2014年9月アーカイブ

※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


理学療法士の特徴が「動作分析」であることは
前にも書きました。



では機能分析が得意なら、コーチは出来ないの?
とたまに聞かれますが、答えはNOです。
理学療法士はあくまで「身体の専門家」です。
身体の事は一般の方より深く知っていますが、
それだけです。
選手のプレースタイルや性格、環境的背景
などなど、色んな要素を考えて育成の
プログラムを進められるのは、やっぱり
コーチです。


ただ僕の場合、コーチがどんなプログラムで
その選手を指導しているか、また本人がどんな
テニスをしたいのかを、常にコーチや
選手とコミュニケーションを取りながら
身体を診るよう心がけています
コーチの指導プログラムや選手のしたいテニスと、
身体作りの方向性がバラバラだったら
意味がないので。。
※白川コーチの指導プログラムの考え方は
すごいですよ。。話を聞くだけでも、
本当に深く考えられているな、と思います。


これが「専門性」と「連携」です。
「機能分析」は理学療法士の得意分野ですが
コーチではないし、現場のプログラムとリンク
させることで「機能分析」は効果を発揮します。


なので外部からお越しの方も、可能な限り
ホームでどんな目的で指導されているかを
把握していただければと思います。
そういう風に、うまく理学療法士(僕)を
使っていって下さい!



10月来校日
2日(木)
5日(日)
14日(火)
25(土)
29(水)
11月来校日
1日(土)

○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。

今日は競泳の方から。。
最近、ちょいちょい競泳の記事を放り込んで
いるのは理由があって、僕が今している活動が
最も進んでいるのが競泳なんです。
※競泳現場には、たまーにしか顔を出せて
いませんが、得る事はたくさんあります。

昨日は病院業務の後、競泳チームの
スタッフミーティングに参加しました。
IMG_2445.jpg

インカレが終わり今はシーズンオフ。。
新シーズンに向けて、報告と今期の反省、
来年の展望を話し合いました。

こういう話し合いに、監督・コーチ・トレーナー
が交わって話しをします。
そしてこの場でトレーナーも、怪我予防や
パフォーマンスアップに対して今期どんな
取り組みをしてどんな結果だったのか、来期
どうして行くのかも報告します。
IMG_2447.jpg

IMG_2443.jpg

エナジーの現場では、選手やコーチ・保護者の
方と時間が許す限りコミニュケーションを
とるよう意識していますが、こういう専門的な
話しは口頭では伝えにくい部分もあり。。
シーズンの節目には、取り組みの結果や今後の
展望をお伝えする時間があってもいいかな、と
感じました。

次回/機能分析の続き。。


10月来校日
2日(木)
5日(日)
14日(火)
25(土)
29(水)
11月来校日
1日(土)

○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


白川コーチとも話していたんですが、
テニスでは
「こういう風に考えるのが機能分析だ!」
という決まりはなく、
動きを見る上で、体内で何が起こっているか?
に着目して考えるのが機能分析とのこと。

これは理学療法士も同じ視点です。
ただ通常、理学療法士が医療機関で診る場合は、
「なぜ立てない?」
「もっと楽に(効率よく)歩くには?」という
日常の動きを分析することが多いのですが。。

テニス選手を診る上でも一緒です。
「なぜこの選手はよく膝を痛めるのか?」
「どうすれば、選手の望む動きが出来るように
なるか?」を体内から分析します。

ところで「機能分析」って。。
身体の機能を知っていることと、
個人の身体の特徴を分析できること
が前提ですよね。
半端な知識じゃ逆効果になりかねないのも、
機能分析の落とし穴です。


ただ、身体の構造って本当に奥深いので、
医療者の間でも、それぞれの知識や技術に
よって分析内容が違うことが良くあります。

だから完璧な機能分析は存在しないし、
僕だってより正しい分析にたどり着くために、
日々勉強中です。

医療の世界では、機能分析は
       生涯学習なんです。

テニスの指導で推奨されはじめてから
「機能分析」という言葉が一人歩きしている
気がする。。とコーチは言います。

最近、色んなところで機能分析を見かけますが、
分析から怪我を未然に防ぐ対応をしていたり、
選手の身体にトラブルがあったとき、分析して
すぐに対応ができるでしょうか?

