2010年9月アーカイブ

着いて行こうとするコーチは大丈夫か?

| コメント(2)

奈良県でセントクンが中体連県大会圧勝でベスト4に残りました。

残り10月3日が最終戦になります。

当日朝の6時から調整に入ります。

ナルダもキミレンコも試合当日早朝にレッスンの依頼がありました。

私は選手の試合に合わせて待機するのがコーチだと思っています。

休みの日でも試合があれば出向くのがコーチだと思います。

これに遠征も入って来ると

勤務時間と待遇が決められないのがコーチです。

 

小浦先生がおっしゃられた言葉で

「待遇を求めるコーチが多く環境を求めるコーチがいない」と

嘆いていらっしゃった。

 

テニススクールへの就職で

まず、給料と勤務時間を聞いて来る。。こんな考えだから

給料が上がらないのだ!と教えてやりたい。

まず、自分は○○な生徒を指導して○○な目標に達成させてたい!

そんな職場を探すコーチが少ない。

 

先日あった「あるスクールのコーチが辞める。」で、困るのは選手だ。

ついに、そのスクールは一部の曜日が閉鎖され受講出来なくなる。

そのコーチは2ヶ月後に辞めるが不満を外部で話している事も

選手に不満をぶちまけている事も

私の耳に入るようでは先が思いやられる。

さらに以前退社した前任者は、そのスクールの生徒を

勧誘して引き抜きをしている。

そういうコーチは本当に選手を育てられるのか?

 

その現場の選手達は大変かもしれない。

受講する生徒もコーチの行動の本質を見極めて欲しい。

きれい事ばかりではない

そのコーチは飯の種で選手を見ているのか? それとも

真に育てたいと願っているのか?

それを判断基準に判断されればどうでしょうか?

そんなコーチに選手が振り回されて欲しくないのだ。

ただ、愚痴を選手や廻りにぶちまけるコーチは納得できない。

 

今日の写真/ナショナルセンターにて練習器具

プロ達の練習でよく使われる器具を一部撮影しました。

身体を作る事を考えれば、このような用具が普通に

身直になければならないでしょう。
2010929.JPG

私の指導手順について/独自性はありません。

エナジーは、いつも打ってばかり。。と、言われるので書きますが。

今はうちの選手の、たまたま目立った奴のイメージでしょう。。

 

選手の作る方針1

たとえば、本人に自信が無く、

保護者もあまり乗る気でないジュニアがいととしよう。。

 

私はまず、何が何でも勝たせるテニスを指導します。

粘って繋げて。。何が何でもです。

勝ちだすと本人も自信がつきますし

「強くなりたい!」という気持ちも大きくなります。

保護者も「もしかして?うちの子は出来るかも?」

そう、思ってもらえれば力も入れてくれます。

 

選手の作る方針2

また、身体はきゃしゃでも、とっても頭のいい子がいたとします。

そういったジュニアには常にレッスンで問いかけながら

練習を進めて行きます。

きっちり、繋げる所と攻める所や守る所の見極めを理解させれば

テニスの面白さを本人が解ります。

そうすれば、身体作りにも興味を持って取り組んでくれます。

 

選手の作る方針3

不器用だけど何かに秀でた身体特徴を持つジュニアには

そこを武器として指導します。

敏捷性が長けている! 長身でパワーがある、、、など

その一部分を徹底的に武器化していく。

テニスは3球内で70%が決着の着くスポーツです。

一発を持つ事は大きいのです。

 

書き出したら切りがありませんからここまでにします。

 

よって、受講されるジュニアの素材を考えて指導しているので

私の「個人的テニススタイルの方針?」

または「テニスエナジーのテニスはこれだ!」

と、いうものはないのです。

受講されるジュニアの素材で方向性が決まるのです。

 

レッスン内容は日本テニス協会の教本と同じ

※ナショナルメソッドそのもの

内容は普通ですし特別なエナジー流とか独自性はありません。

ただ、導入でスペインドリルの使用が得意なのと

ダブルスに半数の時間を割いているのは特徴かもしれません。

 

今日の写真/私の寝床、ほぼ仕事場です。

今日は休みだが早く寝たら3時前に目覚めた

結局それから仕事にとりかかったのだが。

よく、生徒さんから3時くらいに伝達メールが来るけど

何時まで起きてるの?っと聞かれるが

いえいえ、その時間に起きたんですよ。。

そして7時くらいから2度寝が始まってお昼過ぎに起きて

夕方からレッスン開始です!

2010928.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライベートレッスンについて

私が最初に行う事がある。

「まず、するべき事を理解させる」と、言う事である。

今、行っている練習の目的を理解させてから始めるのだ。

それはひとつのゴールまでのストーリーとなる。

ゴールは短期/中期/長期に分けられ

保護者にレッスン内容が理解頂けるのは短期目標までかな?

