2009年12月アーカイブ

今のジュニアの練習現象2

伸びしろのあるテニスとは?


あるブログで

「アジアの選手はうまいけど伸びそうなのがいない」とあった。

私の友人のジムも

「韓国の選手はジュニア時代強いけど出て来ないでしょ?」

っといった。

※ジム=2000年当時WTAの世界ランキング作成担当

たしかにセオリー通りでなんでもこなせてオールラウンドだ。

でも、なんか、「スパイス」が足りない。

 

フロリダであるジュニアの試合を見た。

「こいつアホちゃうん?」と、思わせるようなテニスだった。

セカンドサーブというものがない!

ダブルフォルトの連続だ!

しかしセカンドセットはきっちり取った。

つまりサーブが入り出したのだ。

 

日本であれば、「セカンドは回転をかけて確実に!」と、

指導され、生徒も忠実にそれを守るのであろう。。

しかし、言う事も聞かない「バカやろう」の方が

伸びしろがあるかもしれない。。

 

昔、スクールで主婦を指導していた。

コーチの言う事をしっかり聞いて真面目な方は上達が速い

中はコーチの言う事を聞かない訳解らない

生徒さんがいるもので、

そのような人の大半が消え行くのだが。。

強くなる人は、実は、そんな中から出て来てていた。

 

碁で言う「面白い手をバンバン打つ奴!」

セオリーに反しても挑戦するようなテニスから

伸びしろが見えるのではないか?

今のジュニアの練習現状は決められたセオリーの

技の枝葉を広げているのみのように感じる。

自分の感性やばかばかしいテニスにもっと

挑戦してもいいのでは?それが伸びしろになるように思う。

が、一つ間違えばバカばっかりになるかも。。。

 

負けてもいいじゃん!

いい一手を打とうぜ!

 

今日の写真/橿原神宮

昨日の試合はこの神社の近くにあるコートで開催された。

正月の参拝者準備で出店の準備も大忙しで行われていた。

 

今日はナ◯ダが大阪ジュニア田村杯で優勝した。

夏と冬の連覇だった。

電車帰りの報告で「優勝カップが重いんで大変です!」を

隣でキミ◯ンコパパが聞いてて

「いやみやな」(笑)の一言

くやしそうでした。。(大爆笑)

 

20091123083636.jpg

 

 

 

今のジュニアの練習現象1

会場のコーチ達との会話で

※多くのトッププロを育成したコーチ

ジュニア時代にタイトルやランキングを目指しすぎる。

その結果、バーンアウトするという。。

それは、タイトルを取るための練習

    ランキングを取るための練習になっている。

最初から世界で戦う為の練習をしないといけないのではないか?

と、いうものだ。

 

それは受験に当てはめられるように思う。

◯◯中学に入る為の勉強 ◯◯高校に入る為の勉強

◯◯大学に入る為の勉強

最終的に何になりたい為の勉強なのだろうか?

 

ある京大合格確実と言われる進学校生徒が選んだ大学は

大阪芸術大学だった。

彼は自分のなりたい勉強を行ったのだ。

そして卒業と共に社長になった。

 

最終的に就職の為に勉強するのか?

それともなりたいものがあって勉強するのか。。。

 

今ランキングを上げるテニスではなく

世界に通じるテニスを目指すなら

今、何をすべきなのか。。。

 

次会は「今のジュニアの練習現象2」伸びしろのあるテニスとは?

 

今日の写真/ジョージカップ奈良大会会場

私の携帯からの写真がボケてまして申し訳ありません。

今日も全国から集まった保護者の方とお話ししました。

こういう交流っていいですね。

久々に会ったリク◯クン! ウチ◯ン!頑張ってるな!

何処を目指すのか?その為のテニスをして欲しい!

カ◯も、もう一歩なんだけど一手の重さに気がつかないと!

イッ◯イあらためセン◯クンも

自分の流れに持っていけないんだよな。

その為にはしっかりしたベースを作る事なんだけど。

伝えた課題をジ◯ンイ含めて三人でこなしてくれ!


20091229161204.jpg

 

プロの練習と未来

本日、ある日本トップ女子プロの一人が練習を行っていた。

素晴らしいボールが行き交う中で分析してみた。

そのプロのボディスタートは自分のコートの

サービスボックスの中央より1mネット側だった。

※今回のボディスタートは

 ボールへ入る動作のスタートと表現させてください。

スプリットステップは全て両足着地でした。

それを考えると伊達公子は両足で着地しない。

ナショナルセンターで頂いた高速撮影動画を見ると

空中ですでに方向判断を完了し進行方向反対側の足を

着地させると同時にボールへ入る動作がスタートしている。

今日の練習に伊達公子のボディスタートのタイミングを

当てはめて計ってみた。

すると伊達の場合、相手コートのサービスボックスの中央あたりとなる。

その距離6m差だ。いかに伊達公子が速いか?が物語る。

しかし高速撮影動画ではフェデラーもサンプラスも

ステップは同じで片足着地だった。

これが、世界の差なのか?  

次号は会場での強化コーチ達の会話 「今のジュニアの練習現象」

 

今日の写真/ナ◯ダの試合の会場

ナルダが練習合宿試合に参加しているので見学に行った。

対戦相手が全国レベルばかりとあって今後の参考になるからだ。

そこへ急遽!私も乗せてって!っと、ナル◯ママ搭乗!

