2010年1月アーカイブ

第14章 運動能力とは、テニス向きの身体2

理由は書ききれないが

細身の長身というのが理想のようだ。

大人の試合で年齢も結構高い方で

細いのに、もの凄いサーブと

突き刺さるようなストロークを打つ人がいた。

特別トレーニングはしていない。

前回書いた、まさに腱の長い足を持つタイプで、

生まれつき、この体質だ。

筋肉を付けてパワーを出したタイプとまた

鋭さの質が異なり、

とにかく切れのあるボールを繰り出す。

 

日本では、細身長身タイプの幼少時代は体が発達していないので

※当然最初から長身はないし、腱も完成していない。

球技が得意で器用なタイプ(調整力/巧緻性)ばかりが重用視され、

幼少指導時期に結構見落とされている。

中学以降、突然伸びて来るタイプにこの細身長身型は多い。

※第2次性徴で本来の体質の武器が現れて来た!

しかし、もっと早く将来の体型に担当コーチが気が付き

幼少から成長を考慮し。しっかり教えていれば

もっと強く変貌していたかもしれない。。

 

次は「テニス向きの身体3」で

細身長身型VS筋骨隆々型について

 

今日の写真/足指トレーニング

     /地獄のジュニアリーグ10才以下男子ついに募集

雨なのでクラブハウスで足指トレーニングを行いました。

地面を掴む力が必要なので当校では全員に義務付けです。

 

地獄の総当たりジュニアリーグ10才以下男子を募集します。

本日、リ◯イ君が練習に訪れてくれましたが残念ながら雨!

なんとか地獄の10才以下を開催して欲しいとの事で

急遽、当校のジュニア達のアイデアで開催の運びとなりました。

とりあえず、日程は4月5日(月)です。

近日に詳しい要項を出しますね。

 

また、地獄の総当たりジュニアリーグですが、

申し込み時でも、コンディション万全でないと判断した場合

全年齢カテゴリー対象に出場を見送らせて頂く方針としました。

理由として過去の3セットで1試合の最高時間が

4時間45分になった事があります。

よって身体の負荷が万全でないと保証出来ないからです。

また、途中棄権の場合は次回の参加を見合わせる事とします。

 

これは、保護者もジュニアに対して

「途中棄権したら2度と出られへんねんで!」という事で

1. 早く寝る。

2. しっかり食べる

など、日頃の生活習慣の改善などに注意を本人にして欲しい

願いがこもっております。

ベストな体調で怪我なく試合に望む姿勢は選手としての

最低限の資質だと思うからです。

P2010_0131_112337.JPG

2010130jigoku.jpg

第13章 運動能力とは、テニス向きの身体1

トレーナーと筋肉の付き方について話した所、

アキレス腱の長さが動きに関係しているという。

アキレス腱の長い動物とは

「カンガルー」もう凄い跳躍力を持っている。

 

わずかな筋力でも地面に付くや否や反発力で

何メートルと飛べる能力。

 

筋肉とアキレス腱の付き方で車で言う

ミッションのような機能があり

トップギアで設定されているタイプと

ローギアで設定されているタイプがあるという。

これは生まれつきらしい。

ちなみに人類では黒人が一番アキレス腱が長いらしい。

 

では筋肉隆々のタイプはというと

車で言う燃費が悪いという。

 

カンガルーに例えれば地面着地をアキレスの反発で

飛ぶのでエネルギーロスがない所を

地の筋力で飛ぶのだから。。。

相当ロスがあるのが理解出来るだろう。

 

ちなみにアキレス腱の部分を鍛えるのは9才までが理想だ。

中学生以降は期待出来ないので筋力を鍛えて補う事となる。

※当校で毎日行っている「6球打ち」だ

※さらに低年齢ではラダーなどが有効だ。

 

上記はあくまでも普通の人に解りやすくたとえで書いてある。

 

試合会場に行って選手の体型を見てみよう。

これが答えだ。

 

全体的に細身なのだ。

 

とりあえず、今回のは結論ではない。

続きは次回に。。。

 

今日の写真/身体作り

当校の生徒には練習後30分以内に食事をする事を奨めている。

時間的制限があるので練習前にお弁当を済ませ

さらに終わってから栄養を摂取している。

多いのは納豆や牛乳など、今日は

ネギトロの細巻き、皮をむいたプチトマト、ヨーグルトドリンク

P2010_0128_211907.JPG

第12章 運動能力とは、どんな能力が必要か?

ある日、プロの練習を見ていた。

当時、日本の50位程の男子選手だったと思う。

廻りは凄いショットにため息と拍手だったが

私は特にその選手がバックハンドを走らされた状態から

ボールを打ち抜けないのがわかった。

 

何千ワットというエネルギーをボールに集中させるという事は

ストロークで約150程の筋肉が働き直結しなければ

このような芸はできない。

また、その筋肉の動きを生かすには関節の柔らかさも必要だ。

しかも全力で走り、急激に止まり、そこから体全体を使って打つ!

その動作は一つ間違えば転倒してしまうので身体を支える筋肉が

さらに必要なのだ。

 

この能力は先天的なものなのだろうか?

違うのです、大半が後天的に作られたものなのです。

生まれてから、このような能力があるはずありません。

しかも身体の固さは小学校低学年で始まっている。

 

この能力を作るには本当に地道な事の積み重ねなので

大半が根を上げてしまう分野なのです。

 

小学校の間は器用な子(運動神経がいい子)が注目される

場合が多く、それが才能があると勘違いされるのですが

それこそ全くの勘違いなのです。

 

運動能力とは運動神経だけでなく全体の事なので

ある程度身体が出来て来ないと解らない部分が多いのです。

 

運動神経がいい=運動能力がある=×なのである。

 

もとの素材も大事だが後天的に競技向きの身体を作る事の

要素が大半を占めているのだ。

 

次回はテニス向きの身体について


今日の写真/当校の練習会

いろんなジュニアと打つ事が勉強になります。

このような企画もありますので是非お越し下さいね。


jttr.jpg



第11章 運動能力とは、実例について2

昔からジュニアの現場を見て来て

最初、最も期待されるのは

覚えがよく、奇麗なフォームで打てるジュニアだ。

それも球さばきが上手く、試合でも勝てる。

一般に言う、「運動神経がいい」と、言われるタイプだ。

 

コーチ達も、そのような素材を好んで育てようとし

その保護者も才能があると思い、力を入れる。

 

しかし、第2次性徴後、どのような体型になるのだろうか?

そこまで考えただろうか?

 

トレーナーとの話で速筋タイプ(100m走タイプ)は

筋肉が固くなりやすいので常にケアが必要だ。

と、言っていた。

確かに速筋タイプは固くなりやすく動きも固い人が多い。

一見不器用なのだが、第2次性徴後、その身体は

もの凄い化け方をする場合が多い。

 

ところがである。

幼少の頃は非力なため不器用な部分しか見られないし

評価も低く、コーチからも手を加えられず、

保護者も才能がないと諦める。

 

よってジュニアは第2次性徴後を予測しないといけない。

いくら、「運動神経がいいタイプ」でも

将来は最新型1500cc程度の車かもしれない。

不器用でも5000ccのモンスターマシンかもしれない。

 

スクールの現場の多くは

不器用なタイプが見捨てられて消えて行っている。

だが将来を見れば磨けばダイヤモンドになる

素材が多数埋もれているのに。。

 

次回、テニスは、どんな能力が必要か?

