完治する・しないの問題ではありません。

ケガから復帰し、躍進する選手の試合を
見たことはありますか?
みんな一様に、ケガの前よりも良いプレーです。
まるでケガなんてしなかったように。。

ケガの功名という言葉がありますが、それを
味方につけるかどうかは、復帰に向かう時の
考え方にある違いがあります。
それは何か?
そしてその考え方は、ケガしてない選手にも
上達のヒントを与えてくれます。
その考えについて、私なりに経験から感じた
ことを書いていこうと思います。。

つづく。。


今日の写真/エナジーのトレーニング風景!
IMG_0763.jpg

どこでもやってるようなトレーニングは
実はとても大事な内容ばかりです。
ところがテニスにどう繋がるか?が見逃され
流れ作業になっている所が本当に多い。。
ボールを打たない練習がいかに大事か!
ということです。







来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


この土日は研修に行っています。
普段土日はエナジーに行ってますが、理学療法
だけでなく研修は基本的に土日にあるので。。
今週はエナジーを休ませていただいています。

「近年、医療機関に努めている若手セラピスト
(理学療法士など)が勉強できずにいる」
と、どこかの記事で見かけました。
ホンマなんか!?とも思いましたが、確かに
周りにも「仕事が忙しくて研修に行けない〜」
とあえぐセラピスト仲間がいます。。

本人のモチベーションの問題はさておき、
大なり小なり、こういう問題ってあるものかな
と感じます。
そりゃ病院からしたら、若くて体力あって
給料安くで働いてくれる人間がいたら
こき使いたい(笑)もんですよね。
※理学療法士は新人もベテランも、時間当たりで
 国に請求できる金額は同じなんです!

しかし、
「若手が勉強する時間を作れない」のは、
これとは違う意味もあります。

「中堅・ベテランセラピストが若手を
忙しくさせて、あえて他の研修に行かせない
ようにしている」

業界でない人からは、うっそやろ〜〜っと
言われますが、ほんとです。
ブラック企業は、新人に他所の世界を
見せない為に長時間労働させるでしょ?
それと同じ事が病院のリハビリテーション科で
起きている(ところもある)んです。。
まさにブラックセラピスト。。

なぜこんな医療界の時事ネタを書くかというと、
テニスコーチの業界でも同じようなことが
起きている(ところもある)と聞いたから。。

医療もスポーツも日進月歩ですから、常に
新しいものを学ぶ姿勢は重要です。が、
広い世界を見られて、目の前の現場に変化を
もたらされるを嫌がる上司は、どこの業界・
世界にもいると思います。


ちなみに医療機関では、若手に勉強させるため、
あえて時間と給料を多く与える所も存在します。
そういう現場、すごいですよ。。
セラピストも凄いんですが、治療を受ける側も
どんどん良くなっていきます。
現場の雰囲気がもの凄く良いんです。


スポーツでも、自分で時間を作って勉強でき
それを還元しようとする現場は、見ていて
「良いな!」と思いますし、いい刺激になります。

私も若者やからこそ!
(もうすぐ若者と言えなくなってくるし)
勉強する時間を作りながら現場に還元したいと
思いますね!
今回学んでるトレーニングも良いものがあるので
エナジーの選手にも取り組もうと思います!
めちゃキツいから覚悟しとけよ!ジュニア達!






来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


「予防は最大の治療!」
医療機関でよく聞く言葉ですね!
スポーツでもそれは同じなんですが、はたして
どのくらい現場で浸透するものなんだろう。。

選手達は予防しに練習に来てる訳じゃない
ですからね。。「そんなにケガが怖いなら
練習せんかったらええねん!!」とまで
思ってる人は少ないと思いますが(苦笑)

競技は身体に鞭を打つ行為でもあるので、
ケガの危険性は高くなります。
例えば大学や社会人まで選手をしたとして、
1回もケガせず競技を終えた選手を、私は
見たことがありません。。!
周りの競技経験者にも聞いてみて下さい。
ケガしたことない!って、まずないんですよ。。

しかし選手本人や周りも、当人がケガで
苦しんでいる姿を見て、初めてその重さを
知るものです。
僕もジュニア時代ケガしたときはホント
悔しかった!
※捻挫とかでも。。
でもね、特にジュニアは元気になったら
そのこと忘れるんですよ(笑)
だから繰り返される。。

なんか話があっちこっちに行ってますが、
「ケガ=起きてから対策するもの」
という考えがベースにあると、上のような
失敗が繰り返される訳で、起きないような
準備を現場で敷くことが大事と思うのです。
毎年の健康診断のようなものを、選手は頻繁に
しておく必要があります。

ちなみに、海外ではこの分野がどんな感じで
取り組まれているか、日本の課題について
最近少しづつ見えてきました。
近々、保護者の方向けに海外の体制や日本の
現状も含めて医療と現場の繋がりについて
お話が出来ればと思っています。
現実には難しいですが、ケガ0に向けて!
選手のサポートをしていきたいです。

