2011年5月アーカイブ

勝てない時の痛みと挫折

選手も保護者も負けが続く時の落ち込みは痛い程解る。
もう何年そんな事を続けただろうか?
上達は波があります。
しかし、ジュニアなんて下降なんてありません。
絶対に身体は成長しているんですから。
なせ勝てないのか?
もっと計画をして何が不足しているのか?
それを理解させたとしても
先に心が折れてしまう。。
勝つ波に乗せる事は難しい。。
そんな選手/保護者と真剣に考えあえる関係にありたいと願う。

今日の写真/もう無い、バークレーの木
久しぶりに見に行ったら木が全部切られている。
夏は私たちをやさしく守ってくれた木!
ありがとう!
バークレーの木たち。。。
IMG_1194.jpg

全国レベルを達成する為に!

最初に、このシリーズは小学校低学年から頑張る

テニスエナジーのジュニアを対象としています。

高学年を対象にしていません。

また、テニスに詳しくない保護者主体で書き上げてます。


第3章 ショット別/サーブ

ファースト早くてセカンド確実に。。ではなく

セカンドからでもエースが狙える破壊力は必要だろう。

ダブルファーストにせよ!というのではなく

ダブルファーストでもできる度胸と威力が必要だ!

威力とはいっても自分の身体能力のマックススピードが

引き出されている状態を作れる事であり、決して

ビッグサーバーがいいというのではない。

グッドサーバーになればいい。

その為にはあらゆる球種のマスターは急務だが


まず、エナジーでは

叩き込めれるハートを作るサーブを作っている。

つまり2本目もファーストと同じで打て!という命令だ!

いつも私が試合に出る時に課す課題の一つでもある!

目的は度胸と自信である。

だから、常にピンチであったし良く負けた。

しかし、ピンチでも仕掛けられるハードは絶対出来る!

入れに行くな!おそれるな!叩き込め!それがサーブだ!

それがメンタルを作るんだ!


そういっても。。こんな保護者がいた!

コーチの言う事は聞くな

きちんと入れに行きなさい!


この保護者は何の為にエナジーに来てるのだろうか?

ようは、親が子供の勝利を味わいたいだけではないか?

もういませんが。。。


今回の内容で理解頂いたかもしれないが

「全国レベルを達成する為に!」のシリーズは

ようは毎日している練習やアドバイスの意味を

保護者に理解頂きたいのが目的なんです。


今日の写真/トレーニングの編集

1試合24本のダブルフォルト!が最高記録!

あるジュニアに2本のファーストサーブで試合をさせていた。

1試合に24本のダブルフォルト!という記録がある。

でも、身長は伸びるし絶対入るようになるんですよ!

そして身体を作ってどんどんスピードを上げないと。。


また、見ている一般の方は

錬成会のホームページも見てください。

http://www.energy.jp/ren/

「地獄の総当たりシングルス」に出ませんか?

ジュニアの方の場合は人数規制を設けてます。

希望の方はご相談下さい。

IMG_1309.jpg


号外 地獄の総当たりシングルス!

今日は、大人の試合である「地獄の総当たりシングルス」に
キョウヘイとリクイを送り込んだ。。
以前、ナルダがほとんど勝てなかった宿敵に
初対戦でキョウヘイが6−4で勝ったのだ。
元、某大学の体育会だけあってしっかり打ってくる。
相手の上手さと強さにキョウヘイの良い所が引き出された感じだ。
しかし、次になるとしっかり打って来ない選手には
ボロボロとなってしまう。。
まあ〜ジュニアによく見かけるタイプだ。。
自分のペースのコントロールを覚えるには
両極端な異なるリズムの選手と対戦するとよくわかる。
ましや大人はミスしないから
学べる部分も多い。
確かに勝てる場面は少ないが勝つ事よりも
なにか目標を立てて対戦するのが何か糧が得られる
そして8試合も出来る「地獄の総当たりシングルス」は
最適の練習の場ともなる。

今日の写真/地獄の優勝者
兵庫の村上選手が優勝した。
けっこう、このブログは一般の方もご覧頂いているようだ。
今日も、ジュニアの優勝おめでとうございます!とか
いつも見てますよ!面白いです!とか
お声をかけて頂きました。
是非、ご覧の方は「地獄の総当たりシングルス」へ
http://www.energy.jp/ren/
IMG_1306.jpg

号外 個人で計画して行く事。

決定ではないが、すでにあるジュニアは大まかに

大体どの系列の学校に入って育成を何処に任せて

どのような活動をするか?

など、将来の進路の青写真が出来て来ている。

そして、それに向かってどのような課題を行って行くのか?


別に必要ないという人もいるかもしれませんが

それは各家庭の自由として

テニスエナジーは個人対応を基本としています。

なので、遠慮なくメールで御相談くださいね。


外部の方も解る範囲ではお答えさせて頂いてますが

あまり深い内容であれば責任があるのでお答えしかねる場合もあります。

来週も四国から御相談に来てくれる保護者もいらっしゃいます。

地方では情報が少なく指針にお困りの方が多いようです。


エナジーの元総本山は和歌山の山奥でした。

そこで集めたジュニア達で全国に行きましたしプロも出ました。

それは、私自身海外のジュニアのレベルを

見て来たイメージがあったからだと思うんです。

米国の10才以下のキッズがダブルスで平行陣や

アイフォーメーションまでやってるのを見て

それがロブも抜けないのを見れば。。

※日本人のキッズと体格は同じ!

カルチャーショックでしょう!

上を見てるから何処まで教えれるのかが解ると思うんです。


個別で自分を見て個別で計画して行こう!

その相談であればいつでも待ってますよ。。


今日の写真/トレーニングを指導するジュニア

先輩ジュニアが後輩ジュニアを指導する。

エナジーでは当たり前の光景です。

※コーチが見本でけへんのやろ!と

 言われてますが当たりです!

でも、教える事で再認識出来るし

空手なども段を取れば後輩指導は義務だった。

※昔の極真会ではそうだった。


明日は地獄の総当たりシングルスの一般が舞洲で行われる。

実は一部ジュニアも参加する。

地獄へのアクセスはこちらまで

http://www.energy.jp/ren/

IMG_1238.jpg


全国レベルを達成する為に!

最初に、このシリーズは小学校低学年から頑張る

テニスエナジーのジュニアを対象としています。

高学年を対象にしていません。

また、テニスに詳しくない保護者主体で書き上げてます。


第2章 エナジーが考える全国で通じるテニススタイル

書き出せば沢山ありますが

一言にまとめれば、速い展開が出来る事

または速い展開に対応出来る事

それにつながるショットやテクニックを持っている事

12才以下でよく見られる繋げるだけの遅い展開や

ストロークだけの展開しか見られないのでは

14才以下になった時、何を指導していいか解らなくなりますし

ストロークしか出来ないジュニアへ急にネットプレイを指導しても

浸透しにくいのです。


よく粘り強く遅い展開で賢く勝つプレイヤーも存在しますが

彼達だって強いボールが打てない訳でもないし

ネットプレイが出来ない訳ではありません。

彼らの個性の関係上そのようなスタイルをしている訳で

表面だけを真似るのは危険です。

※ストローク主体のナダルがボレーヘタな訳ではないし。。

嘘だと思えば粘り強いスタイルの選手は

いかに早い展開に持ち込まれようと上手くかわす技術

つまり速い展開に対応出来る事が、出来ます。


だから、ネットダッシュからサービス&ボレーなど

速い展開の練習を結構頻繁に練習に入れているのはその為です。

中には「ネットプレイなんて低学年では無理だ!」

ダブルスなんかさせないでもっとシングルをさせてくれ!

思われている保護者もいるかもしれません。

全部ネットダッシュさせている!(笑)などは、

そんな考えで練習を組んでいるのでご理解くださいね!


今日の写真/身体作りはハイハイから

トレーニングといえば筋肉トレーニングのイメージがありますが

動き作りや姿勢、柔軟性なども立派なトレーニングです。

生まれて始めてする運動はハイハイなんですが

この時期の重要性が体幹に影響してきます。

だからワニ歩きと呼ばれる運動など行うのです。

それとトレーニングしても身体は食べたものからでしか

作られないんです。

好き嫌い無くしっかり食べて、しっかり寝る事!

IMG_1305.jpg

号外 テニスコーチ業界の方針

先日のコーチの相談の続きだが。。

日本テ○ス学会という団体があり

もう10何年前だろうか?

私が聞いた内容は 発表したコーチが当時

もう廃刊になったテニス雑誌の「テニス技○の嘘?ホント?」

とかいう記事で人気があった経営者コーチだった。。

600万の年収を一般スクールコーチに払えるようにするには?

という内容だったが、結果

「年が来たらリストラする」が、答えであった。

それが学会の発表だった。。


コーチ達へ、、少しは気がつけよ。。

大手でも継続率と充足率の下がるコーチは減給対象とし

除々に肩たたきが来て経営者は自然退職を待っている事を。。

そして安い給料の若いコーチの入社を心待ちにしている事を


また、ある経営者は自分が好きに行動したい為に

※自分が有名になるため?自由が欲しいため?