 

今日の写真/i Phone3G 遂に購入!

MacBookを2台とウインドウズ2台に

i Phone3Gを配備しました。

ネット内にシステムを全て移行していく方向です。

日本も将来、お店も減り通販が主流となり

時代は機械化していくでしょう。

当校はフロントがいません。

お問い合わせはメールの受付となっています。

P2010_0126_150021.JPG

第10章 運動能力とは、実例について1

年齢で身体の発達する部分が異なる。

12才以下は神経系の発達

筋力などは発達しないので本来の筋力素質は、この年代で結果は出ない。

だから、低年齢は運動神経の調整力を持った者の独壇場だ。

巧みにボールをさばけるので、「自分はできる!」と勘違いする。

 

よくある、きれいなフオームで

華麗なテニスを演じるが勝てなくなって来る。

 

しかし次の年齢に待つのは

心肺系の発達から第2次性徴をへて筋力発達へ繋がる!

今まで勝っていた運動神経系ジュニアは

先天的筋力発達を持っているジュニアの

後塵を譲る事となる場面を多く見て来た。

 

運動神経は良いが、非力な子が不器用でも一発を持っている子に

サービスエースの雨あられで粉砕される。

テニスは3球で大半終わるスポーツなので

最初の一発が終局図につながる事がおおい。

 

例えるなら1500ccの最新鋭車と

旧型でも5000ccの車が戦えばどうなるでしょうか?

 

いくら、現在、運動神経よくて勝っていても

将来訪れる、第2次性徴後の筋力発達も考慮しないと

未来はみえない。

 

逆に今、出来なくても将来ある素材が

今の現状で、出来ないと判断される事が残念だ。

 

次は、実例について2

 

今日の写真/泉大津のお好み焼き屋さん

家の帰った時にいつも通う、お好み屋さんだが

子育てを通じて

いろんな会話でいつも学ばせて頂いている。

その子の能力の光る時、

それが、12才以下だけでない事を祈る。

自分を知れ!

将来、どの時期で、どの能力が伸びるのか?


20091005144425.jpg

第9章 運動能力とは、物覚えについて

何故?物覚え(入力)が悪いのか?

 

.脳に運動を覚えさせる場合

普通の人に出来れだけ解りやすく書けば

 

多く繋がった回路の中から

失敗した回路を消去して行き

成功する回路を残す!

つまり失敗して始めて悪い回路を消去するのだ。

 

小さい頃から失敗して叱られてばかりの

生活習慣で育ったジュニアに

この機能は正確に機能するだろうか?

 

.緊張させると記憶回路を切る特性がある。

焦っている時に!

「あの人の名前ってなんだっけ?」と聞かれたとき。

顔は思い浮かぶけど名前が出て来ない。

 

気の小さい子や緊張するタイプに

焦らせて、運動が上手く記憶されるだろうか?

 

その他、難しく考えるタイプなど

出したら切りがないが、生活習慣にて

物覚えが悪い要素を沢山持っているジュニアが少なくない。

 

せっかくの運動能力も、そういった生活習慣で築かれた性格などで

記憶機能がスポイルさせている場合は少なくない。

 

それは我々大人の責任ではないだろうか?

 

まず物覚えの悪さではなく

本人の持っている真のスペックに気がついて欲しいものだ。

 

次は、その実例について

 

今日の写真/韓国海苔

地獄のジュニアにて参加された保護者より

差し入れの「韓国海苔」です。

当校は韓国とも交流があり韓国海苔は大好物です!

 

差し入れ頂いた選手は受験でテニスをしばし

お休みするとの事ですが。。

まってるぞ!社長!

たまに練習会に参加しろよ!


P2010_0124_214908.JPG

第8章 運動能力とは、修得力について3

覚えが悪いから運動神経がない!=才能がない!

この考えは絶対に辞めて頂きたい。

 

覚える事=入力する力

運動能力=出力する力

 

例に出せば。。。パソコンに例えます。

Aさんはキーボードが打てない。

パソコンはOSウインドウズ7で

2GBプロセッサーのパソコンを持っている。

ソフトは最新型

 

Bさんはキーボードが早く打てる。

パソコンはOSウインドウズ3.1

25Hzプロセッサーのパソコンを持っている。

ソフトは旧型

 

さすがに、仕事をさせればBさんが速いだろうが。。

最終的にパソコン=身体能力を考えれば

どちらが仕事のできる環境でしょうか?

 

物覚えがいい=運動能力がある!

とは、一概に言えないのです。

 

スポーツの上達でも入力(修得)上手がいるのです!

この入力(修得)上手が運動能力が高いと勘違いされる場合がある。

 

保護者の方も、「キーボードが早く打てる」修得能力に惑わされず

所有するパソコンのスペック(基本能力)に、

もっと着目して欲しいものです。

 

Bさんは最初は早く仕事ができるでしょう!

しかし、早く新しい最新パソコンにバージョンアップしないといけない。

Bさんのタイプの多くは自分が出来ると勘違いして

次の仕事にトライします。

OSウインドウズ3.1 プロセッサー25Hzのパソコンのままで。。

気がつけばスペックは時代遅れになり

適応するプリンターも限られプリントアウトするにも制限がある。

なんでも出来るけど、出力出来なければ何の仕事ができるの?

 

Aさんはとりあえずワードとエクセルをマスターしようと奮闘する。

最新スペックのパソコン使用なので幅が広がり

ワードとエクセルしか出来ないが

その範囲なら何でも来い!という感じだ!

多くの周辺機器に対応出来るので、お手の物となった!

 

つまり、入力する技術と出力する身体能力は

別に分けて観る眼を持って頂きたい。

物覚えが速いから大成すると錯覚する事は

スポーツでよく見られる現象だ。

 

次は何故?物覚え(入力)が悪いのか?について。。

 

今日の写真/地獄の総当たりシングルス12アンダー

優勝は当校の白藤 選手で

準優勝は福井県1位の内田 選手でした。

怪我1名と病気1名で2名の欠場でしたが

2時に終わったので練習試合など行いました。

 

2月の練習会など当日お申し込みがありましたが

現在キャンセル待ち2名です。

クウォリティを重視すれば10名定員は崩せませんので

また、近日中に企画しますね。

そういう事でエナジージュニアへ、申し込んだ限り

突然のキャンセルは許しません。

都合悪い場合は早めに連絡してください。

キャンセル待ちのメンバーに連絡します。

適当な人は参加相手に失礼ですので

次回の参加は見合わせるのが当校の方針です。

P2010_0123_152548.JPG

P2010_0123_091106.JPG

第7章 運動能力とは、修得力について2

前回の続きで

意外にテニスは運動神経がいらない!」を書く前に

修得力について延べたいと思う。

この修得力が悪い=運動神経がない に、結び付けてる事が多い。

本来可能性があるのに「修得力が低い」=才能がない。

そう、決め付けて欲しくないのだ。

 

高校時代、運動神経がないと思っていた私に

絶望的な光景と出会った。

体育館で壁打ちをしていたら、同級生の女子が

「白川君!ラケット貸して!」という、

何気なく貸すと上手くラリーが出来るので

「軟式してたん?」と、聞くと。。

「ううん! 始めてやねん!」と、一言。。

私は え!っと思い愕然とした。

テニススクールもない時代なので自己流で半年かかったラリーを

いとも簡単に、全く打てない女子がいきなりラリーしたのだ。

たしかに奇麗な打ち方ではないし続くわけではないが

何回か打ち合いになっている。

 