私のカメラのピントが悪いので◯ルダママに撮影をお願いした。

しかし、画面にユビが入ってる。。。


091228_1132~01.jpg

選手コースのジュニアの歩む道 高校進学編4

| コメント(1)

商売/人数集めを選んだ学校。

 

これは私が以前働いていたスクールに入社した新人コーチの話だ。

下記でレポートする学校の部員だったのだ。

 

その学校はテニス部を強くしたいと計画していた。

部活の厳しさを伝統の様に指導して来たはずだが。。。

ある日、将来プロ確実と思われていたジュニアが入学した。

学校側が頭を下げて入学させたのであろう。。

その選手は部室に入るなり先輩への挨拶はガムを噛みながら

「ちゅわ〜っす!」※こんにちわです!の略

監督は部員みんなに頭を下げていった。

「我慢してやってくれ!」

親はその子にテニスコートを作りコーチを3人付けていた。

相手が先輩でも試合をすれば遊ぶ様に片付けてしまう。

当時、テニス雑誌にも多く出ていた。

高校卒業前、某テニス雑誌の取材記事のコメントで

「これからITF廻ります!◯◯ちゃん!一緒にまわろう〜ね〜」って

何があったのかは解らないが、記事以降、話を聞かなくなった。

 

いく年かのあと、私の生徒がプロやナショナルコーチの中で

練習させて貰ってたとき、隣のコートで有望ジュニアが

練習をしていたらしく、それをみたプロやコーチ達が

私の生徒に言った言葉は「あいつらみたいになるなよ。。」

 

将来期待される、その「有望ジュニア」の

試合会場での態度はどうか?

「対戦相手はカモ!」っと、思っている態度が見えて

アップそのものもしようとしないらしい。。

 

JTAのゼネラルマネージャーが言った言葉が思い出される。

「プレイ以外の行動を見よ」人間力がそこから見えるのだ。

 

テニスエナジーのジュニアに伝える。

いくら強くなっても、「謙虚さ」を、忘れてはならない。

「常にチャレンジャー」であって欲しい!

 

最初に出て来た学校は、もうない。

 

今日の写真(クラブハウスの模様替え!)

クラブハウスをどう使うか?は、ジュニアに任せてある。

※おいおい、公共施設を自由にしていいのか?

ハウスは広く使える様にいらないものは

子供達の手で撤去されました!


20091220135520.jpg

選手コースのジュニアの歩む道 高校進学編3

方針の方向転換を迫られる学校

 

学校といえど私学は商売だ。

何人生徒を集めてなんぼの世界だ。

各家庭のニーズというものがある。

 

各家庭からすれば大勢の生徒に埋もれてしまう事を

心配する。 きちんと指導してくれるのであろうか?

正直、公認コーチのいない学校では目は行き届かない。

そこで、プライベートコーチや民間クラブに

選手は頼る事になる。

結果、民間クラブと学校部活の両立を認めてくれる

学校に生徒は集まる傾向にある。

 

話は変わるが高校在学中に個人で1年間留学する場合は

1年間の留年であるが、当社では留学事業も行っており

ある公立高校にもかかわらず、

学校長の許可で公立高校ですら単位に認めてくれた。

この辺の判断は校長次第という事で

学校も各家庭に応える様に臨機応変に変化して来ている。

 

よって、入学前にきっちり要望を伝えれば

学校長の許可次第で動ける部分は多いという事だ。

 

今日の写真 ケーキに群がるエナジージュニア

今日はクリスマスだ。

保護者の方からケーキの差し入れが沢山ありました。

ケーキを切るナイフも食べるフォークもないので

箸を使って食べました。

 

京都ジュニアサーキットでは

ナル◯優勝の知らせがあった!

何人かの強豪を倒しての優勝なので

本人も今後の自信になったであろう。

20091225211212.jpg
20091225211458.jpg

選手コースのジュニアの歩む道 高校進学編2

強豪学校テニスの環境について

まず、強豪校ほど自由というものはない。

しかし、練習メンバーは揃っている。

ITFなどの試合に参戦したい希望はあっても

大半が無理だ思います。

高校テニスの最高峰はインターハイですから

ある高校の先生がいいました。

「都合のいい時に来るだけの

自分の好きにしたいなら通信制に行けばいい」

つまり、強いジュニアは普通の学校に通いつつ

それも練習相手の豊富な強豪校に通いつつ

自分は自由に動きたい。

という、考えの家庭は煙たがられるようである。

ようは、学校としては

学校を中心としてチーム一丸となって目標に向かう

というものを目指しているようである。

本来学校教育の場でありプロを目指す所ではないのだ。

 

しかし、時代は変わり、高校によっては

その方針と異なる学校も出現して来た。

それは次回に、

 

今日の写真 クラブハウスのゴミ

食べたら片付けろよ! 誰が掃除すると思っているのだ!

 

この時期から春にかけて自分の進路を考える。

自分のテニスは何を目指すのか?

自問自答して欲しい。

インターハイ?

インカレ?

国際大会?

プロ?

行きたい目標から逆算して今後の計画をして欲しい。

私は、それに応える様に頑張るだけだ。

コーチを使うのは君たちだ!


20091224220414.jpg

選手コースのジュニアの歩む道 高校進学編1

学校とのトラブル。

強い選手は各学校とも欲しがる。

入学前はいたせりつくせりでも

一旦入学してしまうと手のひらを返したように

対応が変貌する場合がある。

ある有名私立校での事件だが

入学前は学校部活とスクールの両立を許可された。

ところが、入学後スクールへ通う事に監督が難色を示す。

ついに、その生徒は監督に、「学校のテニスが主か?」

それとも

「スクールのテニスが主か?。」 と、

問い責め寄られる事になる。

本人はスクールのテニスが主です! と、言いきった。

結局、学校を退学し別の学校に編入した。

 

ある学校の監督は最初から

「うちへ入学する時はスクールを辞めて部活1本にして欲しい。」

と、言われた。

この場合、学校の方針なので

そこに入学した時は100%学校の方針に従うように!