「機能分析」はそんな簡単にできるものじゃ
ない事を、このブログを読まれている方には
伝えたいです。

今日の写真/キネシオロジー
IMG_2442.jpg

理学療法士なら誰でも知ってる本、
「キネシオロジー」
結構マニアックですが、よく読んでます。。



10月来校日
2日(木)
5日(日)
14日(火)
25(土)
29(水)
11月来校日
1日(土)

○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


「機能分析」シリーズ!の前に。。

今日エナジーで伝えた内容は、トレーニングと
いうより「体操」です。
キラキラ体操、バランス体操と同じようなもの
ただし、より機能解剖に沿って!運動学的に!
そしてテニスの動きに直結させて作った体操
です。

数多くはないけど、正確にできるまで時間が
かかったと思います。
これを時間をかけて身体に染み込ませると、
「動き作り」の基礎ができます。
プレー中は身体の事なんて考える暇は
ないので、反復が必要です

正確にできて、反復することが大事なので、
確認しながら進めていきますね。

今日の写真/体操中。。
スクリーンショット 2014-09-25 1.35.44.png

マナミンは動きにクセがない!
これからの身体と動きの変化が楽しみです!



10月来校日
2日(木)
5日(日)
14日(火)
25(土)
29(水)
11月来校日
1日(土)

11月1日以降は決まり次第ブログに
アップします。

○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。



最近知って、衝撃的でした。
競泳がテニスより、明らかに「身体作り」
「動き作り」が浸透しているのは知って
いましたが。。


「練習十則」とは、日本水泳連盟の初代会長
末広厳太郎氏が残した、練習の考え方に対する
遺訓なのですが。。


その第一訓は、次の文章から始まります。


まず正しいトレーニングによって体を作れ。
体を作ることを忘れて、いたずらに技巧の練習を
努めても決してタイムは上がらない。



初代会長ということは、70年前ですよ。。
テニスでは、やっと最近になって「機能分析」の
考え方が現場で言われるようになったのに。。
(末端で言われるようになっただけで、
 世界のトップでは使われていたと思いますが)

競泳界では、70年前にはすでに「身体作り」
「動き作り」の重要性が提唱されていたんです。


一度調べてみて下さい。
「練習十則」
他の九訓も的を得ていて、テニスの競技現場でも
全く同じ事が言える内容ばかりです。
調べれば判ると思いますが、水泳協会も
この考えを大事にしてるし、強豪校では
当たり前に実践されています。

ちなみに、テニスの「機能分析」と同じく、
「レース分析」も凄く普及してますよ。。

それと次回からは、「機能分析」について
書きたいと思います。
(ついこの前にも書いたんですが。。)


今日の写真/機能分析中。。
IMG_2432.JPG

IMG_2431.jpg
いろんな視点で考えないといけないので、
常に何冊もの本とにらめっこ?しながら
分析してます。。


10月来校日
2日(木)
5日(日)
14日(火)
25(土)
29(水)
11月来校日
1日(土)

11月1日以降は決まり次第ブログに
アップします。






来校日が一部変更がありますのでお知らせします

10月
2日(木)
5日(日)
14日(火)
25(土)
29(水)
11月
1日(土)

11月1日以降は決まり次第ブログに
アップします。

よろしくお願いします。


※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


今日は和歌山で練習でした!
IMG_2387.jpg
最近ポールがかなり増え、数には
困らなさそうです。
でも、この光景だけ見たらストレッチポール部?
みたいですね(笑)



今日は比較的時間に余裕があったので、
オンコートで選手達の動きを診る事が
できました。


今回はポイントを絞って診ましたが。。
身体の特徴には「多くの人に共通する部分」と
「一人ひとり全く違う部分」が必ずあります。
今回は、「多くの人に共通する部分」を
メンバーには伝えました。