※あくまでも技術指導の短期/中期/長期の事

ある時期にくれば保護者にも中期目標が自然に見えて来て

「今までして来た事はこれに繋げたかったんですね!」と

ご理解頂けるようだ。。

また、外部からの希望者は一度プレイを見てから

引き受けさせて頂いています。

遠くから来たのに落胆はさせたくないのです。

 

ある保護者から「もっとフランチャイズにでもして金儲けしたら?」と

冗談で話される方もいらっしゃいますが

あくまでも笑い話で出てくる会話。。

 

私は納得できないと仕事は引き受けません。

絶対うまくする確信がないと相手に失礼だからです。

しかし、だからといって全員目標に達するか?というと

そうではありません。

強くなれないでエナジーを去ったジュニアもいます。

何故だろうか?

それも含めて執筆中!新企画の「才能とは何か?」は

もう少し時間ください。それは今後の各自の指針になると思います。

これでもスマッシュ テニスジャーナル ティティーの記事を書いて来た

コーチですから、、期待してくださいね。。

 

今日の写真/一応リゾート地?かな。。

昔、夏は山梨県の富士五湖のひとつ山中湖で仕事だ。

山中湖の朝は霧に煙りいつも早朝バイクで三国峠を走る。

全く前が見えない霧がある標高になると

スッと消え、晴天の空が広がる。

山から下界を見下ろせば湖全体が霧につつまれ

空から見下ろす雲海の下にあるようだ。

山奥の当校は今日も静かに霧の中でボールを響かせている。

ちょっとしたロマンを感じさせる。

20109271.JPG


正しい金もうけ?

先日、ジュニアの保護者から金儲けについて話されました。

たしかに、多くのジュニアを受け入れた方が売上は上がるかもしれません。

レベル関係なく受け入れるスクールが実際ありますから。

でも、今、受講してくれている人を大事にして始めて

サービスだと思うし、多くを集めるより今居るジュニアの充実を

はかる方が正しい金儲けになるように思います。

 

今日の写真/霧にけむるテニスコート

当校はリゾート地にあります。

寒い日は霧が立ち込めます。

この風景は、上高地に見えませんか?
2010927.JPG

大阪のテニス頑張れ!

大阪の人は兵庫以外の関西地方を弱いと見ているようだが。。

正直、大阪代表のメンバーは大阪でない事が大半だ。

たとえば、池村杯/大阪サマーの男子の12才で、

実はここ10年の優勝者の所在地と練習地を見れば

奈良県3回 和歌山県1回

よって過去10年の4年は大阪以外の地区の選手に優勝を取られているのだ。

と、言う事は「大阪弱い」という事になり

特に弱いと思われている奈良県に大阪は10年に3回占領された事になる。

つまり、奈良と和歌山の主力が大阪に移籍し1位を取っているという事だ。

本当に優勝したジュニアの所在地と出場する地域は一致しないのだ。

大阪代表でも実は近畿周辺県民かもしれない。。

 

今日の写真/仮面ライダー

子供の頃のヒーローが漫画になっている。

男はいつまでも子供なんですよ。。

今日も保護者から「お金儲けじゃないんですか?」って言われました。

私は現場に立ち続けたいんです。

 

あるスクールのコーチが辞めるそうだ。

オーナーコーチはアスリート契約選手に必死で

現場を任されるコーチは留守番担当で不満いっぱいで辞めた。

後任のコーチも一年足らずで退社希望を出した。

いつも不満を聞きながらレッスンを受けているという生徒さんは

嫌気をさして何人も辞めているそうだし気の毒だが

そのコーチも何がしたいのだろうか?

生徒に不満をぶちまけるようでは、コーチは辞めた方がいいだろう。。

 

現場で不満を顧客にいうコーチのいるようなスクールは辞めた方がいい
2010926.JPG

地獄の総当たりジュニア無事終了!

保護者の皆様!本当にありがとうございました。

23日は朝は大雨で一時雨は上がり出来そうな感じの所

また降り始めたり大変な状況でした。

何度も水はけを行う中、

ジュニア達から「雨の中でも練習したい!」と

全員の熱い要望があり、好きにさせていましたら

みんな雨の中、練習を始めました。。

よっぽどボールを打ちたかったんでしょう!

そのうち、雨が上がり3時になりましたが

試合再開! するとみんな大喜びでした。

最終戦は9時までかかり順位戦は3セット出来なかったですが

家路に着いた保護者から感謝のメールが着いたり

本当に嬉しい一日でした。

優勝は中川 隼くん!でした。

 

今日の写真/水取りの風景とクラブハウスでストレッチ

今日の試合を見させて頂いて、やはり

サーブの強化が必要な事と、高いエッグボール処理に問題あります。

それと、もっとハードコートに慣れないといけないようですね。
20109241.JPG20109242.JPG

第4章 進学問題について

行く末。

 

バブル真っただ中!職場の元アルバイトがフライデーに出た!