売上の上がる現場で利益を上げさせ

自分は自由に行動している事を。。


言いたい事は

自分自身に投資して自分が力をつけないとダメなんだ!

組織で働くには支配人にならないと稼げないし

数字を上げないと肩叩きが、そのうちにくるんだ。。

それはどの業界も同じだと思う。

だから勉強しないと。。。


今日の写真/ボール集めするジュニア達にいう

社会に出れば必ずノルマは課せられて

それを達成しないと居場所(クビ)がなくなるのだ。

今月100万の売上を達成したら翌月は110万になり

達成できないとボーナスは出してくれないばかりか

給料は減らされる。

そして110万の売上を達成したら120万に上げられる。

そして120万の売上を達成したら130万に上げられる。

そして130万の売上を達成したら140万に上げられる。

そして150万の売上を達成したら160万に上げられる。

その人生は定年するまで追われ続くのだ!

これが現実問題なのだ。。君たちの待っている未来なのだ!

頑張って物を売るしかないのか?

そうならない為にはどうすればいいだろうか?

IMG_1237.jpg


号外 コーチとの信頼関係とは?

信頼関係とは私は人と人との時間的歴史?

で作られて来た場合が多いです。

1年より2年!2年より3年!

それが、お互い何処まで突っ込めば良いのだろうか?

という深さに繋がっていると思います。

友人でも学生時代の友人に話せる深さと

就職後の友人に話せる深さと

やはり違うものがある。。


信頼関係を解りやすく説明すると

中高生の女子選手が

「コーチ!今日生理になりましてん!」という!

コーチが

「そうかあ~、じゃあ練習メニューかえようかあ~」

こんな関係ではないでしょうか?


確かに生理の事も話した事もない選手が卒業後でも

「メルアド変更しました~変更おねがいしますう~」

という、たわいもないメールが来ますが

ある意味仲良かったんですが

別に仲悪くないですよ。。。

仲いいし楽しくしてますよ。。

しかし、それは本当の信頼関係だったのでしょうか?


保護者も同じだと思います。

私に気を使ってくれて

「これを言えば失礼かな?」

コーチも同じで

「これを言えば失礼かな?」

この関係では信頼関係と言えないと思うんです。


信頼関係は長い時間で培われます。

あるプロ選手のジュニア時代の場合、

レッスン料が払えなくて

出世払いでサインしてレッスンを受けてました。

家庭に財力がなくても

必死さと選手に魅力を感じれば人肌脱ぐ大物コーチは

実は多いんですよ!

※大物コーチはレッスン料で生活していないですから。。

 自分で育てたいジュニアを選んで育てられる。


また、ある選手に電話した!

「そこの学校は退学した方がいいよ!」

その選手は即!学校を辞めて別の環境に移行し

現在はプロとして活躍している。

そんな事をそこまで突っ込んで言えるかどうか?


そこまでつっこんで会話できる関係が

何人廻りにいるでしょうか?

それが魅力作り/信頼関係ではないでしょうか?

それは積み重ねた人間関係の積み重ねです。

お金のある人はお金で環境が買えるようですが。。


今日の写真/ダイアゴナルバック

どこでも行っているトレーニングの一つだ。

体幹をしっかり鍛える事が

ハードヒットも連発の確立を高める!

みんな!足が伸びてないぞ!

ハードヒットしていれば、そのうち入る?は

根拠のないチャレンジなのだ。

IMG_1270.jpg


全国レベルを達成する為に!

最初に、このシリーズは小学校低学年から頑張る

テニスエナジーのジュニアを対象としています。

高学年を対象にしていません。


第1章 全国上位者の共通点

私のクラスにいて日本一になった何人かの

選手と保護者の特徴ですが

すでに海外の選手と戦う事を前提にしていると言う事を

小4あたりで保護者の会話では見受けられた事である。

会話内容は「中学では英語を完璧にして

高校で海外の試合を廻らせて!」という具合だった。

最初からの目標設定が高いので

それに対して今の現状を把握し対策していったという

足取りであった。


昔から全国大会出場メンバーをみていても

まず!1回戦突破を!と考えている選手と

絶対上を食ったるんや!と考えているメンバーと

確実に別れていた。


それは常日頃の意識設定の違いではないだろうか?

まず、出来る出来ないは関係なく!

全国で優勝するのはどうすればいいか?という目標を立てて

それに対して何が出来ていないか?

という計画を立てる事が大事ではないだろうか?

考える事はタダなのだ!

だから考えることから始めて欲しい。


へたくそなジュニアと保護者でも

「日本一になるにはどうすればいいですか?」

位の事をぶつけて欲しいものだと思う。


今日の写真/じっくり身体を作る事が大事

この動作がサーブの向上に役立つものである。

想像つかないだろう。。

IMG_1276.jpg

号外 ジュニア活性化ではテニス人口は増えない。

テニスエナジーでは「地獄の総当たりシングルス」という

試合を毎月行っている。

多い時で70人は集まっていた時期もある。

月刊スマッシュの記事を執筆していた時

参加者などのアンケート統計なども発表した事があるが

記事とは関係なく、草トー参加者に

「何才からテニスを始めたか?」

というアンケートを半年間収集した事があった。

結果は93%だったと思うが、大学生以降という数値である。

つまり、ジュニア時代からテニスを続けているのは

7%以下で、その7%も数値は残っていないものの

大半が高校からか軟式からの転向者である。

主婦のダブルスのアンケートに至っては

ジュニア時代からの経験者は皆無であった。


あるインカレ選手に出場したという銀行マンに

「現在テニスをしているか?」と、聞けば

お楽しみテニスなどはしたくないし、

かといって本気でも出来ないという。


テニスとは違って陸上のトップアスリートだった

主婦に聞けば「マラソンなんて楽しんで走れない」

という。

つまり、アスリートの世界に足を突っ込んだ選手は

※本気で強くなりたいと勝負の世界に踏み込んだジュニアは

大人になってから

生涯スポーツとして受け入れられない人が多いのだ。


私の指導した選手も成人して一部を除き

みんなラケットを置いている。

しかし、今もテニスは愛しているし、

子供にはテニスをさせたいという。


テニス人口を増やすにはプレイ&ステイを

大人から導入しプレイの楽しさを

普及させるのが良いと思う。

プレイ&ステイ=ジュニアの身体に合わせただけの

指導法ではない。

根本はゲームベースドアプローチなのだ。

是非、インドアで今までと違った発想で行えば

1面で4つのコートで大人がプレイできるし

テニス人口増加に役立つのではないだろうか?


また、外国と日本とではスポーツ感が異なる。

海外で成功しているかもしれないが

プレイ&ステイでジュニアから

日本のテニス人口を増やす作戦は

失敗するだろう。。と、私は観ている。。


今日の写真/月刊スマッシュの記事

私のアンケートなどが採用されて連載していた。

貴重な本にジュニアが私の顔に落書きをした!

IMG_1303.jpg

号外 テニスコーチという職業

ある不満を持つコーチとの意見交換で。。。


コーチの立場は大きく分けて2つだと思うんです。

自分看板を目指す仕事に魅力を感じ

自分のブランド作りをしているのか?

それとも、大きなスクール組織のコーチとして

組織の為にみんなと一緒に頑張っているのか?


私の場合、現場に立ってなんぼだし

勝たせてなんぼの世界なので一緒の芸能家業であると

自分に言い聞かせています。


別のあるコーチが語ってくれました。

私の祖父が全日本チャンピオンで

厳しい練習をさせられました。

それが嫌で楽しいテニスを教えたいんです!

そう語った彼はイベントや楽しい企画など

たくさん考えて楽しく仕事してました。

そして会社を大きくしようと頑張っています。


それとは別に、組織にいる事に疑問を感じ不平不満をいう

組織にいたくないなら勉強して自分看板を上げるべきです。

組織にいるなら組織に従うべきです。


そんな迷ったコーチが強化ジュニアを

担当すればどうなるのでしょうか?

競技テニスは多くの保護者が迷っている。

ある意味指針を求めている。

一流進学校を目指しながら一流選手を目指させたい!

※受験しながらITFを廻りたいなど。。

聞いていれば、やはり無理も多い

進学の先生も、その話を聞いて

「ものすごくスーパーな生徒ですね」という。。

だから、何処かで指針となるアドバイスが必要なのだ!


最近のコーチ達の話を聞いていて

組織の不平不満はぶちまけるのに

組織の安定に守られながら自由な行動を希望し

自分看板を上げたいコーチ?

そんな都合のいいコーチが指針をジュニアや保護者に

与えられるだろうか?

聞いていれば素晴らしい経歴と実績があるコーチは沢山いるのに


近未来はテニススクールのシステムが崩壊して行くと

私は予測している。

※駅前の大手カルチャー系インドアを残して。。

それに対応できるコーチは何人残れるのだろうか?


