2015年2月アーカイブ

※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

今日は和歌山に伺いました。。
「数値化」に関して、今回は関節の柔らかさ
「関節可動域(Range Of Motion:ROM)」を測定。
今までも測定したいな〜と思っていましたが、
やらなかった理由が2つありました。
時間がかかる事と、他の期間(病院や各団体)
でも測定されているからです。

しかし。。他の期間での測定は、その選手の
テニスを良くするために測られていません。
だから測定結果が選手や保護者にフィードバック
されない上に、
「この数値がテニスの何に役に立つか?」が
説明されることはありませんでした。
だから今回、可動域の数値化を行いました。

予想取り、正確に測ろうと思えば。。
時間がかかる!!全身測ってると日が暮れるので
特に、エナジー選手に必要と思う部分を選んで
測定しました。
しかししかし。。
測ってみて新しい発見や、
取り組んでいる身体作りの方向性を裏付ける
数値が次々に出てきて、測って良かった!
そして今回は、親御さんも一緒に見てもらい
数値の意味と、どうすれば良いか?も説明
できました。
これが今日、一番したかったんです!!
ここまでやって始めて「測定」ですから。

定期的に測定していけば、長期のスパンで身体の
変化を捉えることが出来ます。テニスの変化と
身体の変化の関係性を追っていけるんです。

今回は第一回。。測定ばっかりに時間をかける
わけにもいきませんから、今後のスケジュールを
みて、定期的に行いたいと思います。

今日の写真①/内容は企業秘密です。。
スクリーンショット 2015-02-28 21.36.55.png
今日の測定のほんの一部です。。
ダレの何の数値かは個人情報なので秘密です。。

今日の写真②/日が長くなってきましたね!
IMG_2783.JPG

17時にオトウトのパーソナルが終わって
解散時の様子。
一ヶ月前までは17時からのパーソナルは
極寒、暗闇の中でしてましたが。。
ちょっと暖かくなったし、やっとやりやすく
なってきましたね。。





3月来校日
8日:日曜
12日:木曜
19日:木曜
21日:土曜
25日:水曜
29日:日曜

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


この時期。。
試合シーズンが近づくにつれて、少しずつ
選手達の雰囲気?も試合モードに変わって
いきます。
大会前のこの感じ、すごく好きです。。

身体の方も、ただ単に「根」や「幹」のこと
よりも、より「枝葉」に近い感覚のものが
選手達に伝わりやすいように思います。
フィジカルスタッフの視点ですが、試合期に
なると、特に選手は自分の身体の感覚に鋭く
なる気がする。。
となるとこういう時期って、身体の感覚を
聴くようなトレーニング(コンディショニング?)
課題が良いかなと思います。

ですが、一人ひとり状況は違う。。
明日は全体トレーニングとメンバー、外部の
パーソナルも入ってます。
みんな状況は違います。
みんな必死です。
明日もよろしくお願いします。。

今日の写真/幻の本。。
IMG_2781.jpg

本棚から見つかった。
知る人ぞ知る。。現代のトリガーポイント治療の
先駆けとなった、トラベル、シモンズらの
「トリガーポイントマニュアル」。
日本語版はすでに絶版。。
写真のは完全原本(洋書)。
これを読破できる日はくるのだろうか。。





2月来校日
28日:土
3月来校日
8日:日曜
12日:木曜
19日:木曜
21日:土曜
25日:水曜
29日:日曜

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

原則として!僕の活動は24時間体制のつもり
です。
エナジー現場で関わる方の問い合わせには、
早朝でも深夜でも、いつでも相談に乗ります。
なぜなら、選手達に必要なときがあるからです。
エナジーに来校している日は限られているので、
スケジュールを見てもパーソナルの予定が詰まって
いる時もあると思いますが。。
それでもご相談ください。
※最初のご相談は白川コーチに。。スケジュール
管理は白川コーチが一括されているので。。

