2010年8月アーカイブ

勝てない。。。でも諦めるな!

いつ強くなるかわからない。

負け続けて心が折れそうになるかもしれない。

自分のいる所から先が闇に見えるから。。

それは、ようは突破口が見えないからだ。

でも第3者から観れば突破口は以外と見えるものだ。

常に第3者に助言を貰う事は大切だ。

また、選手の個人的時期により伸びる時期がある。

例えば細身の長身でバネのあるタイプは中学生初期に急激に

激変するタイプがあり勢いにのればちょっと勝てない。。

そういう奴と自分を比べてはいけない。

しかし、時を越え身体と知恵のバランスがとれた時期になると

以外にその差はなくなるのだ。

人には伸びる時期がありそのタイミングが大事だ。

今、負けている選手は才能がないと思わず。

まず充電時期として多くを学び、

そして経験ある第3者から観てもらう事が大切だと思う。

その先にチャンスは絶対まっているから

何故なら若いのだから。。

不器用な奴ほど私に近い感覚を持っているので

よくわかる。

だから、あきらめるな!

いつかは天空を舞う大鷲を引きづり落とす軍鶏(しゃも)になるのだ。

 

今日の写真/夏の練習風景

今年の夏は暑かったがみんな、よくコーチを活用してくれたと思う。

朝の5時に来てくれと言われた時、私はうれしかった。

まさに朝の5時から夜の9時までノンストップの日も多くあった。

保護者からドリンク/握り飯の差し入れ。。ありがとうございます。

私は、コートで君たちを待つ。

それが私の人生なのだ。
2010830.JPG

トラブルが多すぎる。

アップルのiPhoneipadを導入して

トラブルが多い。

Iphoneからのメールが何故か届かなかったり

1年前に消したはずのメールがまた届いたり

送ったメールが相手に届いていない。

相手からのメールも来ていない。

届けば文字化けなど。。

 

今日の写真/なし!

撮影した写真がiPhoneからパソコンに届かないから。。

ipad購入かおかしい。。ipadもインターネットに繋がらなくなった。。

なんなん?これ!


すぐ勝てるやつと勝てない奴2

新企画の「才能とは何か?」のブログは、もう少し待ってくださいね。

下記はとりあえず、「才能とは何か?」の序章です。

 

勝てない事が続くと、あせりが出て来たり

最悪、心が折れてしまう。

しかし、よく考えよう。。

トップジュニアが、「町のおっさん」と試合して

ボロボロ負けているシーンを観た事ないか?

 

才能ある奴(ジュニア)が!

天才とちまたで呼ばれてる(ジュニア)が!

普通のおっさんに負けている。

おっさん達のジュニア時代はきっと

もっとへたくそなジュニアだっただろう!

それを観て才能とは何だろう?

また自分が才能ないとあきらめてないか?

 

運動神経もないような、おっさんにボロボロ負ける天才ジュニア

これを考えると、勝つ為には何かありそうだ。

きれいに勝とうと思うな

どうせ俺はへたくそだ!と、割り切った時に強くなる奴もいる。

 

身体能力にものを言わせて上がる奴。

それに対して地べたをはうようにして這い上がる奴。

 

自分を直視した時に本当のパフォーマンスが生まれるように思う。

 

今日の写真/連日の猛暑

夏休みに入りほぼ毎日朝から練習づけの毎日ですが

良く保ってますね。。

まりな、3年生は和泉市から通ってくれてます。

後ろは、ユウスケ 岩出市から通っています。

2010829.JPG

すぐ勝てるやつと勝てない奴

新企画の「才能とは何か?」のブログは、もう少し待ってくださいね。

書き始めて沢山の出来事がありました。

努力して勝てない奴

始めて間もないのに勝つ奴

それって何だろうか?

そんな事も盛り込まねば。。と、思ったので

ただ、言える事は自分の頂点が何処なんだろうか?