大学を出て証券会社に就職し、その社員研修がなんと

「ディズニーランド!」

その模様が取材されたのだ!

結構話題になったので覚えている人がいるかもしれない。。

給料がいいからと有頂天だった元アルバイトも

一年半後退社しフリーターになってしまった。

バブルの時でさえ世の中そんなに甘くなかったのだろう。。

 

廻りを見渡そう!

何人が会社で勤まらず辞めているのか?

 

高校進学でそろそろ悩む時期になるだろう。

もっと広く世の中を見てみればどうだろう?

未来の日本はどうなるのだろうか?

そこから逆算で考えれば何か見えるかもしれない。

日本のトップ選手の大半が指導された経験のある小浦先生が

良く言った言葉が「逆算計画」

目標に対して短期 中期 長期計画をせよ!

今いる所から考えるな! そうおっしゃられてた。

 

未来の日本はどうなるのだろうか?

100年後、4000万人の人口になるらしい。。。

そこから考えてはどうか?

そろそろ日本から出た方がいいかもしれない。。

そんな時代がくるかも

 

今日の写真/姿勢の確認中です。。もうちょっと。。

当校では初心者からテニスの技術を指導する場合

本来人間としての基本動作や身体の状態があるかどうか確認している。

歩き方 走り方 投げ方 身体の骨格の動きまで

問題を見つければ即!トレーナーと相談の上矯正する。

膝の動きの矯正に半年以上かける場合もある。

上級者になって動きの問題が発見された場合、

正直、矯正に膨大な時間がかかる事が多いからだ。
20109222.JPG

第3章 進学問題について

先輩達の歩みから得たアドバイス。

 

進路で悩むなら一番いい判断材料は

先を歩んだ人たちの足跡をたどるのが早い。

 

ある高校の校長が理数系を選んで設計などの技師を目指した

生徒の行く末について語られた。

 

いろんなものを設計して創造したいと願った生徒の就職後

技師に生き残ったのは全体の5%で

残り95%は営業に回され、成績の悪い社員はリストラされた。

 

今まで設計技師を目指して夢を膨らませて就職しても

それはスタートラインでしかない。

設計技師として生き残った5%の人は何が違ったのだろうか?

きっと、いいものを作ろうと言う本質/感性があったのではないか?

 

前に例に出した学校の先生になりたい大学生は

いつも先生に感性が成り上っていた。

先生になればテニス部で生徒を指導しよう!

そんな事ばかり言っていた。

そしていつも暇があれば参考書を開いていた。

いつも先生のオーラが出てたので

「学校はこんな人材を欲しがるだろうな。」と思っていたら

教師に1発合格した!

それに対して不合格だった大学生は

先生になりたいと思っていたようだが

どんな先生になりたいか?そんな言葉すら聞いた事が無く

いつも一夜漬けの勉強だった。

そんな大学生は先生に合格してもきっとクラス崩壊させるだろう。

 

話は戻るが最初に出て来た設計技師の事ではないが

5%の人は「作りたいものがはっきりしてたように思う」と言われた。

成りたいものに成りきる力が成功させたのかもしれない。

心に響くアドバイスだった。

 

私の同級生が種子島でロケットを飛ばしている。

中学から宇宙に関する仕事がしたいと当時から思って来たらしい。

同窓会でそう語った。。

 

勉強していい大学に入りいい就職をしても

最後は退職してプータローになった者も多く見て来た。

 

今日の写真/テニスエナジーの神様

赤い服を来たジュニアがKAMISAMAと呼ばれている。

七福神のえべっさん! まあ〜この会話はエナジー内でしか

わからないだろう。。。

 

今日も保護者は普通に見学されていたが。。

小学4年生がサーブ&ボレーでダブルスしている

つまり平行陣でダブルスが出来ているのが普通と

思わないでくださいね。。

ここまでのレベルに上げるのは結構大変ですから。。
20109212.JPG

第2章 進学問題について

前回の続きで、実際の現場は

.ジュニアは夢を見てそれに対して道を見つけようと苦悩する。

.保護者は社会を知り社会の生き方/自分の哲学を子供に伝え

  世の渡り方を伝授しようとする。

 

.のジュニアの追う夢は、持つ夢の中にも現実の無理があるようです。

  そりゃ社会を知らないので仕方がない。

  世の中のデーターが解らないのだから悩むのも当然です。

.の世の渡り方を伝授もジュニアが受け入れなければ反感だけでした。

 

そこで、保護者の人生経験が上手くマッチすればベストでしょうね。。

 

今まで見ているとさすがに人生経験の多い保護者の持つ哲学はすごいの一言。。

自分の生き様と生き方を子供に伝えています。。

それに子供の夢が会えば最高なのだが。。

 