一人ひとり、自分の原因がどこにあるか
理解できたかな?
伝えることも理解することも、一回では
難しいものなので、繰り返し伝えていきたいと
思います。
この先のテニスに、とても重要なポイント
ですから、判らなければ何回でも聞いてね。。



今日の写真①/トレーニングにふける少年
IMG_2408.jpg
エナジーには、高校生用の強度のバンドを2本
使ってトレーニングする貪欲な少年がいます。


今日の写真②/グリーンサンド
IMG_2423.jpg
フットワークの練習にはうってつけですね。
夕暮れの練習を外から見ていると、砂埃が
上がって「決闘」してるように見えます(笑)




○9月来校日
24日(水)
○10月来校日
2日(木)
5日(日)
14日(火)
15日(水)
※14、15日のどちらか。決まり次第更新します。
19日(日)
29日(水)



○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


最近エナジーで、コアについて話す機会が多い
ので、「コアとは何か?」について簡単に
ここで説明したいと思います。
※エナジーメンバーおよび外部参加の方以外でブログを見られている方は、
今回の内容を鵜呑みにしない事をお勧めします。
基本的な内容しか触れないので、現場で応用できるレベルの知識では
ありません。

コアとは。。
core=核、芯、中核と直訳されます。
では、コアとはどこの事を言うの?
骨格で見ると判りやすいです。
スクリーンショット 2014-09-21 0.18.00.png
この○で囲まれている所の筋肉が「コア」です。
人間の胴体は、骨盤とアバラ周辺(胸郭)は
がっちり骨で覆われていますが、
この○で囲まれたお腹周りは骨がありません。
なので胴体の中では、お腹だけ「不安定」な
構造なんです。

それを安定させる為の筋肉達をまとめて
「コア」と言います↓
スクリーンショット 2014-09-21 0.10.06.png
こんな感じで、不安定なお腹周りを支えてます。
なので「コア」が効いていないと、お腹周りは
ふにゃふにゃになります。
「コア」が効いていれば、お腹周りは安定します。
イメージではちょうど、お腹に「バランスボール」
が埋め込まれている感じ!
パンパンにふくれてる方が安定してるでしょう?
バランスボールがしぼんでる状態が、
「コアが効いてない」状態と思ってください。

エナジーで行っているコアトレーニングは、
この「コア」をしっかり安定させて、身体を
動かす事を目的にしています。
よくある体幹を「固める」トレーニングとは
意図が違います。

この構造を判った上で、エナジーで伝えている
コアトレをしてもらえれば、より効果が実感
できるでしょう!


あ、明日も和歌山に伺います!
よろしくお願いします!

今日の写真/気持ちいいストレッチ②
IMG_2274.jpg
やり方わかる?笑
肩の外旋筋(棘下筋、小円筋)のストレッチ
です。高校生たちは皆硬い(涙)ので、
自主的に伝えてます。


○9月来校日
19日(金)
21日(日)
24日(水)
○10月来校日
2日(木)
5日(日)
14日(火)
15日(水)
※14、15日のどちらか。決まり次第更新します。
19日(日)
29日(水)



○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
10月の来校予定日です。

2日(木)
5日(日)
14日(火)
15日(水)
※14、15日のどちらか。決まり次第更新します。
19日(日)
29日(水)

よろしくお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。



巷では最近、動作分析が流行っているように
感じます。
確かにテニス協会も、身体機能分析からの指導を
推奨していますが。。
なかには「それ分析?うんちく?」と
思うこともあります。

ちなみに動作分析は、理学療法士の専門分野です。
それでも毎日時間をかけて勉強し、何年も
かかってようやく様になっていくものです。

だから僕も、エナジーでは詳細な動作分析を
白川コーチから依頼され、僕がそれを発信
していますが。。
まだまだ勉強中の身で、完璧な分析ではないと
思っています。


身体機能の分析を基に指導しましょう!は
正しい事だと思うのですが、その分析は
医療の専門家にゆだねるべきで、少し身体の
構造を勉強したり、バイオメカニクス・
運動連鎖を知ってるぐらいじゃ、とてもとても
出来ません。