コーチも生徒にその旨を伝える。

この学校の場合は、方針をはっきりしているので良いのだが

 

困るのは、入学前に自由ですといいながら

いざ入学すれば

「学校のテニスが主か?」それとも

「スクールのテニスが主か?。」を言うのは詐欺だろう!

最初にしっかり話し合っておく事が大事だ!

 

次回は学校テニスの環境について

それに対して我々の目指す方向は?

 

今日の写真 年末一杯までのスケジュール!

今日は大阪冬期ジュニア選手権である田村杯

12才男子本戦で、ナ◯ダがベスト4に残った。

敗れたけれど、星田の曽川くんや

MS臨海の西本くんなど、いいテニスになってきてました。

今回は残念だったけど、自分のテニスを通して負けたんだ!

11才はそれでいいのではないですか?

今日の敗北は未来の貯金だよ!

また、エナジーへ遊びに来いよ!

それと、懐かしい奴にあった!

村田君! いや、今は村田コーチ。

よく遊びに来てくれたジュニアが今はコーチ!

いつまでも熱いやつでいてくれよ

フロリダのクリアウォーターの夏を思い出す!


20091223205406.jpg

選手コースのジュニアの歩む道 高校進学編

前回の続きからすると結局、テニス強豪校への

進学が大半を占める事になる。

民間クラブ内に練習相手が減少して行くからだ。

最終極論で出せば、バリバリの大学生が充実している

民間クラブなどないであろう!

練習相手を求める者が集結して行く所が

結局、特に16才以上に関しては

学校クラブ活動という事になるのだ。

それ以外の超エリートはナショナルセンターや

個人的に環境を整えて学校は通信制を選ぶジュニアが増えた。

また、民間クラブの指導を受けながら

高校部活に身を置いているジュニアも多い。

次回は民間クラブと高校部活両立での

トラブルを何回かに分けてレポートする。

 

今日の写真 地主さんからみかんを頂いた。

エナジーのコートは市営コートだ!

当社はコート管理業者という事になる。

しかし、土地は地主さんがいるのだ。

いつも子供達を微笑みながら見守ってくれている。

今日はみかんを持って来てくれた。

子供達は大喜びでみかんをほうばった!


20091222173056.jpg


選手コースのジュニアの歩む道

簡単に説明すると幼児からのキッズといわれるスタートから

選手コースまで上がる確立ですが民間クラブが頑張って

15%という統計がでています。

よって100人のキッズの中から選手コースは

良くて15人で、その他はお習い事の域である。

中学まで過ごして成績の出る者と出ない者で

将来を受験かテニスかの選択で半数以上が減る。

このあたりから始まるのが練習相手の不足減少だ。

民間クラブでも高レベルのクラスの存続が難しい。

中学は軟式が多く学校に集まる事は少ない。

結局、レベルの高い生徒の集まるのが高校だ。

大阪テニス協会のホームページから

http://idc.scorebook.jp/

年齢別ジュニアランキングを見て欲しい。

男子で例を上げてみた。

11才以下男子 10人中 10人民間クラブ 学校0

13才以下男子 10人中 10人民間クラブ 学校0

15才以下男子 10人中 09人民間クラブ 学校1

17才以下男子 10人中 00人民間クラブ 学校10

 

民間クラブでの強豪選手は練習相手がいないので

環境を求める結果、最終的に学校に頼るのだ。

費用も安く済むという理由もあり

各クラブの強豪が集まる所が学校クラブという事が

日本の今の現状だろう。

しかし、本当のトップは学校の陰に隠れて

民間クラブのサポートで活動しているが

そうでないジュニアは部活動の世界に浸透し

海外のテニスを知らず、大学テニスの道へ進み

就職活動で見つけた企業へ就職する。

民間クラブのサポートで活動しているジュニアは世界へ挑戦し

結果はプロになる者もいれば、普通の学校テニスに戻る者

 

実力次第だが、私は自分の限界を追って欲しいと願う!

プロを目指せば夢破れる者が多くを占めるだろう。。

しかし、挑むスピリッツに応えたい!

それで、普通のサラリーマンに結局なっても、

なにも挑戦せず、終わる人生より、

「魂」を持ったサラリーマンになると思う。

私なら、限界に挑戦させたい!

 

真冬の寒い中、営業に廻る平凡な社員になっても

気持ちを支えるのは「本気で挑戦した」自分があるから。。

 

今日の写真 便所掃除

私とオセロゲームをして勝てばタダでレッスンしよう!

負ければ全員で便所掃除だ!という条件での結果だ!

PCオセロさえ0で抑える事のできる私に挑む事じたい無駄だ!

私は勝つ事は考えていない!0にする事を目的としている。

あまりにも強すぎるので「異種ゲーム戦」というのを作り

特別ルールを作り、オセロVS将棋 オセロVSチェスなど

多くのゲームと対戦したが

「五目並べ」以外、負けた事が無い。

一度、碁と戦ってみたいものだ。


20091220134245.jpg20091220134555.jpg

ジュニアの進む進路

今日は地獄の総当たりジュニアリーグ12Uの開催でした。

ある数人の保護者からの質問で、感じた事は今後の悩みで

.テニスを続けさせ学業成績を出させたい。

.進学先の問題

.費用の問題

.学校卒業後の将来

.現在のスクールの練習相手が減少して行く事の不安

.テニスか学業か?どちらを選択すればいいのか?

ジュニアがどのような道に進んで行ったか?

過去の事実に基づき、それをレポートしようと思う。

ただし、これは当校の受講生の父兄への

情報提供を目的としているので

伝達完了と判断した場合、アップはされません。

 

とりあえず、選手コースのジュニアの歩む道の

割合について次回アップします。

 

今日の写真 地獄の総当たりジュニア

関西ジュニアの決勝戦が再現された。

大阪1位の白藤君を抑えて和歌山1位の宮井君の優勝だ!

