2014年8月アーカイブ

※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。



「自分は将来、こんなテニスがしたい!」
「身体をこんな風に強化したい!」
というように、「〜〜したい」という希望を
「動因」といいます。

これを聞き出すことが、僕らのようなスタッフ
には重要と思っています。


僕は理学療法士ですが、この業界ではあまり
動因という言葉は聞きませんし、意識して
聞いている人も少ないような。。
どちらかというと、
「身体のどこが痛いですか?」
「疲れはある?」みたいな、
いわゆる「主訴」を良く聞いています。
※医療機関だから当たり前ですが。。

主訴を聞くと、身体の状態は把握できたように
思いがちですが、例えば痛みがある選手にも、
「痛みを治して、こんな身体になりたい!
こんなテニスがしたい!」
という動因は、主訴とはまた別なんです。

そして主訴って基本的にマイナス面だから、
聞いている内にお互い暗い感じになって
しまいがちで。。
反対に「動因」を上手く聞き出せれば、だんだん
選手の表情って明るくなっていくんです。

「僕、ホントはもっと動き回って、ハードヒット
したいんです!でもフットワークが悪いから。。」

「フットワークが悪い」という主訴の先には
「動き回ってハードヒットしたい」という
動因が潜んでいます。

それを共有すると、その為のメニューを
伝えやすいし、継続してくれる。
効果が出る。。

「主訴」ばっかりじゃなく、「動因」を引き出す
自分に言い聞かせてます。。


今日の写真/メンタルコア
IMG_2089.JPG
コアから紐解く際、「動因」を聞き出すことも
メンタルコアコンディショニングの一環です。



○9月来校日
2日(火)
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。

昨日のトレーニングは、前回のおさらいでした。
ビジターも含めると、始めての人も多かった
ですが。

動き作りは、やっぱり時間がかかります。
山本トレーナーのトレーニングもそうですが、
「正確に行えているか」
これをしっかり確認していかないと
効果がでません。
むしろ変なクセがついてしまうことも。。

コアコーディネーションも、内容自体は
似たようなことは他所でもやってたり
するかもしれません。

ただ一人一人、確認する点が違うんです。
それは実際のオンコートの得意、不得意と
かっちりリンクします。
だから、「テニスのどの動作に繋がってるか」
しっかり理解した上で取り組んでほしいです。

それでも、オンコートで無意識に動けるように
なるには時間がかかります。

丁寧に、正確に、時間をかけて。。
身体の土台と、動きの土台を作りましょう。
スクリーンショット 2014-08-29 0.26.32.png




今日の写真/雨ふらし
IMG_2250.jpg

エナジーは雨女&男の宝庫みたいです。。
府外からも雨雲を連れてくる。。


○8月来校日
27日(水)
○9月来校日
2日(火)
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。

最近のスポーツで流行語化してるような。。
「ファンクショナルトレーニング」
「ファンクショナルアップ」
などなど。。

昔でいう、「バーベル何回!腕立て何回!」
という普通の筋トレではなく、
実際のスポーツに必要な動きを
身につけましょう!という、いわば
「動き作り」のトレーニングです。
(ファンクショナル=機能的な〜)

でも名前こそ聞き慣れないですが、
エナジーでも、昔から(僕が居たころから)
やってるんですよ!

例えば、「トリプルエクステンション」
地面を蹴る!ってやつ
2014.5.23.1.JPG

これも立派なファンクショナルトレーニング
です。
ストロークで必要な下半身の動きを学習
しています。

この前行った「コアコーディネーション」も
一つ一つ、テニスのどの動作につながるか?
を説明しながら進めましたが。。
こういう動き作りのトレーニングがジュニア期
には必要です。怪我予防にもなるので。

まずは手順を覚える。
意味を理解する。
そして反復する。
最終的に、オンコートの動きに繋げていく。

かなり時間のかかる作業ですが、差は明白です。
丁寧に、時間をかけて動きを磨きましょう。

今日の写真/コアコーディネーション②
IMG_2224.jpg

IMG_2223.jpg

ファンクショナルなコーディネーションが
土台にあれば、山本トレーナーの
体幹スペシャルなど、ダイナミックな動きが
より効果的になります!