こんな奴がテニスを始めたらどうなるだろう。。。

大会を総なめにするだろう。。と、そう思ったし

自分の能力の低さに自己嫌悪を感じた。

 

授業で学んだ体力5要素の中の調整力に含まれる巧緻性

それが自分にない事と教師より生まれ持った能力と言われた事が

深く脳裏に浮かんだ。それがテニスを続ける上でいつも

自分の限界を作って来た。

さっきのような女子が勝つ様にスポーツはなっているんだ。

そう思った。

 

しかし、それと身体能力は全く違うのだ。

そして競技能力も違うのだ。

それを何回かにかけてアップします。

もし、運動神経がない!修得力が悪い!と悩んでいる人がいれば

手助けになりたいのです。

 

今日の写真/寄付して頂いた湯沸かしポット

明日は地獄の総当たりジュニア12Uの開催日です。

しかし、湯沸かしポットが壊れてしまった所、

山本さんがゴルフの賞品ですからと寄付してくれました。

ありがとうございます。

 

最近、ライジング練習が増えましたが、

ライジングを選択する判断が甘い!とカ◯に注意したばかり

相手の体制を観察して打つ様に指導しているが。。

今後、リターンの強化とライジングの選択やタイミングなど

どんどん進めていくので頑張ってついてこい!

それと「ひっぱたけるライジング!」

土日もできるだけ時間をかけたいので来て欲しい

※体力的負荷より、まず頭! 理解する事!

君たちの脳みそにインストールするには時間がかかるんだよな〜

次の日曜日は外部からも参加者が来るので頑張ってくれ!

P2010_0122_212832.JPG

第6章 運動能力とは、修得力について

技術修得にあたって、覚えの悪い人と

覚えのいい人がいるが、運動能力とは異なる。

性格的な部分が本来良いはずの覚えを阻害し

スポイルしてしまっているケースもあり。

覚えが悪いからといって運動神経が悪いと決めつけるのは良くない。

 

正直、スポンジが水を吸い込むように技術は修得するが

勝てないジュニアも多く存在する。

 

覚える=入力

運動能力=出力

 

上記はとりあえず普通の人に解りやすく説明したが

こんな事を何故書くのか?という理由は

私が見て可能性があるジュニアがいるとしよう。

しかし、本人が 又は保護者が

覚えが悪いから運動神経がないからダメだ!

と、決めてしまっているケースも少ないないからだ。

不器用な奴でも私から観れば良い素材がいるのだ!

 

テニスは運動神経が必要というより

覚えるまでが大変なスポーツだという事が解る。

今までの事例を元に

次回は 「意外にテニスは運動神経がいらない!

その理由について。。

 

今日の写真/山奥の冬景色

先日の雪でコート周辺が覆われた時の写真だが。

こんな和歌山の山奥へ遠くから通うジュニアが多数いる。

ここから世界へ送り出したいと思う。。

 

近年、サーブとリターンが弱いジュニアが多いように思う。

特にサーブは肝心だ!日本人はサーブが弱い。

アンダーサーブからのゲームだと

日本と世界は互角に戦える。。

P2010_0113_135553.JPG

第5章 運動能力とは、まず自分を知れ!

この文章は当校の生徒に宛てたものです。

 

「自分は運動能力がない」と、勝手に決めつける。

特に学校スポーツの中の球技が不得意な為に

テニスも出来ないのではないか?

これ以上上達しないのではないか?

という不安にかられる。

私がそうだった。そんな気持ちにさせたくない。

フタを開ければ現在のプロだって

デ杯選手がジュニアより足が遅い選手もいる。

だから自信を持って欲しい!誰も完璧はいないのだ。

しかし自分を直視して欲しい。

だから、まず自分を知れ!

 

200キロサーブは約4000ワット以上のエネルギーだ

筋肉1キロで約150ワットの出力から考えると

26.6キロの筋肉が一同に集中しないと

難しいのが理解出来る。

26.6キロの筋肉の大きさは想像出来ますか?

車のエンジンでいえばカウンタックの12気筒エンジンか?

 

車で軽4の車体に12気筒5000CCエンジンは乗せられない。

よって身体の小さな選手は200キロサーブが無理なのは

理解出来るだろうか?

 

できない!天才ではない!そんな自分を直視した時に

奇跡は起こるのだ!背水の陣が引けるのだ。

日本のプロ達が先陣を切ってくれた。

小さくても活躍してくれたプロ達もいるのだ!

そこから学び大きく羽ばたいて欲しい!

 

だから自分を調べて自分を知れ!

私のような失敗作は私一人で十分だ!

希望を持って欲しい!

きっと、自分の長所は見いだせる。

 

今日の写真/肩甲骨の可動範囲

肩甲骨の動きが固ければ肘などの故障に繋がる。

一昔前はフライパンサーブと言われる厚いグリップのサーブが

ジュニアでは多かったが最近では幼少からコンチネンタルグリップで

サーブを指導するスクールも増えた。

※指導技術の水準が上がったという事だ。

肩甲骨の可動範囲を無視すれば肘などの故障に繋がる。

事前にチェックし身体作りを行う必要がある。

近年、技術の指導水準向上と共に

身体の水準が付いてきていないように思う。

技とは力(身体)の中にあり

身体なくして技もないのだ。

P2010_0120_194933.JPG

 

 

第4章 運動能力とは、運動神経について

前回の内容からすれば

後半の30%が運動神経の土俵だとすれば

なぜ?勝者と敗者の得点率が五分五分なのか?

勝者と敗者の運動神経は互角なのか?

 

確立論から見れば

強者に勝つには5球ヒットできる状況に

持って行けば対等な立場になるという事

この、土俵はどんなタイプの土俵なのだろうか?

 

それはレトリバー(つなぎ屋)なのだ。

トップスピンのストロークを駆使して

重いボールを繰り出し続ける能力の高さ!

遅い時間を作り出せるテクニック

果たして?この戦術に運動神経が必要なのだろうか?

 

あくまで専門的ではなく一般の人に解りやすく説明する。

運動神経と運動能力は異なり、この辺が混同している。

運動神経なくても運動能力は作れるのだ。

 

運動神経のある選手の特徴は

(例)

相手の剛速ストロークをドロップショットで前に引き釣り出し、

その返球をロブで敵の頭上抜き、苦し紛れの返球を絶妙な

ショートアングルボレーで仕留める!

 

こんなプレイを毎ポイントしなければならないなら

運動神経のある素材が勝つであろう。。

しかし、そんな場面は何百回と繰り出されるプレーの中で

1回か2回はあるかどうか解らない名シーンである。

それを求める練習を毎日していないか?

 

確かに名シーンは5球続く中で見ることができる。

しかし、その後半30%の土俵はレトリバーの土俵であるのだが

その中の一瞬で運動神経を披露できる場面に出会えるのだ。

 

運動神経が必要な名場面は後半30%の中の0.0何パーセント内で

始めて出会えるので、運動神経の必要な土俵とは

後半の30%の中の0.0何パーセントという事になるのではないか?