滋賀1位の清水君は3位とハイレベルとなった。

雪に見回れ一時中断でもみなさん楽しく過ごしてくれました。

遠くても早くから駆けつけてくれて感謝です。

宮井君は、地獄の服が着たくて嬉しかったそうです。

それをみた、お母さん感激してました!

 

12-20.jpg

オーバーワーク(怪我の巧妙)

当校では小さいキッズにも結構オーバーワークをさせる。

すると、必ず何処かが痛い!というのが出て来る。

それも個人別に決まった所だ。

しかし、全く痛みすら出て来ないキッズもいる。

これは個人別なのだが理由を聞いてもトレーナーも解らない。

つまり、やってみないと解らないのだ。

 

社会人なりたての頃、酒の席に連れ出される事が多い。

そこで泥酔して自分の限界をしれば次から自分の適正量も

理解出来る様に。

スポーツも自分の限界や弱点を早期に知る事は

必要であると思うし

怪我の巧妙とよくいうが、最初に怪我をした者程

身体のケアを怠らないし栄養にまで気を配る。

いつもセーブして怪我の経験のない者は

ヘアを行わない事が多い。

 

適度なオーバーワークで自分の欠点を見つける事は

以上の理由で当校は行っている。

しかし、そのためには

過度の練習には心拍数などの計測は怠らない。

 

今日の写真 ナショナルセンターにて

ここにいるメンバーがプロを輩出する為に

頑張っているS級エリートコーチ達です。

 

明日は地獄の12才の試合があり

1月からは14才も始まる。

定員ですが12才/14才とも後4人です。

14才も全中出場者、奈良の3位

岡山から参戦者もありました!

強者どもよ集まれ!

詳しくは「関西テニス錬成会」のページを

クリックしてくださいね!このブログの

左ですよ!

f0183568_20274913[1]-1.jpg

トレーナーからメールが来た。

今朝、来院されたジュニアだが股関節の炎症がある。

1週間の休養を必要とするとの事。。

常に怪我の事も敏速に連絡してくれるので

非常に安心だ。

ただ、本人はテニスがしたくて昨日の帰り際まで

次の試合に出たい!と相談に来てた。。

※結局、保護者の送り迎えの関係で見送りになったが。。

大きな怪我ではないが、このようなオーバーワークと

見なされる痛みなどの炎症が増えているのは事実で

10年前より増加している。

丁度、私が目の機能低下を感じた時期と一致する。

 

今の練習がオーバーワークとした場合。

私の小学校の頃の柔道はウサギ飛びに

給水禁止、鉄下駄履いてのランニングだったが。。

ケガ人は出ていない。

しかし、明らかに昔とは違って来ている。

メガネをかけた幼児の増加

花粉症の出現/昔はなかった。

 

子供達の身体に何が起こっているのか?

また、各自の限界は何処なのか?

では、怪我するからといって今の時代のペースでいいのか?

よけい身体が退化するのではないか?

 

当校では最初にオーバーワークさせている方針を取っている。

それについて次号

 

今日の写真 朝起きれば雪景色

明日は地獄のジュニアの試合だ。

一面雪でしたがコートは無事でしたし積もっていません。

10人の精鋭が集まるぞ!

近畿のトップ1位と2位が!雪辱戦の幕開けだ!

20091218095914.jpg20091218102902.jpg

各スクールの独自性

最近、中学生の練習で3カゴの左右振り回しを始めた。

理由として年齢的に心肺機能を向上させる必要があり

身体作りの一貫でトレーナーと相談で始めた。

計算上、走る距離は1.2キロ 

最終心拍数180以上からのスタートだ。

本来時間があれば中距離走や時間をかけた

サーキットトレーニングをさせたいが

技術の反復練習とトレーニングを効率上合体させた結果

完成したメニューといえる。これはパソコンソフトに似ている。

 

エクセルなど表計算も各会社の環境や用途に置いてかなり姿が変わる。

同じ販売店でも売る品物の種類や数、設置場所などが違うから

そのお店にあった計算表を作成する。

Aというお店で採用した計算表が

Bというお店の計算表に使用できるだろうか?

環境が変わればいくら優秀に作成された計算表も役に立たない。

しかし使用するソフトがエクセルなら元々の原型は同じなのだ。

 

つまり、各スクールの環境に合わせた苦肉の策(笑)というもの

少なくなく原型は一緒なので基本は変わらない。

◯◯スクールのやり方がいいからマネしよう!という発想も

上記のA店の計算表をB店で使用する事と

同じ過ちにならないとはいえない。

原型を見ればスペインとアメリカのテニスも同じに見える。。

 

おそろしいのは運動生理学や栄養など基礎も勉強しようとしていないのに

「自分独自の指導法を作りたい」と思っているコーチの存在だ。

パソコンで原語から学んだものと町の教室でエクセルの作り方から

学んだ者とは、その差は大きいし、結果怪我が増える事になる。

 

今日の写真 16日に撮った写真だが雪化粧が山を染めている。

下の写真は試合申し込みの棚で、一番上の黒のトレイに置いてください。

風で飛ばない様に「赤チン」の重しを置いておいてください。

コーチが目を通したら下の引き出しに落として行きます。

さらに試合申し込み完了すればさらに下に落として行きます。

その際各自が確認しサインしてくださいね。

エントリーミスを無くすための対策ですから。

20091216111029.jpg

20091216115525.jpg

タイトルより内容のある試合をするべきだ!

過去のジュニアが現在どう育っていったのか?