今日の写真/ジュニアのトレーニング風景

摩耶トレーナーの指導で正確にできているか

チェックを入れて行く。

みんな必死で着いて来てくれている。

コーチとは何年も先のレベルを見通して

アドバイスしなければならない。

つまり何年後先が大体見えるのだ。

IMG_1278.jpg

全国レベルを達成する為に! 序章

キミレンコが全国優勝しましたが
過去、全国優勝はこれで4回目です。
その他全国に出たメンバーは何人だっけ?
15人だったかな?
※テニスエナジー以前を含む
とりあえず、エナジー保護者に理解頂く為に
全国レベルを達成する為の目安をシリーズで
28日より更新しようと思います。

シリーズ 全国レベルを達成する為に!
第1章 全国上位者の共通点
第2章 エナジーが考える全国で通じるテニススタイル
第3章 ショット別/サーブ
第4章 ショット別/ストローク
第5章 ショット別/ボレー
第6章 ショット別/スマッシュ
第7章 プレイスタイルと理想ショットを会得するには?
第8章 過去のレベルから未来のスタイルの予想

今日の写真/ホームコートである泉ヶ丘テニスクラブ
大阪でハードコートが少なく行き着いた所が
泉ヶ丘テニスクラブである。ハードコート8面あり
オーナーの米沢コーチの御理解で借りさせて頂いている。
夏休みは早朝から特訓を行う予定で
外部からも練習は受け入れてますので是非来てくださいね!

当校の保護者が、
「このブログ読んだら、相当来にくいですよ!」と
助言頂いた。。確かにブログを読み返すと
相当覚悟しないと来れないチームのように見えます。。
しかしウェルカムですので、お問い合わせはメールを頂ければと
思います!
昨日も見学者が来られました。
聞くと、やはり外部受け入れしていないクラブのような
イメージをもたれてるようなのですが。。。
来れなくても御相談はメールで受けてますよ。。

また、過去に問い合わせ頂いた方のデーターが
消えてしまったので「連絡がきてないな!」という方は
もう一度メールを頂ければ嬉しいです。。

IMG_1297.jpgIMG_1299.jpg



本気で目指そう!

キミレンコが全国選抜のタイトルとった!
やるからには全国を目指して欲しい。
みんなも必死でやらないか?
自分が絶対全国にいく!って思わないとダメなんだ!
何をクリアすれば全国に行けるのだろうか?
各自課題は違うと思いますが
質問があればメールを入れてください!
今日も早速質問メールが来ました!
また嬉しい事はトレーニングをすすんで覚えようとしてくれる
保護者が増えた事です。
当校の保護者は本当に協力的で助かっています。
それを家でできるように頑張って欲しいことです。
トレーニングの仕方をネットで見れるように作ってるので
少々お待ち下さい。

今日の写真/ヨネックス社長からの電報
ヨネックスの社長からお祝いの電報を頂いた。
キミレンコがヨネックスのラケットを使用していたからだろう。。
また、キミレンコ母から聞いたのだが
何も言っていないのに
学校長から橋本市長まで全国優勝を知っていたとの事。。
凄い情報の早さだ!
IMG_1295.jpgIMG_1296.jpg


テニスエナジーの受講の仕方。。。4

1.アスリートを目指しコーチに全任

2.親が指導するが、わからない事は聞く

3.計画は親/自分が行い、

  エナジーは環境を模索する内の一つ

以上の3つの最後の1つ

「計画は親/自分が行い、

  エナジーは環境を模索する内の一つ」について

多分、他方を天秤にかけながらの方針だと思うのですが

別に当方は問題なく受け入れていますが。。

この場合、役割分担をはっきりして欲しい事です。

また、私の廻りのコーチはこのタイプの保護者の

受け入れ先が無いので、

今後の行き先は自分で開拓してください。という事です。

もう20年以上見ていますので

行動で保護者の方針は判ります。

この辺は無言の会話になるんでしょうね。。

この海は(テニス界)素人さんの考えでは

簡単に渡れないのです。航(わたる)には、

沸騰するくらいの意志と財力がないと無理でしょう。

もし財力がないなら

どれだけの協力者が、我が子に尽力してくれるか?

その魅力が無ければ無理でしょう。

私は力がなくとも全力を尽くしたいと思うのですが。。


今日の写真/トロフィーの重さ

銀で出来ているトロフィーは重い!

全国の賞状やトロフィーは別格です。

IMG_1300.jpgIMG_1301.jpgIMG_1302.jpg

号外/はるか彼方への挑戦!

ジュニアも保護者も競技テニスの道に入られて

気がついただろうか?

理想のテニス環境などない事を。。


理想のテニス環境とは

1.いつも切磋琢磨している仲間がいる!

2.いつも親身になって協力してくれる指導者がいる!

3.いつも練習できるテニスコートがある!


しかし、一時期にあったとしても常に人も時間も流れる。

結論からすればないのである。

◯◯クラブに行けば強いメンバーがいるから

そこに入会すれば練習できる!と思っていったら

希望のクラスには入れてもらえず

下のクラスに入れられて練習も満足出来ない。

それが現実なのです。


強くなっていったジュニアの特徴は

自分から(その家庭から)

自分にあった環境を構築して行った事です。


例に出せば

昔に担当していたジュニアで

ヒッティングは近畿大学の学生にお願いする。

技術は専門コーチにお願いする。

生活管理は保護者がする。

などが良い例ではないでしょうか?

よって、どこのテニススクールに通う?という

意味も無くなるのではないでしょうか?


私はテニススクールはもうしません。

逆に選手別の環境のコーディネートなど

そちらの方に興味があるのです。


選手育成を考えれば

テニスエナジーでも環境の枠にはめるには限界があります。

個別に環境を作って行く事が大事ではないでしょうか?


遥かなる挑戦!

きっと、個別対応でプログラムする時代であり

テニススクールに所属する意味はもうないのだと思う。


今日の写真/個別に身体を作れ!

みんな、身体の作りは異なる

各、個人を知って計画立てて

進んで行く事が大事だと思う。

近い未来、、

今のテニススクールのシステムは壊れる

そう思う

お遊びの空間スクールは残るだろう。。

IMG_1293.jpg

号外 刻まれる歴史!

歴代優勝者は優勝プレートに刻まれる。
過去に歩んだ選手の名前がある。
メールで、その選手の名前の横で写真とってね!
と、メールしてお願いした。
そして、キミレンコが写真を送ってくれた。

キミレンコの名前が刻まれたら
いつか次の選手が優勝すれば
キミレンコの名前の横で写真を撮らせるね。。
昔に、一緒に歩んだジュニアの当時が思い出される。
きっと、キミレンコと歩んだ記憶も
未来で思い出されるだろう。。今みたいに。。
110522_1518~02.jpg

号外! キミレンコ! 日本一決定!

キミレンコが、全日本選抜ジュニアで優勝した。
決勝は6−1 6−4だった。
電話で本人から報告があったが なんか暗い。。
負けたのか?と思ったのだが。。
自分の本来のテニスができなかったと
反省していた。
そうなんだ!次の事を考えて行かないと。。。
14才以下の試合を見て今のままでは勝てない!
そう感じたようだ。。

今日の写真/グランドでのトレーニング
今日は降雨によりレッスンは中止となった。
しかし、小雨を見計らったり
屋根のある所でトレーニングに励んだ。
来年の選抜に絶対出る!と決めて。。
キミレンコの後に続くぞ!
IMG_1292.jpgIMG_1283.jpg

号外! 全日本選抜いよいよ決勝戦!

キミレンコが遂に決勝まで上がって来た。
今日のお昼過ぎからスタート予定なので
きっと14時には報告できるかもですね。。
男子はタツがベスト4に残ってくれていて
同じ大阪として嬉しく思います。

決勝でたとえ負けたとしても
今後に繋がる負けであればよしです!
がんばれ!

今日の写真/未来の南米遠征に向けて
君たちがレッドクレーなどの大会を遠征する事を
想定してクレーでの練習はあるんです。
きっと誰かが参戦出来る力を着けてくれると祈って。。
IMG_1281.jpgIMG_1282.jpg


号外 全国選抜! キミレンコ決勝進出!

関西1位のさやと2位の対決になりました。
結果は、2ー6、6ー3、7ー6(6)
内容を聞けば実力は、まだまださやの方が上です。
チャレンジャーの立場のキミレンコの方が
精神的に楽だったかもしれません。
また会えば楽しくしようね!さや!

号外! 次の全国に向けて!

今日の練習はクレーコート(グリーンサンド)だ!
以前の環境であるバークレーコートも
ハードコート3面とクレー4面を保有していた。
やはりハードとクレーの両立が必要と考えている。
全国小学生がクレーなので戦い方も変わって来る。
だから、常に両方使わせておきたい考えがあるからだ。
そして1日かけてじっくり練習をさせて行きたいと考えている。

今日の全国選抜はいよいよ「さや」と対戦だ!
今まで全敗だったが。。。
さや!とキミレンコは、私が一緒に韓国遠征に連れて行った選手だ!
当時、10才以下韓国の全国大会で「さや」がベスト8
キミレンコがベスト16に入った。昔からの戦友でもある。
今、二人が全国の大舞台で対戦する!
どっちもがんばれ!どっちが勝っても祝福したい。。
結果はブログですぐアップさせますね!