最低でも医療人レベルで解剖学・運動学を
知っていて、専門家がコーチ・選手・
トレーナーなどと連携していかなければ、
動作分析からの指導は浸透して
いかないでしょう。。

今日の写真①/動き作り

IMG_2383.jpg

今日はエナジーでコーディネーション
トレーニング!
いつもの内容の復習。。意味を判ってやるか
そうでないかで、全然効果が違うという事を
感じてもらえたでしょう!



○9月来校日
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


理学療法士の一番の武器は、
動作観察、動作分析
と言われています。

「フォアでパワーが出ないのは何で?」
「この時に○○が痛む!」

という声に対して動作を観察して、

「ここの筋力が足りない!」
「この関節の動きが使えるようにしよう!」

という分析をすることです。
そのためには、解剖学・運動学・生理学の
深い知識が必要だし、数々の身体検査を
医学的に解釈する力が必要です。

そのため身体作りをするにあたり、
エナジーではまず、どの動作を高めたいか?
を決め、動作観察・分析を行います。
その分析内容をコーチやトレーナーに
伝えてから、個人のトレーニングがスタート
します。

ただ、この「動作分析」。。
最近、どうも「流行ってる」ようです。。
テニス協会も「身体機能分析による指導」を
推奨していますが。。

世に多く知られているのは、「分析」なのか?
「うんちく」なのか?
次回の内容は、ここに触れたいと思います
(これがこのシリーズ、一番書きたかった
              ことです。。)




○9月来校日
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。



トレーナーの役割は大きく分けて、

①傷害のケア、予防、リハビリ
②コンディショニング、セルフケアの指導
③トレーニング指導(ストレングスなど)

一応資格によって得意分野がありますが、
「この資格だからこれしかしちゃダメ!」って
いうのはありません。
例えば「日体協AT」は、①〜③をまんべんなく
知る資格ですが、山本トレーナーは
ストレングスの分野で特に特化しています。
要はトレーナー本人の実力によって出来る事は
変わります。


では理学療法士はどの役割が得意なの?
答えは①と②です。
傷害のケアや予防、試合に向けた
コンディショニング、身体作りのための
セルフケアの指導など。。
他の職種と大きく違う点は、
「医学的な知識を持っている
ことが最大の特徴です。
トレーナー業界で医師を除いて唯一、
「西洋医学の医療国家資格」であるため、医療に
関して一定の知識・技術を基に分析が可能です。
※鍼灸師、マッサージ師も医療国家資格ですが、
 東洋医学であるため、西洋と考え方に違いが
あります(良い、悪いではなく)

こう書くとなんか資格マニアみたいですが、
別に僕は資格になんのこだわりもありません。
肩書きなんて何でも良いと思っています。が。。

トレーナーは最低でも、
「ストレングストレーナー」と
「メディカルトレーナー」に
分ける必要があると個人的に思います。
トレーナーは何でも出来る!ではなくて、
ストレングスもメディカルも深い知識が
必要で、どちらも完璧!な人はいません。

得意分野は人それぞれあって当然ですし、
餅は餅屋。。
大切なのは連携をとること。

そして理学療法士にはもう一つ、外しては
いけない大きな役割があります。
それが「動作観察、動作分析」です。
長くなりそうなので、続きは次回に。。


今日の写真/テニス選手の発表と、相談に乗ってくれる先生方
20140512_798571.jpg

20140421_780303.jpg

昔の写真の整理パート2
こんな感じで、選手のコンディションについて
相談があれば発表し、ディスカッションして
くれる先生方がたくさんおられます。。
自分一人では限界があるので、助けて下さる
先生方には感謝、感謝です。。
明日もこの勉強会で最近の活動報告を
してきます。


