成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 8

ガムシャラ練習量型を書く前に。。。。3

14才アンダー以降、なぜランキングが上がりにくいか


また詳しくは長くて書けませんが

時間を調べるうちに見えて来たものは


目標者のレベルを追い抜くには

その選手のトータル練習時間を。。


追い抜かねばならない。


という傾向がおぼろげながら見えて来たのです。

練習時間は経験値と比例しているとも言えます。


つまり小6時点で目標相手が3000時間練習しており

1年で800時間練習しているとします。

自分は1500時間とし2年後に追い抜くと目標した場合

相手は4600時間になってますから


自分は1年で1550時間練習しないと

追い抜けないということになります。


無理ではないと思いますが、

学校も忙しい中学生が、

そんなに時間作れるでしょうか?


これが特に14才アンダー以降は中々、相手を追い抜けない理由の

一旦とみえてきました


次回/ガムシャラ練習量型

10才までにガムシャラ練習量型が上がりやすい理由


今日の写真/成長のペース

練習量は成長のペースをも上回ることもできる

しかし、それは時間的余裕の多い

10歳以下の場合が多く

中学校になれば練習量を増やすこと

そのものが困難となる。

2013-1.12.5.1.jpg




















次回の地獄の総当たりシングルス

1月4日(木曜日)

1月29日(月曜日)

ミズノテニスプラザ舞洲で行われます。

お申し込みで全国から集まってます!

12月は締め切りました。

1月4日は

男子要項 あと2人です。

京都・大阪・愛知・奈良・和歌山・兵庫・北海道

から来ています。

女子要項 あと2人です。
岡山・大阪・兵庫・愛知・北海道から来ています。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