○8月来校日
27日(水)
○9月来校日
2日(火)
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。

IMG_2180.jpg

昨日は高校生の試合の付き添いで、靭に
行きました。
この2週間で何回靭に行ったことか。。


池村杯U18。。
シショウもこのカテゴリーに参入です。
高校生の付き添いだったので、空いた時間に
しか見れませんでしたが、
シード選手に接戦の末、勝利しました!

そして今日、キミレンコが全中で準優勝との
ご報告!

みんな頑張っています。
夏の試合シーズンも終盤です。
もう一踏ん張り!エナジージュニア!


○8月来校日
27日(水、コアトレーニングを担当させて
               いただきます)
○9月来校日
2日(火)
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


昨日エナジーで行ったトレーニングは
「コアコーディネーション」という
コアトレーニングの一部です。

コアトレーニング?体幹?って

samu2-2img-71257_s.jpg
一般にはこんな感じで理解されている?
「グヌヌ。。」と固める体幹トレーニング。
間違いではないですが、少なくてもテニスで
体幹は固めません。
動かすのに必要な分を「安定」させる
だけです。

昨日行ったのは、「コアトレーニング」の
イメージとは違ったかもしれませんが、
れっきとしたコアのトレーニングです。

この動きは、赤ちゃんの動きを基にした
メニューです。
こ赤ちゃんの動きの中には、
テニスに必要な動きがたくさんあります。
だから、生後1年でも2年でも、テニスをする
土台を実は持っているんですよ。
ね?ナ○ル?

来週も引き続き、担当させて頂きます。
今回した内容の確認と、もう少し先の部分まで。
いければいいな。。

IMG_2219.jpg

IMG_2223.jpg

IMG_2240.jpg




○8月来校日
27日(水)
○9月来校日
2日(火)
13日(土)
19日(金)
21日(日)
24日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
9月の予定です。
2日(火)
13(土)
19(金)
21(日)
24(水)

です。
第一周目に水泳部のインカレに帯同するため、
10日程エナジーを空ける事になりそうです。。
出発前に身体の状態を確認していきたいと
思います。




※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


全日本を見ていて、
「トップ選手は身体が全然ちがいますね!」
多くの保護者の方から出た意見です。
実際に出場していた選手達は、それを
肌で感じとったでしょう。

身体作り、動き作り。。
ただそれが、「非効率」で「無茶」なものも
あります。

「毎日10㎞以上は走れ〜〜!!
 それが当たり前じゃ〜!!」

と、僕の高校時代。。
走りましたよ。毎日。
おかげで持久走はめちゃ速くなりました笑

でも、「意味あるんか?」と僕や周りの選手は
常に口にしてたし、なにより10㎞走るだけじゃ
身体の変化を感じれなかったです。
もちろん結果にも結びつかない。。
怪我をする選手もたくさん。。

誤解にならないように、10㎞走ることが
ダメなのではなく。。
「テニスの何に繋がっているか?」を
理解して、やらないといけないです。

本日、コアトレーニングをさせて頂きます。
個別に開始している選手もいますが。
繋がりをしっかり持てるように、メニューの
一つ一つを理解してもらいながら進めて
いきます。


今日の写真/気持ちいい。。
IMG_2049.JPG
夏は疲れが足に気やすいので、
凸凹ロールは手放せません。。
汚い足ですみません笑
「チビ」タイプは遠征に大活躍?
キミレンコが今全中に持っていってます。



○8月来校日
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。

専門性と連携

選手に関わる上で、かなり大事な要素だと
思います。

そして全日本ジュニアで改めて感じたこと
常に現場を拠点とする
これです。

会場に足を運ぶことで、選手たちの試合を
直に見るのですが、
コーチや保護者の方とたくさんディスカッション
ができました。
キミレンコに関して言えば、山本トレーナーや
中山コーチも含め。

コーチやトレーナーは、当たり前ですが、常に
現場で選手達と関わっています。
しかし、医療分野の人間は?
医療の目を通して、障害予防やケアを伝える
立場の人間の拠点は、
現場ではなく医療機関です。
それ自体は全く悪い事ではないのですが。。

現場で選手の動きを実際に見る
そこで、リアルタイムでコーチ達と
話しをする
その上で、予防やケアの対策を練る
そして、その効果判定も現場でする。
医療の目を持った人間が。