5時でも6時でも。。当日の相談でも。。
必要とあれば動きますので。。

よろしくお願いします。



2月来校日
28日:土
3月来校日
8日:日曜
12日:木曜
19日:木曜
21日:土曜
25日:水曜
29日:日曜

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
面白い研究です。。

①30m走を全力!!→秒数をはかる
②腕だけ猛スピードで動かすトレーニング
 (机を「ぞうきんがけ」するとかそんな感じ)
③30m走を全力!!→タイムが上がってる!!
※最初の30m走がアップにならないように
 調整してます。

下半身のアップをしなくても、腕(肩甲骨)の
動きを良くすると下半身もつられて良くなる
という研究成果です。。






※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


3月の予定。。遅れてしまいすみません。
アップしましたので、ご確認お願いします。
※3月以降、僕の勤務体制が少し変わりますが、
 エナジーに関しては変わりませんのでご安心
 ください。。詳しくは追ってご連絡します。


他の競技のトレーナーさんと話をしていると、
どうやらその現場では、「その場で効果を出す」
ことが大事だ!と言われてました。
※メインが試合帯同なので、試合前の
コンディショニングの話でしょう。
僕も試合に帯同しますし、水泳の現場では
「その場で結果を出す」ことが求められます
その場で痛みを取ったり、身体を軽くしたり。。
※エナジーでもある意味同じですよね。

一方で最近よく、
「その場って、大体なにしても良くなるよな〜」
って思います。。
誰がどんな人にやってもある程度は、という
意味でです。
身体には、良くするヒントがいっぱい隠されて
いるので。。一つ見つけて何かをすれば、大体
その場である程度良くなるんです。
コレを僕らセラピストは、「即時効果」
呼んでいます。
反対に、しっかり短期〜長期までの計画を立てて
土台から変えることを「長期効果」と言います。
この長期効果を出すのが、僕らの仕事であると
思います。
※切羽詰まってるケースでは、即時効果を優先
することも大事です。両方大事です。

即時効果を出すのも確かに大変ですが、絶対的な
「長期効果」が出せるようにしていきたいです。
そのために、コアチェックみたいな数値化を
少しずつ確立していきたいと思います。。

今日の写真/ゴニオメーター
IMG_2780.jpg
可動域の数値化は、あえてデータ化しなかった
ですが。。長期効果を考えるとやった方がいい!
と思いました。。
まずはパーソナルで必要なジュニアの必要な部位
から始めれればと思います。





2月来校日
28日:土
3月来校日
8日:日曜
12日:木曜
19日:木曜
21日:土曜
25日:水曜
29日:日曜

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
3月の来校予定日です。

8日:日曜
12日:木曜
19日:木曜
21日:土曜
25日:水曜
29日:日曜

パーソナルをご希望の方は、白川コーチまで
ご相談ください。
よろしくお願いします。


3月の予定ですが、8日(日)は来校予定です。
それ以外の予定も、近日中にアップします。
遅くなってすみません。。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


2月も下旬になり。。
大阪ジュニアシーズンが近づいてきました。
冬の期間は、春先に向けて選手のピークを作って
いく現場が多いと思います。

今日は「怪我予防」について。。
これまでも何度か書きましたが、ここ最近の
トレーニングは、非常に効率的になっています。
どこを鍛えたいか!が明確なので、局所の負担も
大きくなるのです。
つまりそれは、新しいトレーニングを導入する
ことが怪我を招く可能性があるとも言えます。

では、怪我を予防するには?
先日のパーソナルでは、新しいトレーニングを
導入する時に負荷に耐えられる状態か?を
あらかじめ調べました。
例えば手首鍛えるトレーニングをするなら、
その負荷に耐えられる手首の状態なのか?を
あらかじめ調べておく必要があります。

とくにこの時期、試合期に向けピークを合わせて
いってる中、怪我は絶対に避けたいです。
怪我予防とは、単に全身柔らかくしたり、身体の
使い方を上手くするだけでなく、トレーニング
内容を理解した上で、その負荷に耐えられる
身体の状態にあるかどうか「先読み」すること
だと考えています。

