2017年12月アーカイブ

成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 11

第2次成長後の後伸びするタイプと書きましたが

よく晩熟型はしっかり技術をつけて成長期に備えましょうと

言われるのだが。。。

ただ、いつ体が変わるのかが予測がつきにくく

そのペースもまちまちです。


実は少ないテクニック系

負のループに巻き込まれて

受験に走る。。


と書きましたが

やはり成長期の大きな敵は受験などの進学なんです。

保護者も頭ではわかっていても

いつ勝ち出すかわからないのであれば

学業に。。。という道になります。


またテニスの内容も正直

サービスとリターンと最初のストローク1本か2本で

大半が1ポイント終わるわけで

テクニック以前の問題で終了します。


次回/最終章トレーナーとの意見の違い

トレーナーは受験など周りの環境は関係なく

体のみで考えるので

現場の意見と異なるケースが多いです。




次回の地獄の総当たりシングルス

1月29日(月曜日)

ミズノテニスプラザ舞洲で行われます。

お申し込みで全国から集まってます!

12月25日と1月4日は締め切りました。


男子要項 


成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 10

第2次成長後の後伸びするタイプ

細身の長身型

特に男子中学生初期に多いタイプです。

この辺は数値のデーターがありませんので

主観的意見が多いです。

中学から初めてインカレなどで勝康した選手を

あげて見ましたが全て細身の長身型でした。

トレーニングをしないけれども

やたらサービスなどの速いタイプがそうです。

また細身の長身型と書きましたが

それだけでだけではなく

高いコーディネーション能力を

持っていることが挙げられます。


つまり低学年の時に見逃されているタイプの

一つではないでしょうか?


非力なためいつもフニャフニャして

本来高いコーディネーション能力が

あるにも関わらず勝ててこなかったのですが

第2次成長後筋力がつき思うように体が支えられ

細身の長身型に多いパン!と弾くような爆発力

ラケットも自在に扱えるようになった。


実は何人かこのタイプが見られます。

しかし低年齢の頃は期待されていなかったんです。


ここで言いたいことです。

低年齢で今を見るのではなく

第2次性徴後を予測してあげることが大事ではないでしょうか?

残念ながらスクールに入っても最初はうまく打てないので

どんどん打てない同士でクラスに落ちいていく

負のループに巻き揉まれて埋れている素材が

沢山の存在するように思います。


次回/第2次成長後の後伸びするタイプ

実は少ないテクニック系

負のループに巻き込まれて

受験に走る。。


今日の写真/成長の目安の写真

毎回出している写真ですが背筋力を元に計測しています。

あくまでも先伸びの要素の一つです。

テニスの場合は12~14歳あたりで

転落と逆転が発生しています。

丁度、第2次性徴・PHV時期です。

2013-1.12.5.1.jpg



















次回の地獄の総当たりシングルス

1月29日(月曜日)

ミズノテニスプラザ舞洲で行われます。

お申し込みで全国から集まってます!

12月25日と1月4日は締め切りました。


男子要項 



成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 9の補足

文書の書き方が下手なんで

前回のブログの要約すると


基本的な傾向を調査した結果

目標者のトータル練習時間を追い抜かないと

レベルも追い抜きにくいですよ

それを考慮して考えると


低年齢ではみんな経験も練習量

つまりトータル練習時間も少ないので

この時期に練習量を増やすと

追い抜きやすい、または

リードしやすいですよ!


高学年になればみんな練習量も経験も増えてるので

中々追い抜きにくい上に

受験が迫ってくるので練習時間の確保も難しくなりますよ!


しかし闇雲に練習時間を増やと

身長が伸びませんよ


という事です。


あくまでも傾向を調査した上でのレポートですので

この内容をお勧めしているわけではありません。


成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 9

ガムシャラ練習量型


番外編を読んで頂ければ分かりますが。

10歳以下から先伸びするタイプは

成長速度とは関係なく練習時間の多さが

効果を上げています。

※年齢が遅ければ効果が上がりにくくなります。

大半が1年間で2~300時間というところです。

つまりみんなあんまり練習してなくて

トータル時間も短いので

簡単にみんな追い抜けるんです。


テニス歴2年足らずの4年生で関西上位に上がった

ジュニアの最初の1年の練習時間が1700時間ですから

早く始めることにより一気に他のジュニアを引き離し

成績も出しやすいのもこの時期です。


ところが中学生くらいになると大半の上位選手は

3000時間以上練習してますから

それを追い抜くには時間確保が難しくなります。


もっと大きい問題は

低学年でランキングを上げたご家庭はやる気満々で

14才になっても練習に余念がないものの

そうではないご家庭は進学が気になり

テニスも塾もとあっちこっちに迷ってるので

時間確保もままならない場合が多く

どんどん差を広げられているのが現状ではないでしょうか?