 

ジュニア時代から20代まで花が開かず。。

しかし30代で国体選手になった。

その30代は現役大学体育会も勝てないレベルになった。

そんな人もいる。

エナジージュニアへ、君の頂点は何処だと思う?

 

今日の写真/今日も夕立

よってクラブハウスの掃除だ。

体験レッスンに来られたジュニアもいたが

いきなり掃除をさせられて、さぞ面食らっただろう!

これがテニスエナジースタイルなのだ。

 

当校はサービス業を旨としていない。

自由にコートを解放しているのだから

お手伝いは当然なのだ。

ガソリンスタンドでいうセルフサービスなのだ。

20108271.JPG20108272.JPG20108273.JPG

新たなるスタートへ

新企画の「才能とは何か?」のブログは、もう少し待ってくださいね。


池村が終わりもう田村の要項が出ている。

次のステージに向けての練習開始です。

今日もレッスン中にiPhone片手に打ち込みを行ってます。

別にメールしてるのではありません。

知らない人が見れば「レッスン中にメールなど。けしからん!」と、

思われるかもしれませんが

君たちの気になる所をすぐメモしているのです。

また、動画や写真を撮り、ネット内の各自の部室に掲示し

問題点を保護者も含めて解るようにしようと試みているのです。

掲示板にはテスト的に文章を打ち込んで行きますので

ご覧くださいね。

 

今日の写真1/身体のケア

週2回のケアでナツキングの膝をチェックしています。

エナジーはハードコートなので身体を壊す!という

噂を聞きましたが。。今まで身体を壊した選手は0なんです!

20108251.JPG

 














今日の写真2/夕立

当校は夕立が来ても大きな木が雨をしのいでくれます。

この写真は大雨の中なのですが大きな木に守られています。

けれど。。どうやってクラブハウスに帰るの?

2010826.JPG20108262.JPG

ジュニアの敗戦

エナジージュニアへ、敗戦を悔しく思うのは

コーチも同じである事を理解してください。

ジュニアを指導し始めたとき

当校のジュニアを下した選手の保護者やコーチが

「こちらの方針が正しいのだ!」と言わんばかりに見えて

今思えばそこまで相手も考えてなかったと思うが。。

悔しくて眠れない事も多々ありました。

そして何人ものジュニアが私の前を通り過ぎて行く過程で

貴重な敗戦も多くある事に気がつきました。

新たなスタイルなど革新的な事に挑戦するときなど

幾度も負けの山を築くでしょう。

私は負けた選手に今日も聞いた。

「どんな試合だった?」

話を聞いてその選手に伝えた。

「その試合は君の勝ちだ。」

将来に繋がる敗戦が見えれば、私は選手に告げている。

 

全部勝とうと思ってないか?

それが逆に足かせになってないか?

リターンゲームに例えると

全てのポイントをミス無く奪おうと考えてないか?

ポイントは2つ落としても3つ取れば勝ちなのだ。

落とした2つが取得する3つの布石になれば

ミスも立派な武器になる。

そんな気持ちが心の余裕になる。

君は全ての試合に勝とうと思ってないか?

 

今日の写真/骨格の可動範囲

大体テニスの本よりもこんな本を読む方が多い。

読んでいると技術の上手い下手の話も色あせて聞こえる。

オーストラリアで学んだ事で「骨格に対して忠実な動き」

それが自然なスイングや動きを生むのだ。

2010824.JPG

地獄の総当たりシングルス200章記念大会!

テニスエナジーとは別組織の「関西テニス錬成会」の

「地獄の総当たりシングルス」

平成5年7月より開催されて17年毎月開催されてきました。

この大会は、君たちが生まれる前から毎月続いている大会です。

100回記念大会ではテニスエナジー出身のプロも参加していました。

あれからさらに100回を過ぎて早いものです。

200章ではどのようなドラマが生まれるか?

期待してました。

 

今日の写真

記念すべき大会にカンタとセントクンが参加し、

シーズから坂井クンも参加してくれた。

みんないい友達だし、こらからもお互いガンバレ!

次は300章を目標にがんばるぞ!