今日の写真/クレーコート
サーフェスの違いを肌で感じて、
どんなタイミングで打てば良いか?
どんな球種を打てば良いか?
常にハードと比べて自分のテニスの幅を持たせるように
調整して行きます。
IMG_1230.jpg

号外! 全国選抜 キミレンコ! ベスト4進出!

第5シードを、6−1 6−1で破り ベスト4に進出しました!

テニスエナジーの受講の仕方。。。5

今回は1番目の

「アスリートを目指しコーチに全任」というもの

全て任せてくれるのは信頼してくれてありがたいが

「保護者の協力がないと」いう場合もある。


私の昭和40年代前後はスポーツといえば学校で

学校の部活にて指導者も先生であった。

保護者は指導者に一任し全てを任せていた。

しかしすでに過去のものとなった。


現代は指導者/保護者/選手の総力戦の時代に突入している。

よって、コーチ任せて保護者が何もしない。。

と言う事はなくなって来ているのだ。

コーチが付き合えるのはせいぜいレッスン時間の間であり

家族が選手と向き合える時間は遥かに長い。

保護者は栄養管理や睡眠/家庭内でのトレーニング

学校とのスケジュール管理など

行って欲しい事は沢山あるのだ。


もし、コーチに全任するとの考えの家庭であれば

コーチと話し合い役割分担をし選手の成功の為に

進んで動いて欲しいと願っている。


今日の写真/身体作りのトレーニング

折角、教わった事もやらなければ意味はない

勉強でも予習復習をするようにスポーツも同じだ。

しかし、子供は楽な方に逃げるクセがある。

家の中でも同じだと思う。

家の中でできる事は沢山あり、そんな努力が大事だ。

それを見逃さないのが保護者の役目の一つだと思う。

いくらコーチとは家、夜に各家庭を調査する事はできない。

小さな事の継続!継続は力なり!


テレビみながらゴロゴロしてないか?

ジュニア達!

IMG_1278.jpg

号外! 全国選抜 キミレンコ! 第1シード破る!

キミレンコ! 第1シードを6−1 6−2で破りました!

号外! 全国選抜 キミレンコ初戦突破!

キミレンコが1回戦 6−0 6−2で勝利した!
次は第1シードの選手と14時スタートだ。。
会場では「さや」の評判が高いらしい。
関西勢に頑張ってもらいたいものです。

テニスエナジーの受講の仕方。。。4

前回上げた

1.アスリートを目指しコーチに全任

2.親が指導するが、わからない事は聞く

3.計画は親/自分が行い、

  エナジーは環境を模索する内の一つ


2番目の

「親が指導するが、わからない事は聞く」から

過去の例を上げて説明します。

もう20年以上も前、大阪で一番強いジュニアが

コーチを探しているとの事で同じ左利きと言う事もあり

私が引き受ける事になりました。

基本は父親が毎日指導している。

ヒッティングは近畿大学の学生にお願いしている事。

ただ、一部解らない事があるからそこをお願いしたい!

と、いうものであったが、私も週1回しか時間が取れず

プライベートレッスンで行うものとなった。

最初、サーブの球種を増やす事が担当となり

試合の内容も明確に報告してくれて

この部分の改善とお願いしたい!とか

役割をはっきりさせていたのでレッスンがしやすかった。

結局、その年の 全日本選抜 全日本小学生 

全日本ジュニアの3冠を達成した。

肘を痛めた保護者が毎日見てもらえないか?と

話もあったが時間が取れず

やむ終えず他校へ移籍となったが毎年年賀状は出してくれた。

その後、テレビに出演が決定し

喜んでお母さんが電話で連絡してくれたこともあった。

大学も大活躍しプロにはならなかったが実業団へ就職後は

当時、本村剛一ら所属する北日本物産を抑えて日本一になる!


この件から伝えたい事は

役割をはっきりしておいて欲しい事です。

それにより効率の良い練習計画が実現できるのです。

最近、保護者が指導するケースを多く見ます。

私も一時娘を指導していましたが

楽しい日々でしたが多忙で長く続かず知合のコーチに

全任しました。親子の時間はかけがえのないものです。

今でもそのように感じます。

そのような家庭へはサポート役に徹して

見守りたいと願っています。


今日の写真/第3水曜日はトレーニングの日

外部ではトレーニングの重要性が理解されてない事が多い

しかし、本日当校の保護者がトレーニングを見て

「お金払うから毎週来てもらえないんですか?」との

嬉しい要望がありました。


浮世トレーナーの内容を私が見て

「これスペインドリルと同じやんかあ〜」

「これはサイドテューサイドと同じやんかあ〜」

「これやり続けばどれだけのスピードになるか判る?」

と、言えばボールを打つ練習と変わらない?

いや!それ以上と思わないだろうか?


保護者も見えて来たんですね!

これが大事だと言う事が!

今日も浮世トレーナーがトレーニング確認に来てくれた。

まず、正確に出来ているかが大事なんです。

この内容を完全に覚えてどんどん

レッスンの中に融合させて行きますよ!

IMG_1244.jpgIMG_1246.jpgIMG_1264.jpgIMG_1265.jpg


テニスエナジーの受講の仕方。。。3

どんなスタンスで受講するのか?

例を上げてみたい。

1.アスリートを目指しコーチに全任

2.親が指導するが、わからない事は聞く

3.計画は親/自分が行い、

  エナジーは環境を模索する内の一つ

大まかに分ければこうなるのであろうか?

私は、どれも反対もしないし逆に

はっきり役割を決めておいてくれた方が

仕事がやりやすい。

次回か3つの受講の例を具体的に

3回に分けて更新したいと思います。


今日の写真/ネットの取り外し

最近、ネットを外すというコートは少なく

特にクレーコートでのトンボの使い方

ブラシの使い方、ライン履きなど

経験がない人が多い、

特にクレーで面貸しで借りて、次の人に譲る時

ブラシとライン履きを知らないので

顰蹙をかう場合もあるので

マナーをきちんと覚えてもらいたいものです。

IMG_1233.jpg

テニスエナジーの受講の仕方。。。2

まず、読む方に理解して頂きたい事
テニスエナジーはプロ選手排出を目指しているのではありません。
商業施設としてお客さん商売しかなくなってきた
現代のテニス(スポーツ)業界の中でも
競技として目指す人達の為の環境構築を目指しているのです。
その背景からプロが輩出出来れば、、、
それは将来のお楽しみなのです。
だから、競技を目指すとすれな最終はプロと言う事になり
プロを作る為には!という極論から
話が入る事が多いのです。
だから、全員にプロになれ!といっているのではなく
頂点を目指す事の大変さ!これはスポーツ以外なんでもそうです。
それを知って欲しいという願いがあります。

最終的にジュニアもなんらかのプロになります。
料理のプロ? 販売のプロ? 設計士のプロ?
頑張る事はみんな共通です!
上手く伝えられないかもしれませんが。。。

今日の写真/スマッシュコートで練習!
月曜日は休みですが全国選抜出場する
キミレンコの練習に付き合いました。
なんと第1シードパッキンに入れられているのですが。。
面白いではないか!
第1シードを倒させてもらうぞ!
テニスエナジー最新鋭機/キミレンコ発進だ!
IMG_1235.jpg




テニスエナジーの受講の仕方。。。1

当校は長期プログラムを作り、それにのっとり

計画を進めて行きます。

しかし、全員計画が出来ているか?となると

出来ていない選手の方が多いのです。

プロになるジュニアは小学校5年生までに

「私はプロになる!」と決めています。

※過去のエナジーを振り返れば。。。

でも、大半が受験など、いろいろな問題で

一寸先に悩ましているのが現状でしょうか!

何回かに分けて当校の受講の仕方について

更新して行こうと思います。

それによって日頃伝えられない事

レッスン方針など理解頂ければ幸いと思います。


今日の写真/親子での練習!

他のスクールでは見られない光景だと思います。

保護者が勝ってにコートで子供と打ったり

ボール出ししたりしている。

あるスクールでは親の口出し禁止!

でも、エナジーの保護者は協力者なんです。

ボール拾いを速宣して協力してくれたり

私のレッスンのメモしておさらいしたり。

昨日もお父さんの球出しにコーチが

「今の強すぎるからもう少しゆっくり!」とか

注文付けたり。。「お父さん苦笑い!」

別の父兄は「どんな練習すればいいですか?」と

質問が来るので親子で出来る練習メニューを

教えています。

結果、結構効率よく進んで行くんです。

テニススクールというシステムでは

構築出来ない環境です。

IMG_1228.jpg


エナジーの練習環境について

私はテニススクールをする気はありません。

テニスエナジーはテニススクールではありません。

クラブチームです。

よって、何時から何時までのレッスンでなんぼ?