今日の写真/高校生のトレーニング
スクリーンショット 2015-06-11 20.30.51.png

高校生は身体の発達過程の終盤にあたります。
エナジーのような個別対応ができないのが
残念ですが、身体と動きを柔らかくしなやかに、
そしてそれがテニスに活かせるように
ファンクショナルなトレーニングをしています。





来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

日曜は和歌山で強化練習!
スクリーンショット 2015-06-08 11.49.53.png

定期的にクレーで強化練習をしていますが、
やはりクレーでのラリーペースの強化は絶対条件
と感じます。


機能分析も朝から通してさせて頂きました。
私は、
フィジカル=身体のデカさ
ではなく、
フィジカル=動き+筋力・持久力
と定義付けています。
機能分析は、「動き」を良くするための
取り組みです。

当然、テニスはフィジカルだけではありません。
ですが将来を見越したとき、技術の習得には
動きのベースは必須です。
スポーツ選手は身体が資本だから。。
基本的に身体は一人ひとり違うので、パーソナル
で個別に見させていただいています。
そして外部生の場合、必要に応じて書面を通じて
先方の現場へコンタクトも取っています。

せっかくトレーニングをするなら、現場の指導と
リンクした方が成果が上がるので。。
6月・7月の来校予定日を組んでいますので、
パーソナルを希望の方は白川コーチまで
ご連絡ください!

今日の写真①/簡単な動きから。。
スクリーンショット 2015-06 11.44.51.png

片足でのリーチやジャンプなど、簡単な動き
から確認して行きます。
それをテニスの動きに繋げる所で苦労しますが、
継続は力なりです。

今日の写真②/日が長くなりましたね
IMG_3264.JPG

エナジーは昔から山の中でやってますが。
自然に囲まれたロケーションが個人的には
凄く好きです。
パーソナルも毎回、遠くから来て頂き感謝です。




来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


土曜日は水泳の試合に帯同しました。

IMG_0665.jpg

普段色々な現場に出ているので久しぶりの
サポートです。
何より水泳選手の朝は早い。。
レース開始は9時からですが、会場が開くのは
7時半。開場と同時にアップに行くので、
8時にはこの人だかりです!
つまり、7時半の開場に合わせて起きるので、
選手の朝はかなり早い。
そしてそれに合わせて動くコーチやトレーナーも
もっと早い。。

ちなみに水泳では、エナジーでしているような
機能分析がメインではなく、レース前後の
コンディショニングをして行きます。
現場によって求められる事が違うのが
この仕事の面白い所でもあります。

さらにここもテニスとは少し違う部分で、
水泳には各チームにトレーナーが付いているのが
当たり前です。中には理学療法士の方も大勢
おられますよ。。

トレーナーの報酬面など、テニスとは少し体制も
違ってきますが、将来テニスもチームに一人は
トレーナーが居るのが当たり前になる時代が
くるのだろうか。。
そんなことを考えながら一日働いていました。。

今日の写真/一日のスケジュール
IMG_0666.jpg

ここには書かれていませんが、開場〜9時までも
コンディショニングを行っているので、実質
ぶっ続けです。
一日が終わったトレーナーは、みんな
釣り上げられた魚のごとく倒れ込んでます笑
それでも選手達が良い成果を出してくれた時は
一番嬉しいもんです!




来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。



理学療法士が「飽和状態」と言われるように
なった近年。
はけ口の一つがスポーツ分野になっていくかも
しれない。。

現場に携わる一理学療法士として、これから
現場に出ようとしている理学療法士に、声を
大にして言いたいことは。

「自己満足やお金目的ならやめとくれ」

ということです。
本来ならそんなこと勝手にやってちょんまげと
言いたい所ですが、
「好きなスポーツに関わっているだけで満足!」
「それでお金ももらえたら大満足!」
そんな理学療法士の多いこと!
そういう気持ちの人には来てほしくない。
率直にそう思います。

選手や監督、コーチや保護者はみな必死です。
限りある時間をいかに使って結果を出すか。。
そんな現場にとって、自分がやりたいだけの
理学療法士はいい迷惑です。
せっかくいい技術や知識をもっていても
理学療法士が誤解されることにもなるし、
何より選手の成果につながりません。


ちなみに。
関西のテニスの現場に出ている理学療法士は、
今の所私一人です。
しかしこれから増えるかもしれません。
理学療法士業界の流れをみると、そういう
時代がくるでしょう。。

スポーツ現場の方に伝えたいのは、
これから時代の流れで、理学療法士がやってくる
ことがあるかもしれません。
そのとき、
真に選手を良くしたいと思ってるのか?
自己満足やメシの種に活動したいだけなのか?
これを見極めてほしいと思います。
もちろん、理学療法士の中には素晴らしい
先生がたくさんおられます。
そんな先生が入ってくれば、間違いなく現場は
変わっていくでしょう。


理学療法士の方は、結果が求められていることを
理解して活動して下さい。
そしてどう動けば良いか分からない、
気持ちはあるけどやり方が。。という方は、
やってる人(私)に聞きましょう。
Facebookでメッセージを受け付けています。


僕も一人の理学療法士として、理学療法士の
ブランドを守りたいし、なにより選手の質を
守りたい。
プロとして現場で貢献できる理学療法士が
増えることを祈るばかりです!