 

ちなみに、200章大会優勝者は足立 選手!

これからも来てくださいね!

20108233のコピー.jpg

 

ペアレッスンのお薦め!

前から呼びかけていたがどうも効率の良さが理解されなかったが

最近少しづつ納得して頂き始めたペアレッスン

最近マッシュとキョウヘイがペアレッスンを受けている。

同じ課題を持った物同士でゲーム運びを習得する内容だ。

コーチが横について

「今ので前に一歩入って攻めろ!」とか

「この場合はエッグボールで相手の打点を破壊しろ」など

一緒にゲームをしながらライブで行うレッスンだ。

その瞬間瞬間で、すぐアドバイスしながら1対2でゲームするので

自分の攻めるゲームの流れが瞬間に理解出来る。

対象者は既に保護者や選手人に伝えてあるので出来るだけ

時間を合わせて受講して欲しい。

 

今日の写真/ペアレッスンの場面

課題に合わせて戦術や、自分の欠点が理解出来る。

 

それと、「才能とは何か?」を書いているが。

プロになった何人かの選手のジュニア時代のデーターがある。

公表はしないが

血液を採取する。

プレイ中の心拍は測る。など

大学の協力で行った貴重な物もあり。

その中に日本を代表するプロも参加していた。

それらに基づいているので

もう少し待ってくださいね。
100822_1658~01-1.jpg

当校の生徒の進学と進んだ道。

才能とは何か?を書いているが、その前に

生徒の進んだ道についてだが、

大半がサラリーマンと書いた。

しかし、中学でニュージーランドへ行って

その後、シカゴへ渡り活躍してるやつ。

テニスから何故かトレーニングに興味を持ち

トレーナーを目指して進学した奴。

いろいろいるが、

高校 初芝橋本 近代付属高校 清風高校 関西学院高校 智弁学院

大学 大阪体育大学 近畿大学 早稲田大学 関西外大 立命館 

   鹿屋体育大学 大阪工業大学 などだろうか?

以前はお互い意見の食い違いもありましたが。

私はテニス馬鹿を作るな!が、持論です。

保護者とジュニアと目標を確認しながら歩んでいます。

本物を目指したジュニアが、その経験を社会で生かせるように。

 

今日の写真/ナルダ!修造チャレンジ参加!

遂に、案内が来ました。

私も行きたいがレッスンで出れないが

現地では櫻井コーチがいてくれるので詳細は聞いておこう。。

 

今日はナルダとキョウヘイがジュニアクラスのレッスンを

コーチのいない時簡に行ったらしい。。

コーチがナルダ達を楽しそうにシゴキ倒す快感が味わいたいのか?

勝手にレッスンするなよ!

2010821.JPG

才能とは何か?を書いているが。。

やはり各家庭の方針というものが重なって来る。

どの方法が良い悪いではなく

その方法をとった家庭はどうなったか?

20年を振り返ると結構な物語がある。

 うちの子は姉妹でオリンピックに!

 高校から海外へ出てプロに! Etc

  ※あくまでも他校も含めて。。

でも、結果は

大半がサラリーマンになっています。

また大半がテニスを辞めています。

プロになれなかったのは失敗だったのか?

いいや ちがう。。

今もサラリーマンになっても逞しくなってますよ。。

だって、プロを目指すという本物に挑戦した勇者だから

いろいろ保護者もハメを外しただろう。。

学校も行かせないで練習に連れ回した保護者もいた。

しかし、その失敗からも他にはない経験は

その一家の大切な思い出であり宝物だろう。

堅実な道も間違いではないが

こんな冒険のような人生もまた

その人の人生(思い出)

 

今日の写真/私の息子は大学生

就職難で大変な時代となったが

クビにしても影響のない人材になれ。だから

自分の技術を持つようになれと言っている。

しかし、何もしてやれてないので

人の事は言えない。

ちなみにテニスはしていない。。
2010820.JPG

日本は欧米人に勝てるのか?