○9月来校日
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。



今日は和歌山に伺いました。
外部の選手も多く訪れましたが、午前中の
全体トレーニングや午後のコアトレ、さらに
個別で診た選手達も、「動き作り」を
メインに行った一日でした。

すべてテニスに必要な動きです。
それぞれのトレーニングで、テニスのどの動きに
必要か?を説明しながら行いましたが。。
この動きがベースになって、その上に
技術が乗っかります。
参加された方々は、それを感じとってもらえた
でしょう。

また個別では、
①まず身体の可動範囲を増やす
②動きに必要な、最低限の筋力をつける
③その可動範囲と筋力を、テニスの動作で
 使えるようにする

①、②は各人補強するべき部分が違います。
午後のコアトレで人によって課題や意識する
部分が違うのはこの為です。


一日や二日で、オンコートで使えるようには
なりませんが、確実に必要なベーシックになる
ので、しっかり理解して身体で覚えるまで、
何度でも説明します。

今日の写真①/ぬんちゃく
IMG_2341.jpg
ファンクショナルトレーニングを超!
超!!効率よく行える器具が入りました。。
これ、本当に優れものです。値段が高いのが
欠点ですが。。
ちなみにエナジーの活動で頂いたお金で購入
してます。エナジーで頂いた分はエナジー選手に
還元するために使う、というのが僕の考えです。


今日の写真②/引っ張るマリリン、引っ張られる
            フラワーちゃん(笑)
IMG_2339.jpg


次回/トレーナーとは?
理学療法士は他のトレーナーと比べて、
どんな特徴があるのか?得意分野はなにか?




○9月来校日
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。



トレーナーとは?シリーズ、遅くなりました。。

トレーナーとは何なのか?理学療法士には
どんな専門性があるのか?
それがもう少し周知されれば、僕のような
活動も広まっていくと思うので、書かせて
もらいます。


日本では。。
「トレーナー」と名乗るのに、実は資格や
実績はいりません。意外?
つまり自分で「トレーナーです!」と言えば
トレーナーです。
しかしこの業種は、身体をしっかり理解し、
ある程度の実力が伴わないとできません。
なので必然的に、何らかの資格を有する人が
多いということです。

ところで現状、トレーナーとして活動している
人達は、どんな資格を持っている人を持って
いるでしょうか?

ざっと挙げてみます。

・全米アスレティックトレーナーズ協会公認
 トレーナー(NATA-ATC)
・日体協アスレティックトレーナー(AT)
・全米ストレングス&コンディショニング
 トレーナー(NSCA)
・日本コアコンディショニング協会公認
 トレーナー(JCCS)
・理学療法士
・柔道整復師
・鍼灸師
・あんま・マッサージ師              etc...
※医師は「チームドクター」と呼ばれるため
外しています。

ざっと挙げただけでも、これだけあります。
複数の資格を持っている人も多いです。
※ちなみに僕の有資格は理学療法士と
日本コアコンディショニング協会トレーナー
です。

そりゃ〜これだけいろんな職種が乱れている
業界なので、人により得意分野は違うでしょう。


ただ、大きく分けてトレーナーの役割は、

①傷害のケア、予防、リハビリ
②マッサージやコンディショニング
 セルフケアの指導
③トレーニング指導(ストレングスなど)

になります。

長くなるので、続きは次回に。。

それぞれの職種はどの役割を得意としている?
理学療法士は何が得意分野なの?
という部分に触れていきます。


今日の写真/能登。。
IMG_0710.jpg

IMG_0715.jpg

昔の写真を整理してたら出てきました。。
能登半島はホントに好きな場所の一つです。
景色が良くて海がきれいで海鮮丼が
おいしい所はどこでも好きです(笑)


○9月来校日
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


反応が世間より遅れています。笑
インカレ・病院業務と続いたため、一日中
布団にこもりっぱなしでした。。

しかも帯同中に、錦織選手の偉業達成が
次々起こり。。正直帯同中は、目の前の
水泳選手のことに必死だったので、
「お〜〜!すごい!」ぐらいしか
考えられませんでしたが。。

テニスの事が世間でこれだけ報じられるのは
本当に嬉しいです。病院でもテニスのことが
話題に上がるなんて。。
少し前なら想像もできなかったですね。


今回の大活躍は、多くの人に夢を与えたはず。。

「夢に挑戦する。夢を実現させる」

そういうと笑う人もいますが、この気持ちが
原点です。
エナジージュニアも夢に挑戦するなら、
いくらでも協力は惜しみません。
錦織選手の後に続きましょう!