まあ〜あくまでも理想論を述べましたが白川家では父はしたい放題。

息子もしたい放題! 上記で述べた理想から遥かに遠い。。

 

とりあえず、

ジュニアも保護者から学ぼうとする姿勢と

保護者もジュニアへ自分の経験を伝える姿勢。

そんな事が我が家にあれば!と、今になって反省しています。

 

次回、先輩達の歩みから得たアドバイス。

 

今日の写真/ipadが壊れた。。

ご存知アップル社製の製品だがほとんどフォローがない。

使いたければ勉強してこい!というスタンスだ。

昔は手取り足取りフォローするサービス業は

その部分で出来る人のみを集めて商売する時代にすでに

以降している事をみなさんご存知か?

困っている人をフォローするスタッフ人件費は膨大だ。

やすく利用したければ、自分で勉強してこい!

今後の世の中はどうなるのだろうか?

2010921.JPG

号外 親が思う以上にしっかりしてる。

親の視線と、コーチの視線は違う。

うちの息子が帰って来てバイト先の話をした。
金ではなく先輩から学ぶ事が多いから
辞めたくともここ(バイト先)にいる。
内容を聞けば結構濃厚だったりする。

その風景が、保護者の見える風景と
コーチの見える風景で誤差がある、

ジュニアも自覚を持って行動する事が大事。
自分が思ってる事を理解してくれてると思うのは
大きな間違いだ!!!!
20109204.JPG

第1章 進学問題について

どこの学校に進学するか? 当校も中学生が多いので

そろそろ悩むだろう。。

しかし、最終的に目指すのだろうか?

そこで、出てくる各家庭の方針が

1. ジュニアが成りたいものを進めさせるべき!

2. 保護者がレールを敷いてあげて導くべき!

20年以上ジュニアを見ていると、

大まかに、この2つになるのだ。

 

いつも毎度の事、この2つの方針が出て来て

保護者間でも議論は起こる。。

毎年起こる問題から多くを学ばさせてもらった。

 

結論はどっちを選ぶと言うのではなくバランスではないだろうか?

と、私は考えるのだが。。。

 

進学問題については、次回へ続く。。。

題して先人の言葉!

※いろんな進路で悩んだ人たちの足跡です。

 

新企画の「才能とは何か?」のブログは、

もう少し考えた内容にしたいと思っています。

それは、進学問題の指針の中に自分の子は才能あるのだろうか?

と、考える事が進学の選択の要素の一つになるだろうからです。

 

今日の写真/伏原コートでの練習

バークレー校から10分の所のコートで練習しました。

カンタにイッシー! セントクンにウエケン!

キミレンコ キョウヘイ マリリン リクイ そして

久しぶりに修チャレ帰りのナルダが夕方少しだけ参加!

この日、和歌山グリーン杯という大会があり

サイボンとナツリンが3位に入賞しました。
20109201.JPG
20109202.JPG20109203.JPG

このブログを書き始めて

保護者の協力と、なによりレッスンの理解が増えました。

その昔、ボール投げや6球打を、ジュニアにさせてたら

保護者から、「もっとボールを打たせて欲しい」という

クレームが毎回もありました。

また腕を組んでコーチの手抜きを見張るようにズラッと並んで見てました。。

これは、練習の意味を保護者に理解して頂いていない証拠で

コーチの責任だと思います。

 

しかし今は誰も、そのようなクレームが無いばかりか

評判の悪かった6球打が満員です。

今日も前半はラケットを使用しない練習が多く占めましたが

保護者の方はボール拾いまで手伝って頂き

それは、昔は考えられませんでした。

 

保護者はテニス指導に対して素人さんです。

そのテニス指導素人さんに現在進行している内容を

対応時間がなく理解して頂く事が出来なかった過去の失敗です。

 

今は、ブログがフォローしてくれています。

夜に、その日あった事の意味をアップしているからです。

 

毎回のブログはあくまでもスクール内の会話のフォローです。

文章だけの解釈だと誤解が生じますし外部の方は

その文章だけを受け取らないでください。

そのまま外部の方が文章を解釈すると危険です。

 

今日の写真/浄水場のコート

今日は浄水場のコートで練習しました。

でもハードコートに草が生えてて草抜きからスタートです。

探せばコートはいくらでもあります。

そんな環境を利用しないでもない。

その為には保護者の理解と協力が真の育成の環境作りに

前進して行くと思います。

20109181.JPG20109182.JPG



テクニック重視は正しいと思うが。。

修チャレの総評は、まだ聞いていないがナルダから直接聞こう。。

今回も参加者の評判を聞くとテクニック重視の選手らしい。

それは、20年近く前から日本選手に必要なものとして伝えられて来た。

私もそれにならって指導して来た。しかし上手なジュニアは沢山育ったが

怖さのあるテニスが出来るジュニア!