僕のような活動は、まだ珍しいですが、
医療の目を持った人間が現場に出る
ことに意味があると感じています。


専門性と連携。。
これからも活動のキーワードになっていく
でしょう。。



○8月来校日
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


16U女子決勝!
シングルス・ダブルスともにキミレンコ
悔しくも敗退でした。

今日でエナジージュニアの全日程は
終了。
キミレンコ、マリリン、ミサポン
本当にお疲れさまでした。



ただキミレンコに関して言えば、
このあと全中、兵庫国際と遠征が続きます。
マリリン・ミサポンも池村杯がまだ
残っています。


全日本ジュニアでは、
キミレンコとご両親
ナショナルの中山コーチ
白川コーチ
山本トレーナー

普段揃うことが少ない全員が会場で顔を会わす
事ができ、直接連携が取れたので良かったです。

普段の連携はメールが主になってしまうので。

キミレンコはグランドスラムを目指しています。
夢を目指すということは、ナショナルを中心に
して、関わるスタッフの総力戦です。
専門家が、それぞれの専門性を持ち寄って、
しかしバラバラにならないように連携し合って
いくことが大事だと感じています。

専門性と連携。。
これについて今回感じたことを
次回、書きたいと思います。

今日の写真/全日程を終えたセンターコート
IMG_2203.jpg

今回の全日本ジュニアは、連日雨で
悩まされました。
残念ながら決勝を見る事が出来ませんでしたが、
楽しみ?は来年に取っておきます。




○8月来校日
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


今日はキミレンコの準決勝があり、
靭に行きました。
IMG_2196.jpg

スクリーンショット 2014-08-15 22.11.37.png

雲行きが怪しく、雨で中断を挟みましたが。。
4時間41分の激闘の末、勝利しました。
その後のダブルスもストレート勝ちし、
単複決勝進出!

本当に、本当に。。タフな試合でした。
しかし、見ていた人たちに感動を与えたと
思います。
応援に来ていたエナジージュニアも、何かを
感じとったでしょう。
キミレンコに続け!エナジージュニア!


明日は決勝です。僕は病院業務の為会場には
行けませんが。。
検討を祈ります。



○8月来校日
15日(金)
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


靭に伺います。
マリリン・ミサポンペアは惜しくもベスト16で
敗れました。試合を見れていないので内容は
判りませんが。。
良い経験をしてくれたと思います。

全国の上位選手は身体が違う。。
この中でトップを取ろうと思えば、道のりは
長いでしょう。
しかし選手達が次のステージを目指す限り、
どんな協力も惜しみません。

明日はキミレンコの単複準決勝です。
僕も出来る限りのサポートができればと
思います。






○8月来校日
15日(金)
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。

今日も暑いです!全日本ジュニア!
IMG_2178.jpg

IMG_2179.jpg

各カテゴリー、緒戦が終わって人がまばらに
なってきました。

さて、今日は靭でキミレンコのシングルスと
ダブルス、江坂でマリリンのシングルスと、
ミサポンとのダブルスでした。

結果は、
キミレンコ シングルス ストレート勝ち
      ダブルス フルセット勝ち

マリリン シングルス フルセットで敗退
マリリン&ミサポン ダブルス ストレート勝ち


マリリンのシングルスの相手はかなり強かった
ようです。
強打に苦しんだとのことですが、これから
こういう試合は増えていくでしょう。
今回の敗戦を自分のものにしてほしいです。

そしてダブルスでは、ミサポンが全国デビュー!
関西無敗のペアが、まずは全国で一勝。。
どんどん相手もタフになっていきます。
コンディションをしっかり保ってほしい
です。

IMG_2182.jpg

キミレンコは、明日シングルス2試合
ダブルス1試合のハードスケジュール。。

みんな、これからが正念場です。


○8月来校日
15日(金)
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。

始まりました!全日本ジュニア!
IMG_2107.jpg

IMG_2108.jpg
昨日までの台風の影響もあってか、日差しは強い
ものの、暑さは比較的マシでした。
しかし選手達にとっては暑かったでしょう。。

エナジージュニアは、靭と江坂両方で試合が
あったので、僕も会場を行き来していました。

朝は靭でキミレンコ!
スクリーンショット 2014-08-12 3.07.58.png
関東の高校生相手に、フルセットで勝利。
しかし。。関東の選手は本当に層が厚いと
感じます。