そうなると成長が早い遅いの以前の問題となります。


このことから晩熟型はできるなら

特に小柄なタイプは

低年齢でしっかり練習し

成績をキープしておいたほうが

あとあと楽とも言えます。。


ちなみに参考までですが

国際レベルの選手で10才以下当時の練習時間が

1年で1422時間でトータルが3818時間でした。

しかし、闇雲に練習量を増やすと

身長が伸びないデメリットもあります。



次回/第2次成長後の後伸びするタイプ

細身の長身型

特に男子中学生初期に多いタイプです。


今日の写真/昔のバイト先

今、コーチ研修でナショナルセンターに来ていますが

途中の王子駅にあるマクドナルドは

昔の私のバイト先でした。

隣がクレープ屋さんでした。

17.12.17.1.JPG

















次回の地獄の総当たりシングルス

1月29日(月曜日)

ミズノテニスプラザ舞洲で行われます。

お申し込みで全国から集まってます!

12月と1月4日は締め切りました。

男子要項 

成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 8

ガムシャラ練習量型を書く前に。。。。3

14才アンダー以降、なぜランキングが上がりにくいか


また詳しくは長くて書けませんが

時間を調べるうちに見えて来たものは


目標者のレベルを追い抜くには

その選手のトータル練習時間を。。


追い抜かねばならない。


という傾向がおぼろげながら見えて来たのです。

練習時間は経験値と比例しているとも言えます。


つまり小6時点で目標相手が3000時間練習しており

1年で800時間練習しているとします。

自分は1500時間とし2年後に追い抜くと目標した場合

相手は4600時間になってますから


自分は1年で1550時間練習しないと

追い抜けないということになります。


無理ではないと思いますが、

学校も忙しい中学生が、

そんなに時間作れるでしょうか?


これが特に14才アンダー以降は中々、相手を追い抜けない理由の

一旦とみえてきました


次回/ガムシャラ練習量型

10才までにガムシャラ練習量型が上がりやすい理由


今日の写真/成長のペース

練習量は成長のペースをも上回ることもできる

しかし、それは時間的余裕の多い

10歳以下の場合が多く

中学校になれば練習量を増やすこと

そのものが困難となる。

2013-1.12.5.1.jpg




















次回の地獄の総当たりシングルス

1月4日(木曜日)

1月29日(月曜日)

ミズノテニスプラザ舞洲で行われます。

お申し込みで全国から集まってます!

12月は締め切りました。

1月4日は

男子要項 あと2人です。

京都・大阪・愛知・奈良・和歌山・兵庫・北海道

から来ています。

女子要項 あと2人です。
岡山・大阪・兵庫・愛知・北海道から来ています。

12月25日地獄の総当たり締め切りました!

大変ブログが遅れています!
すみません!
朝から雑用で大忙しなんです。
何故かって?
まあ〜そのうちのお楽しみです!

それと12月25日地獄の総当たり
男子も女子も締め切りました!
全国から集まってます。
1月も北海道から来てくれる選手もいます。
ちなみに1月4日は
あと男子3名 女子2名です。

成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 番外編

ガムシャラ練習量型を書く前に。。。。2

自分の練習時間を知る


小学校6年生までに何時間練習しているのでしょうか?

頑張りは数値化できます。


頑張っても頑張っても勝てないんです!という保護者に

テニスを始めてから5年生途中までの練習時間を提出して頂きました。

そのジュニアは1550時間でした。


また別にテニス歴2年足らずの4年生にして関西上位に上がったり

天才と言われたジュニアの最初の1年の練習時間が

1700時間でした。

すでにこの時のテニス歴は2年近かったので

予想では4年生にして3000時間を超えていたでしょう。。

このジュニアは天才なのでしょうか?


このように時間化すれば本当に頑張り具合も

理解できます。


ちなみに6年生までのトータル練習時間の目安です。

プレイアンドステイ以前の調査ですが

国際レベルで6000時間

全国上位レベルで3500時間以上

ちなみに2000時間後半で全国上位選手も

おりましたが別調査である根拠がありました。

それについては下の写真をどうぞ!


ということで

次回/14才アンダー以降、

     なぜランキングが上がりにくいか


今日の写真/姿勢

スクールもきちんと通ってなくて

練習も少ないのに全国の上位に進出したジュニアを調査した。

その結果、長座をすれば分かる通り骨盤が後傾しておらず

背筋も真っ直ぐで全身の柔軟性に富んでいた。

つまり正しい姿勢は練習時間を短縮するようである。

ちなみに他の競技?などの経験を調べると

バレイが結構いました。

日本舞踊というのも。。

17.12.8.1.JPG










次回の地獄の総当たりシングルス

12月25日(月曜日)です。

1月4日(木曜日)

ミズノテニスプラザ舞洲で行われます。

お申し込みで全国から集まってます!