エナジーでは個別対応=トレーニング内容が
個別で異なるので、負担のかかる場所も
個別に違う。。
先読みして、怪我の予防に努めたいと思います。


今日の写真/マッサージベッド
IMG_2771.jpg
これがないと出来ないことが多いので
必需品です。。安もんだけど訳に立ってます。



2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


エナジーでは、明らかに身体に異常があったり
骨の病変が疑われる場合、整形外科を受診して
もらうようにしています。
その際、レントゲンを撮ってもらうことも
あります。(たいてい異常なくて痛み止めで
様子見になります。。)

しかしレントゲンで異常ないのに、痛みが
引かない、明らかに変な状態が続くことも
あるでしょう。

レントゲンでは、見えないものもあるんです。
それがCTやMRIで浮き彫りになったりする。。
以下、レントゲンとMRIの特徴です。

レントゲン
・骨の状態が判る。骨折してるかしてないか?
 骨や関節の角度は正常か?明らかな腰椎分離症
 やすべり症などは判ります。
・神経や椎間板などは写らない
 →ヘルニアや靭帯損傷などは判断できない。

MRI
・レントゲンで見きれない、細かい骨の異常が
 判る(関節内の小さな骨折など)
・神経や椎間板、靭帯などが写る
 →ヘルニアや靭帯損傷、肉離れなどが判断可能


これだけ見たら、「MRI撮ったら良いやん!」と
なりますが、MRIは高いんです。。
目安、5000円以上はかかります。
それに時間がかかる。
だから医療機関では、まずレントゲンを撮って
骨の異常がなければ様子をみて、それでも何か
おかしいとなれば、MRIを撮る事があります。
※エナジーでも過去に、レントゲンで異常なし
でも、MRIを撮って異常が見つかったケースが
ありました。


整形外科を受診する時の参考にしてもらえればと
思います。。




2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。

今日は全体トレーニングを担当させて
いただきました。

スクリーンショット 2015-02-18 0.37.18.png

コアトレ(寝返り)の確認と、下半身の土台の
トレーニングです。
何をすればどこがブレるか?それがどんなプレー
に影響するか?ごまかし、効きませんよ(笑)

こういう土台を作るトレーニングは、ただ単に
スクワットとかするんじゃなく、テニスの特性に
合わせるように工夫するのが大事です。
一つは
「プレー中は身体バランスに意識を向けにくい
だから土台のトレーニングも、道具を使って
意識をそっちに向けた上でバランスをとるような
課題が好ましいと思います。
今日したトレーニングには、そんな意味が
込められています。
それと、寝返り。。少しづつ上手くなってます。
これをストロークに活かせるようにね。。

今日の写真/Pink Lady「S」
IMG_0314.jpg
プレイヤーズの最後にした応用編は、かなり
課題の高いバージョンです。
難しいので、これからも続けていきましょう。
ほんで今日の女子みんなピンク着てる。。
余談ですが、タイ行ったらピンクの服着た男は
オカマやと思われるらしいです。。



2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


最近の研究の見地です↓

筋トレだけひたすら12週間!!→筋力アップ
その後、筋トレをピタッと止める。
そのかわり、その筋肉のストレッチを
ひたすら8週間。。
すると、あら不思議!筋トレを止める8週間前
よりも、筋力はアップしている!

ストレッチが筋力低下を予防する
(むしろ筋力強化になる)ことを意味しています

ストレッチ!しっかりしようね!


ということで、これからエナジーに向かいます!



2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


エナジーでは「コアマッスル」の強さを
数値化する試みを始めています。

コアトレーニング。。
最近、良く聞くようになりました。
体幹トレーニングの方が知られてるかな?
ただ、巷でよくされてるような
「スタビ」のトレーニング。
あれは。。個人的にあんま好きじゃないです。。
※好き嫌いというより、パフォーマンスに
繋がるか?という点で疑問です。

そりゃ大事なのは判ってますが。。スタビ。
理学療法士なら体幹の評価で、普通はやります
よね。elbow-toe 、上肢挙上、下肢挙上。。
判るんですよ、大事なのは(笑)