この後会場を江坂に移して、マリリンの緒戦。
スクリーンショット 2014-08-12 3.14.39.png

結果はストレート勝ちでしたが、さすが全国。
各地区を勝ち抜いてきた選手達。。
簡単に思うようにはさせてくれません。
でも、とりあえずお疲れさま!
IMG_2171.jpg

まだまだこれから試合が続きます。
そしてダブルスにはミサポンも登場する!
頑張れ、エナジージュニア!





○8月来校日
9日(土、和歌山)
13日(水)
15日(金)
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


エナジーのブログと合わせて見ていただければと
思います。

ここ何日、ブログネタを医療系にしていますが、
競技生活はきちんと計画を立て、ケアして
いかないと、本当に怪我が多くなってしまう。。

ただ、現場側の常識と医療分野の常識は違う。
違うどころか、全く逆なんです。
これはテニスに限ったことではありません。

陸上界では、女子選手は初潮が遅い事が
良い事だと言われ続けていたそうです。
高校生まで初潮がこないなんて普通。。
しかしその選手達の行く末には、疲労骨折、
持久力の低下、栄養の吸収率の低下などなど。。

その常識は間違ってる!
と現場に訴え続けた先生方のおかげで、
スポーツ栄養学が現場に普及してきました。

しかしその背景には、多くの苦難があった
はずです。

選手達、現場の常識は毎日の習慣を作り、
日々の習慣は選手達のルーティンとなって
精神的な落ち着きを作ります。
そのルーティンが間違っていても。。
だから、その常識を変えるには、かなりの
苦労があったと思います。

何が言いたいかというと、メディカルケアを
全く無視し続けて、身体にトラブルが出た選手に
オーバーワークさせ続けるのは、何があっても
間違いなんです。
しかしこの活動を続けていると、
そんな現場が存在すると言わざるを得ません。

「身体のトラブルのせいで、努力すら
できなくなり、競技から離れていく」

そんな選手を何人も見てきたので、これだけは
なんとか防ぐ為に、これからも活動を
続けていきます。
選手や保護者の方々も、身体のトラブルには
決して我慢し続けないで下さい。





○8月来校日
9日(土、和歌山)
13日(水)
15日(金)
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


全日本ジュニアが近づいてきました!
僕も選手達の日程に合わせて休みをとっている
ので、期間中は会場を駆け回りたいと思います。
台風が心配ですが(泣)


さて、医療機関と現場の価値観の違いですが、
医療機関にあるリハビリ科のケアは、
基本的に、どこも素晴らしいレベルであると
思っています。
ただし、仕方ないと言えば仕方ないのですが、
「医療機関のスタッフの考えと
   現場の考えはリンクしにくい
これが現実です。
医療機関の人間は医学的に身体を診ます。

例えばサーブのあるタイミングで「回内」
をすると痛みが出る選手に。。
「回内の出すタイミングを少し遅らせると
         痛みは少なくできるよ!」
と指導するとします。
それは医学的には正しいですが、選手側から
すると、動きの感覚が全く違うものになります。
また試合前の時期なら、「調整が狂う!」
という指導者側の意見もあります。

ただ、医療機関の人間はたいていの場合
その競技の背景を知らないので、こういう
微妙な感覚について追求して指導する
ことは出来ません。

最も難しいのは、試合直前に身体にトラブルが
あって医療機関を受診したとき。
選手(保護者)は、医療機関のスタッフに
何を伝えれば良いか?

「どうしてもこの動きでないと感覚が
おかしくなるんです。だからなんとか
この動きで、痛みを少なくする方法や
試合までのケアを教えて下さい!」

こう伝えれば、話しは早いかなと思います。
ただ、この要望、医療機関の人間からすると
かなりレベルの高い要望です。。
しかし、これに可能な限り応えようとする
スタッフこそ一流だと思います。
(明らかに難しいケースももちろんありますが)

ちなみに僕の周りの医療機関のスタッフは、
こういう声になんとか応えようと、
日々試行錯誤している方たちばかりです。

医療機関は現場と直接リンクできないですが、
要望を伝える事で、なんとかしようと手を
尽くしてくれると思います。

大切な身体なので、遠慮せずに伝えるように
しましょう!