 

今日の写真/トレーニングの写真

練習で、絶妙なショットや華麗な舞とも言える身のこなし

しかし、それは後半30%の中の0.0何パーセントの中でしか

出会える事のないシーンであり練習上手な練習生になってしまっている。

テニスの選手の実態は身体の動力系の能力と

頭の良さ(判断力や発想力)の比率が多いのではないか?

調べれば以外に学校授業で球技が得意な選手が少ない。

ウソと思うなら強いジュニアの学校授業の球技が得意かどうか

聞いてみればいい。。それが答えだ。

20100119234830.jpg

第3章 運動能力とは、事例

練習は巧いのに試合だと全然ダメ!

逆に練習ヘタなのに試合は何故か勝つ!

ここから考えて事例に入ろう。。

 

テニス学会の第一人者の友末教授が当校の

アドバイザリーに参加頂いているが、

面白い資料を頂いた。

 

勝者と敗者の全ポイントを数えると、

1. 勝者は3球で終わった点の大半を取得している。

2. 5球以上ラリーの続く点を比べると勝者と敗者は同数である。

※サービスを含みボールにコンタクトした数を上げている。

これが最初の文章の答えだ。

 

プロでも鈴木貴男のショートアングルボレーを

ポール廻しで仕留めるフェデラーなどの場面など

名勝負が観られるのは5球以上続くラリー中だ。

 

大半の練習とは5球以上続くラリーだ!

試合で当てはめれば巧みさが最も見える場面だ。

これは練習上手!つまり運動神経のよい選手の土俵だ!

 

ちなみに3球以内でゲームの70%が終了し

5球続くプレイは後の30%に属する。

分析では30%内の5球続くプレイ取得点は

勝者も敗者も略、同数!

見た目にテクニック満載でラリーの応酬の練習やレッスン。。

その練習は相手と引き分けたい為の練習なのか?

そしてその為の運動神経は必要なのだろうか?

 

事例に入ろう。

試合経験数の少ない選手が地区王者からセットを奪った。

彼は不器用だが1発のサーブやショットを持っているのだ。

※その選手の得意競技は100m走/球技は苦手という事だ。

 

サーブを含めた3球内のテニスは凡戦でつまらない。。

見てても全く面白くない「べち!びち!」っとすぐ終わる。

そんな内容が全体の70%を占める中で運動神経が必要だろうか?

しかし、そのつまらない凡戦を制して始めて

後半戦の30%を占める運動神経が必要らしき領域に入れるのだ。

練習上手の選手は最初の70%をクリアできない内に負けている。

運動神経の必要としない70%内で前例の選手はセットを取ったのだ。

練習ヘタでも3球内で「べち!びち!」でも得点できる者が勝つのだ。

 

それを考えれば、

ラリーの続く戦い方なんて感心しない戦い方だ。

理想の空戦は相手が気づく前に落とすものだ!

 

今日の写真/ヘビー級vsライト級の戦い

世界を見つめる眼も大事だが、それを踏まえた上で

足下から地道に練習して行く事が大事だ。

奇麗な後半30%のテニスの前に前半戦の

一見ダサイテニスを制した者が勝つのだ。

P2010_0118_192204.JPG

第2章 運動能力とは、何が必要なのか?

さいしょに

運動が得意ではない!運動神経がない!と思っている人へ

運動5要素を考えれば誰もが何かに属しており

運動のできない人はいないのだ。

特にテニスはプレイスタイル別に必要能力が換わり

誰もが必ず何かの能力に引っかかっている事が解った。

「自分に才能がない」と、思っている人こそ

自分を直視するべきであり、きっと長所が見つかる!

運動神経があると思っている人こそ危機感を感じるべきだ。

 

テニスに必要な運動能力などテニス協会の指導書などで

書き出されていると思うが、あれは総合的なもので

あれから自分を理解するには難しい。

よって基礎知識のない人には参考になりにくい。

ヘタすれば絶望感を感じてしまう。

 

これから書く事は自分にとって何が必要なのか?を

見いだす手がかりなのだ!

そこで下記を分析してみよう!

1. 得意なスポーツの種目は何なのか?

2. 苦手なスポーツは何なのか?

その種目の特徴を視れば長所と短所が見えて来る。

その要素でテニスに必要なもの不必要なものも見えて来る。

残った素材を集めると自分のプレイスタイルが見えて来る。

 

次に

現在のスタイルと目指したいスタイルと素材から見たスタイルの

3つのギャップは何かを考えてみよう!

すると必要な能力も見えて来る。

 

まず「得意不得意のスポーツ」を、書き出して

コーチの所へ持って来てくださいね!

 

まず、自分を知る事なのです。

そうすれば「何が必要なのか?」が解るのである。

東洋人に最初から天才などいやしない。。

しかし長所短所を直視し不足点を補い長所を延ばせば

天才に近づけるのだ。

「何が必要なのか?」それは個人別に見つける事だ。

 

そして、だれもが天才に近づける事を信じる事だ!

 

次は事例について、

 

今日の写真/地獄の総当たり15才以下ジュニアリーグ表彰式

 

中学生の中に12才関西ジュニア決勝進出の2人が挑戦した。

しかし、中学生の洗礼を受ける事になる。

今後、中学生の各府県のトップ級に地獄のお誘いをしよう!

それと2月11日の練習会ですが満員になりました。

関西ジュニア級が集まりハイレベルな練習になりそうです。

2面がマッチで1面がサービス&リターン中心の練習です。

P2010_0116_190126.JPG


運動能力とは? 第1章

運動能力から測る世界への挑戦対策の題を突き進むにあたり

断片的に、今までの当校での視点を上げてみます。

「うちの子は運動神経ないから」と、諦めている家庭もあるでしょう。

一般に学校生活の中で言われる「運動神経がいい」と

評価されるジュニアをパソコンに例えると。

表計算/ワープロ/パワーポイント/ホームページビルダー

フォトショップ/イラストレーター/翻訳ソフト/会計ソフト

年賀作成/など、多くの機能を備えたパソコンに例えられる。

※いろんな事をさせてなんでもできる!

 

しかし、「何を目指すのだろうか?」によって使用するソフトは異なる。

デザイナーを目指すのなら、フォトショップ/イラストレーターが

中心で、表計算/ワープロはその次に必要なる機能で

後の機能は目指す目標に何処まで必要なのだろうか?

あれば便利であろうが、年賀作成ソフトなど年末以外使わない。

 

これをスポーツに当てはめると

バスケットで四方八方、人に囲まれた中で敵と身方を

瞬時に判別する能力はテニスで必要であろうか?

まず、テニスは大勢の敵と味方に囲まれる事はない。

 

デザイナーの使用するパソコンにGPS機能は必要ない。

しかし、何年かに1度、必要な場面があるかもしれない。

その為にGPS機能を付けますか?

 

「うちの子は運動神経がない」と、思っていても

今、行うスポーツに必要な能力があればいいのです。

全ての機能が必要なわけではない。

 

第2章     何が必要なのか?

 

今日の写真/地獄の総当たり15才以下ジュニアリーグ参加者

     /参加出来ない小学生は駐車場でラリー練習!

 

全国中学生参戦選手や奈良県3位の選手、が集まり

盛り上がりました。

優勝は 松本 貫太朗選手(大正中学)でした。

近日に錬成会ホームページにアップ致します。

 

参加された他校の保護者より、今後のジュニアの進路など

悩みは多い事を聞きました。何処のスクール生も同じ悩みを

持ているようですね。進学や留学なども含めて

学校の現実と対策をこのシリーズ以降にアップしますね。。

P2010_0116_091528.JPG

P2010_0116_132048.JPG

運動能力から測る世界への挑戦対策

何回かにわけて書こうと思う。

まず、自分の能力について考えてみよう!