12月はあと

男子要項 あと3人です。

女子要項 あと3人です。


アスリート育成プロジェクトの体験募集です。

平日昼間に行っています。

まずはクリックください。


土日も強化練習をおこなっています。

対象は小学生高学年上位以上です。

クリックください。



アスリート育成プロジェクト

平日ジュニア強化練習募集


火曜日 小3以下低学年 開校中

木曜日 募集中・体験

金曜日 小学生     開校中

希望があればスケジュールを組みます。

毎週火曜日は3年生以下の部と

金曜日は小学生の部を開講中です。

費用 6700円

時間 9時から15時まで

会場 なぎさテニスコート 

   ハードコート

   大阪府泉大津市なぎさ町35-1


水曜日を除く日に希望の方はご連絡ください。

小学生低学年 高学年

中高生を募集しております。

詳しくはこちらをクリック


成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 番外編

ガムシャラ練習量型を書く前に。。。。1


10歳以下から先伸びするタイプは?

の中に「ガムシャラ練習量型」をかきました。

では10歳以降にガムシャラ練習量型は

強くならないのか?という質問がありました。


いいところに気がつきました!


ないとは言いませんが

少なくなり

特に14歳以降はほとんどないんです。


中には本当に頑張っている中学生もいます。

正直、実力順であんまり変わらないでしょ?

どんなに頑張っても中々上位選手を

追い抜けないでいるのが事実です。


そもそも「ガムシャラ」とは何か?

私は練習時間と解釈し調査しました。

すると面白いことに気がついたのです。


次回/ガムシャラ練習量型を書く前に。。。。2

自分の練習時間を知る


今日の写真/夜のジュニアレッスン

この日は山本トレーナーが来場した日でした。

17.12.7.JPG


次回の地獄の総当たりシングルス

12月25日(月曜日)です。

1月4日(木曜日)

ミズノテニスプラザ舞洲で行われます。

お申し込みで全国から集まってます!

12月はあと

男子要項 あと3人です。

女子要項 あと3人です。


アスリート育成プロジェクトの体験募集です。

平日昼間に行っています。

まずはクリックください。


土日も強化練習をおこなっています。

対象は小学生高学年上位以上です。

クリックください。



アスリート育成プロジェクト

平日ジュニア強化練習募集


火曜日 小3以下低学年 開校中

木曜日 募集中・体験

金曜日 小学生     開校中

希望があればスケジュールを組みます。

毎週火曜日は3年生以下の部と

金曜日は小学生の部を開講中です。

費用 6700円

時間 9時から15時まで

会場 なぎさテニスコート 

   ハードコート

   大阪府泉大津市なぎさ町35-1


水曜日を除く日に希望の方はご連絡ください。

小学生低学年 高学年

中高生を募集しております。

詳しくはこちらをクリック


成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 7

筋力型(体幹型)って?


低学年から成績を上げてくるタイプの一つです。

強力な体幹を持っており体のブレがありません。

何もトレーニングをしていないのに筋力のあるタイプです。

また計測してわかったのですがWBI数値の高い選手にも

競技力の高さを認めました。

WBI数値の測定時の写真」

kishida6.JPG

体幹=お腹というわけではないのですが

ご両親のいずれかのお腹がズン胴タイプに多いです。

なので保護者のお腹をよく見ます。

どんなに定位が優れていても識別が優れていても

筋力不足で体がグラグラでは競技になりません。

またジュニア初期の競技特性もサーブとリターンと1〜2本で

終わるところから器用さが活躍できる場が少ないので

テニスって陸上競技要素が強いのでは?と思ったのは

このことからです。

ただこのタイプですが私の推測です。

18歳以降成績を下げて来ているのではないかと見ています。

また、14歳以降でも柔軟・腱反射型や筋力型(体幹型)が

成績を下げるパターンが決まっていて

日を改めて書き上げます。


次回/ガムシャラ練習量型

実は奥深いデーターがあります。

多くのジュニアの練習時間を測定して解ったことです。


今日の写真/明日も低年齢アスリート育成コースです。

賛否両論あるガムシャラ練習量型ですが

低年齢から練習をして来たジュニアが多い。

そこで時間をアンケートで収集し中学までの流れを

観察して見た結果・・・次回に続きます。

17.12.3.JPG






















次回の地獄の総当たりシングルス

12月25日(月曜日)です。

1月4日(木曜日)

ミズノテニスプラザ舞洲で行われます。

お申し込みで全国から集まってます!

12月はあと

男子要項 あと4人です。

女子要項 あと3人です。


アスリート育成プロジェクトの体験募集です。

平日昼間に行っています。

まずはクリックください。


土日も強化練習をおこなっています。

対象は小学生高学年上位以上です。

クリックください。



アスリート育成プロジェクト

平日ジュニア強化練習募集


火曜日 小3以下低学年 開校中

木曜日 募集中・体験

金曜日 小学生     開校中

希望があればスケジュールを組みます。

毎週火曜日は3年生以下の部と

金曜日は小学生の部を開講中です。

費用 6700円

時間 9時から15時まで

会場 なぎさテニスコート 

   ハードコート

   大阪府泉大津市なぎさ町35-1


水曜日を除く日に希望の方はご連絡ください。

小学生低学年 高学年

中高生を募集しております。

詳しくはこちらをクリック

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

リンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