何年か前だが、テンポの速い良いテニスをするジュニアが

当時の高校のタイトルを総なめにしたA選手に負けた。

どの雑誌もA選手の記事で一面いっぱいだったが。。

だれもその選手の勝ち方を評価する人はいなかった。。

高校卒業後、ランキングも下降し

スポンサーもつかず、学生時代に勝つタイプと称されたスタイルは

結果的に現実のものとなった。

その時負けたテンポの早い選手は現在プロとして活躍している。

私の教え子もA選手程の戦績は出なかったが

現在日本ランキング17位を記録しプロとして活躍し

スポンサーもついている。

勝っていても内容がともわなければ廻りからの評価もなく

声もかからない。

 

負けてても内容がともなえば自ずと注目される。

あるジュニアは予選を突破した事もないのに

大阪強化チームに推薦されていた。


別のジュニアは県テニス協会の大会上位に上がった。

しかし中体連の(中学校)県選手権に出れない。

中学にテニス部がなくまた中学の許可だ出ないからだ。

締め切りも過ぎで諦めていた所、中体連の方から

声がかかった。。他の関係ない中学の先生の援助で

無事に出場する事が出来た。

このジュニアもアグレッシブな自分のテニスを通す

 

また、あるジュニアは、すでにプロのチームで練習している。

入部する前に徹底的に身体チェックがあったらしい

ジュニアのランキングはプロチームは知らなかったようだが。

しかし、一発合格だったそうだ。

 

戦績よりも現在の内容が技術と身体作りがどうなのか?が

評価されるという事を伝えたい。

見てくれている人は見ているのだ!

今の成績より地道に身体と将来に繋がる技術を作る事だ。

 

今日の写真 トレーニング中のジョ◯イ

※腕立てではないですよ。。

身体成長が著しくなって来た。

栄養管理が問題と休息の取り方が大事だ。

時期を見て集中休養期間も必要となる。

各自身長の記録を取ってくださいね。

20091203194006.jpg

スピンサーブは腰を痛めるんではないですか?

冒頭に書きますが、これは当校内での質問で

当校の生徒の保護者に安心して受講して頂く為に

当校内での指導方針について延べています。

 

ある保護者から質問を受けた。

「スピンサーブって腰痛めるんですか?」

テニスを知らない保護者がテニスを知る経験者のアドバイスは

時に不安をもたらす事が多い。

 

今は在籍していないが

以前にあるジュニアにスピンサーブを指導する最中に

親が飛び出て来て「それはするな!」と口出しされた事がある。

理由は「腰を痛めるから」

 

結果から言えば写真の腰椎は反る事もひねる事も出来ない。

そこを無理に反るフォームを指導すると

確かに危ないのだ。

昔のスピン指導にはここの腰椎を反る様に指導する事があった。

特にツイストサーブなど。。しかし、実際反る様に見えるのは

膝の角度と胸椎と肩甲骨である。

腰は一切反っていないのである。

正解は捻る事であり。この場合、腰椎はねじれも

反りもないのだ。捻れて見えるには胸椎と肩甲骨だ。

よって、スピンサーブで腰を壊すとは

全くの迷信であり、壊したとすれば指導ミスである。

 

当校では毎回動きもトレーナーとの相談に上、行っている。

全選手の身体のチェックも月2回行っている。

毎回心拍数も把握する指導は医学上、無理な動きは一切ない。

 

テニスエナジーのストロークはスペインテニスと

思われているらしい。。

それは間違いで、もし影響を受けているとすれば

オーストラリアだ!

バイオメカニクスで進んでおり

「骨格に対して忠実な動き」という普通の事を言っている。

 

骨格に対して忠実な動きが基本というのは当たり前だろう。

 

イケ◯ン!君のサーブは危ないから早急に矯正必要だ。

大阪ジュニアでも危なそうなスピンサーブを多く見た。

腰椎を反る動きは決してしてはいけない。。

 

今日の写真 

トレーナーが持参した骨格の説明の為の骸骨!!

ここは反りもしないし捻れもしない。

 

 

 

f0183568_9364876.jpg

両サイドフォアハンドと両サイドサーブの選手3

| コメント(5)

両サイドフォアハンドと両サイドサーブの結末 

両サイドフォアハンドと両サイドサーブのジュニアは

その後、どうなったか?について、

レッスンでは両方均等に使用するように指導しつつも

どうも、使いやすい利き腕、つまり右に頼ろうとする。

両サイド両手打ちの選手もそうだと思うが

両方均等に使えないでしょ?

どちらか得意な方があるでしょ?

それが答えだ。

自分の戦術に必要な武器を求める中で

左右どちらかを選ぶのだ。。

結果、そのジュニアは自ら自然に右を選んでいった。。

最終的に右利きになった。

人間はどちらかに偏るのが自然のようだ。

 

ちなみに右利きの人には解らない世界を紹介しよう!

私は左利きだ。

絵は左だ、字は右主体ですが右手が疲れた時は左で字を書きます。

今は卓上の左にペンがあれば左手でペンを取って字を書き

右にペンがあれば右手でペンを取って字を書きます。

でも、得意なのは、字は右手で絵は左手です。

絵を書くのに両サイドの手に要求されれば無理を感じます。

やはり得意な手を使います。

これは答えではなく参考まで。。


それと、ジュニアのトップページですが

ダブルス練習の動画をアップしましたので

参加者は各自見て反省してくださいね!