毎日こんなことを考えてレッスンしている。

後日アップする予定の「才能とは何か?」は

少し時間が必要かもしれない。

神童と言われたジュニアの実態。

プロ選手のジュニア時代のデータなどがあり

公表はしないが、自分に(自分の子供に)

もうひとつ自信が持てない人に対しての指針になればと思う。

 

よく保護者から「○○プロのジュニア時代は

やはり際立ってましたか?」と質問される。

みんなプロになった選手は元から際立ってたと思うのだろう。

そこで、「才能とは何か?」あくまでも私なりに見えて来た事を

レポートするので、それを自分に当てはめて考えて欲しい。

 

もう少し待ってくださいね。。

 

今日の写真/連日猛暑の中の練習

夏休みなのでみんな毎日練習に通って来る。

朝から夕方まで自由に練習している。

そんな中、保護者のみなさんから

果物やアイス! ドリンクなど差し入れがいっぱいです。

氷の袋で冷やしながら練習しています。

コート解放枠では、のびのび練習し

レッスン枠ではゲロ吐いてぶっ倒れてるジュニアもいる。。


20108191.JPG20108192.JPG

エナジーは、テニススクールから撤退する。

日本のテニススクールの現状を見てみよう。

大体、90分の時間をこまめに割って

生徒さんを詰め込んで利益を上げる。

流れ作業のようにコーチは生徒さんの練習をさばいて行く。

 

当校は8月を持って土日の大人のクラスのサービスを終了します。

テニススクールでない新しい経営体系が今後、望まれるでしょう。

今後はジュニア強化に徹した新しいシステム。

 

当校の選手はテニスエナジーが普通と思ってませんか?

普通ではない事

1. コートがいつでも自由に使える。

2. 好きな時にレッスンが設定できる。

  ※今では希望があれば朝の5時からでもコーチは待機してます。

 

ある、生徒さんが引っ越しで他のスクールに入会して

そのスクール入会時にフロントに言った言葉

「○○時にクラス作ってください!」

当然、即断られた。

その生徒さんは1人でも自分の都合の時間にクラスを作ってくれるのが

普通と思っていたのだ。

 

テニスエナジーは昔からいろいろな運営方式をテストして来た。

最近、一つの方向性が見えて来た。

脱!テニススクール。

 

日本のテニススクール体制がコーチも選手も育たない原因だと思う。

現にコーチ達も「これでは教えられない!」と嘆いている。

 

当校に練習に来られた方々は不思議な運営に首を傾げたかもしれません。

しかし、まだ試作の段階ですから。。テストなんです。

 

だから、これがテニススクールと思って欲しくないんです。

フリースクールと自称してますが。。。

 

今日の写真/恭兵が忘れたもの

恭兵がサラダとジャガリコを忘れて帰った。

エナジーの掟は

「やったもん勝ち! とったもん勝ち!」よって

おいしく戴かれてます。

キミレンコ!リクイ!クリリン!

お前らハイエナのような奴らだな!
20108171.JPG
20108172.JPG

サテライト大会。

やっと時間が空いてジュニアの試合を観れる。

観ながら反省点をiPhoneからMacintoshへ転送する。

対戦相手も上手できっちり出来る事をしっかりして来ていたし

ナイスファイトでした。

負けたけどリクイをほめてやりたい。

私の感想は「リクイやるじゃん!」

ネットに出ればパスを打たれロブを打たれ。

でも果敢にドライブボレーなど仕掛けていた。

コーナーつけばサイドアウト!

しかし、練習して来た内容をしっかり実践で挑戦していた。

これは、前向きなテニスだし、お父さんが考えてるより

本人はしっかりしてる。


勝ち方はコーチから教わるものではない。

コーチは材料を置いているだけにすぎない。

ナルダもキミレンコも最初からスタイルなんて計画なんてしていない。

試行錯誤の中、出て来た答えで本人達が自然に選んだスタイルだ。

毎回ダブルフォルト20〜30回なんてざらだった!