と、いうシステムとは多少違います。

日本のテニススクールはインドアで

楽しくする方が中心となると思うからです。

当校は、個別に対応しようと思う。

だから、運営の形がないんです。


今日の写真/大阪1位と2位の練習!

大阪2位の、さなちゃん!が来てくれました。

ダブルスパートナーだし1日試合をしてもらいました。

1日かけて試合したり!時間をゆったり使う事。。

お弁当食べたり、休み時間ははしゃいだり!

それがエナジースタイルなんです。

4面コートに10人いないんですから。。

IMG_1234.jpgIMG_1232.jpg


今日は対抗戦の日

T.Flagというチームと対抗戦を行った。
というより自由練習だったかな?
元気いっぱい頑張ってくれたようです。
私はプライベートレッスンで身動きがとれないので
内容は何とも言えないですが、
私は、T.Flagの高雄コーチは熱意があり
頑張って欲しいコーチです。
これからも熱いコーチでいてくれるなあ〜!
と、思えるコーチです。
これから、一緒に企画するとおもうので
期待してくださいね。

今日の写真/私のラケバ
これは自由に開けていじってもらっていいですよ。。
個人のガット張ったものもありますし
あと、グリップテープも必要であれば言ってくださいね。
それと、大阪ジュニアフューチャーズ 11U
なんか、集まって来ましたね。
IMG_1227.jpgIMG_1226.jpg


最近のブログについて...

何回か、更新してますが、
共通点は、せっかく頑張っているのに、結果か伴わない。
いろんな原因はあると思いますが、
ほんのちょっとしたイメージなどで
一気に好転する選手もいると思うんです。
その努力の仕方が、なんとなく
現代の社会人の仕事を見ていると
共通点が見えるのです。
人より汗を流して頑張る人は大好きです!
そんな不器用でも純粋な選手でも、
コーチ!優勝したで!
って賞状を持って来て欲しい。

今日の写真/レッスン中のボール拾い
今日は新球を出しましたが
さっそく場外へだしたヤツがいる。
ナツキング!すぐ探しに行け!
キミレンコが手伝いに参加した。。
IMG_1225.jpgIMG_1224.jpg

昔、いたテニスコーチ

彼は真面目であった。

一生懸命に仕事をしてくれていた。

でも、いつも結果が出ないのである。


1日5件は生徒さんに電話フォローしよう!

グリップテープなど小物は切らさないようにしよう!

事務処理は間違いなくしよう! と、

仕事は前向きで、常にメモをとり頑張っている

当然、遅刻などした事もない!


その彼に言った事がある。

「君はチェーンのかかっていない自転車を全力でこいでいる。」

彼仕事はいつも空回りなのである。

実はこんな社員は多いように思う。


私はスクール会場など任されて運営する立場だったので

スクールを上から見えるのだが

部下は下からしか見えないのだが

中には上に視線があって現在任されている仕事の

本質を理解出来る人材もいる。


空回りの社員は目前の仕事しか見えないのだ。

テニスの練習もそうである。

なんか目前の課題しか見えず空回りしていないだろうか?

それが将来、社会人になった自分にならないだろうか?


今日の写真/栂美木多駅まえの送迎車

17時から送迎車がクラブまで走っています。

あくまでも火曜から金曜日までです。

駅にファミリーマートがあります。

それを左に北方向を見れば

黒のステップワゴンが止まってますので

起こしの方はご利用下さいね。

IMG_0867.jpg

努力する事について

私は中学1年生の時、1年足らず剣道部に所属した事がある。

素振りから始まり一生懸命練習したつもりだった。。

始めた当初は毎日○00回素振りするなど

熱意もマンマンなのだが。。


今から振り返ると

剣道が好きなのではなく

友達より先に勝ちたかったのだろう。。


素振りにしても

頭の中では「素振り中の回数を数える事でいっぱいで」

とにかく汗だくになって振り回していた。

その結果、努力は

「頭の中で素振りの回数を数える練習」になっていたのだ。


見かけは頑張っていたと思う

頭の中身を観れば

私は「素振の回数を数えている」

上達の早い選手はきっと

「どうやって速く相手に竹刀を叩き込もうか?」

などを考えていたのではないだろうか?


一生懸命頑張っているジュニアは多い

でも頑張る焦点というかエネルギーというか。。

別の所に飛んで行っていないだろうか?

そんな習慣が社会人になって仕事の仕方に出るようにも

思えるのは私だけだろうか?


こんなブログを書けば

ずっと昔に私が書いた「才能とは何か?」なども

才能が実はあるのに性格的要素が邪魔をして

本来のスペック(性能)が出ていない選手が

多く埋もれている事なども訴えている。


目前で汗だくで頑張るジュニアを見て

本質は何処にあるのか?

そこを観て、さらに診て欲しい。

※みる 見る 観る 診る 

 漢字の意味を調べてみよう。。。


今日の写真/家の庭に出る門はバラを植えてある。

今日も練習できないのかなあ~と

寂しく外を見上げながら、

ジュニアは今、何してるのだろうか?

本当にテニスが好きなら苦痛もなく

普通にプロのDVDを観たり

家でトレーニングしているのであろう。

IMG_1219.jpg

テニスを好きになると言う事

前回テニスの練習と仕事の関係について

アップさせてもらったが、

ちょっと昔話を。。。


うちの社員にテニスオタクがいた。。

しかし専門学校で日本一になり、全日本ランキングも

その後110位いっただろうか?

当時、地方の国体選手レベルには簡単に勝ちますね。。


今から思えば、

常に放映されるテニス放送は録画して大事に保管してある。

それもいつ誰の試合を録画したか完璧に覚えている。

テニス談義しかしない。。

「白川サン!最新のリターン技術ってしってます?」

※当時、取引先も社員も全員、社長とは呼ばせなかった。

 私は社長になりたくてなったんではないから、、

 みんな白川サンと呼ぶ。。

そんな会話からしか彼からは始まらない。

今から思えば

彼は勝ちたいのではなく

強くなりたかったのだろう。。

そんな彼を見ていて私の過去を振り返り

きっと私は勝ちたかったんだろう。


テニスは好きである。

でも、エナジージュニアへ問いたい。。

君たちはテニスが好きだと思う。。でも

勝ちたいのか? それとも

強くなりたいのか?


今日の写真/夏に向けて大計画!

夏休みは早朝から晩まで練習三昧の日々を送る事になるだろう。

その計画が、もう始まっている。

ただし、体力的な事も考えて年密な計画をする。

一部、外部選手も来てくれているの。

本気で頑張るという素晴らしさ!

それを伝えたいのだ。

そこで、プライベートレッスンのお申し込みと同時に

滞在時間は必ず入れてください。

IMG_1218.jpg

仕事の本質とテニスの本質

あるスクールのヘッドコーチとの会話で

社員コーチの面接で「ジュニアがしたい!」というので

採用したのだが。。

ジュニアの試合に見に行こうとしない。


そのコーチは「手当が出ないから行かない」と

言っているそうである。


私にとって生徒はプラモデルのようなもの

いろいろ考えてレッスンして(組み立てて)

本当に試合している時はどうだろうか?

(実践で走っている時はどうだろうか?)

興味しんしんである。


自分の育てた選手が、どんなスペックになっているのか?

興味が出ないのか?

自然に足を運びたくないのか?

興味が出ないこと自体問題ではないか?


最近、仕事での愚痴のようなブログだが

仕事の仕方とテニスの練習も共通があると感じたのだ。


ジュニア達も

最初はテニスのプロになるんだあ~と元気いいのだが

フタを開ければ指示されて

いやいやトレーニングしてないか?

子供の行動が、そのまんま大きくなると

日当を支給しないとジュニアの試合を見に行かない

テニスコーチ(社員)になるのだろう。

それは、「テニスのプロになるんだあ~」と

「テニスが大好きだあ~」は違うのだ。

5/11のブログ「仕事の仕方とテニスの練習」で

「好きな物を売りたい!」と「出世したい!」とでは

焦点が違うのだ!


今日の写真/スマッシュコート

オーナーさんからも是非使って欲しい!と言われている会場だ

貴重なハードコートだけに今後も状況により使用して行こうと思う。

IMG_0521.jpg

仕事の仕方とテニスの練習

これはたとえ話。。。。

ある会社の社員Aさんが係長に昇格したい為に頑張っていた。

商品仕入から在庫管理まで一生懸命頑張りました。

パートスタッフを集めてのミーティング!

全て、自分がライバルに勝って先に係長に昇格する為の努力である。


別のBさんという社員がいた。

Bさんはそこで取り扱う商品に興味があり、

それを売りたくて入社している。

どういう風に仕入れするのだろう?

どうすれば利益が上がるのか?

購入した後の顧客はどうなったのだろう?

そんな事に興味しんしんだ!


どちらが先に係長に昇格しただろうか?