武器のあるジュニア!が、育たなかった。。。


テクニックを指導する前にすることがあると感じた。

それは、非力で体力の低下したジュニアがいくら技を駆使しても

「切った貼った」の小手先テニスにしかならない。

さらに低下して行くジュニア達の身体をまず

本来人間として標準の体力(現在の平均ではない)

それを作ってからの技術をつけないと無理があると感じた。

最近、私は股関節系のトレーニングを口やかましく言ったり

プライベートレッスンでもボールを持たせての練習が少ない事もあるが

そういった理由からだ。

テクニック重視は正しいと思う。しかし非力なままの選手が

※身体のベースが出来ていない

技を身につけても怖くもなければ武器もできない。

成長してからトレーニングしてももう遅い部分も多い。

今の小学生の非力は筋力不足だけから来ていない。

※この文章は非力=筋力不足だけを言っていない。

本来の人間の身体になっていないのだ。

 

今日の写真/レッスン後の風景

みんな早く電車に乗らないといけないので慌ただしい。。

一番したの看板は、土曜日の練習案内です。

20109171.JPG20109172.JPG20109173.JPG

修造チャレンジ! 第2部

12才で合格した者、4人が

上のカテゴリーの選手との練習に参加出来る。

聞く所によると選手でコーチが着いて来ていないのは

ナルダだけらしい。

よって、ナルダ母からの報告によるものしか解りません。

パワーやハードヒットは通用しません。

その中で切り崩すテクニックを持たないと無理な事は充分承知

このメンバーを本気で倒すには?

その方法を考えて欲しい。

それが対欧米人迎撃型テニスに繋がるはず。

 

今日の写真/雨の中での練習。

フィールドテストの用紙を配り今後のトレーニング計画を立てて

順番に導入していきますね。。

その後、雨に中だが練習しました。

キミレンコ!眼鏡にワイパーがいるな。。

それと土日は面貸しが入ったので

土曜日は浄水場コートへ日曜日は伏原のコートに移動しますね。

各自確認ください。

クラブハウスの伝言板に詳しく書いてます。

 

20109151.JPG
20109152.JPG

修造チャレンジ最終選考 ナルダ合格!

12才以下で9人中4人が残れる最終選考に

ナルダが残りました。

最終日が試合で

対12才以下の試合では全勝したそうです。


今日の写真/何をしてもこの中では普通だった。

誰が合格しても紙一重の世界。

エナジージュニアへ、ナルのフォアがここへ来れば普通なのだ。

と、いう事は身近な目標ができたはず。

ナルのフォアを目標に水準をあげるのだ。

そしてたまに、佳奈美がコートを借りて練習に来る。

あれがヨーロッパで優勝するレベルだ。

あの水準を目指せば世界レベルなのだ。

100914_0920~01.jpg




修造チャレンジについて

前のブログは消しました。

多くの方がご覧になられているようで

また、多くの情報が飛び交い誤解が出るだろうと言う事で

ナルダ母と相談の上、削除しました。

多くのドラマがあったようです。

それは雑誌でご覧ください。


今日の写真/修造チャレンジでの練習風景

ナルダは、何をしても普通だった。。

近日、才能について書くが、もっと自分で出来る事がいっぱいある。

それをひとつずつクリアしていくのだ。。

2010913.jpg


ナショナルセンターにて!4

頭に来た事がありぶちまけましたが。

ナショナルセンターが出来る前に

センターの活用の仕方についてのレポートを提出。と

いうのがありました。

詳しい内容が解らないので調べるとハード2面

クレー2面でクレーが地域住民に貸し出すとの事。

 

先日、小浦先生にこの事を聞いた所、クレーの場所は

JISSの管轄らしく、ここは地域住民の意思が働くらしい。。

当初クレーも反対された。その理由と要望は

「靴下が汚れるから人工芝にして欲しい。。」

 

ここはオリンピック選手を育てる所。。

馬鹿じゃないのか? この国は!

そして、外にある人工芝コートは一般市民がテニスをしている。

ここはオリンピック選手を育てる所。。

全部ハードコートにしてジュニア育成に使えないのか?

と、声もあらわに訴えたが。。

 

「靴下が汚れるから人工芝にして欲しい。。」という

あほな要望にうろたえているようでは。。

あほちゃうん?日本のスポーツの世界は!

これではアスリートは育たない。。

 

今日の写真/田村杯冬期大阪ジュニアの申し込み

ほぼ全員出来ましたが、未入金の方が多いです。

基本は入金が会って始めて送金しますが

いつも遅い人がいて私が立て替えてますが

ちょっと金額が大きいので早めに入金お願いします。

 

2010912.JPG

 

 

ナショナルセンターにて!その3

ジュニアの体力が低下しているのはご承知の通り

それが極度に進んだのはファミコンが発売された年だ。

身体機能は極度に落下している。

今や眼球運動トレーニングまで出現した時代だ。

昔は眼球運動のトレーニング?というと笑われただろう。

嘘だと思うなら、寄り眼で来ますか?