ちなみに理学療法の評価でも、コアって
大事にされてます。コアコントロールとか。。
ただ、そのコアの強さがどれくらいか?
数字ではっきりしないと、選手達も指導者も
空回り。。これが現場の現実です。
そこで開発したコアのチェック。
もちろん、コアの強さだけが純粋に判るものでは
ないです。
でも、コアの強さがある程度判るように作った
つもりです。また、パフォーマンスにも直結
するようにしたつもりです。
今後はどれくらいトレーニングの成果が
見られたか?を判りやすくするため、
表を作成している所です。。
あと、いつでも誰でも測定できるように、
雛形も作成中です。
出来次第、アップします。。

今日の写真/ヌンチャク
スクリーンショット 2015-02-15 21.25.58.png

一見新しいことのように見えますが、コアトレを
スタビに頼らない考えは昔からありました。
コアチェックの内容もシンプルでしょう?
どんな能力を引き出したいか。だけなんです。
新しいのは「ヌンチャク」だけですよ。。





2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


鍛えたら鍛えっぱなし。。
トレーニングでは、これが一番良くないと
考えています。
一昔前は、ストレッチとかの身体のケアと
トレーニングが別々になされていました。
(それでもストレッチするだけいいですが。。)
どちらかと言うと、ストレッチも「アップ」
としてされることが多かった。。

トレーニングは、身体に負担を強いています。
特に最近のトレーニングは効率よくなっていて、
壊すか壊さないかのギリギリを行っています。
エナジーの場合も、低年齢だから筋トレよりも
コーディネーション系が多いですが。。
コーディネーショントレーニングも、最低限の
筋力を必要とします。
つまり行っていれば筋トレの要素があるのです。

だから低年齢であっても、コーディネーションの
トレーニング主体でも、「身体のケア」がとても
大事です。
コンディショニングという考えはどうしても
競技の現場では二の次に思われがちなんですが、
こういう世間の意識を変えていきたいな!と
思っています。。

エナジージュニア、外部のジュニア、その他
トップを目指す全てのジュニア達。。
日々の身体のケア、できているかな?
今一度、問いかけてみよう。。

今日の写真/コアリラクゼーション
スクリーンショット 2015-02-14 22.04.36.png

練習前後に時間をとってケアをする事が
当たり前になりました。。
長期間のトラブルを訴える選手は
現在皆無!
これからも続けていきましょう。。





2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。



今回の参加選手はパーソナルプログラムメンバー
または過去にパーソナルを受けていただいた選手
で行いました。

スクリーンショット 2015-02-12 17.09.21.png

外部選手の場合、ホームのクラブの状況を把握
することが大事になってきます。
よくジムやパーソナルトレーナーをつけて
トレーニングを始めても成果が見えにくいのは、
ホームでどんなテニスの指導を受けているか?
を置き去りにして進めているのが一因とも
言えます。

僕が身体機能にアプローチするのは、テニスの
パフォーマンスを高める目的にありますが、
どんなパフォーマンスを目指した指導か?
この背景を知る事が一番重要と言っても
いい。。

今回パーソナルで診た選手も、先方の指導が
より浸透しやすくなるような土台作りを提案
しました。
柔軟性一つとっても、ただ単にバランスよく
全身柔らかくすれば良い訳ではない。。
技術指導がスムーズに進むよう、ある部分は
あえて硬いまま残しておくことも時に必要です。

パーソナルを受けられる方は、別途3000円
いただきますが、身体機能の所見と指導内容に
合わせた土台作りを記載した書面を、作成
しています。
もちろん先方のコーチに診ていただいて
構いません。原則、ホームでの指導を基準に
身体作りを提案させていただきます。


せっかく個別対応で効率よく行えるチャンス
なので、リンクさせながらできれば理想と
考えます。。

今日の写真/キミレンコ現る!!
スクリーンショット 2015-02-12 17.26.54.png

全豪オープンジュニアを終えたキミレンコが
お昼、エナジーでマリリンと練習
参加選手にデモを見せてくれ、
ありがたいお話?までしてくれました(笑)

今日の写真②/コアの強度チェック
スクリーンショット 2015-02-12 17.37.53.png

コアトレの成果がどれだけ出てるか?
数値化する試みを始めました。。
今日は二回目の測定。
これからの変化が楽しみだね。。





2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムについては
こちらをご確認ください↓
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


本当にいいものはシンプルで。
でもその奥には、しっかりした理論付けと
考案者のアイデアがあるものだと思います。

エナジーでもそういうものを提供したいと
思っています。
選手も親御さんも、常に次のステージへ
ステップアップしたいと思われています。
でもステップアップへの道は、未開拓の土地の
ように、どう進んでいいか判らないもの。。

選手達に、真に必要なものはなにか?