コーチは、自分がしたいテニスの手助けをしただけなんだ。

こいつ達ならいい負けの貯金が貯めれそうな気がしただけだった。


だから、つまらんテニスをするな!攻めろよリクイ!

今日はよくやった!

これでもか!これでもか!って負けても負けても自分を通せば

きっと、自分のテニス(生き方)が見つかるよ!

自分の気持ちを丸裸にし、すべてを捨てる気で挑戦しろ!

そういう無になった奴が最終的に強いんだよ。。

無になる事の辛さと勇気 それは私に出来なかった事だった。

だから、年が早ければ早いほどいい。

それを、今、伝えたい。

 

今日の写真/地獄ジュニアのクラブハウスの中

ジュニア専門クラブの為、ハウスの中は部室!

今のテニススクールでレッスンのみを時間の駒割りにしている

システムの中で、どんな名コーチを入れようとも

選手は育たないと思う。

知人のコーチが呟く、「教えたくても教えられない。」

時間の制約/会社の制約

もっと、思いっきり教えてあげたい!と、思うコーチは多い。

でも社会構造が会社構造が、それを拒んでいる。

レッスンの仕方がよくても環境が悪くては強くなれない。
P2010_0814_140753.JPG

日曜日練習会。

 

今日も、遠くから参加頂いたグループがあった。

保護者の方の熱心さに頭が上がりません。

先日の地獄の総当たりで当校のテニスの出来の悪さに

補講を行いました。

何よりも気持ち作りが大事なのだ。

しかし、それはコーチ自身の意識レベルが選手に反映されていると思う。

私自身も反省している。

今、才能とは何か?を、書き始めた。

それは保護者や選手の指針になれば。との願いからだ。

近日にアップしますね。。

 

今日の写真/練習会参加者

当校に来校頂いてご理解出来たと思うが、

時間的スケジュールが無い事に気がつかれただろうか?

特に土日は試合が入るので各自の日程で1日は流動する。

テニススクールではなくテニスクラブだからだ。

1日3000円で練習出来ますから

外部希望者はまず、希望日をお教えください。

それによりお答えさせて頂く事になります。

※当校選手の都合を聞かないとその日のメンバーが解らない為。

2010816.jpg

 

 

勝つテニスを通す事の難しさ。

何ヶ月か前で、あるブログの「ライジングテニス」について

あのブログが出てか?はたまた何かの影響か?

保護者との会話でライジングテニスが12U男子で急に見られたと聞く。

しかし、現在、そのジュニア達は打点を落として繋げているという。

そう!昔からそうなんだ。これからライジングだ!といいながら

最初だけで勝てなくなると繋ぎだす。

たしかに気持ちは理解出来る。

今回、ライジングテニスから話題を出させて貰ったが

いろんなスタイルがあり、それをやり始めても勝てないと

3日坊主で終わり、元のテニスに戻してしまい。

結果、元のテニスも解らなくなり、何がなんだかわからなくなる。

 

ライジングが強い! レトリバー(繋屋)が強い!

ネットプレイヤーが強い! 最初は誰もが各自持論を主張するが

取り組み始めて、勝てなくなると、弱音が出る。

 

たとえば、理想のサーブを極めるため

何年ダブルフォルトの山を築かねばならないか?

その勇気が無ければ自分の理想のサーブは出来ないと思う。

 

伊達全盛期のライジング支持者だったジュニア選手はほぼ姿を消した。

取り組み始めて数ヶ月で尻を割る選手が続出したのだ。

ミス連発で勝てない事に耐えられなくなったのだ。

取り組み始めてすぐ迷いが出るようでは思いやられる。

 

今日は地獄の13Uの試合で当校選手も負けてもいいテニスだった。

その中で、歩む確信を持って欲しい。

まだ、打つボールに本人の確信がまだ見えないが

いい、方向ではあると思う。思いっきり悩め!