次回/トレーナーとは?
遅くなった「トレーナーとは?」シリーズ。。
トレーナーも人により専門性、つまり得意分野
があるんです。
そこから書きたいと思います。



○9月来校日
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
3日間の競泳インカレの帯同が終わりました。
今年もたくさんのドラマがありました。
IMG_2310.jpg

僕が関わっている大学チームは、各学年ごとに
担当のトレーナー(全員理学療法士)がいるの
ですが、僕の担当は4回生。。つまり今回の
インカレをもって、多くの選手が現役を引退
する事になりました。

競泳はテニスと違い、プロ(水泳だけで生活
選手はほとんど居ません。
そのシステムがないからです。
だから、世界のトップを狙うレベルでない限り
大学での競技が、彼らの集大成になります。
(チーム内のインカレ5位の選手も、普通の
企業に就職するような世界です)

競泳には理学療法士や色んな職種の人が
トレーナーとして関わっていますが、選手を
引退した後、トレーナーの道に進む人も多い
ようです。選手としての道が狭いことも影響
しているのかもしれませんが。。

そのためか、身体に関しては間違いなく、
テニス界よりも進んでいます。
遠征にもストレッチポールや凸凹ロールなど
もっていってるのは当然ですし。。
IMG_2312.jpg
トレーナーも、各大学に1人以上は
帯同するのが当たり前です。
IMG_2311.jpg
写真は同チームの先輩トレーナーさんです
(競泳選手経験のある理学療法士です)

日中は選手のケアにフル稼働で、ほとんど
レースを見に行くことができません。。
もちろん夜間もフルです。

IMG_2306.JPG
自分の写真を載せるのって、なかなか
恥ずかしいですが。笑
夜にホテル内でケアしてる感じが新鮮なので
載せてみました。。


4回生のリレーメンバーとチーフトレーナー
IMG_2314.JPG

先天性疾患を抱えながら現役を全うした選手。
側彎症で疲れやすい身体をケアしながら、
インカレ決勝の舞台に立った選手。
ヘルニアに苦しみながら、卒業後も
水泳を続ける選手。
担当の4回生は本当にタフで、彼らから
学ぶ事がたくさんありました。
彼らなら、自身をもって社会に羽ばたいていって
くれるでしょう!


PS:最後に一枚。。
IMG_2294.jpg
今回の遠征にはかまぼこを持参していきました。
「もしかしたら使うかも?」ぐらいな気持ちで
持っていったのですが、リラクゼーションや
コンディショニング、レース前の身体作り、
枕や椅子代わり(笑)などなど、
思いのほか大活躍でした。

エナジー選手も、遠征の時は日頃のケアや
トレーニング代わりになるので、
ぜひかまぼこを持参してみて下さい。





去年は広島だった競泳インカレ。
今年は大都市、横浜で始まりました!
IMG_2292.jpg

テニスと同じく、競泳選手の朝は早い。
IMG_2297.jpg
朝日と共に、毎日5時起きです。

会場に着いてから、試合が終わるまで一日中。
ホテルに帰って夕食のあともひたすら、
選手達のコンディションをしていた一日でした。
全部終わったのは11時半(PM)。。
そして明日ももちろん5時起きです。