今の子供は30%出来ません。

本当に眼球が真ん中に寄りませんから。。

 

正直、スポーツできる身体になってないんです。

だから、当校はまず! 運動機能から向上させる事を考えてます。

運動機能が向上すれば競技能力も全然違いますよ。

また、身体は食べた栄養でしか作られていない!

だから、栄養力! が、必要です。

きちんと栄養を採らないとダメです。

好き嫌いなく自分の身体の為に食べなさい!

また、栄養の持つ威力を保護者も知るべきです。

 

今日の写真/全国のコーチの人数。

コーチの資格を持つ人は何人いるでしょうか?

ちなみに、大阪で26人 兵庫で34人 和歌山7

コーチ=競技力向上コーチの事で

実際コーチの資格を取得している指導者は少ないのです。

よくいわれますが。。

コーチなんて誰でもなれる! そういう人にいう。

なら、テニスコーチに、なれるものならなってみろ!

20119111.JPG

 

夢を見る事の難しさ

「遥か天空のおとぎ話」

 

昔に先輩コーチから言われた言葉だ。

※多くのプロを指導する先輩

「白川のジュニアは何処を目指させるのか?」

人それぞれの目標があるので何が大事だと言う事はないが

当時の私は「最高ではプロを目指させます。」と、言えなかった。

府県大会のタイトルすら取らせた事のない当時からすれば

遥か天空のおとぎ話にすぎない。

コーチは心の中に最高の目標が見えても

人ににそれを伝えるにもタイミングがあるのだろう。。

 

「高校時代に世界を股にかけて仕事がしたい!」という

当時の友人は廻りから馬鹿にされていた。

徳島と言う田舎の県からすれば、それは「遥か天空のおとぎ話」

今から思えば、「世界を股にかけて仕事」なんて誰でも目指せる仕事

別に夢でもない事だ。 夢を諦めた人は

「おとぎ話」と決めつけていた気持ちを悔やんでいるだろう。

 

しかし、みんなが思う「遥か天空のおとぎ話」

それは意外に身近にあるのかもしれない。

 

そこで、何でも良いから自分の「遥か天空のおとぎ話」を

作って見てはどうか?

自分がNHKの紅白歌合戦に出ている夢でもいい。(笑)

それを目標に短期から中期までの仮想目標を立ててみればどうだろうか?

おとぎ話は本当に実現するかもしれない。。

 

今日の写真1/ダブルスの仮想軌道エリア

ロープは買って来てあったがどうやってコートに作ろうか?と、

思っていた所に「イスを使う」という単純なアイデアに気がつかなかった。

20109101.JPG























今日の写真2/各自のサービスアップ

今日は身体の可動範囲を各自確認しました。

主な大会も終了し今が隙間の時期なので

改善する所は改善して行きますね。
2010910.JPG

ナショナルセンターにて! その2

1セットマッチなら強いが

3セットマッチの戦い方を知らないジュニアが多く

ファイナルセットの戦い方が出来ていない。

 

私も大体感じていた事なので始めたのが

地獄の総当たりジュニアリーグだ。

 

練習試合での3セットではダメ!

本当に緊張感のある試合の中での3セットを体験しないと

精神的な駆け引きや精神のスタミナが付かない。

 

人工芝の試合でボールが跳ねない

ハード独特の跳ね方

レッスンの出し玉で跳ねさせる事はできても

本当のハードの試合での場面の跳ね方は

人工芝では実現出来ない。

 

さっそく、フル3セットトーナメントでかつスリクソンボール使用の

試合を企画しようと思う。※リーグはなし

 

それと田村杯冬期ジュニアの申し込みが始まった。

そしてダブルスだが、いつもペア探しでお困りの方が多い。

そこでペアを探していますという方の連絡を待っています。

当校のジュニアと組むというわけではなく

似たレベルであれば○×テニスクラブの選手と△□テニススクールの選手の

ペアを成立させたり、それを無料で行います。

当校も情報が合った方が自分のスクールのペア探しにいいかな?

と、思ったからです。

希望者はメールで氏名 所属 カテゴリー ランキングを

明記の上、送ってください。

なんか。。。ダブルスの結婚相談所?のようですね。。

 

今日の写真/キミレンコの優勝カップ

新しいメンバーが後ろのアニジャで中2だ。

頑張れアニジャ!
2010908.JPG

ある保護者がいった!