 

近日「才能とは何か?」を執筆してアップしようと思う。

テニスジャーナルなどの海外取材を行って来た経験と

ジュニアがプロになるまで観て来た状況を

テニスコーチとして育成した経験に基づいて書きたい。

期日は近日発表します。 ※現在、作成中

目的として「才能」の正体。

才能が無ければ勝てないのか?など

疑問を持つ人に当てたいと思う。

作成完了次第期日と目次をアップします。

 

今日の写真/ストレッチ

優の母は体育系なのでストレッチに詳しい。

今日は地獄の13Uの試合で和歌山から来校された。

恵まれたパワーを持ち和歌山最強のハードパンチャーだ!

エナジージュニアとも大の仲良しでいいライバルだ。

多くの思い出といいライバルを探して爆進しようぜ!

P2010_0814_175559.JPG

全日本ジュニア!リキ優勝!

おめでとう!リキ! そして残念だった徳田君!

練習会でのスペックは明らかに徳田君が勝っていた。

しかし百戦錬磨のリキが底チカラを出したという感じだ。

ナルママが「徳田両親がトップ練習またあるんですよね?」

って言ってましたよ!って伝えてくれました。

リキ父もまた来ると言ってくれました。

石川代表の坂本母からも合宿をしてくれ!と頼まれているものの

今度はもっと各自を分析した上で

どうすれば、世界で戦えるか?を考えたい。

もうすでにリキは一足早く海外で戦う事になる。

みんな、それに続こうぜ!

 

今日の写真/トップ練習メンバー

※各地から集まったこの中の8人が全日本に出場した。

和歌山のYOUと話して各自の課題に合わせたオリジナル

練習が必要という事で。。。とりあえず一緒に練習してみようか!

とにかくナルダとYOUの試合は勝ち負けでなく

ボクシングに例えればノーガードの殴り合いだ!

これではダメだ!ハイスピードの中のテクニックが見えないと。

打ってるだけでは海外では勝てない。

しかし非力なテクニックでは話にもならない。

高校に入って筋トレすれば大丈夫という人もいるが

20年見て来て大半が失敗してきている。

とにかく個別練習を考えよう!

そこでまず、マッシュとキョ−ヘイ!

君たちの個別レッスンはスタートしてるから

出来るだけペアでレッスン受けてね!

2010_7top.jpg

当校のシステムについて。

外部からの問い合わせが増えたので説明する。

当校はテニススクールではない。

フリースクールと自称しているが。。。

わかりやすく例えると、ジュニアの会員制テニスクラブなのだ。

通常会員制テニスクラブとは好きな時に自由にテニスが出来るシステムだ

※当校はコートは朝の5時から4時まで自由に使える。

その他にナイターにレッスンがあり自由に受講出来る。

オプションで

1. プライベートレッスン

2. 練習会などがある。

外部からの問い合わせでは土日の練習会に参加したいというもの

土曜日は10時〜13時が初級練習会

※12才大阪ランキング50位〜100位レベル

13時〜16時まで上級練習会

府県上位レベル

それ以外はフリー解放なので生徒同士が連絡を取り合って

練習に来るので誰が来るかコーチもわからない。

当校のジュニアすら練習に来たらたった一人だった!という事もある。

土曜日の練習会以外は時間が決まっていないので

特に夏休みの平日練習希望の方は希望日と時間をメールで

送って頂ければ当校の選手に呼びかけて集まりそうであれば

練習可能という事になるので少し返事をお待ち頂く事になる。

よって、まったく無計画で選手の都合で流動していると

思って頂いて間違いないのである。

 

今日の写真1/忘れ物!