身体能力テストなどを行い、どのような競技に向いているか?を

見いだす企画が全国的に出て来ようとしている。

和歌山での「ゴールデンキッズ」といわれる企画もその一つだ。

学者さんが研究してテニス向きの運動能力を上げているようであるが

近年気がついたのであるが大きな見落としがあると思う。

それは後に置いておいて

 

皆さんはテニスに必要な運動能力は何だと思われるでしょうか?

いろいろな要素はあるでしょうが

運動神経/才能がないと

思われているジュニアや保護者への指針になればと思い、

次回へ続きます。

 

今日の写真/私が以前テニスジャーナ誌でレポートした記事

 

新しい企画で「遠隔レッスン」というものを明日から開始しました。

当校内で行われるものですが、

明日は地獄のジュニア15才以下リーグで

低学年は参加対象外なのですが練習したいジュニアもいます。

そこで市営コートを借りて自分たちで練習するのですが

練習内容や様子を電話/写メなどを使って指示するものです。

これに関しては保護者の協力がなければ出来ないのですが。

当校の自慢は現在の保護者の連携の良さです!

ボールなどはスクールから貸し出しますが全て無料にしています。

また、日曜日のプライベート枠に2人ひと組で行う

「スペインドリル」も開始しています。

常に、プライベート用紙に注意してくださいね!

P2010_0115_231451.JPG

自分の限界に挑戦するテニス選手の資質!

自分の限界に挑戦したい。そんな考えがあり

自分の考えで「自分の限界に挑戦したい」って

自身で思い行動しようとした時点で第一関門の合格なんです。

 

しかし、次の難関がある。

「自分が運動能力がない。」と思ってる人!

コンプレックスを持っている人が

次の第2関門で脱落するのです。

つまり、あきらめ。。

 

その前に自分の素材を見つめてみよう!

そこで、日本のトッププロ達の身体能力はどうだろか?

以外に普通なんです。

※ある機関のデーターに基づく

 

「運動能力がない」と思っている人に

言いたいのは東洋人に生まれた時点で

手遅れで、運動能力を中心に考えるなら

黒人や欧米人に生まれるべきでしたね。

 

でも、君は世界に挑戦してみたくないか?

その為には東洋人としての肉体で挑戦する事になるから

自分の能力を的確に知り、欠点だらけを如何に補うか?

 

ライト級でヘビー級に挑むようなもの!

350c cで750c cのエンジンのバイクに挑むようなもの!

ルマンにGTRで挑むようなもの!

 

そんな挑戦にこそ! 人間的成長がある様に思えるのだ。

私は自分から全力を尽くしたいジュニアに真っ向から向かいたい。

 

次は「運動能力から測る世界への挑戦対策」

 

今日の写真/当社の昔の封筒

 

2月11日に9時から4時まで練習会を開催予定です。

外部は7000円となっています。5年生以上

サービスとリターンを中心に3面コート10名までで

行います。

20100114232627.jpg


うちの子は何も考えずに打ってるだけですか?

ある保護者からの質問だ。

「何も考えず打ってるだけではないですか?」っと、

他の方から危惧されたと、いう事だ。

そう提言されば不安であろうと思うし、

質問を受けた時、詳しくお答え出来てなかった事と

同じ様に疑問を持っている保護者もいらっしゃると思うので

ブログでアップしようと考えました。

 

たとえで「ポーチボレー」で表現すると。

2つの手順があるとします。

1.         何も教えないで好き放題ポーチに出まくらせる!

2.         出方をきっちり指導してポーチさせる!

私は1の手順から入る方が多いのです。

無謀と思える様に動き回り失敗する中で学ぶ者は

1.         出れそうにないと思った距離が以外に取れる。

2.         失敗の仕方を覚える事でやってはいけない事が体で解る。

 

酒を暴飲し失態する事で自分の限界とマナーを覚える事と同じだ。

何より、自分の限界が解るのです。

 

それに対して2の手順ですが、

順序よく説明しながら指導すると活き活きとなり

理論的に自分で分析して自分なりに

枝葉を延ばして行くタイプもいます。

※理論的に理解して動く時に楽しさを感じるタイプ!

 

そのような、ジュニアもいるので指導手順はやはり

そのジュニアの特性を見て判断します。

よって全てハードヒットや冒険が当校の方針ではありません。

 

「何も考えずに打ってるだけでは?」と、心配し

危惧されたこのジュニアは私が1の手順で指導を導入した

対象者のようです。

 

無謀とも言えるハードヒットやライジング、ドライブボレー!

これは何も考えさせていないのでしょうか?

それは自分の限界点を試合で確認させるように

私が指示している事をジュニアは実践しているだけで

何も考えてないわけではありません。

 

なぜなら、このような指導は

全ての場面で本来最適なショット選択方法を

打ち合い中で自分の口で説明しながらプレイする

練習もすでに完了した上で行っているのです。

 

その一見無謀に見える攻めは

本来守るべき場面である事を理解した上で

攻めて行かせた!という事なのです。

その方が、その子にとって自分自身の限界を

理解させやすいと判断しての手段です。

 

だから、保護者にお願いしたいのは

まず、無謀なプレイをした時は理由を聞いて上げて欲しいのです。

コーチの指導からの行動であれば私の責任です。

本人の頑張りを認めて上げて欲しいのです。

 

そして最後に、きわどい局面でしっかり打てるハートは

本番でないと鍛えられない。

だから、無謀でも挑戦させたいんです!

 

今日の写真/エナジーの雪景色とつらら

日中雪に見回れあたりは真っ白で夜は氷点下となり

キミレンコが、つららを見つけて来た。

ボールが凍り弾まなくなっていた。

 

2月の地獄のジュニアも石川県1位が参戦表明!

福井 石川 和歌山 大阪の1位が激突予定

あと3人で締め切りです。

1月も2人枠を広げましたから2人だけ募集します。

P2010_0113_134838.JPG

P2010_0113_212559.JPG

テニスエナジーのテニスはハードヒット?

これは間違いです。

たまたま、今回担当した素材がそうであって

全員ハードヒッターというわけではありません。


2000年始め、近畿大会上位独占時代がありました。

その中の一人が現在プロの山本 愛

それを追う奈良くるみ時代。

※奈良選手は江坂テニスセンターの選手

当時のエナジー選手のプレイスタイルはバラバラで

愛、以外はパワー不足の選手達ばかりでした。

しかし、誰が強いという事もなく

全員順番に近畿大会を優勝して行きました。

 

その選手の素材に合わせて育成していますので

今の選手のスタイルが方針と思われても困ります。

 

次回、「うちの子は何も考えずに打ってるだけですか?」

に、ついて。。。

 

今日の写真/プライベートレッスンの表

今回も保護者の方に迷惑をおかけております。

嬉しい事にプライベートレッスンが一杯なのですが、

入れなかった方にも個別に御相談頂けば時間を作って

対応しようと思っております。

申し訳ありません。。。

20100113002040.jpg

継ぎはぎ(ツギハギ)のテニス!

試合の負けるごと

バックが悪いから。。

フォアが悪いから。。と、欠点を修正する。

そんなテニスは。。

最終的に、そのテニスは、どんな進化をするのだろうか?