高い打点で叩け!とレッスンではいうが、
人工芝コートではボールが跳ねない。。
だから、他校のハードコートのスクールも受講させてる。

たしかに人工芝ではボール跳ねないんで
ハードコートのレッスンを受けさせたいのは理解できる。

それが、本来遅いはずの人工芝でのテニスが展開はやく
ハードコートでの展開が遅い原因が理解できる。
ハードではボールが跳ねるので高い打点が打てないジュニアが
ロブを多様するのが原因だ。

中高年向きの人工芝は国際的に認められていない。
また、ボールも同じで、中高年向きのボールが珍重されるようでは
将来が危ぶまれる。。

今日の写真/なし。。


ナショナルセンターにて!

最近のジュニアの傾向。

高校生の試合がハードコートより人工芝の方が

展開が速い。

 

上記の原因は

人工芝は跳ねないのでパワーゾーンで打つ事ができ

展開が速くなるがハードコートではバウンドが高いので

ロブ合戦の展開になってしまう。

つまり今の高校生は高い打点が叩けない。

これが海外へ行くと高い打点になると

一撃で叩き込まれてしまう。

よって、ハードコートでスリクソンなど使おうものなら

ロブ合戦が強い選手が勝つ?

人工芝コートが増えた事による現象だ。

今日の写真/ナショナルセンターの施設図
2010906.JPG

キミレンコ! 大阪サマーJr.単複優勝!

新企画の「才能とは何か?」のブログは、もう少し待ってくださいね。

やったね!キミレンコ。昨日もRSK予選6位で全国に通過決定し

大阪サマージュニア池村杯もシングルとダブルスも優勝を決めた。

まだ5年生なのでこれからが期待される。

キミレンコは低学年時代、ほとんど低学年の試合には参加していない。

常に上のクラスと試合を行って来た。

なので優勝経験が少ないのだ。

サービスは略ダブルファーストで最高1試合で24本の

ダブルフォルトの雨!攻めれば負ける

そんな前向きな負けの積み立て貯金がやっと報われつつある。

よく我慢して頑張りましたし

保護者もよく協力して我慢して頂きました事、感謝します。

 

今日の写真/キミレンコ

次は全国で暴れるぞ!

 

今日から私は東京に行きますので

キミレンコ母にクラブハウスの開け閉めを

お願いしてありますので

試合中心で練習してくださいね。
P2010_0529_170358.JPG

小学生にトレーニングは不要か?

新企画の「才能とは何か?」のブログは、もう少し待ってくださいね。

 

小学生期間でテクニックをつけて高校からトレーニングを!

という考えは間違いではない。

しかし、問題は高校生時期にトレーニングを

行う習慣がついているかどうかだ。

高校生になってどんなトレーニングを行うのか?

高校になって調べ始めては遅いのだ。

また環境も変化してくるので、その時期に

トレーニングできる環境があるとは限らない。

しかし小学生からトレーニングの習慣のある者は

環境が変わっても何をすれば良いか心得ているので

設備がなくとも一人で行える。

そう!習慣化しているのだ。

 

高校からトレーニングを!の考えの方の大半は

本人の習慣にならず潰えて来た。

確固たる信念と自主性があれば問題ないのだが。。

 

それと現在の男子小学生の体力は10年前の女子と同じである。

最近はテクニックは器用になってきたが武器のないジュニアが多い。

イメージ的に例えるなら、多くの技を持つ非力な天才空手少年

その天才空手少年は業を駆使して

100キロを超すお相撲さんに勝てるだろうか?

技と体力のバランスが大事だと思うし

体力作り/体作りは何年もかかるものだ。

 

今日の写真/木下で夕立をしのぐジュニア達

トレーニングは体のケアをするものもある。

トレーニング=筋トレという発想はもうないのである。

ストレッチもトレーニングだ。

 

中学生チームにつぐ

今日も午後のレッスンに参加するのであれば

所定の用紙に記入してください。

結局、セントクンが来たが誰もいないので途中で帰宅した。

その直後、ジョンイが訪れたが誰もいない。

すれ違いと言う事だ。

もし、名前を書いていればお互い待って練習も出来ただろうに。。

最終的に自分が損をするのだ。

午後はコーチも空いているので

セントクンにもプライベートを奨めようとも考えたが

この日も朝5時からノンストップレッスンなので体力に限界があったし

明日も朝5時からナルダとキミレンコのプライベートから1日が始まる。

夕方6時までノンストップだ。。

その後、夜行バスで東京に向かう。。

 

2010904.JPG

だれでもできるお金のかからない努力。第2章

新企画の「才能とは何か?」のブログは、もう少し待ってくださいね。

忙しくて途中ストップしてます。。

 

お金のかからない努力の仕方について

私生活の習慣が大事だ。

ある学生コーチをフロリダに連れて行った時の話だ。

その学生は学校の先生になりたい夢を持っていた。

彼はテニスの練習の合間に必ず10分でも

参考書を開いて勉強をしていた。

そんな習慣がついていたのだろう。

彼は見事教職員に合格した。

 

当校は今や外部からの選手が大半になってしまったが

当初からの選手であるナルダやキミレンコは

トレーニングを3年以上続けている。

体貫ができているから重いストロークが打てる。

レッスンだけで強くなれると思っていないか?