それを見極めるのは、僕一人では到底無理です。
※テニスコーチではないので。
だからエナジーでは、白川コーチに相談します。
その上で身体のプログラムを組みます。

最近、「寝返り3種」を加えました。
僕の中で、出来るだけエナジーの技術指導に
マッチできるようアイデアを絞ったつもりです。
特に「1つめの寝返りは、外部の○○に!」
「2つ目は、胸郭の動きが固い○○に!」
みたいに、必要と思う要素を入れながら。。

明日は朝からエナジーに伺います。
参加選手は、過去にパーソナルを受けた選手。
進行状況の確認と今後について、親御さんも
交えて話せればと思います。





2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムが
開始になりました。
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


動かすなぁぁぁ!!!
と、エナジーではよく言われます。
僕もジュニアの時、よく言われました。。
ついつい打つ先を向いてしまうんだよ〜

実はこれも、身体機能から紐解くと面白いの
ですが。。長くなるのでしません(笑)

1つ専門的なことを言うなら、
頭を動かさないって、身体機能から見ても
ハイパフォーマンスには欠かせないんですよ。

人間は姿勢を安定させるための情報を
・視覚
・体性感覚(触覚とか触った感じ)
・前庭感覚
の3種類から感じとるとされています。
内、大部分は視覚を使うとされています。

そしてこの「前庭感覚」
聞き慣れないかも知れませんが、平衡感覚や
回転の情報を司る部分です。
yjimage1.jpeg
そのひとつが、この三半規管です。
このカタツムリ。。どこかで聞いたり見たこと
ある人も多いでしょう。
画像の通り耳の近くにあります。
そして視覚を司る「目」も頭にあります。
つまり「頭」が動きまくってると、この辺の
器官がメチャクチャになって、ショットのこと
所じゃなくなってしまうのです。。
※細かい話しは抜きにします。

頭を動かさず、眼球を動かす。。
判ってても難しいことです。
これを無意識に達成できるトレーニングを今日、
夢の中で考えようと思います(笑)

今日の写真/ヘリコプターの見本だぞ!!
スクリーンショット 2015-02-08 21.40.56.png

みんなまともに出来ないので。。(苦)
これが正しい見本だぞ!




2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムが
開始になりました。
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


年末にある選手の動画を分析してたところ。
その選手の小さい頃の動画も一緒に見せてもらい
ました。
僕がエナジーに来る以前の動画です。
※そう、バークレーで白川コーチにいたぶられてた頃の。。
その選手の現在の動作と比べると、
「え!昔こんなんやったん!?」と驚くことが
たくさんありました。

もちろん、「多分このまま成長したら
こんな感じの動作になるやろな〜〜」と
予想した通りになってる部分もありますが、
いやいやどこでこんなに変わったんや!?
という部分もあり、
白川コーチに質問してました。
そこで、成長スピードと環境スピードの
関係を知りました。
つまり動作を変えるのは、その選手の身体の
成長だけでなく、学校や遠征、試合スケジュール
など環境の要素もたくさんあるということ。


正直に言いますと、僕のような若者は絶対的に
こういう経験に乏しいです。
つまり、一人の選手を長く(10年単位で)
見続けた経験がないため、環境によってどう変化
していくか?は、イメージに頼るしかなく
(もちろん医学的な目線では予想していますが)
経験で学んでいくしかない。。
なので最近はこういうのもイメージしながら、
そして何よりも経験豊富なコーチの話しを
聞きながら、今後の選手の変化を予測して進める
ようにしています。