今日の写真/海外の理学療法士
IMG_3223.JPG

海外では当然のようにされてるシステムも
日本ではまだまだこれから。でもね。。
目の前の選手に尽力することが一番です。





来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


スポーツの現場に理学療法士が出て活躍する。
今までは野球や水泳などが多かったのですが、
テニスも関西以外で、ぼちぼち出てきてるのか?

実は理学療法士業界は今、大きな転機を
迎えています。

今回はこのお話。

15年前までは、理学療法士は日本に数万人しか
おらず、あらゆる病院が理学療法士の獲得に
必死な時代でした。
理学療法士が必要だ!!
その判断が国でされ、養成校が乱立。
年間に1万人を超える理学療法士が世に出る
ようになりました。
そうして十数年が経ち。。

昔多くあった需要は満たされつつあり、
一部の地域では、「もう要りませんよ」と
供給過多となっている。
そして今後10年で、日本中がそうなる可能性が
高いと言われている。

そこで理学療法士達は今後生き残るために
昔はほとんど無かった活動をするようになった。
デイサービスの立ち上げや経営・教育分野・
整体院を開いて自費診療をする、などなど。。
活動する分野を広げてきたんです。
そしてその一つがスポーツ分野です。

協会も理学療法士が増えすぎていることは承知
なので、「理学療法士の専門性を!」とか
「質の高い理学療法士を!」みたいな流れが
出来ていますが。。
その波がスポーツ分野にやってきているとも
言えます。


僕も一理学療法士としては、現場に出る仲間が
増えることは嬉しいことですが。。

ん〜〜と思うこともあり。
さらに理学療法士だけの話でなく。
スポーツ現場を巻き込む話でもあるので。
理学療法士業界のこの流れ、現場のコーチや
保護者、トレーナーの方も無関係ではない時代が
来そうなので、知っておいてほしいんです。

ん〜〜と思うことを話したいですが。
長くなりそうなので続きは次回に。。





来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


トレーニングVSオンコート練習

同じ選手が、ひたすらボールを打つ練習だけ
するのと、トレーニングだけするのとでは
どちらの方が強くなるでしょうか。
初心に帰って考えます。

当然。
この場合ボールを打つ方が強くなります。。
何を当たり前なことを!!
と思われたらすみません。。

ここ最近、色んな現場でトレーニングが導入
され始めているのを感じます。
これはフィジカルのスタッフとして非常に
喜ばしいこと!
エナジーもトレーニング体制を強化している
チームの一つです。が。。
練習をせず、トレーニングだけしているのは
十分ではないと思いませんか?

「1万時間」の話をエナジーではよくしますが、
練習をしっかりするのがベースにあり、かつ
トレーニングで身体を鍛える、動きの質を上げる、
身体と対話する。
この相乗効果が、強化には必要です。

話は変わりますが。。
ロビー先生と話をする中で感じたこと。
海外と日本では、根本的に練習時間が
違いすぎる。
身体作りの面でも海外が進んでいるのは、
こういう背景も関係していると思います。
個人的な意見ですが。。
しこたま練習できる時間があり、その中で
抜きん出るには、身体の強化も欠かせない。
だから自然に身体作りをする。
フィジカル面でのグローバルスタンダードは
こんな感じですが。。
対する日本は、どうやら練習時間の確保に
苦労するケースが多いようです。
「ボール打つ時間もないのに身体作りなんて!」
となるのも分かる気がします。。

しかししかし、エナジーでパーソナルを受けて
頂いた方は分かると思いますが。。
練習だけでは気付かない身体の可能性が
トレーニングで導かれるのも、また事実。
つまりバランスです。

私のパーソナルも含めて、色んなトレーニングを
選手は行います。その中で
「トレーニング=強化」ではなく、
「練習+トレーニング=強化」というイメージを
もって取り組んで頂ければ、よりいいものが
出来ると感じます。

今日の写真①/関西小学生、閉幕。
IMG_3256.JPG

メンバー、外部生ともに活躍でした。
夏に向けてさらに飛躍!

今日の写真②/久々!キミレンコ!
スクリーンショット 2015-06-02 0.44.04.png

東京、有明で行われている1万ドル大会に
キミレンコが出場中。
本戦INを決めたとのこと!
頑張ってる写真を見るだけでも嬉しいもんです。





来校日
6月
7日:日曜
16日:火曜
20日:土曜
25日:木曜
27日:土曜
28日:日曜
7月
7日:火曜
11日:土曜
12日:日曜
19日:日曜
25日:土曜
26日:日曜

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。