今日の写真/めちゃ気持ちいいストレッチ
IMG_1956.jpg
大殿筋の下部線維が伸びたら正解!
めっちゃ気持ちいいですが、ポーズをとるのに
苦戦する選手も。。





○8月来校日
9日(土、和歌山)
13日(水)
15日(金)
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


先日の地獄の総当たりで診させていただき、
少しは活動が認知されたかな?と
思います。そして、
「これからも定期的にお願いします!」と
言って下さった方々も。
それだけこの分野は手薄なんでしょう。

ところで気になったのが、
今回、怪我や身体にトラブルがある選手が
何人かいました。
中には、「無理しすぎた。。」
話す選手も。

現場では、多少身体にトラブルがあっても
気にせず続けることが多いんですね。
それは僕も競技をしていたので判ります。

また、軽症の時に医療機関に行っても、
満足のいく対応をしてくれることは
あまりない現状でしょう。。

自分の身体の変化に敏感になって、日々の
変化を捉えられれば理想ですが。。
意識して自己管理を続ける事が
大事だと思います。


次回/医療機関と現場の価値観の違い
医療機関では現場まで責任を持って選手を
診る事ができない
そのため現場は医療機関の言う事を
あまり信用しない
価値観の違いと、どうすればいいか?を
書きたいと思います。


○8月来校日
9日(土、和歌山)
13日(水)
15日(金)
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


今日は地獄の日!
ですが僕は参加せず、講習も含め閉館ギリギリ
までノンストップでした。
自分のトレーニングもちゃんとしないと
このままじゃ夏バテしそう。。


個別相談については、今回完全なプログラムを
組むことはできませんでしたが、簡単な身体の
指標は伝える事ができたかと思います。
怪我がある選手やそうでない選手、目指す所は
様々ですが、
「個別対応」
である事が重要です。

一人ひとり本当に身体が違います。
なので個別に診ないと、結果が出ないんです。
そのため状態によっては、一人にものすごく
時間がかかってしまうこともありますが、
このスタイルは妥協しません。
数多くを診る事が仕事ではないので。。

今日参加していただいた方も、今後プログラム
組んで進める場合、エナジーに定期的に
来ていただく事を前提にしたいと思います。

あくまで「一人ひとり、結果を求めていく」
それが可能な人数しか対応はできません。。

ただ、もちろんエナジーメンバーへの対応が
最優先になります。
その部分はご理解をお願いします。

今日の写真/シショウのコンディショニング
IMG_2092.jpg
気持ち良さそう!

今日の写真②/大阪湾を見渡せるパーキング
IMG_2097.jpg
帰り道の高速で、「この先渋滞5キロ」と
でていたので、急遽パーキングに避難。。
ここで晩ご飯食べてブログ書いてます。。
IMG_2099.jpg
気付けば、夜景が見えるロマンチックな場所に
テニスウェア着た男が一人。。
寂しくなりそうなので、そろそろ帰ります笑




○8月来校日
9日(土、和歌山)
13日(水)
15日(金)
21日(木)
27日(水)


○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


明日は地獄の総当たりに伺います!
先日よりも人数が落ち着いているようなので、
時間があれば個別対応もしていければ。。と
思うのですが、明日は天気が怪しいようで。
先日同様、講習は予定していますので、
ぜひご参加下さい。

さて、続きの記事で
「身体にトラブルが起きたとき、どんな
      医療機関を受診すればいいか?」
についてですが、
これは完全に僕の主観だという前提で
参考にしていただければと思いますが。。

結論を言うと、
「肩や足首など、その部位に特化した治療を
         得意としている機関が良い」
と考えています。
何せ人間の身体は奥深いので、たいがいは
どこかの部位に詳しい(得意としている)
分野があります。

圧倒的にその部位の症例数が多いので、
知識も豊富だし、治療の道筋も
納得できるように説明してもらえるでしょう。

そして、その専門分野に受診できれば、
軽症の場合でもどんな状態かしっかり
診てくれることが多いです。
その部位が得意分野な訳ですから。


スポーツ障害に特化した病院は
たくさんありますが、ネットで検索する時も
「スポーツ障害 肩 病院」
というように調べた方が、調べる手間は
少なくていいかな、と思います。