確かにAさんも真面目で仕事は頑張っている。

しかし、Aさんの目的は「ライバルに勝って出世する事」

Bさんは「自分の好きな商品を売る事!」

これをテニスの練習に当てはめたらどうだろうか?

今、勝つためにテニスを練習していないか?

自分のテニスを実現する為の練習をしているだろうか?

自分のテニスが確立されれば必然的に勝てると思うのだが。。


こんな考え方が、就職後の仕事の仕方に出て来るかもしれない。。


今日の写真/雨の泉ヶ丘テニスクラブ

今日も雨で中止となりました。

キミレンコが全日本選抜を控えて練習したいのに

どうも天候にじゃまされて思うようにできない。

IMG_1217.jpg


中学の部活動について

学校にもよるのだろうが、最近の中学の部活動は
私がある人から聞けば、バスケとテニス部を掛け持ちし
他の生徒もいろんな部活と掛け持ちしているという。
好きな時に、お気軽に参加できるらしい。。
別の保護者からは
美術部がマンガ部になっているという話も聞いた。
とにかく楽しくしたい!という。。
これってお遊びクラブになってないか?
本気で何かに挑戦する事は素晴らしい!という感覚は
もう古いのか?

今日の写真/足指体操!
最低、ここまでは足の指を動かして欲しい。
地面を掴む為に必要な要素である。
20110510210649.jpg

テニスのゲームが好きな事!

最近、エベッサンの快進撃が始まりました。

エベッサンはテニスのゲームが大好きです。

ゲームに、凄く興味を持っている事を感じさせられます。

エベッサンの次にゲームが好きなのは実はカイです。

他のジュニアは勝ちたいテニスを目指しているように見えるのです。

勝つ為にはどうするのか?

勝つ為にここを鍛えよう!

勝つ為に!勝つ為に!勝つ為に!勝つ為に!


確かに勝つため!が根底にありますが

ゲームの本質が飛ばされているように感じます!

こんなゲームがしてみたい!

こんなショットが打ちたい!


勝つことは未来の結果であり

こんなゲームがしてみたい!

こんなショットが打ちたい!とはその前の過程である。

こんなゲームがしてみたい!が実現すれば=勝つ

なのに、未来の結果である勝つことばかり意識が行って

こんなゲームがしてみたい!という

テニスを楽しむ事が欠落してしまったように思います。


もっと、プロがどんなボールを打ているか?など

動画サイトなど利用してプレイを楽しんで欲しいと思う。

つまり、ゲームに興味を持とうよ!

いい意味で遊び心を持とうよ!


今日の写真/赤いバラ

泉大津は潮の香りがいつもしている街です。

橋本に来ると森林の香りがします!特に朝はいい香りです。

そんな泉大津の家の庭ではバラが咲いています。

少し、ゆったり出来る時間は貴重です。

昼間はゆっくりしています。

IMG_1208.jpg

次! 何やらかすんですかあ〜?

| コメント(3)

まあ~今まで、よくいろいろチャレンジしてきました。

近年では

17面テニスアカデミー計画!    ボツ!

橋本10面アカデミー計画!     ボツ!

橋本パチンコ跡地4面アカデミー計画 ボツ!

パチンコ跡地コート計画が成功すればエベッサンが

一番喜んだだろうか?(笑)


その前は環太平洋アカデミー計画!

※吉田!ブログ読んどるだろ!

フロリダから韓国/中国など廻りましたが  ボツ!

しかしこの時の繋がりで韓国との交流が生まれました。


留学事業も行い何人か豪州の学校へも入学させました。

公立高校3年生が最後の1年を豪州留学!

そこで校長先生が理解してくれて単位を認め

日本の高校も留年なく無事卒業できたり


まだまだ挑戦してきましたが

赤字はないんです。

行動しただけですが、多くのつながりが出来ました。


知っている方は事情は御存知のようですが

ここ3年は諸事情で動けていなかったエナジーだが

今年も年内いっぱい動けそうもないのですが

次に向けて動く準備をしています。。

当然!海外への挑戦! それも格安で!


知人がまた、ため息を漏らしそうです。

しらかわさ~ん 次! 何やらかすんですかあ~?

またダメなんじゃないですかあ~?


今日の写真/休日の黄色いバラ

休みでも仕事の虫でパソコンに向かっているが

ふと、庭に出て休憩をとる。

基本、平日は夕方から夜だけ

土日は朝から夕方までビッシリのスケジュールだが

自分の為にも今は平日の昼間は時間を作っている。

次、何をしようか?

毎日、考えている。。今日このごろ。。

やっぱ、子供好きなんで!

きっと子供達と、はしゃぐ方法を考えている(笑)

やりたい事しかやらない性格なんで。。

IMG_1207.jpg




各家庭の考え方。

関東から知人のコーチを迎えての会話

いつも赤いスポーツカー(フェラーリ)で送り迎え
新しいウエアは使い捨てでゴミ箱に、、
新品のウエアを脱いだらゴミ箱に捨てるのだ。
つまり、新品しか着た事がないのだ。

そこの家は、そこの家で方針があるんだろう。。
それに、意見は必要ない。
何が正しいか解らないが
そこの家庭の考える根拠があるのだろう!
もう、通常の考えでは対応出来ない時代となった。

今日の写真/きれいに咲いたバラ
実は5年前のもの、家内が撮った写真
家族がなくなっても
今もきれいに咲いている。
DSC00356.JPG

君は今!勝たなきゃだめなんだ!

このブログは、あくまでもその日にあった保護者の会話など

フォローの意味で書かれていますので

外部の方を対象にしておりません。


以前に書いた「今、勝たせたくない理由」

というタイトルのブログがあったが

もっと大きいものを目指して欲しい気持ちで書いた。

今!勝たなくていいとコーチに言われれば

その根拠を理解すべきだと思う。


しかし、根底には「勝つ為に!」が、あるのである。


私の小学校時代は柔道でした。

当時、自分で選択できる程、スポーツはあるません。

しかし団体戦ですが県大会で優勝し

全国大会で日本武道館に行きました。

私の所属する「真導館柔道場」は

学年別で6学年中4学年制覇する強豪チームでした。

勝つ為に遠征や、鮮血に染まる戦いがありました。

しかし、その後は誰もオリンピックには行っていません。

でも、あの頃、会場に入るときは意気揚々としていました。

深い思い出が沢山残っていますし

あの頃の幼い小学生なりのスピリッツが

現在の自分を支えているんだろうと思います。


近年のテニスの風潮で、低学年で勝つ事は

将来のバーンアウトだの、伸びないなどの

情報が氾濫しています。

それは間違いではありません。

しかし、勝つ事を求めて大丈夫な家庭も

困惑させている事も事実です。


そこで勝つ事に根拠があるのであれば

勝つ為に集中すべきです。

廻りの情報に流されずに!


今日の写真1/ハードボールでエベッサン優勝!

昨日のサテライト準優勝に続き今日は優勝した。

今、勝つ為に全力を尽くすと保護者とお話しした。

それは今、勝つことを目指す根拠があるからである。

逆に今、勝たなくていい場合も根拠がある。

IMG_0827.jpg

















今日の写真2/私が高校時代から着ているTシャツ

これと同じデザインのTシャツを着ていると言う事なのだが。。

このデザインのルーツを知っているだろうか?

IMG_1206.jpg



















今日の写真3/自宅のバラが咲いた!

黄色と赤のバラが咲くのだが少し続つ

つぼみを開いている。

IMG_1201.jpg


保護者はみんな悩んでいる。

テニスを本気で頑張らせたいと願う保護者は
全員、何年もテニスジュニア界を見て来たわけではない。
近年は少子化で一人っ子も多く、
今後、指針となる情報がないので
どうして行こうか?悩んでいる人が多数を占める。
どうして良いか解らないから
大阪ランキングなど指針としての参考にして
それを基準にして進学をどうしようか?と
悩んでいる。
進学はどうすればいいの?
でもテニスはさせたいし勝たせたいし.....

昔から受け持つジュニアの保護者のニーズも
世界か? または中体連? 高体連?
いろいろな保護者がいらっしゃいます。

中にはランキングを目安にして判断する保護者を
苦笑するようなスクール?コーチ?の意見もあります。
でも、みんな解らないから見える情報に
頼るしかないのでしょう。

じゃあ!誰の意見を聞けばいいの?
となれば、自分の確信が持てる方法を選ぶしかないでしょう。
初心者の立場になれば、誰に何と言われようとも

大阪ランキング/それはテニスが解らない保護者にとって
唯一の目安になっている事は確かなのだ。
テニス初心者の保護者の方が多いのだから。。

だからといって、ランキングを重視して欲しい!
と、言っているのではない。あくまでも目安だからだ。

今後、テニス経験者に助言されるだろう!
「大阪ランキング?そんなん気にしてたらあかんで!」
この助言は間違いではない!しかし
自分が一番行動しやすい判断を選ぶべきである!