成長や環境によって自然に変わっていく部分。
意図的に作っていく部分。
理想と現実の間での戦いになりますが、
一人ひとり、ビジョンを持って進めています。




2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムが
開始になりました。
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


極論を言えば、エナジーでは「動作分析」をする
ことで、一万時間を短縮しようとしています。

動作分析には、姿勢の分析も含みます。
いつか話したことがありますが、「ねこぜ」
つまり脊柱が曲がっていると、デメリットが
非常に多いです。猫背のままでは、
・肩が上がらない→サーブの動きが構築しにくい
・体幹が回旋しにくい→ストロークにパワーが
生まれない。肩や腰の障害を引き起こす

選手が猫背のままで技術を教え込むと、もちろん
飲み込みに時間がかかります。また効率的でない
動きになるので、長時間の試合で動きが崩れ
やすかったり、調子の波が激しくなります。

猫背一つとっても、技術の取得に時間差が
生まれてしまうのです。

難しいのは、猫背を改善しようと思っていていも
原因が一人ひとり違うという事です。
つまり個別に対応しないと改善していきません。
これを姿勢レベル・動作レベルで原因を特定して
いつまでに改善するかを決めていき、技術習得に
繋げていく。
これを効率的に行う事で、一万時間を短縮したい
と思っています。

具体例を出せば、2月1日にパーソナルで診た
選手は、
ココロン→2週間
アンドレ→2週間
オトウト→2週間〜1ヶ月
オネエチャン→1ヶ月
が、短期目標の達成に必要な期間になります。

これを中期目標・長期目標、と個別に
作っていく。。
そんなことが出来れば理想的かな、と思います。

今日の写真/次次次世代。。
IMG_2753.jpg

ついにラファーがエクソシストを習得した(笑)
次の次の、そのまた次の世代を担ってくれる
選手になるでしょう。。





2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムが
開始になりました。
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
※エナジーでは技術の土台となる運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場で医療行為は行っていませんのでご了承ください。


このデータを見て、どう思いますか?
スクリーンショット 2015-02-03 21.48.59.png

長く続いている怪我に対して、
セルフケアのみで完治した例:39%
セルフケア+トレーナーにかかって
完治した例:69%

あるスポーツチームの調査報告です。
この数字は別に驚くことではないのですが、
(どの競技、チームも、似たような数字に
            なるでしょうから)
僕が気になるのは、
セルフケア+トレーナーにかかった
のに、完治しない例が31%いること

ここに理学療法士の役目があると僕は思って
います。
この31%の中には、
器質的に治せないもの(構造の異常)や、
だましだましやっても良いや、という
選手本人のモチベーションの要素なども
あるでしょう。
しかし、
「治したいし、出来る事は最大限やった。
トレーナーさんも全力で指導してくれた。
           でも、治らない。。」
こういうケースがあるのも事実と思います。
つまり、身体のどこかが見逃され
取りこぼされている。。

これを見逃したくないんです。
もちろん、トレーナーや理学療法士は
魔法使いではない。
僕も自分の力で治せないものが
たくさんあります。

しかし理学療法士は、医学的に身体の細部を
見る職業なので。。
このスキルを使って、取りこぼされたものを
拾う事ができれば!と、思っています。
ちなみに身体の痛みは、抱える時間が長いほど
完治に時間がかかります。
やるなら即、対処!が一番です。
※いいや、やっぱり予防が一番です。。


今日は「怪我」に対してですが、
取りこぼされたものを拾うのは、
身体機能についても同じことです。
長くなるので、次回に書きます。


次回/一万時間の短縮に理学療法士ができること





2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

新体制のパーソナルシステムが
開始になりました。
ただし、メンバーの練習が優先的になります
ので、ビジターの方は人数や時間の空きを
使って診させていただきます。
ご予約の相談は、白川コーチまで
よろしくお願い致します。
未定にしていた2月21日、22日の来校日ですが、
21日(土)に伺いたいと思います。

2月来校日
1日:日
5日:水
11日:水・祝日
17日:火
21日:土
28日:土

よろしくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。