今日の写真/コアをサポートするモノ達
IMG_2090.jpg

自宅のポールたち。
気付けば段ボールから収まらないぐらいに
増えてきました。。

IMG_2089.jpg
コアから紐解いていくと、選手達の身体が
判りやすく変化していきます。
そして「身体が変わる感じ」を
選手と共有しやすいんです。




○8月来校日
4日(月、地獄の総当たり)
9日(土、和歌山)
13日(水)
15日(金)
21日(木)
27日(水)

○8月4日 地獄の総当たりで
身体機能について相談コーナーを設けようと
思っています。
要項はこちらをご覧下さい。

○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。


選手の怪我は、全て未然に防ぎたい。。
そう理想は掲げていますが、現実には予防
できる部分と症状が出てから対処している
部分があります。

予防は最大の治療

ですが、医療機関(病院など)は、基本的に
怪我を予防してくれる場所じゃありません。
では、医療機関に訪ねる人はどんな人か?

簡単な話、「何かを患った人」です。
もっと言うと、「何かを患って症状が続き、
それに耐えられなくなった人」です。

例えば関節の痛みにしても、痛みが出て
すぐ病院に行く人は多くありません。
「痛いけど様子を見よう。。」
「冷やしたりしたら治るだろう。。」
そうして悪化し、症状が重くなってから
医療機関に行く事が多いのですが、
なにせ症状が重いので、医療機関の診断は、
「安静にして下さい。痛み止め出すので」
と言われる事がほとんどです。

選手は「休めるなら休んでるよ!」と
心の中で叫ぶ。。
そして回復がどんどん遅れる、悪循環に
なります。

僕が考える現場の対応は、
「身体チェックから対策を立て、 
             怪我を未然に防ぐ」
ことと、
「症状が出始めた、または軽症の内に対策して
悪化を防ぐ、もしくは現場で対策しかねると
判断した場合、早めに医療機関への受診を
勧める」

この対応をエナジーの現場では徹底しています。

医療機関と現場では、怪我に関する考え方が
違う。。
重症にならない内に対応する!
これも「予防」だと思います。。

次回/どんな医療機関を受診すれば良いか?
身体にトラブルが起きたとき、どこに診て
もらえればいいか?
完全に僕の主観になりますが、思う事を
書きたいと思います。





○8月来校日
4日(月、地獄の総当たり)
9日(土、和歌山)
13日(水)
15日(金)
21日(木)
27日(水)

○8月4日 地獄の総当たりで
身体機能について相談コーナーを設けようと
思っています。
要項はこちらをご覧下さい。

○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。
※エナジーでは、技術の土台となる姿勢・運動指導や、
障害のケア・予防のためのコンディショニングを
行っています。
現場は医療機関ではなく、「医療行為」は
行っていませんので、ご了承ください。

今日は午前中、池村杯の観戦に行ってきました。
実は選手を普段対応しているのがホームコート
なので、エナジー選手が試合する所を見るのは
数少ない貴重な機会です。
ましてや外部から来られている選手の試合を
見るのは、新鮮そのものです。

そしてコーチからの依頼もあり、外部の選手の
身体チェックもさせていただきました。
※後日、書面でまとめさせてもらいます。

試合は途中までしか見る事が出来なかった
のですが、今回はフラワー・ミサポン・
マリリンともに、トップ選手に敗退とのこと。
ブレずに自分の課題に取り組んで、次に繋げて
欲しいです。

今日の写真/身体チェックの一場面
IMG_2069.jpg
トップ選手は、トップになる根拠が
身体に出ています。
しかし成長期は日々身体が変わっていく。。
エナジーメンバーも定期的にチェックし、
個別で対策していきます。




○8月来校日
4日(月、地獄の総当たり)
9日(土、和歌山)
13日(水)
15日(金)
21日(木)
27日(水)

○8月4日 地獄の総当たりで
身体機能について相談コーナーを設けようと
思っています。
要項はこちらをご覧下さい。

○メンバー、ビジター(外部)の料金表を
まとめていますので、ご確認をお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。