こういう職種は、選手が必要ならば
早朝だろうと夜中だろうと協力します。
エナジーの体制と同じです。

今日の写真/プールサイドから一枚
IMG_2301.jpg

身体に対する意識は、間違いなくテニスより
進んでいます。
毎回帯同するたびに学ぶ事がたくさんあります。
今年も良い物をいっぱい持ち帰って、
テニスの方にも繋げたいと思います。


※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


病院業務の後、その足で新幹線へ。。
これから競泳のインカレへ帯同しに行きます。

主に7月と9月の主要試合に帯同していますが、
競泳選手の身体はテニス選手とかなり違う。。
しかし意外に似ている部分もあったり、
テニスにも活かせるな、と思うことも
あったり。その逆もあったり。。

4回生は今回の試合をもって、
ほとんどが引退です。
3日間、全力でサポートさせていただきます。

今日の写真/東へと向かう列車で〜〜♪
IMG_2284.jpg

スタバのキャラメルマキアート片手に
ブログを書いてます。
後ろの方で、「錦織すげーな〜!」と
スーツ系おじさま達の会話が聞こえる。。
「ベスト4とかすごすぎる!」
「ホントに!何年も応援した甲斐があった!」
「しかもタイブレークのセットを落とした後の
              ファイナルで!」
「ホント!ところでタイブレークってなに?」
「・・・さあ?」

どうやらテニスは知らなかったみたいです笑



○9月来校日
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


最近、色んなテニススクールでトレーナーを
導入しよう、という試みがあるようです。
ところで、トレーナーって何をする人なの?

筋トレを教えてくれる人?
マッサージベッドとアイシングを持ってきて
ケアをしてくれる人?

色んなイメージがあると思いますが、
おそらく、10人に聞けばほぼ全員、違う答え
が返ってくるんじゃないでしょうか。
それは、「トレーナー」という定義が
日本でまだ確立されてないことが関係して
いるようです。

トレーナーにどんな専門性があり、コーチや
選手とどんな連携を取れば上手くいくか。。
それが判ればトレーナーの導入は広まっていくと
思うのですが。。

ということで、「トレーナー」とは?
その資格の背景や専門性について、
次回以降書きたいと思います。
ちなみに、僕の意見ではなく、あくまで
一般論ですのであしからず。。

ただその前に、水泳のインカレの帯同がある
ので、「トレーナーとは?」シリーズは
少し後になりそうですね。。


今日の写真/新しい校舎が出来ました
IMG_2279.jpg

高校のテニスコート横に、大学の新しい校舎が
できました(なんとオシャレな)。

この場所は、僕の先輩が現役だった頃は
空き地だったそうで、そこでランニングを
していたと聞きました。

僕が入ってからは、駐輪場になっていた
のですが。。
少しずつ、周りの景色は変わりますね。。



○9月来校日
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


身体の重要性を多くの人に理解してもらうことが
この活動の目標の一つです。

技術は大事。。言うまでもありません。
しかし、技術の前にする事があるのでは?
テニスはスポーツです。スポーツの基本は
「身体」にあります。

たとえば。
サイドに走ったら、バランスを崩すジュニアが
いたとします。
サイドに走って止まる技術を教えるのは必要です。
そこから切り返す技術も必要です。
しかしそのジュニアが、「片足立ち」が
満足に出来ないとしたら?
「片足立ち」で身体を捻る(テイクバック)が
満足に出来ない状態なら、サイドに走って止まる
なんて、根本的に無理でしょう。

逆によけいな事をしなくても、片足立ちができて
身体を捻ることができれば、走って止まるのも
ある程度できるようになるでしょう。
そこからの技術です。

つまり順序の問題なんです。
まずテニスに向いた身体に、動きになっているか
それが揺るぎないベーシック(基本)になります

エナジーでは、コーチやトレーナー、理学療法士
が連携してベーシックを作っていきます。

今日の写真/久しぶりの。。
IMG_2272.jpg

IMG_2273.jpg

地元と、ジュニア時代よく通ったテニスコート
よく壁打ちをしました。
下がコンクリートでイレギュラーする感覚が
懐かしかったです。



○9月来校日
2日(火)
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。