誰のシャツだ!汗が発酵して発酵臭が漂っている。

弁当箱もよく忘れられ中身が発酵している事もしばしば

当校はサービス業ではありませんので

忘れ物のフォローは全くしませんよ。。。

P2010_0810_160924.JPG

 















今日の写真2/動画分析

Macintoshのテクノロジーを生かして

プレイをみんなで分析しています。
P2010_0810_160730.JPG

全日本ジュニア/世界との違い

何年か前にスペイン在住の10才のジュニアを連れて見に来た。

16才/18才の試合見て

出た言葉が「みんなボール軽そうだね。」

どんな所からでもヘビーボールを浴びせかけるテニスから見れば

今回の14才を見ても追い込まれればすぐライトボールになる。

それが、今の日本の現状だろう。

上のレベルを見れば違いがわかり

しかし、それを作る環境が日本に少ない。

日本のテニススクールは何時から何時というコマを作られ

それをいくらかで購入するシステムで休めば別の日に振替える

1日ゆったり練習できる環境が世界にある。

それが出来ない原因が税制だ。

自分で土地をもってスクールをしようなら40%程税金で飛んで行く。

だから1面に多く生徒を詰め込まないと経営できない。

政治家を10分の1に減らして国家予算を削減し

その分固定資産税の見直しに当てれば強い選手が育ち

経済効果が得られるのではないか?

私が総理大臣に立候補しようか?

 

今日の写真/ナルダとリキとルイ

みんな仲良しの仲間だ。

エナジーのトップ練習会参加者の徳田君とリキが大活躍だ!

12U男子全日本参加者中で7人が参加してくれた。

みんなで応援しよう!

また、要望に応えて近日にトップ練習会開催しますね。。

保護者からの要望なので保護者間でメンバーを

集めてくれるそうですが。。誰が参加してくるかな?
P2010_0808_164034.JPG

号外 目指す者への批評

あるジュニアからの会話から出た事。

以前にも、批評家に屈するな!という内容をアップした。

当校は小学校から2時間近く掛けて通ってくれる選手が大半だ。

しかし、みんな覚悟があり、友達と遊ぶ時間も犠牲にし

目指す夢へと頑張る事の大切さを学んでいる。

多くのブログが存在し、その評論をジュニアも読む事となる。

「小学校からテニスばかりしてたらテニス馬鹿になるぞ!」

そんな内容のブログ。

しかし、何も目標もなく無駄に遊んでいるだけの子供も多く

それが将来人間形成に役立つのか?

当校はテニス馬鹿を作るスクールではない。

真に目指すジュニアのお手伝いをする事が目的で

何を目指し自分がどうなるか?は、人の勝手でしょ!

だから、私は人の批評はどうでもいい!

自分が真剣に何を目指し何を得るか?を考えて。。と言ってある。

ただ、何もしない批評家になるな!

真剣に目指した中で生み出された副産物の方が大きな発見かもしれない。

自分が信念を持って決めた道なら何を言われようと自信を持て

いつもそうだ!なにか目指そうとし努力すると批評家は現れる。

人と同じ事をしている人は何も言われない

人と違う事をすると必ず批評家にさらされる。

批評する人を見てどう思う?

自慢出来るすばらしい人生を送っているのだろうか?

 

今日の写真/プレイヤーズコース1期生の写真

この中からプロは生まれた。

この仕事をしていてプロを目指すある利点に気がついた。

プロは食えない?=本当だろうか?
2010_8_8.jpg

号外 全日本ジュニア速報! 第1章

トップ練習会参加したジュニアが健闘している。

北信越の坂本君/中国の徳田君と今井君/関西の宮井君

まずは初戦突破だ!

明日は全国小学生覇者の大島君と当校のナルダ

そして滋賀の清水君らシード選手が出陣となる!

今日はナルダとリキ(大島君)が調整の為

エナジーで練習していた。

そこへ最年少プロの佳奈美の兄貴の和紀が来校!

ナルダとリキのヒッティングに快く協力してくれた。

明日は5時30分から調整開始だ!

 

今日の写真/最新鋭キミレンコ!ダブルス初戦突破!

九州代表チームと3時間という試合時間で勝利した!

終了時間は21時だったが、よくがんばったね。

ちなみにキミレンコはシングルも初戦突破!

次は第4シードとの戦いだ! 絶対勝つ!
P2010_0529_170358.JPG


進学問題について。第1章

ある保護者との話の中で出た事であるが。

別に高校に行かなくても目指すものがあればそれをやって

それから高校に入る手もあるのではないか?