何か特別なレッスンを受ければ

重いストロークが打てると思ってないか?

コツコツと3年かかるのだ。

 

まず、家でストレッチから始めたらどうか?

10月号のスマッシュに良いトレーニングの仕方が掲載されている。

それを参考にして体貫作りをテレビ見ながらでも行えばどうか?

習慣になれば癖になり自然にできるようになる。

そして好き嫌い無くなんでも食べよう。

そして栄養と接種の仕方も勉強しよう!

すぐに効果は出ないだろう。

しかしまず3年間毎日続けてみよう!

お金はかかりませんよ。。

地味な努力の積み重ね

それの効果が出たとき確固たる力となるだろう。

 

今日の写真/ランドセルを忘れるな!

勉強をする気があるのか?

当校では塾に通わず学校で4番という成績を誇る選手がいた。

スクールに来るとすぐ宿題を行うが、集中力がすごい。

しかしテニスになると気持ちをガラリと切り替えていた。
2010903.JPG

だれでもできるお金のかからない努力。第1章

新企画の「才能とは何か?」のブログは、もう少し待ってくださいね。

 

だれも出来る事 = 基本

基本 = お金がかからない

 

本来、人間が人として出来る事

例えば、朝起きたら家族におはよう!といおう。

そして、歯を磨いて身なりを整えて

きっちり朝食を取って定時に出かける。

 

本来人間が動物として機能する身体ができているか?

例えば、足指は、しっかり地面を掴めるように動けているか?

そして正しく走れているか?

野生時代の人類と比べて能力は著しく低下している。

 

いいレッスンを受ければ上達する。。

たしかにそうかもしれない、

レッスンから得られる物は技術であり

それは誰でも出来る基本の上に成り立つ。


実はレッスンよりも、誰でも出来る努力から培われた物こそ

底力があるのだ

 

次回は、お金のかからない努力の仕方

 

今日の写真/身体能力測定

いろいろな測定の仕方があるが

それは生活習慣から培われる事が多い。

 

近日、ナショナルセンターに顔出すが。。

櫻井さんはいるだろうか?

修造チャレンジにナルダが参加するので

よろしく伝えておこう。。

小浦先生も久しぶりだ。。

エナジージュニア達、火曜日の4時30分には

キミレンコ母がハウスを空けてくれる。

この日は自由解放なので試合をしてくれ!
DSC00011.JPG


あるお父さんとの会話。

自分の息子の将来について語られていた。

やはり自分の業を持って欲しいとの事

たしかに多くの企業でリストラされている社員を見てそう思う。

取り替えの利く人材になるな!と言う事だ。

大卒初任給はいくら?20万くらい?

手に職持つ者なら簡単に稼ぎ上げるだろうし

私の知る「手に職持つ人」は、結構自由に有意義に生活している。

 

また、そのお父さんは

テニスを通じて何か挑戦して行くようになって欲しい!と

言われた。

出来れば海外にも留学やテニスの挑戦をして欲しいと語られていた。

きっと、その挑戦する事で多くを学ぶ事を期待されていると思う。

そんな前向きて挑戦する姿勢を応援してくれる保護者に恵まれて

本当に感謝している。

 

今日の写真/暑い夏を支えてくれた木

この下は猛暑でも涼しいそよ風が舞っている。

みんなわかるだろう? この木の下の涼しさ。。

暑いみんなを支えてくれた大きな木だ!

おつかれさん! エナジーを守る大きな木!

でも、まだまだ暑い日が続くから

みんなを支えてね。。
2010901.JPG

夏休みが終わる。

今年の夏は暑かったが、

おかげでプライベートが満員で

さすがの私も体力の限界で

何度も1時間レッスンを30分短縮をお願いし

休み時間を確保頂く事もありました。

外部からもレッスン希望頂きましたが

当校のスケジュールを観てご理解頂けたと思うのですが

1分の隙間無くレッスンで埋まっていた事で

※最長 朝5時から夜9時まで。。

受講頂く事が出来ない理由をお判り頂いたと思います。

本当にご迷惑をかけました。

 

しかし明日から夏休みも終わり通常の予定に戻ります。

私はジュニア専門なので夕方から夜が仕事

よって昼間はゆっくりさせて頂きます。

 

今日の写真/夏休み練習風景

毎日よく頑張った!

全国大会は2名参戦し最高4位

池村では男子シングル1名 女子シングル1名 ベスト4に

男子女子共ダブルスは決勝に残っています。

君たちの努力の結果だ!
2010831.JPG

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

リンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