その構想は? 私には未来が見えない。

 

それより、どんなテニスを目指すのか?

 

エナジージュニアにつぐ。。

自分のしたいテニスを貫け!

試合中に自分のテニスを貫けないなら

自分のテニスを貫いて潔く負けろ!

あきらめず、自分のテニスを貫いた中での敗北の中に

自分の欠点が学べるのだ。

 

自分のテニスを通せ! 負けても 負けても

自分のテニスを通せ!

 

そうしないと、その場しのぎの

ツギハギテニスになってしまう!

 

今日の写真/単行本 軍鶏(シャモ)

軍鶏とは戦う鶏の事

日本人が外国人と戦う事は

軍鶏と大鷲の戦いと同じだ

軽量級の選手と重量級選手の闘いと同じ。。

私は軽量級選手をヘビー級で勝たせる!

絶対に!

20100111194649.jpg

ショットが良くなったのに何故負ける?

悪いショットがあり、それに磨きをかけたい!

誰でも思う事なのだが。。

確かにショットの切れやパワーなどを向上させる事は

競技力向上にもつながるのはずなのだが。。。

 

ある主婦のダブルスの話である。

その一人は「滑る切れのあるボレー」を修得したいと願っていた。

その人のボレーはバウンド後に変化がなく返球が簡単なのだ。

そして努力の結果、鋭いボレーを修得した。

しかし、結果はというと「勝てない」のだ。

 

勝てない原因として判明した事は、

以前と比べて相手の返球のロブが増えた事だ。

鋭く切れのある「イナズマボレー」は威力充分なので

相手はすかさずロブで逃げて来るのだ。

ちなみに、この主婦の方はスマッシュ系が苦手!

 

この主婦の以前のボレーは威力がないので

相手はロブではなく普通にストロークを打ってくれた。

さらに巧みにコントロール出来るので

相手を動かし、なんとかポイントを稼いでいた。

ところが、パアーアップしたボレーの返球先は

自分の頭上(つまり急所)になってしまった。

 

ショット力を上げる前に使用する前後の

ショットの強化も状況によっては行う必要がある。

 

ジュニアでもショットが良くなったのに負けるのは

目先のパワーアップだけに気を取られて

次の返球などを考慮して練習していないのではないか?


次回は、継ぎはぎ(ツギハギ)のテニス!

 

今日の写真/ミスは氷山の一角を説明する図

ミスの原因は、その下に多くの原因が眠っている事を

解いている本の1ページだ。

単に悪いから直すと考えるのではなく、その前に

詳しく調べ、かつそのショットの前後のプレイのバランスを

考えて取り組まないと大変な事になる。

単にフォアが悪いから!ボレーが悪いから!と直して行くと

破れた所を継ぎはぎしたシャツのようなテニスになってしまう。

20100109200427.jpg

当校の身体能力の当てはめ方!

「体力の5要素」は

筋力 持久力 瞬発力 調整力 柔軟性の

5つの分類になり、その中の調整力もさらに

敏捷性 巧緻性 と、後、何かあったかな?

さらに細かく分けられる。

ちなみにこの分類は私の高校時代の教科書なので

古いようで今はもっと明確になっているようだ。

私自身は、これが理解しやすいので

レッスンの発想ではこの「体力の5要素」で考えている。

 

ジュニアの動きを観る時に、そのジュニアのスペックを

体力の5要素別にバラバラで分解して観て行く。

それをさらに分解して行く。

すると、どの競技向きかがおぼろげに出て来るのだ。

※あくまでも身体だけからの側面的判断であり結論ではない。

 

次にテニスのゲーム特性を当てはめていく。

(例)

1ポイントの70%が、一人3回ボールを打つだけ

5秒以下のゲーム平均60%前後  etc

 

球技向きとされるジュニアは練習では巧い!

しかし球技特性を行かせないまま

試合が終了している場面を多く観る。

それに対して練習ベタなのに試合は強い選手も多く観る

その人は調整力の中の巧緻性が少し良くないが

それ以外の何らかの特性があるようだ。

上記のデーターは以外に陸上競技選手が当てはめやすい事が解った。

※神経系より動力系に長けた選手など。

 

(例)

ラリーはヘタだがサーブだけは230キロ以上だせる人と

試合をしたとしたら。。どうなりますか?

一部の飛び抜けた能力がある人は結構手強い。

そんな人は陸上向きの人に多く観られます。

 

よって、自分を球技音痴と思っている人でも

自分の特性を掴めば、テニスは以外と勝てるのです。

もしかしたら、素晴らしい能力が見つかるかもしれません。

理由は。。。。

1点取るのにサーブ含めて3回しか打たない事が多いのに

そこまで球技能力が必要なのだろうか?

 

文章が長くなるので疑問点は各自質問してください。

 

今日の写真/前回の地獄のシングルス!

写真がぼけててすみません。

「地獄の特訓!」という企画を考えています。

参加者に近日メールしますね。。

それと、保護者に、「今日はショット練習の弊害」に

ついてアップしますと伝えましたが

明日にしますね。。内容は。。。。

「ショットが良くなったのに何故負ける?」

20091219110355.jpg

自分の運動能力(身体能力)を見極めろ!

※このブログは当校の方を対象にしていますので

 当校の方の質問はメールと現場でお答えします。

 

以前にアップしたブログで。

自分の才能とは?自分の素材を知れ!があったが。

自分の見極めをする材料なのだが、基準となるのが

心 技 体 と言われる3要素の中の「体」である

「体力の5要素」だ。

※私の高校時代の教科書なので古いが今も基本は同じ

その中でテニスに必要なものはなんだろうか?と、

当てはめて行けば答えが解るのだ。

一見運動神経が良いとは言っても、いろんな要素が

複合的に入り乱れており、ある優れた要素が

希望競技に必要以上の能力を持っていても仕方ない場合がある。

 

今日、たまたま保護者と面白い話をした。

バスケットボールなどは四方八方を敵と味方に囲まれており

常にレーダーを張り巡らせなければならない能力が必要だ。

私など柔道出身はこの能力が無い。

※前方にしかレーダーがなく大勢の数を捉えられない。

よって私はゴールにボールを入れる能力は高いものの

ドリブル中に囲まれると、よく敵にボールを渡してしまう。

 

例え話にすると。

現代の軍艦(イージス艦)はミサイルなど

同時に128目標追尾可能なイージスシステムがあるらしい。

もし、敵が4目標しかいない世界があるとすれば

その世界では最先端のイージスシステムも無用の長物である。

 

それと同じ様にテニスは最大ダブルスでも

前方に人2人とボール1個、後方に見方1人の

最大4つの動きに対応する能力があれば十分で

バスケットボールの様に敵味方含めて大人数に対応する

イージスシステムは無用の長物となる。

 

私が解った事は他競技向きと思われて来た素材でも

テニスに活かせるを能力の要素を選べば良いし、

一見天才のようなジュニアも無用の長物の固まりという事も多い

テニスとは戦術に必要な要素を巧く当てはめればいいのだ。

テニスは数秒で決まる事が大半のチャンスの競技であり

※武器を持つ者は強い。

その上、戦術は数千通り以上ある。


対照的なのは陸上競技など、

特に100m走など身体能力の占める割合が高すぎて

足が「速い/遅い」の差は生まれつきだ。

100mに、数千通りの戦術はあるのだろうか?