左の「バークレージュニアをクリックしてください!」

 

今日の写真 大平さんから白菜を頂きました。

以前はキュウリなど自家製野菜を届けてくれたのですが。

今回は白菜です。早速、お鍋にして食べました。

山奥なのでいつも新鮮野菜を届けてくれるのです。

20091213185257.jpg

両サイドフォアハンドと両サイドサーブの選手2

昔、当校に両サイドフォアハンドと両サイドサーブの

選手がいたが、それは突然に完成した。

経緯だが、

本来右利きのジュニアを左利きに育てたいと母親がいった。

左利きへの思いがあるのか、箸も左で持たせている。

それまでテニスも左で指導されて来ていた。

母親もれっきとしたコーチで選手実績もあるが。。

本人はまだラリーも完全に出来ない事と、

私は彼の動きが左利きにやはり見えないので

本来の右利きにする事を主張した。

母親は快く私の方針をのんでくれたので

右利きとしての指導を開始した。。

ところがである。右手のフォアも巧いが

それまで指導されてきた左手のフォアも巧い!

右のサーブもなんなくできるが

それまで指導されてきた左サーブも巧い!

だったら、両サイドフォアハンドと両サイドサーブで

いってしまえ!と割り切った。

そうすれば、一気に大阪10位に上がって来てしまった。

当時、会場では話題になったようだ。

その後、どうなったか。。それは次号に。

 

今日の写真 ビデオカメラ。。。

当校では自由にビデオ撮影できるようにしてある。

好きな時に自分の打ち方を撮影して見るのだ。

フリースクールなので好きな時にコートが使用できる。

だから、出来るシステムかもしれない。


そうそう!みなさん自由に書き込みできるように

なりましたので意見があれば書き込んでくださいね。

12月19日の地獄のジュニアは、あと1人大丈夫ですよ!


20091210091519.jpg

両サイドフォアハンドと両サイドサーブの選手

理想の様に思われるが

両方フォアハンド、つまり利き手でない方もフォアとする。

そして両サイドサーブ、つまり左右の手からサーブが打てる。

このような指導は果たして可能なのだろうか?

実は、6年程前にテニスエナジーに存在したスタイルだ。

結果は大阪の12才で10位まで上がる事が出来た。

現在は本人の希望でテニスとは異なる分野へ行ったようだ。

それまでは全国大会へも出場して活躍した。

なぜ、そのようなスタイルが出来たのか?

結構笑えるエピソードもあったのですが

正直たまたま、そうなった経緯がある。

次は、その経緯について、

 

今日の写真 雨で途中レッスン中止

腹をすかせた連中がストックしてあった

たった一杯の「うどん!どんべえ」に群がっている。

まさにハイエナのようだ。

その後、買って来た、たこ焼きも

ものの無惨に食べ尽くされた。


また、ブログがコメントしにくくなっているようですね。。

実は私もよくわかってなのですが、近日に

気軽に書き込める様にシステムを変えますね。。

20091210195708.jpg20091210200905.jpg

第3回 当校での利き手とプレイの原状

私は左利きだ。

純粋な左利きのプレーヤーを育てたいと思っている。

ところが当校に左利きプレーヤーは少ない。

理由は当時の部下のコーチをキッズを担当させていたが

だれかれ構わず全員右にラケットを持たせていたのだ。

明らかな指導の失敗という事になるだろうか。。

しかし、左を右に直す教育もあり、当校に入会した時

すでに右利きに直されて気がつかなかったという事も要因だ。

その結果、左利きの右打ちの府県チャンピオンが2人も生まれた。

それも小1で小5の第3シードを倒し小3になった時は

大阪の6位にランクされ田村杯 池村杯2年間無敗記録を作った。

そのジュニアは立派な左利きであるがラケットは右打ちだ。

今も2人左利きの右打ちを指導している。

前任コーチの引き継ぎのジュニアだ。

しかし、結構巧いんです。

 

全世界の左の占める割合と世界トップ100人のプレーヤーの

左利きの占める割合は同じだ。

確率論から考えれば左利きの優位性はないといえる。

また、伊達選手など左利きが右になって成功している例もあり。

利き腕を変更する事での結果の結論は、正直出せない。。

 

次は両サイドフォアハンドと両サイドサーブの選手について

 

今日の写真 夕方から雨が降った。

しかし、なんとかナイターはレッスンを行う事ができた。

1月23日の地獄のジュニアですが後、4人で締め切りです。

14才以下も岡山から参加予定のジュニアがいらっしゃいます。

大人の地獄も鳥取/愛媛と遠くから参加してくれております。

是非!交流にお越し下さい。


20091205111150.jpg



 

 


第2回 右利きを左打ちに育てた結果。

前回の「なぜ右利きを左利きに変えたいか?」は

本来、第1回 右利きを左打ちに育てたい理由。と

なるはずでしたが、タイトルを間違えてしまいました。

前回をまとめると

.左は嫌がられる。

.実力が同じなら左利きが有利

以上を理由として

左利きが有利と思われるので右利きをあえて

左利きとして指導したのである。

この傾向はけっこう昔からあり

近年、右を左として指導し成功をした選手は

スペインのナダル 日本では岩渕プロが存在し

私が担当し初めて日本一になったジュニアも

右を左に作られた選手だ。

それを考慮すれば確かに

左の矯正が成功したと言えるのではないか。。

しかし、よく考えると

左利きが右打ちになり成功した選手も存在する。

伊達選手は左利きだが右打ちだ。

テニスの神様といわれたケン ローズウォールも

左利きだが右打ちだ。

それを考慮すれば、本当に左は有利なのだろうか?

次は当校で起こった利き手を変更した例ついて

 

今日の写真 山は紅葉

当校の周辺は山に囲まれている。多くが紅く染まり

奇麗な紅葉と変化している。

 

12月19日の12才以下地獄のジュニアですが

2名の空きができましたので是非参加ください。

また、年齢を11才以上とさせて頂いて

今後10才以下も企画予定です。

また、14才以下の地獄も募集中です!