今日の写真/バークレーコートの後ろ!
夏は涼しく、くつろげたコートである。
6月1日がコートの最後?
IMG_1192.jpg



高校から勝てるテニスを目指す?

このブログは、あくまでもその日にあった保護者の会話など
フォローの意味で書かれていますので
外部の方を対象にしておりません。

本日、保護者との会話で出て来た言葉である。
「今、勝てなくても高校から勝てばいいんや!」って
良く聞くんですけど〜 コーチどう思います?
答えから言えば、ちゃんと計画すればいいんですが。。。

まず、高校で勝てるテニスとは、
1.何処の高校に入るの?
この問題が大きく立ちはだかりますね。
無名の高校に入学して個人戦で清風高校のトップに勝つ!
というのは過去にはありませんから。。
どっか切磋琢磨できる強い高校に入るんでしょうか?

のようなイメージが始まって同年代で高校のトップで
活躍する可能性がある選手をピックアップしてみよう。
「今、勝てなくても高校から勝てばいいんや!」と
考えている選手が現在14才以下と想定すれば
16才までにソラや荒木クンやモッチーに
匹敵する力を目指す事ですよね。。
不可能とは言わないが、
無計画で匹敵できる力を着けるなんて想像出来ない。。

今日の保護者との会話での結論は
「今、勝てなくても高校から勝てばいいんや!」を
言い訳にしないようにしよう!
「今、勝てなくてもいいんや!」と、いう事は、
目指すスタイルを確立する為のリスクを理解しての考えである!

今日の写真1/これが最後のエナジーの木の下のくつろぎ。。
練習の休憩はいつもここである。
真夏でも涼しくて選手達の体力を回復させてくれた。
IMG_1187.jpg


























今日の写真2/エベッサンの弟!いくちゃん!
先日、エベッサンがサテライト神崎川で準優勝した!
弟のいくちゃんも少しづつ準備されているぞ!
ゲームベースドアプローチの導入!
そして動体操作と胴体操作の構築。
低学年だからこそ多くの事が盛り込めるのだ。
IMG_1181.jpgIMG_1183.jpg




日本に後一歩頑張る環境があれば。

日本は沢山チャレンジできる宝庫なのです。
いろんな習い事があり自由に選択できる。
正直、テニスすらできない国の方が多い。
至極恵まれていると思うのです。
多くのジュニア達が強くなろうと挑戦しているが
世界第2位のテニス人口と言われるが
インドアスクール生で試合をした事がない
テニス愛好家が占める割合が多く
テニササイズ化している事。
土日など競技を目指す者にとって
肝心のコートがない事。
これでは、頑張りたくても頑張れない。

今日の写真/バークレー最後の片付け?
テニスネットを外してたたみます。
そしてネットを越えたボールを拾いに
田んぼに行きました。
そんな事も5月5日で終了しました。
IMG_1188.jpgIMG_1189.jpgIMG_1190.jpgIMG_1200.jpg


バークレーコート最後のプレイ

6月1日より撤去工事が開始するらしく
本当に最後のプレイとなりそうだ。
地主さんのご好意により、テニスコート使用を許可頂いた。
5月3日から5日の3日間、
兵庫や大阪市内からも外部選手が訪れてくれた。
情報を聞きつけた新聞社の方の取材もあった。
ありがとう!バークレーテニスカレッジ!

速報! エベッサン!サテライト神崎川で準優勝!
エベッサン!が、やってくれた!
最近、急上昇で伸びて来ている!
やるなら全国だな!
近畿大会出場も少しづつ射程距離に入って来た。
波に乗れて来ましたね。
そう!この波に乗せるのが難しいんですよ。
でも、本人がんばったんだから!
これからも頑張れ!

今日の写真1/バークレーの風景
最後のプレイ。兵庫の翼くんも参加頂いた。
IMG_1184.jpg
IMG_1185.jpg






このブログは受講者対象の情報です!

保護者といろんな会話が生まれて来て
その中で各家庭で悩む事も出て来ると思う。
そのフォローで書かれているので、ある意味では断片的で
そのまま捕らえると外部の方には誤解となるだろう。

先日も保護者に必ず成長過程で手遅れな部分について話をした。
つまり幼少から学ばなければならない事を欠いて行けば
手遅れな部分が沢山出てくるんです。
突き詰めれば、生まれてからのハイハイをきちんとできたか?
母親の母乳で育ったか?などの所までさかのぼります。
そう考えれば誰でも欠けた部分を持っていると言う事。
身体能力で欠けた部分や、どうしようもない部分は必ずある。
そのような会話の中から「手遅れな部分についてはご相談下さい。」
と、ブログにアップしたが、これは
上記のような会話をした受講者対象である。

ところが、外部の方が断片的に、その文章を読めば。。
「手遅れなら、あきらめられるんや〜」と、
捉えれるかもしれない。
また、一部外部の方も御相談があったり訪れてくれる方もいる。
昨日も今日も明日も、遠方はるばる外部から練習に来てくれる。
そんな方々へのメッセージも含められる場合もある。

最近のブログで知って欲しい事は「内部の方へ」
1.近年のジュニアテニス事情を知って欲しい。
2.選手の現状を直視して欲しい。
3.現状から目をそらさず向かって欲しい。
4.どんな努力の仕方があるのか?
こんなところでないか?

今日の写真/テニスエナジーの木!再び!
レッスンの合間に木陰で休みサイボンさん。。

先日、和歌山登録のオレンジマンのレッスンにて
私が伝えた事。。
君のカテゴリーで一番強いのは宮井クンだ!
体格から何から勝てる要素は全くない!
でも勝たなくてはならないのだ!
どうすれば勝てるのか?本気で考えろ!
目を逸らさず自分の出来ない部分を直視し
それに対してどのように対処するのか?
私は考えられる全てを伝えた。
コーチは本気で宮井クンに
勝てるように考えているのが理解出来ただろうか?
今勝たなくていいねん!では遅いのだ!
全力で挑戦し絶対勝つのだ!
※優!ごめんね!悪気ないからね(笑)
IMG_1178.jpg


ここ10年の低年齢化の傾向を見る。

テニスエナジー創立は平成7年3月なので16年前
その当時小学生で試合が出来始める目安が3年生くらいだった。
一番最年少大会が9才以下だったと思う。
現在を見てみよう、8才以下など普通に聞くし
小学校1年生2年生プレイヤーも耳にする。
当時は全く聞かなかった。
つまりプレイが可能な低年齢は着実に増えている。

あくまでも近畿での話だが
保護者から聞く話ではここ十年みても
10才以下のメンバーで次期12才以下で
トップになるだろう候補が予想され
それは、まずはずれていない。

今も次世代12才以下のトップは予想されている。
つまり4年生の時期で、この候補に入っていないジュニアが
近畿府県内の1位になる事はまずない事実がある。

話は変わるが関西でプロを輩出するコーチと電話で話す機会があった。
言われた事はこうだ!
「私は低学年で試合に出る事は無意味だと思ってるんです!」
しかし、そこから出たジュニアは低学年から
優秀なコーチに付き低年齢から有名なジュニアだった。
矛盾する言葉である。

つまり、低年齢化しているのである!

そしてプレイ&ステイの登場!
これは低学年からの普及ではないのか?

小さいうちは勝たなくていい!
私は賛成だ!しかしコーチのいう
「小さいうちは勝たなくていい!」と
保護者の「小さいうちは勝たなくていい!」の
捉え方のイメージにかなりのギャップを感じる。

結果を見れば今のランキングを見れば良い
そしてトップのジュニアはいつからトップだったのか?
調べれば良い!それが答えなのだが
それはプロのランキングにも言える。

今日の写真/テニス雑誌のタイトルになったコート
テニスジャーナルのある記事の1面に出た事のある
バークレーのAコート!
たった3日間の復活だが盛況だった。
IMG_0914.jpg


保護者のできる環境作りについて

勝っているジュニアの家庭では
家に帰っても、年齢に合わせたトレーニングを行っている。
また、そのような環境を作っている。
また、栄養管理もカロリー計算までしている所はしているのだ。
レッスンまで栄養摂取のタイミングも考えている。
勝っているジュニアはそこまでしているのだ。

家庭内でトレーニングできるようにしよう
そのためにはメニューを組んで壁にでも張りつけ
きちんと出来ているか確認しよう!
内容はコーチが伝えている通りである。

栄養の本を買って勉強しよう!
摂取するタイミングを生活スケジュールに合わせて作ろう。

睡眠時間も同じである。

やっている家庭は低年齢から開始されているのだ。
※一年生から!

近年はもっと低年齢化している。
プレイ&ステイがその象徴だろう?

次回/ここ10年の低年齢化の傾向を見る。

今日の写真/1ヶ月ぶりハークレーコート再び!
大阪の他校からも懐かしんで来校頂きました。
朝8時から5時までプライベートレッスン満員です。
2面のコートは自由解放でみんな頑張っていました。
IMG_1177.jpg




号外/選手の上達ペース!2

前回にアップした内容や今までのブログは
受講する皆さんに無意味な心配はして欲しくない!
という事である。
毎日練習するからこそ右肩上がりではないんです。
必ず誰でもスランプがありプラトーがある。
まず、成績がでない本人が一番焦っているわけで
廻りが取り乱してどうするのだろうか?