 

今後、保護者にもジュニアに個別に

特性を伝えて行きたいと考えていますし、

その上で戦術/戦略を考えて頂ければと思う。

 

次は身体能力の当てはめ方を説明しますので

それを参考に質問は私に直接してください。

テニスの戦術は数千通り。。

それが身体能力を上回る希望なのです。

 

今日の写真/夕食と寒さ対策

当校の生徒は1〜2時間程かけて当校に通ってくれています。

よってお弁当持ちなのでクラブハウスで夕食です。

他校でもそうでしたが、本当に頑張るジュニアは

遠くから通うジュニアが大半です。

それは覚悟があり、時間を無駄にできない気持ちがあるからです。

それとコートは極寒ですのでペットボトルに熱湯を入れて

湯たんぽがわりにしています。結構、手は暖まって練習に

集中できるんですよ。。

20100107161829.jpg20100107212801.jpg

ある御家庭の勉強対策

保護者との会話で

自分の家はテニスをさせたいので

勉強は学校に合わさず、塾の先生と話して

どんどん先に進めて行く様にしているそうだ。

 

元々、私がアメリカのレポートで現地の11才の

子供がすでに高校までの単位を取得して

高校に入れる年になってから

もう一度高校に入り直しそれまでは

テニスに集中させよう!という家族がいた。

 

それをヒントに

別に学校のペースに合わさなくてもいい

学校の授業は復習という事で

できるだけどんどん先に進めさせて余裕を持たせよう

という事らしい。

その子は小学校低学年で通常の1年早く

勉強が進んでいるという。

 

なるほど、いいアイデアだ。

低学年の頃は時間も充分あるし。。。

この頃だからこそできる計画のようだし

近い環境の御家庭には参考になるのでは?

 

今日の写真/前回の焼き肉パーティー

ジュニア達が近日新年会を計画しているようで

会場が、また「にくまさ」で焼き肉パーティー

らしいが、セント◯ンは鍋がいいらしい

まあ、何処にするかコーチは近場が良いが。。

20091011202600.jpg

20091011201351.jpg

コーチは何を考えているのだろうか?

あくまでもこのブログは受講されるジュニアや

保護者の方との意思の疎通を踏まえて上で

楽しく読んで頂ければという目的である。

 

昔、知人のアドバイザリーのコーチから

「白川さんの考える事はでかすぎる。」と、言われた事がある。

多分、保護者の方もジュニアも、そう思っている方も

少なからずいると思う。

 

独立前、中央区でビルの1空間をタダで借りていた事があった。

その社長は電話1本で商売を、始めてビルを何件も所有する。

 

その社長が言っていた言葉が

「日本地図を真上から見て考えよ」だった。

※エナジーに世界地図が張ってある理由がここにある。

目標は大きい方がいい 話が長くなるので簡単に言うと

 

20人のお客さんを集めて商売を考えても

それ以上にならない。しかし5万人集める事から考えた方が

可能性は大きいというのだ。

5万人集める事は言う事はデカイが 考える事はタダだし

その方が手法の発想が生まれるというのである。

そう!どうせタダなのである。

 

テニスも「ローカル大会の上位を目標」とした場合に

出て来るアイデアは何が生まれるだろうか?

※せいぜい◯◯君に勝つ為の対策(笑)

それに対して世界を目標にした場合

いくつ、そしてどんなアイデアが生まれるだろうか?

当然、「世界を目標」に決まっている。

多くのアイデアが生まれ、かつ考える事はタダなのだ。

大きな目標を持った上で「まず1勝!」

「まず1勝!」が目標であってはならない。

 

よって、「またコーチのでかい話が始まった!」という

時は、以上の理由からなのだ。

 

今日の写真/伊達 公子

またまた日本のエースに返り咲いた。

伊達選手の当時のテニスが今も通じる事を実証した。

また、ライジングブームは訪れるのだろうか?

当時の指導手順の失敗はボールが軽くなる事

ひっぱたくライジングではなく合わせ打ちの

ライジングが頻繁に打たれた為だ。

スペインのコーチがそれをみて

あれは攻撃ではなくハーフショットといって

ディフェンスのボールだ!と苦笑して言った。

上がりっぱなのボールを潰して打てるだろうか?

20100106032906.jpg

自分を知れ2

小学校時代、私は元々柔道だった。

当時の指導法から観れば柔道の才能はないという評価になる。

それは高校時代の授業が分析に役立つ。

 

何が足りなかったのだろうか?

それは「頭が悪い!」

発想というものがなかったのだ。

技のレパートリーがない。

勝てたのは左投げを中心とした事だった。

※私は左利き

まず、立って戦わなければならないと思っていた。

もし、すばやく寝技に持ち込む事を指導されてれば。

自分の柔道は変わっていたと思う。

小4の頃の対戦相手は84キロの体重を持っていた。

私がコーチなら絶対勝たせる様に指導した。

※私も指導者もスピリッツが足りなかった。

 最初から負けると思っていた。

勝つ為には当時のソ連の格闘技サンボを指導に導入しただろう。

そして、型にはまらない戦術で寝技に持ち込み

体重差を克服しただろう。

当時、柔道で強いジュニアは頭が良かった。

いろんな技をたくさん繰り出せてた。

発想を持ったジュニアが伸びていたのだ。

元々、柔道の競技の頭の使い方が巧い選手が

指導者からすれば指導しやすく

※それがセンスはいいと評価されていた。

指導しにくいジュニアは後回しにされる。

しかし、頭の使い方は指導者の力で後から

インストールできる事が解った。

それに気づくかどうかが指導者の手腕だろう。

その子なりの大きな武器を持っている事もあり

それを見落とす事は大きな損失だ。

私はいつも後回しにされていた。

 

発想の転換 柔道だから柔道にこだわらなくて良いのだ

サンボなどの格闘技を加えればオリジナルの勝ち方が出来たはず。

 

今日の写真/動画分析

いろんなジュニアの状況を見て

素材を知る事が大事なのだ。

運動神経のあるジュニアが連敗を続ける事も多い。

センスがあるように見えて勝ってない場面は多い。

自分の武器を見つけよ。。


20100104200915.jpg

自分を知れ!

自分の素材が解れば方法は速いものだ。

上達過程であせらないでほしいのが

14才前後のジュニア達だ。

第2次性徴という時期が始まる頃である。

 

アニメのドラゴンボールのスーパーサイヤ人を

ご存知だと思う。まさにそれそのもので

車で言うノーマルとフルチューニングの差がある。

つまり改造車とノーマル車が混同して走っているのが

このカテゴリーといえる。

 

勝てないのは、自分がノーマルで相手は既に

スーパーサイヤ人化している場合もある。

 

長年指導して来て第2次性徴の威力は凄まじい。

同じスクール内で指導して来て

大阪を連覇して来たジュニアが

テニス歴は浅いが身体の出来て来たジュニアに

いとも簡単に抜かれる事も見て来た。

 

特に日本人は性徴が遅い

負けたからといって焦らないで欲しい。

逆に第2次性徴に助けられて勝っているジュニアが心配だ。

変に自分は出来る!と、勘違いしてしまう。。

 

先ほどの「いとも簡単に抜かれた大阪を連覇して来たジュニア」

だが、第2次性徴に達するといとも簡単に

抜き返して、そのジュニアの遥か彼方に突っ走っていった!