詳しくは「関西テニス錬成会」←検索

まで

 

20091208141244.jpg

なぜ、右利きを左利きに変えたいか?

私は左利きだ。左利きに生まれて良かったと思う。

サービス&ボレーのプレイスタイルは特に嫌われた。

左利きをいつもうらやましがられる。

試合会場でも対戦相手に「わ!左利きや!」と言われる事があり

有利に思ったものだ。左なりの戦術で勝って来たし。。

実力が同じなら左が有利と思って来た。

でも、実情はどうであろうか?

 

今日の写真  息子との食事

コーチ業は、家族との時間が作れない。

写真も他の子供とのシーンばかり。。

その写真を見て「この子好きなん?」って

当時の幼い息子に言われた事はショックだった!

 

ミズノの友人から優待券が届く

クラブハウスに置いとくので自由にお持ち下さいね


20091207203847.jpg

20091207220322.jpg

利きを左打ちに変更する事について!

最近よく聞く事なのですが、

左利きはテニスに有利!という事で

右利きを左打ちに幼少から計画して教育している

ご家庭が増えた、という事で、今回のレポートを計画しました。

はたして、右利きを左打ちに変更していいのだろうか?

その判断基準とはどうだろうか?

その結果、現状はどうだろうか?

その事について実際起こった事をレポートします。

今後、利き手を変更指導しようと考えている

ご家庭には参考になると思います。

これは、実際に起こった現実ですから。

 

第1回 右利きを左打ちに育てたい理由。

第2回 右利きを左打ちに育てた結果。

第3回 当校での利き手とプレイの原状

     第3回以後は現在検討中です。

 

今日の写真 新メンバー入会!

今日の練習会は中一メンバーが総動員の中、

ジ○ンペーだけ小6だった。

みんなでお昼ご飯の写真です。

 

本日、大阪八尾市から新しいメンバーが入会した!

ホ○プだ! 急な入会で私もびっくりしたが。

ホー○!期待してるぞ!

 

○ルダが関西サーキットで準優勝で

キミ○レンコが大阪田村杯でダブルス3位だった。

 

 

20091206.1.jpg.jpeg

20091206.2.jpg.jpeg 

 

 

昔の両サイド両手打ち(ハードヒッタータイプ)の失敗2

前回の続きだが、今回は両サイド両手打ちとハードヒッターを

ひとまとめてレポートさせて頂くとする。

つまり、「打ってるだけ」に、なっていたという事だ。

当時の日本のパワーヒッターは欧米人からすれば

普通のボールという事なのであるから太刀打ちできないのは

当たり前の話しだ。小浦先生がフェド監督時代に言われてた事で

左右振られて、その次振られたら苦しい。。とおっしゃられてた。

当時のフェドメンバーでも両サイド両手打ち選手が在籍していた。

また、有望な両サイド両手打ちの選手を受け持った著名なコーチは

「パワーだけでなく繊細なテクニックをつける事」

と、おっしゃっていた。その結果が実って今日がある。

その情報は育成の現場にも落ちてきているので

当時の両サイド両手打ちと比べて現在は多彩なショットも

両サイド両手打ちに見受けられるので

過去の反省はフィードバックされているように思われる。

片手手打ちのハードヒッターも同じで打つ中での

テクニックを磨き、さらに自分の武器探しを行う時代が

今であろうと思う。

しかし、身体作りなしのテクニックテニスって。。

パワーテニス至上主義の前世代のさらに昔の

テクニック時代と同じように思われる。

※ケンローズやロッドレーバーなど。。

パワーだけではダメ!だからテクニックを!という方針が

逆にさらに昔のテニスに戻らないように危惧している。

昔の両サイド両手打ちと、ハードヒッターの失敗は

「繊細なテクニックの欠如」であり、今後の課題は

「幼少からの身体作り」という事になると思う。

 

次は、右利きを左利きテニスにする。

または両サイドフォア両サイドサービステニスについての

現場レポートをしますね。。

 

今日の写真 おにごっこ

ジュニアのレッスン前に行う鬼ごっこの風景です。

この鬼ごっこの中に、いろんな要素が見えるんですよ

シングルスコート内、鬼ごっことライン上鬼ごっこを

毎回行っています。

20091204.1.jpg20091204.2.jpg

昔の両サイド両手打ち(ハードヒッタータイプ)の失敗

冒頭に上げますが、

これは、「両サイド両手打ち」と「片手ハードヒッター」の

選手の事を差して表現しています。

 

今回は昔の両サイド両手打ちとハードヒッタータイプの

過去の育成の失敗例を上げてみたいと思います。

丁度、ボルグ/マッケンロー時代を過ぎた当たりから

始まったジュニア育成の経緯と言う事だ。

 

多彩なテクニックからパワーテニスに変わった時代だ。

バックハンドがシングルから両手に変わり

ベッカーがデビューしたあたりだろうか?

日本も外国にならえ!で、パワーテニスの時代を追いかけた。

パワーを補う為、両サイド両手打ちも増えた!

※当時より前のアニメの「エースを狙え!」でも

 「これからはパワーテニスだ!」と言っている。

その結果、日本国内ではパワーのある者が勝てた。。が、

海外では通用しなかった。

パワーで勝って来た(国内で)と自負したジュニアが

両サイド両手打ちで(国内で)ライバルを粉砕して来たジュニアが

なす術も無く敗れて行く、、国内で自負したパワーテニスは

海外では、外人相手のハードヒットは

相手(外人)からすれば普通のボールだったのだ。

当時の日本のコーチ側の反省で多く聞かれた言葉は

「もっとテクニックを指導すれば良かった」だった。

 

その後、日本人はテクニックを!の合い言葉に今日がある。

その日本のコーチの努力は、ある意味、実ったと思う。

その今日であるが、現在の

評価について

テクニックについては海外でも対等に渡り合えるようになった。

しかし、「ストロークも多彩で、ネットにもついたり!