また、伸びないと才能がないのではないか?と思うのだろうが
何を根拠にそれを思うのか?
その為に「才能は作れる!」などのブログを書いたのだ。

しかし、望むレベルと現実は違う事は多いのです。
各自ペースが違うのです。

毎回毎回
勝てるように思えないんですけど!
才能ないんじゃないですか?
本当に伸びるんですか?
もうやる気ないんで辞めさせます!
など、20年聞いてきましたが。

自分のおけるスペックから何処でピークを持って行けるか
計画すればいいのではないでしょうか?
正直、スタートにおいて
目標に対して手遅れのジュニアも毎年います。
この辺は個人的に相談受けますのでメールくださいね。
※受講者のみです。

今日の写真/泉大津の街並
ここの街は海岸沿いなんで潮の香りがするんです。
久しぶりに夕方に散歩しました。
IMG_1172.jpg


号外/選手の上達ペース!

面白いブログを紹介します。
小浦先生のブログなんですが、
http://koura-takeshi.com/blog/
その4月25日のブログに上達のペースが乗っています。

今朝も「うちの子は伸びてるんでしょうか?」のメールが届く
こんな事、昔っからです。

別のスクールですが
その停滞時期に、親がぶちぎれて辞めさせた例もありました。
今なら高校生でしょうか、わずか当時10才で
常に10才アンダーの1シード!
ドローで名前しか見た事ないんですが
親が厳しくやる気がないなら辞めろ!
それから名前を聞かなくなりました。
※たかが、10才なのに。。。

当校でも
ある家庭は子供の伸び悩みで夫婦喧嘩にまで。。
※私からすればチャンスだったのに!

別の家庭は一時「本人がやる気になるまで辞めさせます」
と。。退会。
結局何年後か先に別のスクールで復帰していたが。。。
それまでの期間は無駄ではなかったか?

など!親の都合で彷徨している例も非常に多いのです。

ちなみにテニスを始めるきっかけも
野球やサッカーなど毎日メディアに放映されるスポーツなら
自分で「やりたい!」って思うだろう。。
しかし、テニスは自分がやりたいから!より
「親がさせたいから/親が好きだから」が遥かに多い。

親の都合でテニスを始めさせて、結果が出ないと
「やる気がないなら辞めろ!」という
これも子供に取って理不尽であろう。。

それも、コーチからの情報が正確に伝えられなかったのも
責任だと思いますので。
小浦先生のブログ見てくださいね!
きっと上達の判断の指針になると思います。

今日の写真/休日の我が家の庭
薔薇を植えて門にしたが
上手く行かない。
それをこえると大根畑と化した庭。。
みそ汁にいれる大根の葉が大好きなんです。

IMG_1161.jpgIMG_1159.jpg


立ってるものは親でも使え!1

当校の練習スタイルですが、コート開放に
保護者が普通にラケット持って入って来て
子供達と打ってます。
ボール拾いもよく手伝ってくれて助かります。
あるスクールから移籍した選手などの保護者から聞くと
前の所は練習見学禁止だったり
子供との練習禁止だったりするらしい。。
そんな保護者がエナジーに来ると目が点になるようである。

また、隣のコートでは子供に球出しをしながら
上手く出来ない我が子に半分ぶちぎれているお父さんなど。。(笑)
横でそれを笑って観ているコーチ!(笑)
私は保護者はパートナーだと思っている/当然だが。。
また、テニスだけではなく家族として一緒に過ごす時間
これが貴重だと思っている。
ぶちぎれているお父さんも何年か逹と懐かしい思い出となり
その時の時間が、かけがえのない時間であった事が解るのだ。

次回/保護者のできる環境作りについて

今日の写真/恩師、(故)藤田プロの単行本
本当に伝えたい事が本じゃ難しいんだよな!
って、原本片手に資料をまとめていた事が懐かしい。
それを読むと指導頂いた内容が各所に出て来る。
指導理論が同じなんだ!と紹介してくれたのは
当時シャラポアのコーチでもあった
マイケル バロック(豪)
バイオメカニクス先進国のオーストラリアで
彼のアカデミーにも訪れてストローク理論を学ばせてもらった。
骨格に対して忠実なスイング!
戦術に多少違いはあれど
スペインもオーストラリアも共通は多い。

また、練習生を募集し始めた。
ホームページは未完成ではあるが
平日の体験レッスンは行っていないので
希望者は土日の1日練習に来られれば如何だろうか?
年齢やレベルで合う合わないもあるので
観てもらうのが一番であろうか。。
メールでの問い合わせは常時受けています。
IMG_1158.jpg



各自の考え方?

よく、自分の方針とか、考え方とか、
コーチや保護者によってあるんでしょうが
計測された分析結果を観てから現在どうするか?を
考えないと指針が経たないんです。

私が言いたいのは「今勝たなくて良い!」の言葉
でも,言い訳に使っていないか?

リチャードションボーンは語った。
数字を出して言うべきだ。
女子の場合、過去10年で12才以下近畿大会レベルで優勝した
中からプロになったのは3人である。
乱暴な良い方をすれば近畿優勝者10人中3人がプロになれる?
という数値である。

幼少が明らかに優位な時代になってきてるのだ。
だから、あきらめよ!というのではない。
「今勝たなくて良い!」この言葉に根拠なくあぐらをかいて欲しくないのだ。

今日の写真/今日はバークレー復活?
天候の関係でバークレーになるかもしれません。
IMG_0930.jpg




テニスエナジーのプライベートの意味

プライベートレッスンを1回や2回受けて
さて、どれだけ効果があるだろうか?
他のコーチのレッスンは解らないが、きっと優秀なのだろうから
1回で良い効果が得られるのであろう。
私は、そこまで器用ではない。
何回も受けていてくれて、試行錯誤の末!
「これだ!」というものを感じ始めた時から
歯車が噛み合い進んで行くのだ。
歯車の噛み合いが見えるのが個人的に差があり
1年近くで見つかる者
何年かかっても見つからない者
それは選手それぞれなんです。
※ウエケンなどはコーチと選手の2人三脚でやっと
  これでは?というものを見つけた。
  つまり選手との2人三脚という考えなんです。
私はこんな不器用なコーチなので外部からのプライベートは
受けてないんです。それは失望させたくないからですし
あるスクールは外部からでもバンバンレッスンを受け入れている。
観た事もない選手をいきなり、よくレッスン出来るなあ〜と
感心するばかりだ。

リクイなども「これだろう!」という提案を持ちかけたのは最近で
入会して何ヶ月たったんだ?まだ早い方だと思うのだ。

東京出張中 卒業生からメールが突然届きました!
「コーチ!今、南米に3ヶ月来てます!私のテニスに始めて出会いました!」
小学校1年から教えて、当時17才だったと思う。
自分のテニスに出会うのに何年かかったのだ?

現実はそんなもので
長い目で見ないと無理なのである。
それがプライベートレッスンなのだ。

今日の写真/もうすぐ!橋本バークレー校 一時復活!
本日は帰宅後、すぐ爆睡してしまい13時に目が覚め
ガットを2本張りブログを書いている。
明日は雨のようだ、クレーは使えないので
急遽、バークレーを使うかもしれない。

また、練習生を募集し始めた。
ホームページは未完成ではあるが
平日の体験レッスンは行っていないので
希望者は土日の1日練習に来られれば如何だろうか?
年齢やレベルで合う合わないもあるので
観てもらうのが一番であろうか。。
メールでの問い合わせは常時受けています。
IMG_0929.jpg




強くなるためには、環境が大事!

まず、環境がある事でしょうか?
できれば、自由に使える環境。
土曜日曜日は4面を利用し朝9時から5時まで
1面〜2面でレッスンし、後はコート開放としている。
メンバーは1日500円で使い放題
ビジターは3000円である。
今日は関西サーキットだったので6時から7時まで
キミレンコのヒッティングに付き合った。
※決勝はマッチポイントまで掴んでいて
  ひっくり返されたらしい。。残念だ。。
試合の日は6時から早朝練習にも待機出来るので
バークレーと略同じ環境が出来て来ている。

まず!受け皿となる環境が大事だ。
もっと工夫して環境ができないか?
いつも考えてるんです。

今日の写真/マリリンの練習風景
時期主力選手であるマリリンが練習中である。
基本一面をしっかり使った練習ができないとクロスが打てない。
今回はロープをネット上に張って高さの調整を行っている。

また、練習生を募集し始めた。
ホームページは未完成ではあるが
平日の体験レッスンは行っていないので
希望者は土日の1日練習に来られれば如何だろうか?
年齢やレベルで合う合わないもあるので
観てもらうのが一番であろうか。。
メールでの問い合わせは常時受けています。
IMG_1157.jpg




カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

リンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