そんな意見がありました。

20年前はみんな同じ生活の中で一丸となって!という

スタイルが多かったように思いますが

当校の生徒の進学と進んだ道をレポートしたいと思います。

それが自分の進学の指針になればと思います。

 

今日の写真/全国小学生覇者来校!

日本一になった大島君が調整の為、エナジー入りとなった。

全国のレベルが見れるのでみんなにも大きな刺激になっただろう。


昨日も当校の生徒だった佳奈美が訪れジュニアと打ってくれた。

日本最年少プロになったが現在の年齢でジュニアにでると

たしか早生まれなのでまだ14才以下になる。

※14才以下のジュニアへ、すでにジュニアを卒業した同年代が

 いる事をわすれてはいけない

よく練習に来てくれるのでジュニアには参考になっていい刺激になる。

佳奈美へはジュニアに夢を与えてテニスファンを増やして欲しいと期待している。

P2010_0805_211647.JPG


関西のテニスレベルが下がっている。第2章

当社は留学事業も行っている。

※しかし今年で終了する。

いつも申し込みがあるのは関東を中心としている。

関西からの問い合わせはない。

関東はコーチも含め多くが海外遠征など関西と比べれば盛んだ。

また、海外を多く見て来た指導者も多い。

関西でそのようなコーチに会う事は少ない。

 

たとえば、私がアメリカの試合で見た光景だが

10才の男子がダブルスで平行陣を組み、ロブが抜けない!

そんなレベルを見た時、小さなジュニアでも平行陣ができるんだ!

と、実感出来た。そんなカルチャーショックを受けて

上を目指す事がコーチもジュニア選手も保護者もできるのだろう。

見た事ない人には想像出来ないと思う。

関西で海外レベルを知る人は少ない。

だから改革的な指導もできないし、また指導したとしても

受講者の保護者から理解が得られない。

指導者と受講者共、上のレベルを知った人が少ない。

これがレベル低下につながっているように思う。

 

今日の写真/コンディショニング

月2回かならず身体チェックを行い、トレーナーからの意見を貰う。

しかし、昔は保護者から「コンディショニングはいいから打たせてくれ」

という意見を貰って来た。

 

全日本ジュニアが始まり広島代表の今井君が訪れて調整した。

近日、全小覇者の大島君も訪れて調整を当校で行う。

全日本ジュニア参加者で

練習先に困れば当校に連絡くだされば対応させて頂きます。
P2010_0804_200144.JPG

関西のテニスレベルが下がっている。

某テニスアカデミーが消え、全国から猛者が集まらなくなり

女子のレベルが下がり、男子は元々関東のレベルが高く

レベルの衰退を感じる。

近年は地方からのレベル向上を感じる。

何が起こっているのだろうか?

また、何故?関東のレベルが高く関西が低いのか?

それについてレポートしたい。

 

今日の写真/時間の合間にトレーニング

当校には優秀なトレーナーチームがついており

いつも内容を管理して頂いている。

月2回のフィジカルチェックは欠かさない。

個人別にハードワークの場合はコンディショニングを

受けている選手もいる。

身体を作るからこそ最新の技術も習得できるのだ。

身体が出来てなくて技術習得には無理がある。

良いレッスンを受ければ強くなる?

そんな時代は終わっている。

力のある身体あってこそ技術は浸透していく

「技は力の中にあり」極真空手の大山倍達師の言葉だ!

P2010_0602_181723.JPG

全日本ジュニアに向けて

全小の覇者リキやトップ練習会参加者の何人かが

調整にエナジーへ訪れる。

きっちり調整して挑もう!

しかし、私には正直このレベルで満足して欲しくない。

もっと上へ! 

リキ! ナルダ! 世界へ羽ばたいて欲しい!

 

今日の写真/試合のDVD

選手からの試合動画が持ち込まれる。

私は現場に行けないので動画で分析する。

しかし、このような努力をして頂ける保護者に感謝!

dvd.JPG


カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

リンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