 たしかに器用なんだけど武器が無いよな。。」と、いう

意見を多く聞くようになった。 そう、武器が無い!

 

この続きはまた次に

 

今日の写真  雨の日のトレーニング

◯ョンイとキ◯レンコとキ◯ウヘイが来ました。

キョウ◯イは、さっさと帰ったので

残された二人がトレーニングだ。

そうそう、バ◯タモンからメールがあって

返信したら

メッセージを次の宛先に配信できませんでした」と

帰ってくる。。こら!バッ◯モン!返信拒否か!


そうそう!ジュニアのトップページに面白い

動画をアップしたので見てくださいね!


20091203194253.jpg

 

第6回 両サイド両手打ちについて当校の方針

◎初めてラケットを握るキッズは片手から指導である。

理由は前回から書き上げている通り、最終的に片手に変更しようと

する選手が多いためだ。

しかし例外もある。

両サイド両手打ちから始めた方が良いジュニアがいる事は確かだからだ。

しかし、状況を見て片手打ちも指導する。

 

では、両サイド両手打ちのジュニアが入会して来た場合はどうするのか?

◎片手に矯正はしません。

その選手のスタイルをコーチの考えや方針で変更するのは間違いだと思います。

当校では両手を武器に、それを軸とする繊細な片手のショットの使い方を練習しています。最終的に自分の身体に聞いて今後を選択する方法を取っています。

 

日本の女子プロでは両サイド両手打ちが多いのも確かである。

有効な武器として持っているのである。

しかし、そのプロ達はジュニア時代から絶える事無い練習環境に恵まれて来た

人たちなのである。

 

私が危惧する事は通常のジュニアは受験など、その他の理由で練習を中断しなければならない事の方が多いのである。

また、就職すればテニスどころでなくなる事も大半である。

片手打ちの人でもスタイルの変更を迫られる事が多い。

両サイド両手打ちの選手のスタイルの変更は聞いていると結構大変なようだ。

そういう難関に遭遇しても私は

長くテニスを楽しんでもらいたいと願っている。

 

次は番外編で

昔の両サイド両手打ち(ハードヒッタータイプ)の失敗と

プロ選手の両サイド両手打ちがいかに指導されたかの話を元にした

レポートを書きますね。

 

今日の写真 年齢に合わせたトレーニング

幼少からの身体作りが将来を確実に決めて来る時代に入ったといえる。

和歌山では「ゴールデンキッズ」という活動も始まり

栄養からトレーニングまで低学年から保護者を含めての育成活動が

オリンピック協会の傘下で始まっており各地に広がる計画だ。

当校でも新しく始めたトレーニングはまだ練習期間だ!

正確に出来てるかどうかとレーナーに確認して

合格が出れば各年齢に負荷を考えてスタートさせて行く。

だから、まだ本番じゃないんですよ。。

だって、フラフープなんてあやしいでしょ?

20091202194159.jpg20091202194250.jpg

第5回 長期計画で考えた場合

選手が待つ将来の難関を考えてみよう。

選手のレベルアップと学校の昇級と同時に

.学校等とのスケジュール上の1日の練習時間

.周辺の練習環境問題

.進学問題

.そして金銭問題

 

.学校等とのスケジュール上の1日の練習時間

授業時間の延長やテスト期間の練習停止など

.周辺の練習環境問題

上級生など進学で順繰り抜けて行く為、練習相手の現象

また、転職転勤などの計画に無い変化

.進学問題

テニスばかりさせられない、やはり将来を考えると受験。

結局1年テニスを休止する

進学先の学校テニス部の練習環境

※先輩との上下関係など

.そして金銭問題

ガットすら1日1本切ってしまう。

遠征やレッスン料/私立学校などの授業料など

 

ただでさえ、ジュニアは練習時間が減少すると

ボロボロのコンディションになる。

ましてや両サイド両手打ちの選手のコンディション維持は

難しくなって来る。

片手打ちの選手はリーチがある為、要領を駆使する事ができる。

つまりブランクや環境変化に強いのです。

そして、おじさんになってもなんとか対応できている。

昔、両サイド両手打ちの選手だった人が言う。

「やっぱり足が遅いと追いつけないですよね。。」

中高年シングルスプレイヤーで両サイド両手打ちの選手が

いない理由がここにある。

これを語る人は32才でフォアは片手になっていた。

つまり両手打ちを続けるより

片手に変更する人が大多数なのです。

 

全ての選手がアスリートを目指すわけではない。

いかなる変化にも対応出来るように配慮しようと

そして長くテニスを続けて欲しいと考えた結果、

当校では両サイド両手打ちの選手が少ない

という方向性になったと言える。

 

ここまで書くと、両サイド両手打ちの選手に将来はないの?

と、思われそうであるが、そうではない。

当校は両サイド両手打ちの選手育成を否定はしていない。

状況によっては両サイド両手打ちを指導し

選手として育てる事も考える。

それは、次回に

 

今日の写真

寒くなると当校は山奥にあるので寒いのです。

バケツにお湯を入れて手を温めて練習に挑みます。

 

地獄ジュニアに参加頂いた、広島の今井さんより

冷凍のスープを送ってくださったとの事で

ナル◯家よりお裾分け頂きました。

ありがとうございます。

おいしくいただいてますよ〜今井さん!

また、来てくださいね!

全国に広がる友情は宝物ですね!

20091201203725.jpg20091202002132.jpg

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

リンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