 

自分の身体の成長度合いを知っておこう。。

そろそろ本番に備えないとダメだぞ。

カ◯ セン◯クン ジ◯ンイ

 

今日の写真/年賀状

まだ、書いてないよ。。どうしよう、

しかし、年賀状が減って来てるようだ。

今やメールの方がダイレクトだし

アナログからデジタルに

そんな時代になるんだね

20100104095245.jpg

自分の才能とは?自分の素材を知れ!1

頂点を目指すには、まず自分の素材を知る事だろう。

 

私の高校は普通科であったが体育選考があり

私はそれに属しており授業の3割が体育だった。

毎日授業で学校から駅まで(3.6キロ)走らされる。

※常に1位!

授業は槍投げから全球技、全て行う、、

当時、体力の5要素というのがあり

※今は7要素らしい。

筋力 持久力 瞬発力 調整力 柔軟性

しかし自分は球技向きでない事が判明し悩んだ。

逆立ちで50mは歩ける事

長距離走で負ける事が無い事。

私にかけている決定的なものは「調整力」だった。

※球技でもっとも必要とされる要素

先生に質問した。「調整力ってつくんですか?」

答えは「これだけは生まれ持った才能だ、しかし慣れることはできる。」

あとの4要素はトレーニングで補えるという答えだった。

この一言は絶望に落とされた反面、以前ブログで書いた

「天才は作れる」の信念のスタートでもあった。

そう考えれば自分は器械体操やランナー向きであり

球技からほど遠い素材である事が授業を受けるごと実感した。

しかしその時、学んだ事が今でも選手育成に大きく役立っている。

「天才は作れる」テニスには大きなチャンスが見えるのだ!

陸上競技で100m走など明らかに才能だろう。

でも、テニスは違う、素材を上廻る事ができる。

そう!「天才を作れるんだ!」

自分の素材が解れば勝ち方が解る。

1ポイントがたった3打で終わる事が

70以上しめてる競技だから奇跡が生まれやすいのがテニス!

へたくそ!と、思われてる奴でもチャンスがある!

それが、解って来た。。

それは、私の高校時代の授業から始まっていた。

そう、天才は作れるのだ!

最終的に行き着く所、それは

「スピリッツ!」

テニスエナジーの指導ってなに?

答えは「スピリッツ!」

 

今日の写真/クラシックMacintosh 520

今でも白川家では現役のパソコンだ!

今日も元気にさくさく動いてくれる。

なのに、時代は常に新しいものを購入させようとする。

新しいOSが出れば買い直さなければならない。

そんな時代に疑問を持たないか?


20100103091217.jpg

ジュニアとの会話

ジュニアへの指導中の会話は注意しなければならない。

試合会場での1場面だが、ある保護者が

当校のナ◯ダに闘争心の重要性をお話頂いた。

私は横でそれを見ていたが、どうも◯ルダと

その保護者の会話が噛み合ない。。

闘争心という漢字だが、ナル◯は5年生で

学校で学ぶ漢字の順序でいえば

とうそう=闘争 ではなく「逃走」なのだ!

熱く語る熱血保護者に対して

「なんで戦いながら逃げなあかんの?」と、

クビをかしげる◯ルダ!

後で解って、その保護者と大笑い。。

 

今日の写真/愛機Macintosh Performa520

16年前のクラシックMacintoshだが、正月に起動させると

「明けましておめでとうございます。」の挨拶がある。

こんな、粋なパソコンがMacintoshだった。

最近、どの製品も遊び心なく

機械的になって来た事がさびしい。

田舎のおばあちゃんでも触れる簡単なパソコンだったはずが。。

時代と共に方針が変わり、一部のスペシャリスト向きになってしまった。

今でも、パソコンは、Macintoshを使っている。

まさにスペシャリストのパソコンだ。

20100102041657.jpg

私の仕事は夢を与える事。

チームジャパンの一員として

最終的にプロを育て上げるのが目標だが

みんな何処まで挑戦出来るのか?

当校のジュニア達は夢を持って

日々の練習に取り組んでくれている。

そして私はというと正月と言えど

仕事中毒の私は試合分析など没頭している。

ジュニアみんなのパフォーマンスをどう延ばすか?

もうこれは既に仕事ではなく趣味なのか?

 

エナジージュニアたち!

夢を持って、自分の極限を極めて欲しい!

そこから何かを学ぶだろう!

本気で何かを目指す事は素晴らしい経験になる。

悔いを残さない事、それは今しか出来ないんだよ。

大人になれば、出来なくなるから

今出来る事を、そして時間を大切にして欲しい。

 


今日の写真/卒業生のプロ:山本 愛からの年賀状

現在日本ランキング17位

もうWTAの試合に出場していて

グランドスラムに出場できるよう頑張る!

という内容の年賀でした。頑張れ!愛!

20100101233318.jpg

京都ジュニアサーキット最終戦

明けましておめでとうございます。

年が明けてしまいました。

ゆく年来る年を見ながら試合のビデオを分析しています。

※ちなみに大阪ジュニア選手権田村杯

 

大晦日は京都ジュニアサーキットにて

当校2選手がエントリーしており見学しました。

 

いつも会えない久しぶりのジュニアや保護者の方との

雑談や情報交換など楽しい時間を過しました。

 

今日の2人の保護者との会話で

テニスの試合は身体スペック(性能)だけで勝負はつかない。

また、スペックに頼ったテニスで上がれないジュニアや

小手先の技に頼って上がれないジュニアや

多くのジュニアの行く末を見て来ました。

 

例えるなら

主婦のテニスがいい例で、30代の人は身体が動くので

ハードヒッターに走る人が多い、しかし

うまい40代や50代に簡単にあしらわれてしまう。。

40代や50代はスペックにものを言わせたテニスはしない。

しかし、40代や50代の熟練した人が

30代の肉体を取り戻せばどうなるだろうか?

最強だろう。。。年とって気づく事があり

それが手遅れな事が多いのが「凡人」だ

ジュニアでもスペックの高いジュニアに多く見られる失敗だ。

 

またスペックが低いから勝てないわけでもない。

極論は両方必要なのだろうが。

スペックを言い出せば東洋人に生まれた時点でNGなのだ。

どうせ、運動能力ないならないなりの勝ち方を掴むしか無い。

やるしか無いのだ!

「自分は出来ない!あとがない!」

そんな背水の陣の気持ちで

出来る限りのスペックを上げれば奇跡は生まれるかもしれない。

 

今日の写真/5年生の2人の精鋭

前回はナ◯ダの勝ち 今回は大島君の勝ち

一勝一敗のタイだが次はどうなるかわからない。

今回の分析は大島君は0.68秒で打たれれば

彼の最大のテニスの土俵になるという事は解った。

欠点は0.5秒前後になると彼のスペックは下がる事。

しかし、0.5秒前後で打たせる事

それは神業に近い。

決勝の宮井君に伝えた。

彼は0.5秒で打つ事ができるのだが

安定性が無かった。。

こんな事を書いてるが、参考にしてほしいだけで

いい意味でのライバルであって欲しい。


それより、カイト!前のテニスのままではあかんで。。

今度会う時は最強の先輩であって欲しい。。

しょうもないテニスしてたら、しばき倒すで!

おまえは関西の最強の目標でいて欲しい。

091231_1327~01.jpg

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

リンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